「歴史の流れ」民族の力と型

24節 関係設定…状況対応基準制定

このページ内の目次

24節 状況対応基準制定…関係存続はかる

第1 状況対応基準制定(法律)…関係存続はかる→法治民族
  1. 状況対応基準制定(法律)…関係存続はかる→法治民族
    民族状況対応は非本来状況対応だから状況対応基準(法律)を制定して関係存続をはかる(法治民族)。
  2. 状況対応基準と本来状況対応が異なる…状況対応基準は外規範・本来状況対応は内規範
    状況対応基準と本来状況対応が異なる(状況対応基準は外規範・本来状況対応は内規範)。

強者支配民族

第1 民族長が決定した状況対応を民族構成員がする状況対応基準
  1. 民族長が決定した状況対応を民族構成員がする状況対応基準
    民族長が決定した状況対応を民族構成員がする状況対応基準を制定する。

強者支配終了民族

第1 強者支配終了を制定
強者支配終了を制定する。
第2 民族状況対応基準制定
  1. 民族状況対応基準制定
    1. 民族状況対応基準制定
      民族状況対応基準を制定する。
    2. 民族組織
      民族組織の状況対応基準を制定する。
    3. 制度・政策
      制度、政策の状況対応の状況対応基準を制定する。
第3 民族長の状況対応基準…憲政
民族長の状況対応基準を制定する(憲政)。

民族と民族構成員の状況対応基準

第1 民族状況対応する
  1. 民族状況対応する
    民族状況対応する状況対応基準を制定する。
  2. 民族対外対立争い状況対応する
    民族対外対立争い状況対応する状況対応基準を制定する。
第2 民族構成員に対立争い状況対応させない
  1. 民族構成員に対立争い状況対応させない
    対立争い状況対応させない状況対応基準を制定する(5章関係設定・民族構成員に障害状況対応させない・関係存続はかる)。
第3 民族構成員に本来状況対応優先させない…本来状況対応させない
  1. 個人状況対応が民族状況対応より優先させない
    個人状況対応が民族状況対応より優先させない。
  2. 個人成果取得のため民族状況対応させない
    1. 個人成果取得のため民族状況対応させない
      個人成果取得のため民族状況対応させない。
    2. 個人成果提供者(賄賂)のため民族状況対応させない
      個人成果提供者(賄賂)のため民族状況対応させない。

状況対応基準(法律)制定

第1 状況対応基準(法律)制定←非本来状況対応
非本来の状況対応だから状況対応基準(法律、守るべきこと、違反してはいけないこと)を制定する必要がある。
第2 成文法
非本来状況対応だから成文法が多い。
第3 状況対応基準は広範個別具体←人間同士無関係
人間同士無関係(個人状況対応)だから、法律は広範個別具体である(法律が詳細)。
第4 決定で補足
  1. 決定(命令・禁止)で補足←状況対応基準で不足
    状況対応基準で足らなければ決定(命令・禁止)で補足する。
  2. 決定(命令・禁止)は広範・個別具体
    人間同士無関係だから決定(命令・禁止)も広範個別具体となる。

状況対応基準(法律)の種類

第1 憲法…基本状況対応基準
  1. 憲法…基本状況対応基準→すべての法律の基本法
    基本状況対応基準である(すべての法律の基本法)。
第2 行政法…民族状況対応の状況対応基準
民族状況対応の状況対応基準である。
第3 民法…民族構成員同士関係設定の状況対応基準
民族構成員同士関係設定の状況対応基準である。
第4 刑法…民族が民族構成員の悪質な状況対応基準不遵守(犯罪)を制裁する状況対応基準
民族構成員の悪質な状況対応基準不遵守(犯罪)を制裁する状況対応基準である。

