「歴史の流れ」民族の力と型

34節 本来状況対応優先(1)

このページ内の目次

34節 本来状況対応優先…集団状況対応型

集団状況対応優先

第1 集団状況対応型…集団状況対応が優先
  1. 集団状況対応が優先
    集団状況対応が優先する(集団中心)。

集団状況対応が個人状況対応より優先

第1 集団状況対応が個人状況対応より優先
  1. 集団状況対応が個人状況対応より優先
    集団状況対応が個人状況対応より優先する。
第2 集団状況対応のため個人状況対応
  1. 集団状況対応のため個人状況対応…無私
    集団状況対応のため個人状況対応する(無私)。
  2. 集団状況対応存続のため個人状況対応
    集団状況対応存続のため個人状況対応する。
第3 個人状況対応のため集団状況対応×
  1. 個人状況対応のため集団状況対応×
    個人状況対応のため集団状況対応しない。
  2. 個人状況対応のため反集団状況対応×
    個人状況対応のため反集団状況対応しない。
第4 長
  1. 集団状況対応が個人状況対応より優先
    集団状況対応が個人状況対応より優先する。
  2. 個人状況対応のため集団状況対応×
    1. 個人状況対応のため集団状況対応×
      個人状況対応のため集団状況対応しない。
    2. 長は個人状況対応のため集団状況対応しない
      長は個人状況対応のため集団状況対応しない。
  3. 個人状況対応のため反集団状況対応×
    1. 個人状況対応のため反集団状況対応×
      反集団状況対応は許されない。
    2. 対外対立争いのとき相手集団と提携×
      対外対立争いのときは相手集団と提携しない。
第5 構成員
  1. 集団状況対応が個人状況対応より優先
    集団状況対応が個人状況対応より優先する。
  2. 集団状況対応のため個人状況対応
    集団状況対応のため個人状況対応する。
  3. 個人状況対応のため集団状況対応×
    個人状況対応のため集団状況対応しない。

集団状況対応が対立争い状況対応より優先

第1 集団状況対応が対立争い状況対応より優先
  1. 集団状況対応が対立争い状況対応より優先
    集団状況対応が対立争い状況対応より優先する。
第2 長
  1. 集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応しない
    集団対対外立争い状況対応中に対内対立争い状況対応しない。
第3 構成員
  1. 集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応しない
    集団対外立争い状況対応中に対内対立争い状況対応しない。

集団状況対応が宗教状況対応より優先

第1 集団状況対応が宗教状況対応より優先
  1. 集団状況対応が宗教状況対応より優先
    集団状況対応が宗教状況対応より優先する。
  2. 宗教集団状況対応させない…宗教否定・宗教分離
    宗教集団状況対応させない(宗教状況対応型の宗教、宗教否定、宗教分離)。

