「歴史の流れ」民族の力と型

34節 本来状況対応優先(2)

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

34節16 個人成果提供者優先…個人対立争い型

第1 個人成果提供者優先
  1. 個人成果提供者優先
    1. 個人成果提供者優先
      個人成果提供者が優先する。
    2. 人とうまくつきあうには金銭的見返りか必要・お互いに成果取得し合う・お互いに利用し合う
      人とうまくつきあうには金銭的見返りか必要、お互いに成果取得し合う、お互いに利用し合う。
    3. お金さえあれば鬼でも働かせることができる
      お金さえあれば鬼でも働かせることができるとする。

個人成果提供者が集団状況対応より優先

第1 個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
  1. 個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
    個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する。
  2. 集団地位与える…採用
    個人成果提供者に集団の地位を与える。
  3. 集団地位上げる…昇進
    個人成果提供者に集団地位を上げる。
  4. どんな集団状況対応でもする
    個人成果提供者に集団地位を上げる。
  5. 共同集団状況対応させる
    共同集団状況対応させる。
  6. 学校の教師
    1. 集団地位与える(裏口入学)
      学校の教師が個人成果提供者のため状況対応する(集団への採用・昇進→裏口入学)。
    2. 高成績評価
      学校の教師が個人成果提供者のため状況対応する(教師が生徒から〈落第を合格・高成績評価・推薦状作成、金で先生は生徒を一番にする)。
    3. 納入業者からリベート
      学校の教師が個人成果提供者のため状況対応する(教師が納入業者からリベート)。
  7. 大学長…一部還元条件で教員に研究費配分
    大学長が個人成果提供者のため状況対応する(一部還元条件で教員に研究費配分)。
第3 個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない。
第4 個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
  1. 個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。
  2. 個人成果提供しない者のためにならない集団状況対応
    個人成果提供しない者のためにならない集団状況対応する。
第5 個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
  1. 個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
    個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。
  2. 個人成果提供しない者のためにならない集団状況対応
    個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない。
  3. 集団地位与えない…採用×
    個人成果提供しない者に集団地位を与えない。
  4. 集団地位上げない…昇進×
    個人成果提供しない者に集団地位を上げない。
第6 個人成果提供者のため反集団状況対応
個人成果提供者のため反集団状況対応する。
第7 個人成果提供者のためにしか集団状況対応しない
個人成果提供者のためにしか集団状況対応しない(コネ、仲介人)。
第8 多大な個人成果取得
多大な個人成果を取得する。
第9 集団状況対応基準(規則)不遵守である
集団状況対応基準(規則)不遵守である。
第10 状況対応管理必要
状況対応管理(監視・制裁)が必要となる。
第11 個人成果提供が当然
  1. 個人成果提供が当然
    個人成果提供が当然とする。
第12 個人成果提供を公然要求
  1. 個人成果提供を公然要求
    個人成果提供を公然要求する。
  2. たかる…手配料・コーディネート料
    たかる(手配料・コーディネート料)。
第13 個人成果提供される集団状況対応する
個人成果提供される集団状況対応する。
第14 個人成果提供は生産役務集団が取得しやすい
  1. 個人成果提供は生産役務集団が取得しやすい
    個人成果提供は生産役務集団が取得しやすい。
  2. 学校の教授になるより生産役務集団従業員が取得しやすい
    学校の教授になるより生産役務集団従業員が取得しやすい。
第15 個人成果提供…金・物・役務提供・女提供→贈答・接待
個人成果提供(賄賂)は金(贈答)、物(贈答)、役務提供(接待)、女提供(接待)がある。
第16 個人成果提供方法習得考案
  1. 事前・高額・稀少物・直接
    個人成果提供(賄賂)は、事前・高額・稀少物(他国製品)・直接が効果的である。
  2. 低額だと怒る(低地位扱い)
    低額だと怒る(低地位扱い)。
  3. 継続提供
    1. 継続提供
      個人成果取得(賄賂)は、個別提供より、継続提供が効果的である(餌付け、いつでも状況対応してくれる)。
  4. 個人成果提供額は高額
    1. 個人成果提供額は高額
      個人成果提供額は高額になる。
第17 個人成果提供受領方法習得考案
  1. 個人成果提供受領方法習得考案
    個人成果提供受領方法を習得考案する(巧み)。
  2. 教授は試験を難しくして受領する
    教授は試験を難しくして受領する。
  3. 家族で受領…家族が個人成果提供もちかけ受領・本人が受け取らない
    家族で受領する(家族が個人成果提供受領、本人が受け取らない。

個人成果提供者が優先…集団状況対応以外

第1 個人成果提供しない者のため生産役務状況対応しない
  1. 個人成果提供しない者のため生産役務状況対応しない
    個人成果提供しない者のため生産役務状況対応しない。
  2. 医師は謝礼を払わないと診療しない
    医師は謝礼を払わないと診療しない。
第2 個人成果提供者のためどんな状況対応でもする
  1. 個人成果提供者のためどんな状況対応でもする
    個人成果提供者のためどんな状況対応でもする。
  2. 審判が個人成果提供者に有利な判定
    審判が個人成果提供者に有利な判定をする。
第3 個人成果提供者のため対立争い状況対応しない
  1. 個人成果提供者のため対立争い状況対応しない
    個人成果提供者のため対立争い状況対応しない。
  2. 八百長
    八百長する。