集団状況対応型

第1 状況対応基準制定…本来制定→状況対応基準内蔵
民族状況対応は本来状況対応だから状況対応基準も本来制定である(状況対応基準内蔵)。
第2 状況対応基準制定×
  1. 状況対応基準制定×
    状況対応基準を制定しない。
  2. 憲法(すべての法律の基本法)制定×
    憲法も制定しない。
第3 不文法
  1. 不文法
    状況対応基準を制定する必要も薄い(不文法)。不文法が多い。
  2. 成文法…不文法の明文化
    成文法も不文法を明文化したものとなる。
第4 一般抽象…簡単
制定されても一般抽象である。状況対応基準(法律)は簡単となる。
第5 自然消滅
  1. 自然消滅…民族構成員に支持されない法律は通用しなくなる→死文法
    民族構成員に支持されない法律は通用しなくなる(闇取引横行は法律が悪い)。自然に消滅する(死文法)。
  2. 廃止手続しない
    自然消滅だから廃止手続しない。
第6 地位上下の状況対応基準×…地位上下×
地位上下はないから地位上下の状況対応基準はない。

24節2 状況対応基準遵守管理…関係存続はかる

個人対立争い型

第1 状況対応基準公示
  1. 状況対応基準を公示…公布
    状況対応基準を守らせるため状況対応基準を公表する(公布)。
第2 遵守促す
  1. 遵守促す
    状況対応基準を遵守することを促す。
第3 監視
  1. 監視
    状況対応基準不遵守しないよう監視する。
  2. 監視×→状況対応基準遵守×
    監視しないと状況対応基準を守らない。
第4 制裁
  1. 制裁
    不遵守を制裁する(刑罰で国を治める)。
  2. 制裁×→状況対応基準不遵守
    制裁しないと状況対応基準を守らない。
第5 制裁…不民族状況対応を制裁
  1. 制裁…不民族状況対応を制裁
    民族状況対応しない民族構成員を制裁する。
  2. 制裁…徴兵拒否を制裁
    徴兵拒否を制裁する。
第6 制裁…民族構成員の対立争い状況対応を制裁
  1. 制裁…民族構成員の対立争い状況対応を制裁
    民族構成員の対立争いを制裁する。
  2. 民族から取り込みの兵を制裁
    民族から取り込みの兵を制裁する。
第7 制裁…個人成果提供者優先を制裁→民族構成員の本来状況対応優先を制裁
  1. 制裁…個人成果提供者のため民族状況対応(賄賂)を制裁
    個人成果提供者のため民族状況対応(賄賂)の官僚を制裁する。
  2. 個人成果提供者優先と疑われないようにする
    1. 個人成果提供者優先と疑われないようにする
      個人成果提供者優先(賄賂)と疑われないようにする。
    2. 部下官僚に対応させる
      部下官僚に対応させる(買収疑惑受けないよう陳情者と話しない→部下官僚に話させる)。
第8 制裁…民族長が決定した状況対応をしない民族構成員を制裁
  1. 制裁…民族長が決定した状況対応をしない民族構成員を制裁
    民族長が決定した状況対応をしない民族構成員を制裁する(5章強者支配・状況対応管理)。
第9 制裁…犯罪(悪質な状況対応基準違反)を制裁
  1. 監視
    犯罪(悪質な状況対応基準違反)がないか監視する(警察多数)。
  2. すぐ逮捕
    すぐ逮捕する。
  3. すぐ制裁
    すぐ制裁する。
  4. すぐ制裁しない…犯罪多発
    すぐ制裁しないと犯罪が多発する。
  5. 犯罪者逮捕者・制裁者・通報者に賞金
    犯罪者通報者、逮捕者、制裁者に賞金を出す。
  6. 民族構成員は制裁されないようにする
    民族構成員は制裁されないようにする。