34節2 本来状況対応優先…個人対立争い型

個人状況対応優先

第1 個人状況対応が優先
  1. 個人状況対応が優先
    1. 個人状況対応が優先
      個人状況対応が何よりも優先する(自己中心、自分の都合しか考えない、ひとりよがり、わがまま、エゴイズム)。
    2. 個人状況対応優先度…中国>朝鮮韓国←個人対立争い型の程度
      1. 個人状況対応優先度…中国>朝鮮韓国←個人対立争い型の程度
        個人対立争い型の程度は中国が朝鮮韓国より強い。個人状況対応の優先度も中国が朝鮮韓国より強い。食事、買い物が優先する。
      2. 食事・買い物
        食事、買い物の優先度は中国が朝鮮韓国より強い(飲酒よりも食事⇔朝鮮韓国は浴びるほど酒を飲む、他国視察→視察より食事が優先・買い物が優先)。
  2. 個人状況対応のため状況対応
    個人状況対応のため状況対応する。
第2 個人状況対応が集団状況対応より優先
  1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
    1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
      個人状況対応が集団状況対応より優先する(個人主義)。
    2. 個人の用事優先
      集団状況対応より個人状況対応が優先する(学校の先生→授業中携帯電話に出る、食事が優先・食事ゆっくり〈中国〉⇔朝鮮韓国・早い)。
  2. 個人状況対応か集団状況対応かで悩まない(精神面)
    個人状況対応か集団状況対応かで悩まない(良心の呵責×、調和的な悩み×、自分を苦しめるだけの非効率的な感情、唯一悩むのはどちらを選べば多く手に入るか→個人成果取得のための対応方法選定)。
  3. 集団状況対応が個人状況対応より優先×
    1. 集団状況対応が個人状況対応より優先×
      集団状況対応が個人状況対応より優先させない。
    2. 個人を集団の犠牲にしない
      個人を集団の犠牲にしない。
    3. 個人は集団が干渉することを嫌う
      個人は集団が干渉することを嫌う。
    4. 私生活(プライバシー)を重視
      私生活(プライバシー)を重視する。
  4. 個人状況対応のため反集団状況対応
    個人状況対応のため反集団状況対応する(集団を告発、集団を終了(崩壊)させる、集団を妨害)。
    1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
      個人状況対応が集団状況対応より優先する(本当に集団を思う長はいない)。
    2. 個人状況対応のため集団対立争い状況対応
      個人状況対応のため集団対外対立争い状況対応する。
  5. 構成員
    1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
      集団状況対応より個人状況対応を優先する。
    2. 個人状況対応のため反集団状況対応
      個人状況対応のため反集団状況対応をする。
第3 個人状況対応が提携状況対応より優先
個人状況対応が提携より優先する。
第4 個人状況対応が宗教状況対応より優先
  1. 個人状況対応が宗教状況対応より優先
    個人状況対応が宗教状況対応より優先する。
  2. 個人状況対応か宗教状況対応かで悩まない(精神面)
    個人状況対応か宗教状況対応かで悩まない。

対立争い状況対応優先

第1 対立争い状況対応が優先
  1. 対立争い状況対応が優先
    対立争い状況対応が優先する。
第2 対立争い状況対応が集団状況対応より優先
  1. 対立争い状況対応が集団状況対応より優先
    対立争い状況対応が集団状況対応より優先する(すぐ仲間割れ、集団設定されても長続きしない→終了〈崩壊〉、韓国キリスト教団体→内部闘争ばかり)。集団状況対応が困難になる(集団設定×、烏合の衆、砂である→固まらない、団地・マンションの管理組合すら設定できない)。
  2. 集団状況対応関係設定すると対立争い状況対応…長地位取り合う
    集団状況対応関係設定すると対立争い状況対応がおきる。長地位取り合うがおきる。
  3. 対立争い状況対応が集団状況対応関係設定より優先
    1. 対立争い状況対応が集団状況対応関係設定より優先
      対立争い状況対応が集団状況対応関係設定より優先する。
  4. 集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応
    集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応する。
  5. 集団対外対立争い状況対応が終了すると対内対立争い状況対応
    集団対外対立争い状況対応が終了すると対内対立争い状況対応する。
    1. 集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応…状況利用
      集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応する。
第3 対立争い状況対応が宗教状況対応より優先
対立争い状況対応が宗教状況対応より優先する。
第4 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
  1. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
    1. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
      対立争い状況対応が提携状況対応より優先する。提携者と対立争う(金のことになると提携者でも争う)。
    2. 提携相手と対立争う…裏切り・寝返る
      提携相手とも対立争う。裏切る(食言)。
  2. 提携状況対応と対立争いは別のこととする
    提携状況対応と対立争い状況対応は別のこととする。
第5 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
  1. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
    1. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
      対立争い状況対応が状況対応分担より優先する。状況対応分担者と対立争い状況対応する。
    2. 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
      1. 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
        状況対応分担者と対立争う(支援者を裏切る、恩人も裏切る→恩を仇で返す)。
      2. 中国…救助者と対立争う→助けられた老婆が助けた人間に転ばされたと訴える
        中国では救助者と対立争う→助けられた老婆が助けた人間に転ばされたと訴える。
      3. 中国…わざと財布落とし拾った人に金を盗んだとゆする
        わざと財布落とし拾った人に金を盗んだとゆする。
  2. 状況対応分担と対立争いは別のこととする
    状況対応分担と対立争いは別のこととする。
第6 対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先
  1. 対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先
    1. 対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先
      対立争い状況対応が強者支配させない(抵抗)、強者支配終了(自由民主化)より優先する。
    2. 対立争い集合状況対応・対立争い提携状況対応・対立争い集団状況対応
      強者支配させないため(3章)、強者支配終了させるため(3章)、対立争い集合状況対応、対立争い提携状況対応、対立争い集団状況対応する。
    3. 対立争い集合者・対立争い提携者・対立争い集団長構成員と対立争う…仲間割れ
      対立争い集合者、対立争い提携者、対立争い集団長・構成員と対立争い状況対応する(仲間割れ)。
  2. 対立争い集合状況対応・提携状況対応・対立争い集団状況対応と対立争いは別のこととする
    対立争い集合状況対応、対立争い提携状況対応、対立争い集団状況対応と対立争いは別のこととする。