何事も個人成果提必要

第1 何事も個人成果提供必要…金社会・賄賂社会
何事も個人成果提供が必要となる(リベート・賄賂→金銭処理意識、金がないと診療もしてもらえない、教師への贈答・接待、お金しか自分を守るものがない)。

個人成果提供者

第1 個人成果提供者
  1. 地位取得できる
    地位を取得できる。
  2. 個人状況対応できる…カネ
    個人状況対応できる。
  3. 個人成果取得できる…カネ
    個人成果取得できる。
第2 個人成果提供者×…個人状況対応・個人成果取得できない
  1. 個人成果提供者×…個人状況対応・個人成果取得できない
    長の個人成果提供者でない者は、個人状況対応できない、個人成果取得できない。
  2. 不満
    1. 不満
      不満である。
    2. 不満状況対応
      不満状況対応する。

34節17 個人成果提供者優先…宗教状況対応型

第1 個人成果提供者優先
  1. 個人成果提供者優先
    個人成果提供者が優先する。

個人成果提供者が集団状況対応より優先

第1 個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
  1. 個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
    個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する。
  2. 集団地位与える…採用
    個人成果提供者に集団の地位を与える。
  3. 集団地位上げる…昇進
    個人成果提供者に集団地位を上げる。
  4. どんな集団状況対応でもする
    どんな集団状況対応でもする。
  5. 共同集団状況対応させる
    共同集団状況対応させる。
  6. 学校の教師
    1. 集団地位与える(裏口入学)
      学校の教師が個人成果提供者のため状況対応する(集団への採用・昇進→裏口入学)。
第3 個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
個人成果提供者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない。
第4 個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
  1. 個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。
  2. 個人成果提供しない者のためにならない集団状況対応
    個人成果提供しない者のためにならない集団状況対応する。
第5 個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
  1. 個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
    個人成果提供しない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない。
  2. 集団地位与えない…採用×
    個人成果提供しない者に集団地位を与えない。
  3. 集団地位上げない…昇進×
    個人成果提供しない者に集団地位を上げない。
第6 個人成果提供者のため反集団状況対応
個人成果提供者のため反集団状況対応する。
第7 集団状況対応基準(規則)不遵守である
集団状況対応基準(規則)不遵守である。
第8 状況対応管理必要
状況対応管理(監視・制裁)が必要となる。
第9 個人成果提供…金・物・役務提供・女提供→贈答・接待
個人成果提供(賄賂)は金(贈答)、物(贈答)、役務提供(接待)、女提供(接待)がある。
第10 個人成果提供方法習得考案
  1. 事前・高額・稀少物・直接
    個人成果提供(賄賂)は、事前・高額・稀少物(他国製品)・直接が効果的である。
  2. 低額だと怒る(低地位扱い)
    低額だと怒る(低地位扱い)。
  3. 継続提供
    1. 継続提供
      個人成果取得(賄賂)は、個別提供より、継続提供が効果的である(餌付け、いつでも状況対応してくれる)。
  4. 個人成果提供額は高額
    1. 個人成果提供額は高額
      個人成果提供額は高額になる。
第11 個人成果提供受領方法習得考案
  1. 個人成果提供受領方法習得考案
    個人成果提供受領方法を習得考案する(巧み)。
  2. 家族で受領…家族が個人成果提供もちかけ受領・本人が受け取らない
    家族で受領する(家族が個人成果提供受領、本人が受け取らない。

個人成果提供者が優先…集団状況対応以外

第1 個人成果提供しない者のため生産役務状況対応しない
  1. 個人成果提供しない者のため生産役務状況対応しない
    個人成果提供しない者のため生産役務状況対応しない。
  2. 医師は謝礼を払わないと診療しない
    医師は謝礼を払わないと診療しない。
第2 個人成果提供者のためどんな状況対応でもする
  1. 個人成果提供者のためどんな状況対応でもする
    個人成果提供者のためどんな状況対応でもする。
  2. 審判が個人成果提供者に有利な判定
    審判が個人成果提供者に有利な判定をする。
第3 個人成果提供者のため対立争い状況対応しない
  1. 個人成果提供者のため対立争い状況対応しない
    個人成果提供者のため対立争い状況対応しない。
  2. 八百長
    審判が個人成果提供者に有利な判定をする。

個人成果提供者

第1 個人成果提供者
  1. 地位取得できる
    地位を取得できる。
  2. 個人状況対応できる…カネ
    個人状況対応できる。
  3. 個人成果取得できる…カネ
    個人成果取得できる。
第3 個人成果提供者×…個人状況対応・個人成果取得できない
  1. 個人成果提供者×…個人状況対応・個人成果取得できない
    長の個人成果提供者でない者は、個人状況対応できない、個人成果取得できない。
  2. 不満
    1. 不満
      不満である。
    2. 不満状況対応
      不満状況対応する。