宗教状況対応型

第1 状況対応基準公示
  1. 状況対応基準を公示…公布
    状況対応基準を守らせるため状況対応基準を公表する(公布)。
第2 遵守促す
  1. 遵守促す
    状況対応基準を遵守することを促す。
第3 監視
  1. 監視
    状況対応基準不遵守しないよう監視する。
  2. 監視しない…状況対応基準遵守×
    監視しないと状況対応基準を守らない。
第4 制裁
  1. 制裁
    不遵守を制裁する(刑罰で国を治める)。
  2. 制裁しない…状況対応基準不遵守
    制裁しないと状況対応基準を守らない。
第5 制裁…不民族状況対応を制裁
  1. 制裁…不民族状況対応を制裁
    民族状況対応しない民族構成員を制裁する。
  2. 制裁…徴兵拒否を制裁
    徴兵拒否を制裁する。
第6 制裁…民族構成員の対立争い状況対応を制裁
  1. 制裁…民族構成員の対立争い状況対応を制裁
    民族構成員の対立争いを制裁する。
第7 制裁…個人成果提供者優先を制裁→民族構成員の本来状況対応優先を制裁
  1. 制裁…個人成果提供者のため民族状況対応(賄賂)を制裁
    個人成果提供者のため民族状況対応(賄賂)の官僚を制裁する。
第8 制裁…民族長が決定した状況対応をしない民族構成員を制裁
  1. 制裁…民族長が決定した状況対応をしない民族構成員を制裁
    民族長が決定した状況対応をしない民族構成員を制裁する(5章共強者支配・状況対応管理)。
第9 制裁…犯罪(悪質な状況対応基準違反)を制裁
  1. 監視
    1. 監視
      犯罪(悪質な状況対応基準違反)がないか監視する。
    2. 防犯カメラ
      監視カメラで監視する(顔面識別)。
  2. すぐ逮捕
    1. すぐ逮捕
      すぐ逮捕する。
  3. すぐ制裁
    すぐ制裁する。
  4. すぐ制裁しない…犯罪多発
    すぐ制裁しないと犯罪が多発する。
  5. 犯罪者逮捕者・制裁者・通報者に賞金
    犯罪者通報者、逮捕者、制裁者に賞金を出す。
  6. 民族構成員は制裁されないようにする
    民族構成員は制裁されないようにする。