34節3 本来状況対応優先…宗教状況対応型

宗教状況対応が優先

第1 宗教状況対応が優先
  1. 宗教状況対応が優先
    宗教状況対応が優先する。
第2 宗教状況対応が集団状況対応より優先
  1. 宗教状況対応が集団状況対応より優先
    宗教状況対応が集団状況対応より優先する。
第3 宗教状況対応が個人状況対応より優先
  1. 宗教状況対応が個人状況対応より優先
    宗教状況対応が個人状況対応より優先する(布教のため世界中どこでも行く)。
  2. 個人状況対応か宗教状況対応かで悩まない(精神面)
    個人状況対応か宗教状況対応かで悩まない。
第4 宗教状況対応が対立争い状況対応より優先…神決定状況対応型
  1. 宗教状況対応…神がさせない(禁止)とした対立争いはしない
    宗教状況対応が対立争い状況対応より優先する(神がさせない〈禁止〉とした対立争いはしない)。

個人状況対応が優先

第1 個人状況対応が優先
  1. 個人状況対応が優先
    個人状況対応が優先する。
第2 個人状況対応が集団状況対応より優先
  1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
    1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
      個人状況対応が集団状況対応より優先する(自己中心、自分だけ良ければよい、自己本位に思考し自己利益のみ追求する、私利私欲、個人主義)。
    2. 個人の用事優先
      会社の仕事より個人の用事が優先する。会社の仕事より自己の用事が優先する(長期休暇をとる)。仕事が残っていても帰る(残業×)。
    3. 集団の犠牲×
      個人を集団の犠牲にしない(スポーツで犠牲プレーしない→野球のバント・犠牲フライ×)。
    4. 集団状況対応が個人状況対応に干渉×
      集団状況対応が個人状況対応に干渉することを嫌う(個人は集団が干渉することを嫌う)。
  2. 個人状況対応か集団状況対応かで悩まない(精神面)
    個人状況対応か集団状況対応かで悩まない。
  3. 個人状況対応のため反集団状況対応
    個人状況対応のため反集団状況対応する(集団を告発、集団を終了(崩壊)させる、集団を妨害)。
    1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
      個人状況対応が集団状況対応より優先することがある。
    2. 個人状況対応のため集団状況対応
      個人状況対応のため集団状況対応する(集団私物化)。
    3. 強者支配終了集団…個人状況対応のため集団状況対応×
      強者支配終了集団では個人状況対応のため集団状況対応できなくなった。
  4. 構成員
    1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
      個人状況対応が集団状況対応より優先する。
    2. 個人状況対応のため反集団状況対応
      反集団状況対応をすることがある。
    3. 個人状況対応より集団状況対応優先×
      個人状況対応より集団状況対応を優先させたくない。