34節18 本来存続優先

第1 集団状況対応型…集団存続が優先
  1. 集団存続が優先
    集団存続が優先する(集団は永遠)。
  2. 集団存続が構成員存続より優先
    1. 集団存続が構成員存続より優先
      1. 集団存続が構成員存続より優先
        集団存続が構成員存続より優先する(集団の戦争〈対外〉で生命提供)。
      2. 生命提供
        集団のため自己の生命を提供する(殿が切腹で藩を維持、百姓一揆首謀者死罪で無罪放免、生産役務できなくなった老人が親族集団のため自殺〈弱貧国〉→姥捨山)。
      3. 集団の犠牲になる
        集団の犠牲になる(泥を被る)。スポーツで犠牲プレーをする(野球のバント・犠牲フライ)。
    2. 個人の存続を集団の存続より優先×
      個人存続優先を許さない(武士は命惜しさ〈利己〉に譲歩しない)。
  3. 構成員同士…自己の存続優先×
    構成員同士で自己存続を優先してはならない(戦争・多数死亡戦闘・事故で生き残る→申し訳ないと思う)。
  4. 集団存続のため状況対応
    集団の存続のため状況対応する。
  5. 個人存続終了しないため状況対応×
    個人存続終了(死亡)しないため状況対応しない(東北大地震・原子力発電所事故でも退避しない)。
第2 個人対立争い型…個人存続が優先
  1. 個人存続が優先
    1. 個人存続が優先
      個人の存続が優先する(食えなくなれば土匪にも乞食にもなる・食えるようになればもとの職に戻る、豚になっても生き延びる、苦しい生でも死よりましだ)。
    2. 個人存続が集団存続より優先
      1. 個人の存続が集団の存続より優先
        個人の存続が集団の存続より優先する(集団の戦争〈対外〉で生命を提供しない〈自己の生命が優先〉→兵士が戦闘しない〈不状況対応〉→戦争で弱い、集団や他の構成員のためには生命を提供しないが自己のためなら生命をかける)。
      2. 個人の存続が集団の存続より優先
        個人の存続が集団の存続より優先する(集団の戦争〈対外〉で生命を提供しない〈自己の生命が優先〉→兵士が戦闘しない〈不状況対応〉→戦争で弱い、集団や他の構成員のためには生命を提供しないが自己のためなら生命をかける)。
    3. 集団が構成員の存続をはかる×
      集団が構成員の存続をはかること(保護)を期待しない。ただ排除しない。
  2. 個人存続終了しないため状況対応
    1. 個人存続終了しないため状況対応
      個人存続終了(死亡)しないため状況対応する(東北大地震・原子力発電所事故→在日中国人は一斉帰国)。
    2. 対立相手と提携
      対立相手とも提携する。
    3. 自己の存続に障害となる人を存続させない…殺害
      自己の存続に障害となる人を存続させない。
  3. 個人存続終了(死亡)になる状況対応はしない…危険なことはしない
    1. 個人存続終了(死亡)になる状況対応はしない…危険なことはしない
      個人存続終了(死亡)になる状況対応はしない(危険なことはしない、自分にとって少しでも危険がないか考える、危険だと逃げ出す、政治的危険、人の争いごと)。
    2. 戦争状況対応しない
      戦争状況対応しない。
    3. 強者支配拒否しない→強者支配受入
      制裁の重い強者支配拒否をしない。強者支配を受け入れる。
  4. 親族存続が優先
    1. 親族の存続が優先
      親族の存続が優先する。
      〈親族に責任負わせない〉
      親族に責任を負わせない。
    2. 親族の存続が個人の存続より優先
      親族のため生命を提供する(親族が保険金を取得するため自殺する)。
第3 宗教状況対応型…宗教存続が優先
宗教存続が優先する。
神の存続が優先する。
神の存続が個人の存続より優先する(命も惜しまない、神に殉じる、殉教))。
神の存続が集団の存続より優先する。
第4 宗教状況対応型…個人存続が優先
  1. 個人存続が優先
    1. 個人存続が優先
      個人の存続が優先する。
    2. 個人存続が集団存続より優先
      1. 個人存続が集団存続より優先
        個人の存続が集団の存続より優先する(集団の戦争〈対外〉で生命を提供しない→戦争で弱い)。
      2. 神の決定…例外
        神の決定で対立争うときは、集団の存続が個人の存続より優先する。
    3. 個人存続が他人存続より優先
      個人の存続が他人の存続より優先する。
  2. 個人存続終了しないため状況対応
    個人存続終了(死亡)しないため状況対応する(東北大地震・原子力発電所事故→外資企業は社員国外退避・大使館移転・会社移転)。
  3. 個人存続終了(死亡)になる状況対応はしない…危険なことはしない
    1. 個人存続終了(死亡)になる状況対応はしない…危険なことはしない
      個人存続終了(死亡)になる状況対応はしない(危険なことはしない、自分にとって少しでも危険がないか考える、危険だと逃げ出す、政治的危険、人の争いごと)。
    2. 戦争状況対応しない
      戦争状況対応しない。
    3. 強者支配拒否しない→強者支配受入
      制裁の重い強者支配拒否をしない。強者支配を受け入れる。