24節3 制裁内容

個人対立争い型

第1 制裁…民族の警察・裁判
民族状況対応基準(法律)不遵守を制裁する(民族の警察・裁判)。
第2 制裁重
  1. 制裁重
    制裁が重い。
  2. 何でも刑罰
    1. 何でも刑罰
      何でも刑罰を科する。
    2. 何でも犯罪(悪質な状況対応基準違反)
      何でも犯罪(悪質な状況対応基準違反)とする。
  3. 刑事…刑重い
    刑事事件の刑は重い。
  4. 死刑
    すぐ死刑にする(残虐刑)。
  5. 懲役・禁錮
    懲役、禁錮となる。
  6. 民事…賠償額高い
    民事事件で高額な賠償が命じられる。
  7. 財産没収刑
    1. 財産没収刑
      財産没収刑がある。
    2. 奴隷も財産として没収
      奴隷も財産として没収する。
  8. 地位喪失…奴隷刑・官位喪失
    1. 地位喪失…奴隷刑→奴隷階級におとす
      奴隷刑もある(奴隷階級に落とす)。
    2. 地位喪失…官位喪失
      官位を喪失する。
  9. 死亡者…死体制裁
    1. 死体制裁…死体を鞭打つ・晒し首
      死亡者は死体も制裁する(死体を鞭打つ、晒し首)。
    2. 死体を墓から掘り起こして制裁
      死体を墓から掘り起こして制裁する。
  10. 身体刑・財産刑併科←制裁重
    制裁が重い。身体刑と財産刑を併科する。
第3 自己評価失わせる制裁…自尊心侵害制裁
  1. 自己評価失わせる制裁…自尊心侵害制裁
    自己高評価から自己高評価を失わせることも制裁となる(自尊心侵害)。
第4 連帯責任…制裁重
  1. 連帯責任…制裁重
    連帯責任がある(連座制度)。
  2. 家族連座…家族状況対応
    家族状況対応だから家族連座がある(家族の責任共有)。
  3. 親族連座←親族状況対応
    親族状況対応だから親族連座がある(親族の責任共有)。
  4. 監督者連座
    監督者連座がある。
  5. 関連者連座
    関連者連座がある。
  6. 隣人連座
    1. 隣人連座
      隣人連座がある。
    2. 知って届けなかった
      知って届けなかったことを罰する。
  7. 非密告者連座
    非密告者連座(密告義務)がある。
  8. 町連座・都市連座
    1. 町連座
      町連座がある。
    2. 都市連座
      都市連座がある
  9. 連座されないようにする
    1. 連座されないようにする
      連座されないようにする。
    2. 個人成果提供者のため状況対応(賄賂)…村連座されない→逃亡・そんな人間は知らない
      個人成果提供者のため状況対応(賄賂)で村連座されないようにする(逃亡、そんな人間は知らないとする)。
第5 制裁重…状況対応基準遵守
制裁が重いと民族構成員は状況対応基準を守る(重刑・高額賠償が命じられてはじめて状況対応基準を守る)。
第6 制裁重い…制裁されないようにする
  1. 制裁されないようにする
    制裁が重いから制裁されないようにする。
  2. 証拠隠滅
    証拠を隠滅する。
  3. 証拠隠滅の放火が多い
    証拠隠滅の放火が多い。
第7 制裁しない…本来状況対応の対立争い状況対応
制裁しないと本来状況対応の対立争い状況対応がおきる。制裁が遅れると対立争い状況対応がおきる。
第8 制裁しない…民族構成員同士の制裁
  1. 制裁しない…民族構成員同士の制裁
    制裁しないと民族構成員同士の制裁(私制裁・報復)がおきる。
第9 制裁軽…状況対応基準不遵守→法律を守る気がない
制裁が軽いと状況対応基準は遵守されない(法律を守る気がない)。
第10 制裁公開←状況対応基準遵守させる
  1. 制裁公開←状況対応基準遵守させる
    状況対応基準遵守させるため制裁を公開する。
  2. 死刑公開…引き回し・死体さらす・民族構成員に見学させる
    1. 死刑公開…引き回し・死体さらす・民族構成員に見学させる
      1. 死刑公開
        死刑を公開する(公開死刑)。
      2. 引き回し
        死刑の前に引き回しする(車の上に載せて運ぶ)。
      3. 死体さらす
        死体をさらす。
      4. 民族構成員に見学させる…存続させないは本来状況対応→お祭り・殺人ショー
        民族構成員に見学させる(北朝鮮)。民族構成員も見学する(存続させないは本来状況対応→お祭り・殺人ショー)。
第11 警察・裁判所・刑務所…制裁乱用・多用
  1. 制裁乱用
    1. 制裁乱用
      警察・裁判所・刑務所は制裁を乱用する。
    2. 容疑者変死・受刑者変死
      容疑者変死、受刑者変死が多い。
    3. 裁判中飢えで死亡…食事×
      食事を与えないから裁判中飢えで死亡する。
  2. 制裁多用
    制裁を多用する。

宗教状況対応型

第1 制裁…民族の警察・裁判
民族状況対応基準(法律)不遵守を制裁する(民族の警察・裁判)。
第2 制裁重
  1. 制裁重
    制裁が重い。
  2. 刑事…刑重い
    刑事事件の刑は重い。
  3. 民事…賠償額高い→懲罰的賠償
    民事事件で高額な賠償が命じられる(懲罰的賠償)。
第3 厳格適用…状況対応基準を遵守させる→悪法も法
状況対応基準を遵守させるため法律は厳格適用される(悪法も法)。
第4 制裁重…状況対応基準遵守→厳罰ではじめて刑法守る
制裁が重いと状況対応基準を守る(厳罰ではじめて刑法守る)。
第5 制裁重い…制裁されないようにする
制裁が重いと制裁されないようにする。
第6 制裁しない…本来状況対応の対立争い状況対応
制裁しないと本来状況対応の対立争い状況対応がおきる。
第7 制裁軽…状況対応基準不遵守→法律を守る気がない
制裁が軽いと状況対応基準は遵守されない(法律を守る気がない)。