対立争い状況対応が優先

第1 対立争い状況対応が優先
  1. 対立争い状況対応が優先
    対立争い状況対応が優先する。
第2 対立争い状況対応が集団状況対応より優先
  1. 対立争い状況対応が集団状況対応より優先
    対立争い状況対応が集団状況対応より優先する。
  2. 集団状況対応関係設定すると対立争い状況対応
    集団状況対応関係設定すると対立争い状況対応がおきる(長地位取り合う)。
  3. 対立争い状況対応が集団状況対応関係設定より優先
    対立争い状況対応が集団状況対応関係設定より優先する。
  4. 集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応
    集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応する。
  5. 集団対外対立争い状況対応が終了すると対内対立争い状況対応
    集団対外対立争い状況対応が終了すると対内対立争い状況対応する。
    1. 集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応…状況利用
      集団対外対立争い状況対応中に対内対立争い状況対応する。
第3 対立争い状況対応が宗教状況対応より優先
対立争い状況対応が宗教状況対応より優先する。
第4 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
  1. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
    1. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
      対立争い状況対応が提携状況対応より優先する。
    2. 提携者・提携すべき者と対立争う…裏切り・寝返り
      提携者、提携すべき者とも対立争う。
  2. 提携状況対応と対立争いは別のこととする
    携状況対応と対立争い状況対応は別のこととする。
第5 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
  1. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
    1. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
      対立争い状況対応が状況対応分担より優先する。状況対応分担者と対立争い状況対応する。
    2. 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
      状況対応分担者とも対立争う。
  2. 状況対応分担と対立争いは別のこととする
    状況対応分担と対立争いは別のこととする。
第6 対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先
  1. 対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先
    1. 対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先
      対立争い状況対応が強者支配させない(抵抗)、強者支配終了(自由民主化)より優先する。
    2. 対立争い集合状況対応・対立争い提携状況対応・対立争い集団状況対応
      強者支配させないため(7章)、強者支配終了させるため(3章)、対立争い集合状況対応、対立争い提携状況対応、対立争い集団状況対応する。
    3. 対立争い集合者・対立争い提携者・対立争い集団長構成員と対立争う…仲間割れ
      対立争い集合者、対立争い提携者、対立争い集団長・構成員と対立争い状況対応する(仲間割れ、足の引っ張り合い)。
  2. 対立争い集合状況対応・提携状況対応・対立争い集団状況対応と対立争いは別のこととする
    対立争い集合状況対応、対立争い提携状況対応、対立争い集団状況対応と対立争いは別のこととする。

34節4 本来成果取得優先…集団状況対応型

集団成果取得が個人成果取得より優先

第1 集団成果取得が個人成果取得より優先…集団繁栄
集団成果取得が個人成果取得より優先する(集団繁栄)。

集団成果取得のため状況対応

第1 集団成果取得のため状況対応
  1. 集団成果取得のため状況対応
    集団成果取得のため状況対応する。
  2. 集団成果取得のため個人状況対応
    1. 集団成果取得のため個人状況対応
      集団成果取得のため個人状況対応する。
    2. 集団にのためになるなら・役立つなら
      集団にのためになるなら・役立つならとする。

個人成果取得のため集団状況対応×

第1 個人成果取得のため集団状況対応×
  1. 個人成果取得のため集団状況対応×…公私区別
    個人成果取得のため集団状況対応しない(公私区別、無私、公私混同×)。

個人成果取得のため反集団状況対応×

第1 個人成果取得のため反集団状況対応×
個人成果取得のため反集団状況対応しない。

十分な個人成果取得しても集団状況対応

第1 十分な個人成果取得しても集団状況対応
  1. 十分な個人成果取得しても集団状況対応
    十分な個人成果取得しても集団状況対応する。

個人成果取得のため対立争い状況対応×

第1 個人成果取得のため対立争い状況対応×
  1. 個人成果取得のため対立争い状況対応×
    個人成果取得のため対立争い状況対応する。
  2. 個人成果取得のため対立争い状況対応しない×
    1. 個人成果取得のため対立争い状況対応しない×
      個人成果取得のため対立争い状況対応しないことをしない。
    2. スポーツで八百長×
      スポーツで八百長しない。