34節19 結婚との優先関係

第1 集団状況対応型
  1. 結婚…人間同士の状況対応合意
    1. 結婚…人間同士の状況対応合意
      結婚は状況対応合意である。
    2. 人間同士の状況対応合意…一体状況対応と同じ
      状況対応合意(情報交換+合意+状況対応)は一体状況対応(情報交換+合意+状況対応)は同じである(本来状況対応、一体状況対応の縮小)。
    3. 結婚…集団状況対応の開始
      結婚は集団状況対応(家族状況対応)の開始である(嫁をもらうのは宝をもらう)。
  2. 結婚は個人状況対応より優先
    1. 結婚は個人状況対応より優先
      結婚は個人状況対応より優先する。
    2. 個人状況対応のため結婚×
      個人状況対応のための結婚ではない。個人状況対応できなくとも結婚する。
    3. 個人成果取得のため結婚×
      個人成果取得のための結婚ではない。個人成果取得できなくても結婚する。
第2 個人対立争い型
  1. 結婚…強者設定・合意設定
    強者が設定する、強者と弱者が合意で設定する、弱者同士が合意で設定する、強者同士が合意で設定する。
  2. 個人状況対応が結婚より優先
    1. 個人状況対応が結婚より優先
      個人状況対応が結婚より優先する。
    2. 個人状況対応のため結婚
      1. 個人状況対応のため結婚
        個人状況対応のため結婚する。
      2. 個人状況対応できなくなる→離婚
        個人状況対応できなくなれば離婚する(セックス合わないと離婚)。
  3. 個人成果取得が結婚より優先
    1. 個人成果取得が結婚より優先
      個人成果取得が結婚、生産役務より優先する。
    2. 個人成果取得のため結婚
      1. 結婚…家族長・親族長が設定
        長が個人成果取得ため結婚させる(結納・支度金、売買婚→結婚は取引、仲人は結納・支度金の交渉人)。
      2. 弱者同士が状況対応合意
        個人成果取得のため結婚する(個人成果取得者〈金持〉と結婚、他国人と結婚、年寄と結婚する、結婚がゴール、将来性があるでは不確実なので結婚しない、日本人と結婚→国籍取得したら離婚し東京にでて稼ぐ)。
      3. 個人成果取得できなくなる→離婚
        個人成果取得できなくなったら離婚する(夫に収入なくなると離婚)。
第3 宗教状況対応型
  1. 結婚…神と人間の状況対応合意
    結婚は、神が設定、神と人間の状況対応合意である(キリスト教、イスラム教)。
  2. 結婚が個人状況対応より優先
    結婚が個人状況対応より優先する。
第4 宗教状況対応型
  1. 結婚・生産役務…人間同士の状況対応合意
    結婚人間同士の状況対応合意である(ユダヤ教、現在キリスト教)。
  2. 個人状況対応が結婚より優先
    1. 個人状況対応が結婚より優先
      個人状況対応が結婚より優先する。
    2. 神決定状況対応型…個人対立争い型ほどでない←神と人間の状況対応合意
      ただ神と人間の状況対応合意があるから人間同士の合意状況対応する。個人対立争い型ほどではない。

34節20 生産役務状況対応との優先関係

第1 集団状況対応型
  1. 生産役務状況対応…人間同士の状況対応合意
    1. 生産役務状況対応…人間同士の状況対応合意
      生産役務は状況対応合意である(労働契約)。
    2. 人間同士の状況対応合意…集団状況対応と同じ
      状況対応合意(情報交換+合意+状況対応)は一体状況対応(情報交換+合意+状況対応)は同じである(本来状況対応、一体状況対応の縮小)。
  2. 生産役務状況対応は個人状況対応より優先
    1. 生産役務状況対応は個人状況対応より優先
      生産役務は個人状況対応より優先する。
    2. 個人成果取得のため生産役務状況対応×
      個人成果取得のための生産役務状況対応ではない。
第2 個人対立争い型
  1. 生産役務状況対応…強者設定・合意設定
    強者が設定する、強者と弱者が合意で設定する、弱者同士が合意で設定する、強者同士が合意で設定する。
  2. 個人状況対応が生産役務状況対応より優先
    1. 個人状況対応が生産役務状況対応より優先
      個人状況対応が生産役務より優先する(清→面白いことがあると使いに出した召使いが帰ってこない)。
    2. 個人状況対応のため生産役務状況対応
      個人状況対応のため生産役務状況対応する。
  3. 個人成果取得が生産役務状況対応より優先
    1. 個人成果取得が生産役務状況対応より優先
      個人成果取得が生産役務状況対応より優先する。
    2. 個人成果取得のため生産役務状況対応
      個人成果取得のため、生産役務状況対応する。
    3. 個人成果取得のため生産役務不状況対応
      個人成果取得のため生産役務状況対応しない。
第3 宗教状況対応型
  1. 生産役務…神と人間の状況対応合意
    生産役務は、神が設定、神と人間の状況対応合意である(キリスト教、イスラム教)。
  2. 生産役務が個人状況対応状況対応より優先
    生産役務状況対応が個人状況対応より優先する。
第4 宗教状況対応型
  1. 生産役務…人間同士の状況対応合意
    生産役務は人間同士の状況対応合意である(ユダヤ教、現在キリスト教)。
  2. 個人状況対応が生産役務状況対応より優先
    1. 個人状況対応が生産役務状況対応より優先
      個人状況対応が生産役務より優先する。
    2. 神決定状況対応型…個人対立争い型ほどでない←神と人間の状況対応合意
      ただ神と人間の状況対応合意があるから人間同士の合意状況対応する。個人対立争い型ほどではない。