集団状況対応型

第1 制裁少ない…状況対応基準遵守(状況対応基準内臓)
  1. 制裁少ない…状況対応基準遵守(状況対応基準内臓)
    状況対応基準を守る(状況対応基準内臓)から制裁も少ない。
  2. 欧米の数十分の一
    欧米の数十分の一である。
第2 制裁必要性×…状況対応基準遵守(状況対応基準内臓)
状況対応基準を守る(状況対応基準内臓)から制裁の必要性は薄い。
第3 制裁軽い…状況対応基準遵守(状況対応基準内臓)→魔がさした
  1. 制裁軽い…状況対応基準遵守(状況対応基準内臓)→魔がさした
    状況対応基準を守る(状況対応基準内臓)から制裁は軽い(魔がさした)。
  2. 刑事…刑軽い
    刑は軽い。
  3. 刑事…不起訴
    1. 刑事…不起訴
      刑事も不起訴がある。
  4. 民事…賠償額低い
    民事事件の賠償額も低い。
第4 厳格適用×…目こぼし
法律は厳格適用されない(目こぼし)。

24節4 制裁手続

制裁の手続…刑事(犯罪)

第1 制裁者…民族(警察・裁判所)
犯罪(悪質な民族状況対応基準不遵守者)を民族が制裁する。警察・裁判所がする。
第2 制裁手続…警察・裁判
  1. 民族状況対応基準不遵守事実の確認…責任有無確認
    民族状況対応基準不遵守事実の有無を確認する。
  2. 制裁の種類・程度を決定
    制裁の種類・程度を決定する。
第3 個人対立争い型
  1. 警察・裁判が厳しい←状況対応基準不遵守
    1. 警察・裁判が厳しい←状況対応基準不遵守
      状況対応基準守らないから警察・裁判も厳しい。
    2. 警察増員
      警察増員する。
  2. 地域責任者選任・自警団設定…犯罪者摘発させる
    民族構成員に地域責任者選任させる、自警団設定させるで犯罪者摘発させる。
  3. 自白させる・拷問
    自白させる。拷問する。
  4. 裁判が長期計画×・正確精緻×…役務状況対応は非本来状況対応
    役務状況対応は非本来状況対応だから裁判が長期計画、正確精緻でない。
第4 宗教状況対応型
  1. 警察・裁判が厳しい…状況対応基準不遵守
    状況対応基準守らないから警察・裁判も厳しい。
  2. 地域責任者選任・自警団設定…犯罪者摘発させる
    民族構成員に地域責任者選任させる、自警団設定させるで犯罪者摘発させる。
  3. 自白させる・拷問
    自白させる。拷問する。
第5 集団状況対応型
  1. 犯罪摘発…犯罪(悪質な状況対応基準不遵守)
    1. 犯罪摘発…犯罪(悪質な状況対応基準不遵守)
      犯罪は悪質な状況対応基準不遵守だから犯罪を厳しく摘発する。
    2. 日本人…犯罪者は地の果てまでおっかけてでも罰する
      日本人は犯罪者は地の果てまでおっかけてでも罰するべきとする。
  2. 犯罪予防…犯罪(悪質な状況対応基準不遵守)
    1. 犯罪摘発…犯罪(悪質な状況対応基準不遵守)
      犯罪は悪質な状況対応基準不遵守だから犯罪を厳しく摘発する。
    2. 日本人…犯罪者は地の果てまでおっかけてでも罰する
      日本人は犯罪者は地の果てまでおっかけてでも罰するべきとする。
  3. 犯罪予防…犯罪(悪質な状況対応基準不遵守)
    1. 犯罪予防…犯罪(悪質な状況対応基準不遵守)
      犯罪は悪質な状況対応基準不遵守だから犯罪を予防する。
    2. 小さな犯罪でも予防する
      小さな犯罪でも予防する。