個人成果取得のため宗教状況対応×

第1 個人成果取得のため宗教状況対応×
  1. 個人成果取得のため宗教状況対応×
    個人成果取得のため宗教状況対応しない。

34節5 本来成果取得優先…個人対立争い型

個人成果取得優先

第1 個人成果取得が優先
  1. 個人成果取得が優先…利害優先・功利主義
    1. 個人成果取得が優先…利害優先・功利主義
      個人成果取得が優先する(利害優先、功利主義、利益最優先、私利私欲)。
    2. 個人成果取得が何よりも優先する…自分だけ良ければよい
      個人成果取得が何よりも優先する(自分だけ良ければよい)。
    3. 自己本位に思考し自己利益のみ追求する
      自己本位に思考し自己利益のみ追求する。
    4. 役に立つこと以外一切しない
      役に立つこと以外一切しない。
    5. 儲かること
      儲かることをする。
    6. 仕事や知識としてぶらすになること
      仕事や知識としてぶらすになることをする。
  2. 個人成果取得優先度…中国>朝鮮韓国←個人対立争い型の程度
    個人対立争い型の程度は中国が朝鮮韓国より強い。個人成果取得の優先度も中国が朝鮮韓国より強い。

個人成果取得が集団成果取得より優先

第1 個人成果取得が集団成果取得より優先
  1. 個人成果取得が集団成果取得より優先
    個人成果取得が集団成果取得より優先する。

個人成果取得のため集団状況対応

第1 個人成果取得のため集団状況対応
  1. 個人成果取得のため集団状況対応
    個人成果取得のため集団状況対応する。
  2. 集団状況対応は個人成果取得ための範囲
    集団状況対応はあくまでも個人成果取得ための範囲内である。
第2 個人成果取得…集団取得成果分配
  1. 長…構成員に状況対応させ個人成果取得
    長は構成員に状況対応させ個人成果取得する。
  2. 構成員…状況対応し長から成果取得
    構成員は状況対応し長から個人成果取得する。
  3. 成果分配対立争い←集団取得成果分配
    個人成果取得のため集団内で集団取得成果の分配の対立争いをする。
第3 地位取り合う←個人成果取得
  1. 地位取り合う←個人成果取得
    個人成果取得のため地位取り合う(3章地位取り合う)。
  2. 長地位取り合う
    多大な個人成果取得できる長となるため地位取り合う。
  3. 上位構成員地位取り合う
    より多く個人成果取得するためより上位構成員地位取り合う(地位昇進)。

不正個人成果取得のため集団状況対応

第1 不正個人成果取得のため集団状況対応
  1. 不正個人成果取得のため集団状況対応
    個人成果取得のため集団状況対応する。

個人成果取得のため反集団状況対応

第1 個人成果取得のため反集団状況対応
個人成果取得のため反集団状況対応する(対立争い相手集団と提携する)。

個人成果取得のため集団設定・存続・終了させる

第1 個人成果取得(長・上位構成員地位取得)のため集団設定・存続・終了(崩壊)
  1. 個人成果取得(長・上位構成員地位取得)のため集団設定・存続・終了(崩壊)
    個人成果取得(長・上位構成員地位取得)のため集団を設定・存続・終了(崩壊)させる(集団は適当に設定・終了〈崩壊〉させればよい)。
  2. 個人成果取得のため集団設定・終了(崩壊)…強者支配集団
    個人成果取得のため集団を設定・存続・終了(崩壊)させる(強者支配の長→集団は権益の源泉)。
  3. 集団終了(解散)←個人成果取得できない
    個人成果取得できなければ集団を終了(解散)させる。
  4. 集団解散・集団売却←十分な個人成果取得
    十分な個人成果取得すると集団を解散する。
第2 個人成果取得のため状況対応力養成集団設定
  1. 個人成果取得のため状況対応力養成集団設定
    個人成果取得のため状況対応力養成集団を設定する。
  2. 金儲けのため学校設定
    金儲けのため学校設定する。

個人成果取得のため集団加入・地位取得・集団脱退

第1 集団加入
個人成果取得のため集団加入する。
第2 集団脱退←個人成果取得できない
  1. 集団脱退←個人成果取得できない
    個人成果取得できなければ集団脱退する。
  2. 別集団に加入
    1. 別集団に加入
      より個人成果取得できる集団に加入する。
    2. スポーツ選手は高報酬求め球団渡り歩く・脱退しより個人成果取得できる別学校に加入
      スポーツ選手は高報酬求め球団渡り歩く、脱退しより個人成果取得できる別学校に加入する。
第1 集団脱退←十分な個人成果取得
十分な個人成果取得したら脱退する。