34節21 状況対応合意との優先関係

集団状況対応型

第1 状況対応合意(契約)が優先
  1. 状況対応合意(契約)が優先…状況対応合意は一体状況対応と同じ(本来状況対応)
    状況対応合意(情報交換+合意+状況対応)は一体状況対応(情報交換+合意+状況対応)は同じである(一体状況対応の縮小)。本来状況対応である。状況対応合意が優先する。
  2. 状況対応合意(契約)が個人状況対応より優先
    状況対応合意(契約)は個人状況対応より優先する。
  3. 状況対応合意が対立争い状況対応より優先
    状況対応合意が対立争い状況対応より優先する。
  4. 合意状況対応する
    合意状況対応する。

個人対立争い型

第1 状況対応合意(契約)が優先×
  1. 状況対応合意…非本来状況対応
    状況対応合意は非本来状況対応である。
  2. 個人状況対応が状況対応合意より優先
    個人状況対応が状況対応合意より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応合意より優先
    対立争い状況対応が状況対応合意より優先する。
第2 個人状況対応が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個人状況対応が状況対応合意(契約)より優先
    個人状況対応が状況対応合意(契約)より優先する。
  2. 個人状況対応のため合意状況対応しない
    個人状況対応のため合意状況対応合意しない。
  3. 反合意状況対応する
    1. 反合意状況対応する
      状況対応合意(契約)に反する状況対応をする(契約違反)。
    2. 勝手に解釈・合意をかいくぐる←反合意状況対応
      勝手に解釈する(契約を自分流に勝手に解釈)。合意をかいくぐる。
第3 個人成果取得が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個人成果取得のため合意状況対応しない
    個人成果取得のため合意状況対応しない。
  2. 個人成果取得できないなら合意状況対応しない…契約しても状況対応しない
    1. 個人成果取得できないなら合意状況対応しない…契約しても状況対応しない
      個人成果取得できないなら合意状況対応しない(契約しても状況対応しない)。
    2. 中国人…契約を守った方が利得になると守り契約を破った方が利得になると守らない
      中国人は契約を守った方が利得になると思ったら守り契約を破った方が利得になると思ったら守らない。
  3. 個人成果取得のため反合意状況対応
    個人成果取得のため反合意状況対応する。

神決定状況対応型・神操作状況対応受入型(キリスト教)

第1 神決定状況対応型…状況対応合意が優先
  1. 状況対応合意が優先…状況対応合意は神との状況対応合意と同じ(本来状況対応)
    状況対応合意は神との状況対応合意(契約・本来状況対応)と同じである。状況対応合意が優先する。
  2. 神との状況対応合意が個人状況対応より優先
    神との状況対応合意が個人状況対応より優先する。
  3. 状況対応合意が対立争い状況対応より優先
    状況対応合意が対立争い状況対応より優先する。
  4. 合意状況対応する
    合意状況対応する。
第2 状況対応合意が優先×←個人状況対応・対立争い状況対応(本来状況対応)
  1. 個人対立争い型と同じ←個人状況対応・対立争い状況対応(本来状況対応)
    個人状況対応(本来状況対応)、対立争い状況対応(本来状況対応)は個人対立争い型と同じである。
  2. 状況対応合意が優先×←個人対立争い型と同じ
    個人対立争い型と同じである。状況対応合意が優先しない。
第3 状況対応合意(契約)が優先×
  1. 状況対応合意…非本来状況対応である
    状況対応合意は非本来状況対応である。
  2. 個人状況対応が状況対応合意より優先
    個人状況対応が状況対応合意より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応合意より優先
    対立争い状況対応が状況対応合意より優先する。
第4 個人状況対応が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個人状況対応が状況対応合意(契約)より優先
    個人状況対応が状況対応合意(契約)より優先する。
  2. 個人状況対応のため合意状況対応しない
    個人状況対応のため合意状況対応合意しない。
  3. 個人状況対応のため反合意状況対応する
    1. 個人状況対応のため反合意状況対応する
      状況対応合意(契約)に反する状況対応をする(契約違反)。
    2. 勝手に解釈・合意をかいくぐる←反合意状況対応
      勝手に解釈する(契約を自分流に勝手に解釈)。合意をかいくぐる。(契約違反)。
第5 個人成果取得が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個人成果取得のため合意状況対応しない
    個人成果取得のため合意状況対応しない。
  2. 個人成果取得できないなら合意状況対応しない
    個人成果取得できないなら合意状況対応しない(契約しても状況対応しない)。
  3. 個人成果取得のため反合意状況対応
    個人成果取得のため反合意状況対応する。
第6 状況対応合意が優先×…個人対立争い型ほどではない
状況対応合意が優先しないことは個人対立争い型ほどではない。