制裁の手続…民事

第1 制裁者…民族(裁判所)
個人状況対応同士間の状況対応基準不遵守を民族が制裁する。
第2 制裁手続…裁判
  1. 民族状況対応基準不遵守事実の確認…責任有無確認
    民族状況対応基準不遵守事実の有無を確認する。
  2. 制裁の種類・程度を決定
    制裁の種類・程度を決定する。

裁判…個人対立争い型

第1 裁判する
  1. 裁判する
    裁判する。
  2. 裁判…刑事告訴・民事裁判
    刑事告訴(犯罪)、民事裁判提訴がある。裁判をする。
  3. 証拠確保
    裁判には証拠確保の必要がある。
第2 刑事告訴
  1. 刑事告訴
    告訴する。
  2. 刑事告訴するとゆする←裁判で取り込み
    告訴するとゆする。
  3. 刑事告訴させない
    刑事告訴・告発をさせない。
  4. 事実作る(捏造)刑事告訴…虚偽刑事告訴
    事実作る(捏造)刑事告訴をおこす(誣告)。
  5. 責任転嫁のため虚偽刑事告訴
    責任転嫁のため虚偽告訴(事実に反する状況対応〈だまし〉)する。
  6. 刑事告訴されたら刑事告訴する…攻撃・反撃(告訴合戦)
    相手も刑事告訴されたら告訴者と対立争いを開始する(攻撃・反撃、告訴合戦)。
  7. 刑事告訴されたら虚偽刑事告訴する…攻撃・反撃(告訴合戦)
    刑事告訴に対抗して虚偽刑事告訴(事実に反する状況対応〈だまし〉)する。
第3 民事裁判
  1. 事実作る(捏造)裁判…虚偽裁判
    事実作る(捏造)裁判をおこす。
第3 民事裁判
  1. 事実作る(捏造)裁判…虚偽裁判
    事実作る(捏造)裁判をおこす。
第4 弁護士
  • 弁護士…虚偽刑事告訴・虚偽裁判・事件屋
    訟師・科挙受験者は事実作る(捏造)告訴(虚偽告訴)、事実作る(捏造)裁判(虚偽裁判)ばかりした(事件屋)。
  • 虚偽刑事告訴・虚偽裁判で他人を陥れる
    虚偽刑事告訴、虚偽裁判で他人を陥れる。
  • 犯罪を企画
    犯罪を企画する(殺人教唆、悪事を企画)。
  • 裁判…宗教状況対応型

    第1 裁判する
    1. 裁判する
      裁判する。
    2. 裁判…刑事告訴・民事裁判
      刑事告訴(犯罪)、民事裁判がある。
    3. 証拠確保
      裁判には証拠確保の必要がある。
    第2 民族・民族長・政党が裁判する
    民族、民族長、政党が裁判する。
    第3 裁判の繰り返し×…再訴禁止・裁判の確定
    裁判の繰り返しをさせない(再訴禁止、裁判の確定)。
    第4 裁判禁止×…暴力行使(殺人傷害)をさけ裁判官に解決を委ねる・紳士的
    裁判を禁止しない。裁判は正しいとされる。暴力行使(殺人傷害)をさけ裁判官に解決を委ねる。紳士的と認識されている。

    裁判…集団状況対応型

    第1 裁判しない
    1. 裁判しない…民事裁判は欧米の数十分の一・裁判沙汰・話合もせず裁判とはけしからん
      裁判しない(裁判が少ない→民事裁判は欧米の数十分の一、裁判沙汰、話合もせず裁判とはけしからん)。
    2. 裁判しない…刑事告訴・民事裁判
      裁判をしない。刑事告訴(犯罪)、民事裁判をしない。
    第2 虚偽裁判×
    虚偽裁判(個人対立争い型)は許されない。
    第3 弁護士…事実に反する弁護×
    事実に反する弁護(事実隠し・事実曲げる・原因曲げる・事実作る・言いくるめる)は許されない。

