「歴史の流れ」民族の力と型

33節 本来状況対応の拡大

このページ内の目次

33節 本来状況対応の拡大

本来状況対応が民族状況対応に拡大する。

33節2 対立争い状況対応が民族状況対応に拡大(個人対立争い型・宗教状況対応型)

第1 対立争い状況対応が民族状況対応に拡大
  1. 対立争い状況対応が民族状況対応に拡大
    対立争い状況対応が民族状況対応に拡大する。民族状況対応で対立争う(どんな民族状況対応・民族成果取得するか→体制・制度政策、民族状況対応・民族成果取得できたか)。民族での地位を取り合う。民族の成果分配で取り合う。民族費用負担をしないため対立争う。

33節3 対立争い状況対応が状況対応合意に拡大(個人対立争い型・宗教状況対応型)

第1 対立争い状況対応が状況対応合意に拡大
  1. 対立争い状況対応が状況対応合意に拡大
    対立争い状況対応が状況対応合意に拡大する。状況対応合意で対立争い状況対応する。
  2. 個人対立争い型
    状況対応合意で対立争い状況対応する(勝利重視→状況対応合意も勝ったか負けたかで評価)。

33節4 宗教状況対応が民族状況対応に拡大(宗教状況対応型)

第1 宗教状況対応が民族状況対応基準に拡大
  1. 宗教状況対応が民族状況対応基準に拡大
    1. 宗教状況対応が民族状況対応基準に拡大←民族宗教状況対応
      民族宗教状況対応では宗教状況対応が状況対応基準(法律)となる。
    2. 宗教状況対応が民族状況対応基準に拡大←民族宗教状況対応終了
      民族宗教状況対応終了後(政教分離)も宗教状況対応が民族状況対応基準(法律)に拡大したままである(英語では法律用語と宗教用語は同じ)。
第2 正しい状況対応・悪い状況対応←神決定状況対応型
  1. 正状況対応
    1. 正状況対応
      神決定状況対応型は常に正しい状況対応をめさす。
    2. 民族構成員の状況対応決定
      民族構成員の状況対応も決定する。言葉を決定する(差別・偏見を自重する言葉廃止)。

33節5 家族・親族状況対応が民族状況対に拡大(個人対立争い型)

第1 家族状況対応・親族状況対応が民族状況対応に拡大
  1. 家族状況対応・親族状況対応が民族状況対応に拡大
    家族状況対応、親族状況対応が民族状況対応に拡大する。
  2. 一体状況対応が民族状況対応に拡大する
    1. 一体状況対応が民族状況対応に拡大する
      一体状況対応が民族状況対応に拡大する。
    2. 先祖と子孫が一体化が拡大
      先祖と子孫が一体状況対応が拡大する(朝鮮韓国人)。

33節6 混合型が民族状況対に拡大

第1 インド…混合型の拡大
  1. インド…集団状況対応型
    1. 集団状況対応型←混合型
      インドは混合型から集団状況対応型がある。
    2. 個人状況対応・対立争い状況対応・強者支配が弱い
      集団状況対応型から個人状況対応、対立争い状況対応、強者支配が弱い。
    3. 状況対応制御弱い←対立争い状況対応・強者支配が弱い
      対立争い状況対応、強者支配が弱いから、状況対応制御も弱い(状況対応が自由)。
    4. 強者支配終了←強者支配が弱い
      強者支配が弱いから強者支配終了となりやすい(現在のインドは民主主義が根付いている)。

トップに戻る

関連記事

前へ

32節 本来状況対応無制御・強者支配無制御

次へ

34節 自己高評価

Page Top