自然作動状況受入型

第1 自然作動状況受入型・混合型…状況対応合意が優先×
  1. 状況対応合意…非本来状況対応である
    状況対応合意は非本来状況対応である。
  2. 個人状況対応が状況対応合意より優先
    個人状況対応が状況対応合意より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応合意より優先
    対立争い状況対応が状況対応合意より優先する。
第2 個人状況対応が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個人状況対応が状況対応合意(契約)より優先
    個人状況対応が状況対応合意(契約)より優先する。
  2. 個人状況対応のため合意状況対応しない
    個人状況対応のため合意状況対応合意しない。
  3. 反合意状況対応する
    1. 反合意状況対応する
      状況対応合意(契約)に反する状況対応をする(契約違反)。
    2. 勝手に解釈・合意をかいくぐる←反合意状況対応
      勝手に解釈する(契約を自分流に勝手に解釈)。合意をかいくぐる。(契約違反)。
第3 個人成果取得が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個人成果取得のため合意状況対応しない
    個人成果取得のため合意状況対応しない。
  2. 個人成果取得できないなら合意状況対応しない
    個人成果取得できないなら合意状況対応しない(契約しても状況対応しない)。
  3. 個人成果取得のため反合意状況対応する
    個人成果取得のため反合意状況対応する。

34節22 状況対応基準との優先関係(集団状況対応型)

第1 集団状況対応型…状況対応基準が優先
  1. 状況対応基準…本来状況対応←集団状況対応は本来状況対応
    1. 状況対応基準…本来状況対応←集団状況対応は本来状況対応
      集団状況対応は本来状況対応だから状況対応基準も本来状況対応である。
    2. 本来制定(内蔵)
      本来制定である(内蔵)。
  2. 状況対応基準が個人状況対応・対立争い状況対応より優先
    状況対応基準が個人状況対応、対立争い状況対応より優先する。
第2 状況対応基準遵守←本来状況対応
本来状況対応だから状況対応基準を守る。
第3 状況対応基準正←本来状況対応
  1. 状況対応基準正
    本来状況対応だから状況対応基準は正しいものとする(状況対応基準正)。
  2. 状況対応基準遵守正←状況対応基準正
    1. 状況対応基準遵守正←状況対応基準正
      状況対応基準遵守を正とする(状況対応基準遵守正)。
    2. 状況対応基準(モラル)という停止線にかかると自然に抑制(ブレーキ)がかかる
      状況対応基準(モラル)という停止線にかかると自然に抑制(ブレーキ)がかかる。
    3. 状況対応基準遵守は評価される(名誉・高尚・善徳・品性・人格者)
      状況対応基準遵守は評価される(名誉、高尚、善徳、品性、人格者)。
  3. 状況対応基準不遵守悪←状況対応基準正
    状況対応基準不遵守を悪とする(状況対応基準不遵守悪、恥)。

34節23 状況対応基準との優先関係(個人対立争い型)

第1 個人対立争い型…状況対応基準が優先×
  1. 状況対応基準…非本来状況対応←集団状況対応は非本来状況対応
    集団状況対応は非本来状況対応だから状況対応基準も非本来状況対応である。
  2. 個人状況対応が状況対応基準より優先
    個人状況対応が状況対応基準より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応基準より優先
    対立争い状況対応が状況対応基準より優先する。
第2 状況対応基準不遵守←非本来状況対応
  1. 状況対応基準不遵守
    1. 状況対応基準不遵守
      非本来状況対応だから状況対応基準を守らない。
    2. 恥知らず・旅行で集合時間を守らない
      恥知らず、旅行で集合時間を守らない。
  2. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
    1. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
      状況対応基準をかいくぐる(脱法)。
    2. あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視
      あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視する。
第3 状況対応基準正×←非本来状況対応
  1. 状況対応基準正×←非本来状況対応
    非本来状況対応だから状況対応基準を正しいものとしない。
  2. 状況対応基準守ることを正としない
    1. 状況対応基準守ることを正としない
      状況対応基準を遵守すべきものと考えない。
    2. 状況対応基準は守るものではない・状況対応基準は他人には守らせるもの
      状況対応基準は守るものではない、状況対応基準は他人には守らせるものとする。
    3. 状況対応基準は都合良く利用すべきもの
      状況対応基準は都合良く利用すべきものとする。
  3. 状況対応基準を守らないことを悪としない
    1. 状況対応基準を守らないことを悪としない
      状況対応基準を守らないことを悪としない。
    2. 状況対応基準を遵守しなくても良いとする
      状況対応基準を遵守しなくても良いとする(誰かが列に並ばなければ列は意味がないから列に並ばない)。
  4. 状況対応基準守らないことに寛大
    1. 状況対応基準守らないことに寛大
      状況対応基準守らないことに寛大である。
    2. 状況対応力養成のため状況対応基準守らない
      教育のための状況対応基準を守らないことに寛大である(学生の本屋での万引・立読に寛大)。