    強制執行…民事裁判

    第1 強制執行…民事裁判
    民事裁判どおり状況対応しない当事者に裁判所が強制執行する。

    24節5 状況対応基準遵守・不遵守で対立争う

    (責任拒絶・責任追及)

    第1 状況対応基準不遵守・遵守で対立争う…攻撃・反撃
    1. 状況対応基準不遵守・遵守で対立争う…攻撃・反撃
      状況対応基準を守らないか守ったかで対立争う。
    2. 状況対応基準不遵守…責任追及
      相手は状況対応を守っていないとする(責任追及)。
    3. 状況対応基準遵守…責任拒絶
      自己は状況対応基準を守っているとする(責任拒絶)。
    4. 責任対立争い…論争
      責任対立争いとなる。論争となる。
    第2 事実に反する状況対応(だまし)
    1. 事実に反する状況対応(だまし)
      事実に反する状況対応(だまし)をする。
    2. 事実に反する責任追求・責任拒絶
      1. 事実に反する責任追求・責任拒絶
        事実に反する状況対応(だまし)から事実に反する責任追求、責任拒絶する。
      2. 事実隠す・事実曲げる・原因曲げる・事実作る・言いくるめる
        事実を隠す(隠蔽)。事実を曲げる(偽装)。原因を曲げる(歪曲)。事実を作る(捏造)。言いくるめる(詭弁)。

    個人対立争い型

    第1 状況対応基準不遵守…責任追及
    1. 状況対応基準不遵守…責任追及
      1. 状況対応基準不遵守…責任追及
        相手は状況対応を守っていないとする(責任追及)。
      2. 責任拒絶(反撃)しないと何度でも責任追及(攻撃)
        責任拒絶(反撃)しないと何度でも責任追及(攻撃)する(悪は永遠に悪)。
      3. 責任受入すれば責任追及は永遠に続く
        責任受入すればなおさら責任追及は永遠に続く。
      4. 死者・引退者の責任追求
        死者・引退者の責任追求もする。
    2. 証拠確保…否認
      責任拒絶するから証拠を確保する必要がある。
    3. 相手は証拠確保妨害
      相手は証拠確保させない。
    4. 相手は証拠否認
      証拠も捏造と争う。
    第2 事実に反する責任追及
    1. 事実に反する責任追及
      事実に反する責任追及する。
    2. 事実作る(捏造)
      1. 事実作る(捏造)
        事実を作る(捏造)。
      2. 自傷で相手が暴行したとする
        自傷で相手が暴行したとする。
    第3 状況対応基準遵守…責任拒絶
    1. 状況対応基準遵守…責任拒絶
      自己は状況対応基準を守っているとする(責任拒絶)。
    第4 事実に反する責任拒絶
    1. 事実に反する責任拒絶
      事実に反する責任拒絶する。裁判で偽証する。
    2. 事実隠す(隠蔽)
      1. 事実を否認
        事実を否認する。
      2. 事実を黙秘
        1. 事実を黙秘
          事実関係を黙秘する。
        2. 物を壊しても黙秘
          物を壊しても黙秘する。
    3. 原因曲げる(歪曲)→責任転嫁
      1. 原因曲げる(歪曲)→責任転嫁
        原因を曲げる。
      2. 共犯者に責任転嫁…誘惑した・先に捕まったら共犯を主犯に仕立てる
        共犯者に責任転嫁する(誘惑した・先に捕まったら共犯を主犯に仕立てる)。
      3. 対立相手の責任
        対立相手の責任とする。
    4. 事実作る(捏造)
      1. 事実作る(捏造)
        事実を作る(捏造)。
      2. 他人有責の事実作る…責任捏造(責任こじつけ)
        他人有責の事実作る(責任捏造〈責任こじつけ〉)。
    5. 言いくるめる(詭弁)
      1. 言いくるめる(詭弁)…正当とは言い難い弁解
        正当とは言い難い言いくるめることをする(明白な有責事実について詭弁を弄する、白を黒という)。
      2. 状況対応基準公示されていない
        状況対応基準が公示されていないとする。
    第5 黙る…責任拒絶できない
    1. 黙る…責任拒絶できない
      責任拒絶できないときは黙る。
    2. 責任追及を黙って聞く…叱責にも終始無言→無言は責任受入
      責任追及を黙って聞く(叱責にも終始無言→無言は責任受入)。
    第6 責任対立争い…論争
    1. 責任対立争い…論争
      責任対立争いとなる。論争となる。
    2. 論争方法習得考案…巧み
      1. 責任相殺…相手にも責任がある
        責任相殺を主張する(相手にも責任がある)。
      2. 責任減殺
        1. 責任減殺
          責任減殺を主張する。
        2. 他にも同じ有責行動者いる
          他にも同じ有責行動者いるとする(俺がルール守っても他人が守らないから自分が損)。
      3. 責任拒絶…口実
        口実をかかげる。
      4. 制裁されない理由がある
        状況対応基準不遵守だが制裁されない理由があるとする。