十分な個人成果取得すると集団状況対応しない

第1 十分な個人成果取得すると集団状況対応しない
  1. 十分な個人成果取得すると集団状況対応しない
    十分な個人成果取得すると集団状況対応状況対応しない(十分な報酬を取得すると集団状況対応しない)。

個人成果取得と対立争い状況対応

第1 個人成果取得と対立争い状況対応…本来成果取得と本来状況対応
個人成果取得と対立争い状況対応は本来成果取得と本来状況対応である。
第2 個人成果取得のため対立争い状況対応
  1. 個人成果取得のため対立争い状況対応
    個人成果取得のため対立争い状況対応する。
  2. 兵士・用心棒
    兵士、用心棒がいる。
  3. 嘘をついた方が利得になるなら嘘をつく
    嘘をついた方が利得になるなら嘘をつく。
第3 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
  1. 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
    個人成果取得のため対立争い状況対応しない。
  2. スポーツで八百長
    スポーツで八百長する。
  3. 嘘をつかない方が利得になると嘘をつかない・嘘をついても利益にならないと嘘をつかない
    嘘をつかない方が利得になると嘘をつかない、嘘をついても利益にならないと嘘をつかない。
  4. 対立争い状況対応←個人成果取得できなくなる
    個人成果取得できなくなるとまた対立争い状況対応する。
第4 個人成果取得したら対立争い状況対応…利益を得ると対立再開・障害がなくなると争う
個人成果取得したら対立争い状況対応する(利益を得ると対立再開、障害がなくなると争う)。

個人成果取得のため宗教状況対応

第1 個人成果取得のため宗教状況対応
  1. 個人成果取得のため宗教状況対応
    1. 個人成果取得のため宗教状況対応
      個人成果取得のため宗教状況対応する。
    2. 金儲けのため僧になる
      金儲けのため僧になる。
    3. 新興宗教おこす
      金集めのため新興宗教おこす。
    4. 信者に全財産寄付させる
      信者に全財産寄進させる。
    5. 教会の売買
      教会の売買をする。
    6. 金のため布教
      金のため布教に応じる(キリスト教信仰・宣教師の養子→金が切れるとやめる)。
    7. 観光のため少林寺が宗教活動
      1. 観光のため少林寺が宗教活動
        観光のため少林寺が宗教活動する。
      2. 僧の募集…大学卒・英語・情報技術(IT)要求・仏教信じてなくてもよい
        僧の募集では大学卒、英語、情報技術(IT)要求、仏教信じてなくてもよいとする。
      3. 鐘つき代払わない客を殴る。寺の客にいろんな方法で金要求
        鐘つき代払わない客を殴る。寺の客にいろんな方法で金要求する。
    8. 富得られると宗教信仰…韓国キリスト教
      富を得られると信じて宗教信仰する(韓国キリスト教)。

34節6 本来成果取得優先…宗教状況対応型

個人成果取得優先

第1 個人成果取得が優先
  1. 個人成果取得が優先…利害優先・功利主義
    個人成果取得が優先する(利害優先、功利主義、利益最優先、私利私欲)。

個人成果取得が集団成果取得より優先

第1 個人成果取得が集団成果取得より優先
  1. 個人成果取得が集団成果取得より優先
    個人成果取得が集団成果取得より優先する。

個人成果取得のため集団状況対応

第1 個人成果取得のため集団状況対応
  1. 個人成果取得のため集団状況対応
    個人成果取得のため集団状況対応する。
  2. 集団状況対応は個人成果取得ための範囲
    集団状況対応はあくまでも個人成果取得ための範囲内である。
第2 個人成果取得…集団取得成果分配
  1. 長…構成員に状況対応させ個人成果取得
    長は構成員に状況対応させ個人成果取得する。
  2. 構成員…状況対応し長から成果取得
    構成員は状況対応し長から個人成果取得する。
  3. 成果分配対立争い←集団取得成果分配
    個人成果取得のため集団内で集団取得成果の分配の対立争いをする。
第3 地位取り合う←個人成果取得
  1. 地位取り合う←個人成果取得
    個人成果取得のため地位取り合う(3章地位取り合う)。
  2. 長地位取り合う
    多大な個人成果取得できる長となるため地位取り合う。
  3. 上位構成員地位取り合う
    より多く個人成果取得するためより上位構成員地位取り合う(地位昇進)。