34節24 状況対応基準との優先関係(宗教状況対応型)

第1 宗教状況対応型…状況対応基準が優先×
  1. 状況対応基準…非本来状況対応←集団状況対応は非本来状況対応
    集団状況対応は非本来状況対応だから状況対応基準も非本来状況対応である。
  2. 個人状況対応が状況対応基準より優先
    個人状況対応が状況対応基準より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応基準より優先
    対立争い状況対応が状況対応合意より優先する。
第2 状況対応基準不遵守←非本来状況対応
  1. 状況対応基準不遵守
    非本来状況対応だから状況対応基準を守らない。
  2. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
    1. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
      状況対応基準をかいくぐる(脱法)。
    2. あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視
      あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視する。
第3 状況対応基準正×←非本来状況対応
  1. 状況対応基準正×←非本来状況対応
    非本来状況対応だから状況対応基準を正しいものとしない。
    非本来状況対応だから状況対応基準必ずしも正しいものとしない。
  2. 状況対応基準守ることを正としない
    状況対応基準を守ることを必ずしも正としない。
  3. 状況対応基準を守らないことを悪としない
    状況対応基準を守らないことを必ずしも悪としない。

神決定状況対応型・神操作状況受入型(キリスト教)

第1 神決定状況対応型・神操作状況受入型(キリスト教)
  1. 神設定状況対応基準…神が決定した状況対応
    1. 神設定状況対応基準…神が決定した状況対応
      神決定状況対応型(ユダヤ教・イスラム教・キリスト教)、神操作状況受入型(キリスト教)は神が決定した状況対応を人間がするから神が決定した状況対応が状況対応基準である。
    2. 神設定状況対応基準…神がしないと決定した状況対応
      神決定状況対応型(ユダヤ教・イスラム教・キリスト教)、神操作状況受入型(キリスト教)は神がしないと決定した状況対応を人間はしないから神がしないと決定した状況対応が状況対応基準である。
    3. 本来制定(内蔵)
      本来制定である(内蔵)。
第2 神設定状況対応基準遵守
  1. 神設定状況対応基準遵守
    神が設定状況対応基準は守る。
  2. 神設定状況対応基準は個人状況対応・対立争い状況対応より優先
    神が設定した状況対応基準は個人状況対応、対立争い状況対応より優先する。
第3 神設定状況対応基準正
神が設定だから状況対応基準は正しいものとする。
第4 状況対応基準不遵守は個人対立争い型ほどではない←神設定の状況対応基準遵守
神設定した状況対応基準は守るから状況対応基準不遵守は個人対立争い型ほどではない。

自然作動状況受入型

第1 自然作動状況受入型…状況対応基準が優先×
  1. 状況対応基準…非本来状況対応←集団状況対応は非本来状況対応
    集団状況対応は非本来状況対応だから状況対応基準も非本来状況対応である。
  2. 個人状況対応が状況対応基準より優先
    個人状況対応が状況対応基準より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応基準より優先
    対立争い状況対応が状況対応基準より優先する。
第2 状況対応基準不遵守←非本来状況対応
  1. 状況対応基準不遵守
    1. 状況対応基準不遵守
      非本来状況対応だから状況対応基準を守らない。
    2. 恥知らず・旅行で集合時間を守らない
      恥知らず、旅行で集合時間を守らない。
  2. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
    1. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
      状況対応基準をかいくぐる(脱法)。
    2. あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視
      あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視する
第3 状況対応基準正×←非本来状況対応
  1. 状況対応基準正×←非本来状況対応
    非本来状況対応だから状況対応基準を正しいものとしない。
  2. 状況対応基準守ることを正としない
    1. 状況対応基準守ることを正としない
      状況対応基準を遵守すべきものと考えない。
    2. 状況対応基準は守るものではない・状況対応基準は他人には守らせるもの
      状況対応基準は守るものではない、状況対応基準は他人には守らせるものとする。
    3. 状況対応基準は都合良く利用すべきもの
      状況対応基準は都合良く利用すべきものとする。
  3. 状況対応基準を守らないことを悪としない
    1. 状況対応基準を守らないことを悪としない
      状況対応基準を守らないことを悪としない。
    2. 状況対応基準を遵守しなくても良いとする
      状況対応基準を遵守しなくても良いとする(誰かが列に並ばなければ列は意味がないから列に並ばない)。
  4. 状況対応基準守らないことに寛大
    1. 状況対応基準守らないことに寛大
      状況対応基準守らないことに寛大である。
    2. 状況対応力養成のため状況対応基準守らない
      教育のための状況対応基準を守らないことに寛大である。