    宗教状況対応型

    第1 状況対応基準不遵守…責任追及
    1. 状況対応基準不遵守…責任追及
      1. 状況対応基準不遵守(責任追及)
        相手は状況対応基準を守っていないとする(責任追及)。
      2. 証拠確保
        責任拒絶から、責任追及に証拠が必要である。
    第2 状況対応基準遵守…責任拒絶
    1. 状況対応基準遵守…責任拒絶
      自己は状況対応基準を守っているとする(責任拒絶)。
    第3 事実に反する責任拒絶
    1. 事実に反する責任拒絶
      事実に反する責任拒絶する。裁判で偽証する。
    2. 事実隠す(隠蔽)
      1. 事実を否認
        事実を否認する。
      2. 事実を黙秘
        事実を黙秘する。
    3. 事実曲げる(偽装)
      事実を曲げる。
    4. 原因曲げる(歪曲)
      1. 原因曲げる(歪曲)
        原因を曲げる(弁解、いいわけ)。
      2. 被害者が挑発
        被害者が挑発したとする。
      3. 自発でなく強制
        自発でなく強制とする。
    5. 事実作る(捏造)
      事実作る。
    6. 言いくるめる(詭弁)
      正当とは言い難い言いくるめるをする。
    第4 責任対立争い…論争
    1. 責任対立争い…論争
      責任対立争いとなる。論争となる。

    集団状況対応型

    第1 状況対応不基準遵守…責任追及×→許す
    1. 状況対応不基準遵守…責任追及×→許す
      1. 状況対応不基準遵守…責任追及×→許す
        相手は状況対応基準を守っていないとあまりしない(責任追及×)。
      2. 罪を憎んで人を憎まず
        罪を憎んで人を憎まずとする。
      3. 本人は素直に責任を認め周囲は許そうとする
        本人は素直に責任を認め周囲は許そうとする。
    2. 死者・引退者は責任追求しない
      死者・引退者は責任追求しない。
    第2 状況対応基準不遵守…責任受入
    1. 状況対応基準不遵守…責任受入
      1. 状況対応基準不遵守…責任受入
        自己が状況対応基準を守らなかったことを素直に認める(責任受入)。
      2. すぐ謝る…ごめんなさい・弁解しない
        すぐ謝る(ごめんなさい、弁解しない)。
    第3 責任対立争い×…論争×
    1. 責任対立争い×…論争×
      責任対立争いしない。論争しない。

    トップに戻る

    関連記事

    前へ

    23節 関係設定…民族状況対応

    次へ

    25節 関係設定…設定存続できにくい・関係設定するしない・存続させるさせない・終了

    Page Top