「歴史の流れ」民族の力と型

9節 友人状況対応…個人対立争い型(二人だけの家族状況対応)

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

9節 友人状況対応…個人対立争い型(二人だけの家族状況対応)

第1 友人状況対応…二人だけの家族状況対応
友人状況対応は二人だけの家族状況対応である。

関係設定

第1 友人状況対応関係設定
  1. 関係設定
    関係設定が困難だから、友人状況対応関係を設定する。
  2. 友人状況対応する・友人状況対応やめる
    1. 友人状況対応する←関係設定ができにくい
      集団状況対応関係が設定ができにくいから友人状況対応する。
    2. 友人状況対応やめる←個人状況対応が本来状況対応
      1. 人状況対応やめる←個人状況対応が本来状況対応
        個人状況対応が本来状況対応たがら友人状況対応やめる。
      2. 相手が状況対応力がない・利害関係がなくなる・貧困になるとやめる
        相手が状況対応力がなかったり、利害関係がなくなったり、貧困になると、簡単にやめる。
  3. 友人状況対応関係設定
    1. 友人状況対応関係設定
      1. 友人状況対応関係の設定…友人状況対応関係設定に熱心・友人選定のため人事情報に敏感
        友人状況対応関係の設定をはかる(友人状況対応関係設定に熱心となる、友人選定のため人事情報に敏感となる。
      2. 友人関係設定…家族に準じる・家族同様→刎頚の友
        友人関係が一旦設定されると家族関係に準じる。家族同様となる(刎頚の友、他国人〈日本人〉でも)。
    2. すぐ友人状況対応関係設定したがる←自己制御×
      1. すぐ友人状況対応関係設定したがる←自己制御×
        自己制御しないからすぐ友人関係設定したがる(韓国)。
      2. すぐ友達になりたがる・一気に距離を縮めたがる
        すぐ友達になりたがる、一気に距離を縮めたがる(呉善花→個人的質問)。
      3. 自己維持もできない…だめならすぐ離れる
        自己維持もできない→だめならすぐ離れる。
    3. 強者と友人状況対応関係設定…後ろ盾・支配層・官僚と友人→支配層の庇護取り付け
      強者と友人になりたがる(後ろ盾、支配層・官僚と友人→支配層の庇護取り付け)。
    4. 食事・宴会←友人状況対応関係設定
      1. 食事・宴会←友人状況対応関係設定
        友人関係設定のため宴会(食事)をする。
      2. 少人数会席(立食×)・グルメ談義(いい店を紹介して)・酒は名目をかかげ乾杯
        少人数会席でする(立食×)。グルメ談義する(いい店を紹介して)。酒は名目をかかげ乾杯で飲む(手酌×)。
      3. 友人状況対応関係設定のためレストラン経営
        友人状況対応関係設定のためレストラン経営する。
      4. 会社交際費を使う×・仕事の話×・高地位者・強者の会合とはかぎらない
        会社交際費を使うと友人関係設定と見られない。友人選定の場だから仕事の話をしてはならない。高地位者・強者の会合とはかぎらない。
    5. 自宅招請訪問←友人状況対応関係設定
      友人状況対応関係設定のため自宅に招く。自宅を訪問する。
    6. 贈物・見舞←友人状況対応関係設定
      友人状況対応関係設定のため贈物をする(贈物は友人状況対応関係設定の申込、高額・稀少物であること強調)。病気見舞する(病気は友人状況対応関係設定のチャンス、わざわざ来たことを強調)。
    7. 紹介←友人状況対応関係設定
      友人の友人を紹介してもらう(紹介状)。
    8. 友人状況対応関係設定の対応方法・実行手法を習得考案…飛行機の扉の閉まる直前に土産渡す
      友人状況対応関係設定の対応方法・実行手法を習得考案している(飛行機の扉の閉まる直前に土産渡す)。
  4. 準家族状況対応…血を吸って兄弟の契り
    準家族状況対応ともなる(血を吸って兄弟の契り)。