34節24 状況対応基準と強者支配の優先関係…強者支配優先

第1 状況対応基準と強者支配の優先関係…強者支配優先←強者支配は本来状況対応
  1. 状況対応基準と強者支配の優先関係…強者支配優先←強者支配は本来状況対応
    強者支配は本来状況対応だから強者支配が状況対応基準(規則)より優先する。
第2 状況対応基準(規則)…長決定状況対応を構成員にさせる基準
状況対応基準(規則)は長が決定した状況対応を構成員にさせる基準である(集団状況対応命令、対立争い状況対応禁止、構成員同士の関係設定)。
第3 状況対応基準(規則)…長状況対応決定基準×
  1. 状況対応基準(規則)…長状況対応決定基準×
    状況対応基準(規則)は長が状況対応を決定する基準ではない(規則に基づいて状況対応決定×)。
  2. 長は状況対応基準(規則)の対象外
    長は状況対応基準(規則)の対象外となる。長も規則も守らない。
第4 長決定状況対応が状況対応基準より優先
  1. 長決定状況対応が状況対応基準より優先…人治
    1. 長決定状況対応が状況対応基準より優先…人治
      1. 長決定状況対応が状況対応基準より優先…人治
        長が決定した状況対応が状況対応基準より優先する(人治)。/dd>
      2. 状況対応基準に拘束されず自由に状況対応決定
        状況対応基準に拘束されず自由に状況対応決定したい。/dd>
      3. 規則どおり状況対応しない
        規則どおり状況対応しない。/dd>
    2. 状況対応基準…長状況対応決定の障害
      長は状況対応基準が状況対応決定の障害になると考える(自由に状況対応決定したい)。
    3. 状況対応基準制定×
      1. 状況対応基準制定×
        状況対応基準を制定しないことがある。
      2. 細則制定×
        状況対応基準の細則を制定しない(細則を公表しない)。
    4. 解釈統一しない…自由解釈
      1. 解釈統一しない…自由解釈
        解釈を統一しない。自由に解釈する。
      2. 構成員…状況対応基準がどのように適用されるか聞くしかない
        構成員は状況対応基準がどのように適用されるか聞くしかない。
    5. 長に解釈権
      長に解釈権があるとする。
    6. 状況対応基準改廃…規則がころころ変わる
      状況対応基準を改廃する(規則がころころ変わる)。
    7. 遡及適用・即日適用
      状況対応基準が遡及適用される。即日適用は当然となる。
  2. 長状況対応決定が制裁より優先
    1. 裁判受理しない
      長に都合の悪い裁判は受け付けない。
    2. 重要裁判は長が決定
      重要裁判は長が決定する。

強者支配終了集団

第1 強者支配終了集団
  1. 状況対応基準(規則)…構成員状況対応基準
    状況対応基準(規則)は構成員の状況対応基準である。
  2. 状況対応基準(規則)…長状況対応決定基準
    1. 状況対応基準(規則)…長状況対応決定基準
      1. 状況対応基準(規則)…長状況対応決定基準
        状況対応基準(規則)は長が状況対応する基準でもある。
      2. 長も状況対応基準(規則)の対象となる
        長も状況対応基準(規則)の対象となる。
      3. 長の状況対応決定制限
        長の状況対応決定を制限する。
  3. 構成員会議で状況対応基準制定
    構成員会議で状況対応基準を制定する(強者支配終了→構成員の状況対応制御×、構成員の存続をはかる)。

34節25 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係(宗教状況対応型)

強者支配と宗教状況対応…本来強者支配と本来宗教状況対応

第1 強者支配と宗教状況対応…本来強者支配と本来宗教状況対応
強者支配と宗教状況対応は本来強者支配と本来宗教状況対応である。
第2 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係
  1. 強者支配が宗教集団状況対応より優先←長が強力
    長が強力であると強者支配が宗教集団状況対応より優先する。
  2. 宗教集団状況対応が強者支配より優先←長が強力でない
    長が強力でないと宗教集団状況対応が強者支配より優先する。

キリスト教

第1 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係
  1. 強者支配が宗教集団状況対応より優先←長が強力
    長が強力であると強者支配が宗教集団状況対応より優先する。
  2. 宗教集団状況対応が強者支配より優先←長が強力でない
    長が強力でないと宗教集団状況対応が強者支配より優先する。

イスラム教

第1 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係
  1. 強者支配が宗教集団状況対応より優先←長が強力
    長が強力であると強者支配が宗教集団状況対応より優先する。
  2. 宗教集団状況対応が強者支配より優先←長が強力でない
    長が強力でないと宗教集団状況対応が強者支配より優先する。

自然作動状況受入型…仏教

第1 強者支配が宗教集団状況対応より優先←自然作動状況受入型は状況対応しない
  1. 強者支配が宗教集団状況対応より優先自然作動状況受入型は状況対応しない
    自然作動状況受入型は状況対応しないから強者支配が宗教集団状況対応より優先する。

34節26 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係(個人対立争い型)

強者支配と宗教状況対応…本来強者支配と非本来宗教状況対応

第1 強者支配と宗教状況対応…本来強者支配と非本来宗教状況対応
強者支配と宗教状況対応は本来強者支配と非本来宗教状況対応である。
第2 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係
  1. 強者支配が宗教集団状況対応より優先←非本来宗教状況対応
    非本来宗教状況対応だから強者支配が宗教集団状況対応より優先する。

34節27 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係(集団状況対応型)

第1 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係×…強者支配×
  1. 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係×…強者支配×
    強者支配がないから宗教集団状況対応との優先関係はない。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

34節 本来状況対応優先(1)

次へ

17節 地位上下(階級)←強者支配

Page Top