不正個人成果取得のため集団状況対応

第1 不正個人成果取得のため集団状況対応
  1. 不正個人成果取得のため集団状況対応
    個人成果取得のため集団状況対応する。

個人成果取得のため反集団状況対応

第1 個人成果取得のため反集団状況対応
個人成果取得のため反集団状況対応する(対立争い相手集団と提携する)。

個人成果取得のため集団設定・存続・終了させる

第1 個人成果取得(長・上位構成員地位取得)のため集団設定・存続・終了(崩壊)
  1. 個人成果取得(長・上位構成員地位取得)のため集団設定・存続・終了(崩壊)
    個人成果取得(長・上位構成員地位取得)のため集団を設定・存続・終了(崩壊)させる(集団は適当に設定・終了〈崩壊〉させればよい)。
  2. 個人成果取得のため集団設定・終了(崩壊)…強者支配集団
    個人成果取得のため集団を設定・存続・終了(崩壊)させる(強者支配の長→集団は権益の源泉)。
  3. 集団終了(解散)←個人成果取得できない
    個人成果取得できなければ集団を終了(解散)させる。
  4. 集団解散・集団売却←十分な個人成果取得
    十分な個人成果取得すると集団を解散する。
第2 個人成果取得のため状況対応力養成集団設定
  1. 個人成果取得のため状況対応力養成集団設定
    個人成果取得のため状況対応力養成集団を設定する。
  2. 金儲けのため学校設定
    金儲けのため学校設定する。

個人成果取得のため集団加入・地位取得・集団脱退

第1 集団加入
個人成果取得のため集団加入する。
第2 集団脱退←個人成果取得できない
  1. 集団脱退←個人成果取得できない
    個人成果取得できなければ集団脱退する。
  2. 別集団に加入
    1. 別集団に加入
      より個人成果取得できる集団に加入する。
    2. スポーツ選手は高報酬求め球団渡り歩く
      スポーツ選手は高報酬求め球団渡り歩く。
第3 集団脱退←十分な個人成果取得
十分な個人成果取得したら脱退する。

十分な個人成果取得すると集団状況対応しない

第1 十分な個人成果取得すると集団状況対応しない
  1. 十分な個人成果取得すると集団状況対応しない
    十分な個人成果取得すると状況対応しない(十分な報酬を取得すると集団状況対応しない)。

個人成果取得と対立争い状況対応

第1 個人成果取得と対立争い状況対応…本来成果取得と本来状況対応
個人成果取得と対立争い状況対応は本来成果取得と本来状況対応である。
第2 個人成果取得のため対立争い状況対応
  1. 個人成果取得のため対立争い状況対応
    個人成果取得のため対立争い状況対応する。
  2. 兵士・用心棒
    兵士、用心棒がいる。
第3 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
  1. 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
    個人成果取得のため対立争い状況対応しない。
  2. スポーツで八百長
    スポーツで八百長する。
  3. 対立争い状況対応←個人成果取得できなくなる
    個人成果取得できなくなるとまた対立争い状況対応する。
第4 個人成果取得したら対立争い状況対応…利益を得ると対立再開・障害がなくなると争う
個人成果取得したら対立争い状況対応する(利益を得ると対立再開、障害がなくなると争う)。

34節7 本来成果存続優先…集団状況対応型

第1 集団取得成果存続が優先
  1. 集団取得成果存続が優先
    集団取得成果存続が優先する。
第2 集団取得成果存続が個人取得成果存続より優先
集団取得成果存続が個人取得成果存続より優先する。
第3 集団取得成果存続のため状況対応
  1. 集団取得成果存続のため状況対応
    集団取得成果存続のため状況対応する。
  2. 集団取得成果存続のため個人状況対応
    1. 集団取得成果存続のため個人状況対応
      集団取得成果存続のため個人状況対応する。
    2. 集団にのためになるなら・役立つなら…奉仕
      集団にのためになるなら・役立つなら(奉仕)。