集団状況対応型の要素

第1 友人と状況対応し友人と成果取得
  1. 友人と状況対応し成果取得
    友人と状況対応する。
  2. 友人と状況対応し成果取得することをめざす
    友人と状況対応し成果取得することをめざす(無償で貢献してくれる人間探す)。
  3. 友人を信用・頼る・感謝(精神面)←友人と状況対応し成果取得
    友人と状況対応し成果取得するから、友人を信用する、頼る。信頼関係(信用+頼る)となる。
  4. 友人と状況対応し友人と成果取得の範囲
    1. 限った相手だけと友人状況対応…人範囲
      限った相手だけと友人対応する。
    2. 何でも友人状況対応…対象範囲
      何でも友人況対応する。
  5. 友人状況対応の存続はかる
    1. 友人状況対応の存続はかる…交流を絶ってはならない・関係清算×
      友人状況対応の存続をはかる(交流を絶ってはならない、関係清算×)。
    2. 友人の存続をはかる…保護・看病・貧困友人に金を贈与
      友人の存続をはかる(保護、看病、貧困友人に金を贈与)。
    3. 友人の取得成果の存続をはかる…清→友人か家が火事→荷物搬出・見張り
      友人の取得成果の存続をはかる(清→友人か家が火事→荷物搬出・見張り)。
    4. 友人防衛…連れの友人の悪口言った者に反撃
      友人を防衛する(連れの友人の悪口言った者に反撃)。
  6. 友人と状況対応し成果取得を重視
    友人と状況対応し成果取得を重視する。
  7. 友人重視
    友人重視となる(刎頸の友)。友人重視状況対応する(友人に礼儀正しい)。
  8. 自己軽視
    自己軽視する。
  9. 状況対応分担・成果分配・状況対応力養成・存続はかる…利他
    1. 利他要求
      1. 利他要求をしてもよい…ねだる・無理を頼んでも良い・迷惑をかけても良い・甘えても良い
        利他要求をしてもよい(ねだる、無理を頼んでも良い、迷惑をかけても良い、迷惑をかけても許してくれてこそ友達、甘えても良い、友人は自分の願いことをかなえ得てくれ努力を惜しまない人)。
      2. 複数友人に同時依頼も可→複数友人対応で断るのも可
        複数友人に同時依頼も可(複数友人対応で断るのも可)。
      3. 友人には何を頼んでも良い…おごってくれ・買い物ねだる
        友人には何を頼んでも良い(おごってくれ、買い物ねだる)。
      4. 利他を受けるのを当然・利他要求当然・利他を強要
        病理的になると利他を受けるのを当然とする。利他要求を当然とする。利他を強要する。
      5. 不利他を責める…恨む・批判・暴力
        不利他を責める(恨む、批判〈冷たい〉、暴力)。
      6. 遠慮して頼まないと他の意味に取られる…関係を清算したがっている
        遠慮して頼まないと他の意味に取られる(関係を清算したがっている)。
    2. 相互利他…助け合い
      相互利他(助け合い)はすごい(言いたいことを言い合いかつ言うことをきいてくれる存在、自分に利益をもたらし一緒に喜ぶ相手)。
    3. 利他×→友人関係×
      利他をしないと(利他拒否・不利他・利他ができない)、友人関係をやめられる(だめなやつ、役立たないやつ)。

集団状況対応(友人同士)

第1 集団状況対応(友人同士)…友人ネットワーク・人脈
  1. 集団状況対応(友人同士)…友人ネットワーク・人脈
    1. 集団状況対応(友人同士)…友人ネットワーク・人脈
      友人同士で集団状況対応する(友人だけではあらゆる領域をカバーできない、つてを頼る)。
    2. 友人の友人とも状況対応・友人の友人を自己の友人とする
      友人の友人とも状況対応する、友人の友人を自己の友人とする(自己の会合に友人の友人が参加)。
    3. 友人グループが合体
      友人グループが合体する。
  2. 集団状況対応(友人の家族)
    1. 集団状況対応(友人の家族)
      友人の家族も集団状況対応する。
    2. 友人家族を自己家族と同等扱い…友人家族の祝事参加・友人葬式参列
      友人の家族(親・兄弟)を自己の家族と同等扱いする(家族は元気ですか、友人家族の祝事に参加→留学中の友人にかわり祝う、友人葬式に参列→飲食・花札〈徹夜の喪主につきあう〉・長時間)。
    3. 子供に友人関係を承継
      子供に友人関係を承継する。

個人団状況対応の要素

第1 個人状況対応の要素
個人状況対応の要素がある(個人状況対応が友人状況対応より優先することがある)。

対立争い状況対応型の要素

第1 対立争い状況対応の要素
対立争い状況対応の要素がある(金のことになると友人でも争う)。

関係設定の要素

第1 関係設定の要素
  1. 当事者が合意でやめる
    当事者が合意でやめる。
  2. 対内対立争い状況対応でやめる
    対内対立争い状況対応で関係をやめる。
  3. 個人対立争い型同士関係が復活
    1. 無関係
      相手と無関係となる。
    2. 対立争い関係
      相手と対立争い関係となる。

友人高評価

第1 自己の友人・恋人高評価
  1. 個人対立争い型…自己の友人高評価
    1. 自己の友人高評価
      自己の友人を高評価する。
    2. 友人状況対応力養成
      友人状況対応力養成とする。友人状況対応力養成情報流しする(自慢)。

集団状況対応型

第1 友人状況対応×
  1. 友人状況対応×
    集団状況対応だから友人状況対応関係を設定する必要がない(何でも集団状況対応)。
    友人状況対応をあまりしない(友人状況対応→しつこすぎる・図々しい、個人対立争い型→差別・仲間に入れない)。

9節2 準家族・準友人状況対応…個人対立争い型

第1 隣人・恋人・下宿人…準家族族・準友人状況対応
  1. 隣人
    隣人がある。
  2. 恋人
    恋人がある。
  3. 愛人
    愛人がある。
  4. 下宿人
    下宿人がある(下宿人は家族同様)。
  5. 馴染み客
    馴染み客がある。
第2 準家族状況対応・準友人状況対応
準家族状況対応、準友人状況対応する。支障のない状況対応する(娯楽状況対応→飲食・遊び)。

高評価

第1 自己の恋人高評価
  1. 自己の恋人高評価
    自己の恋人を高評価する。
  2. 恋人状況対応力養成
    恋人状況対応力養成とする。恋人状況対応力養成情報流しする(自慢)。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

8節 家族状況対応…個人対立争い型

次へ

11節 一体状況対応…集団状況対応型(1)

Page Top