34節8 本来成果存続優先…個人対立争い型

個人取得成果存続優先

第1 個人取得成果存続優先…利害優先
個人取得成果存続が優先する(利害優先、功利主義)。

個人取得成果存続が集団財産存続より優先

第1 個人取得成果存続が集団財産存続より優先
個人取得成果存続が集団財産存続より優先する。

個人取得成果存続のため集団状況対応

第1 個人取得成果存続のため集団状況対応
個人取得成果存続のため集団状況対応する。

個人取得成果存続のため反集団状況対応

第1 個人取得成果存続のため反集団状況対応
個人取得成果存続のため反集団状況対応する。

個人取得成果存続のため集団設定・存続・終了させる

第1 個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を設定・存続・終了(滅亡)
  1. 個人取得成果存続のため集団を設定・存続・終了(滅亡)
    個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を設定・存続・終了(滅亡)させる。
  2. 集団は適当に設定・終了(崩壊)させればよいとする・作り直せばよい
    集団は適当に設定・終了(崩壊)させればよいとする、作り直せばよいとする。
第2 個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団存続
  1. 個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団存続
    個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を存続させる(地位・権力維持)。
  2. 強者支配集団
    個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を存続させる。
第3 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
  1. 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
    集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)をはかる。

個人取得成果存続のため集団加入・地位取得・集団脱退

第1 個人取得成果存続のため集団加入
個人取得成果存続のため集団に加入する。
第2 個人取得成果存続のため地位取得
個人取得成果存続のため地位を取得する。
第3 集団脱退…長
  1. 個人取得成果存続のため集団脱退
    個人取得成果存続(財産)のため集団から脱退する。
  2. 個人成果提供者優先(賄賂)で制裁のおそれ→個人取得成果存続のため集団脱退
    個人成果提供者優先制裁で制裁のおそれがあから個人取得成果存続(財産)のため集団脱退する。
  3. 強者支配拒否・集団終了(崩壊)→成果存続のため集団脱退国
    強者支配拒否(暴動抵抗)・集団終了(崩壊)で個人取得成果存続(財産)のため集団脱退する。再建しようとしない。
  4. 集団脱退前に財産他集団移動
    財産は事前に他集団に移動させる。
  5. 集団脱退前に家族移動
    家族は事前に他集団に移動させる。
第4 集団脱退…構成員←個人取得成果存続
  1. 個人取得成果存続のため集団脱退
    個人取得成果存続のため構成員、生産役務者が集団から脱退する。
  2. 集団脱退前に家族移動
    家族は事前に他集団に移動させる。
  3. 集団脱退前に財産他集団移動
    1. 集団脱退前に財産他集団移動
      財産は事前に他集団に移動させる。
第5 移動先…個人取得成果存続できる強者支配終了集団
  1. 移動先…個人取得成果存続できる強者支配終了集団
    移動先は個人取得成果存続できる強者支配終了集団である。
第6 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
  1. 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
    集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)をはかる。

個人取得成果存続が集団費用負担より優先

第1 個人取得成果存続が集団費用負担より優先
  1. 個人取得成果存続が集団費用負担より優先
    個人取得成果存続が集団費用負担より優先する。
  2. 集団負担免れるため個人財産隠す
    集団負担免れるため個人財産を隠す。
  3. 集団負担免れるため集団外移動
    集団負担免れるため集団外に移動する。

個人取得成果存続が状況対応合意より優先

第1 個人取得成果存続が状況対応合意より優先
  1. 個人取得成果存続が状況対応合意より優先
    個人取得成果存続が状況対応合意より優先する。
  2. 状況対応合意条件…担保提供しない
    集団費用延納で担保提供したがらない。
  3. 個人取得成果存続のため合意状況対応しない
    個人取得成果存続のため合意状況対応しない(上位構成員が退任後も上位構成員住宅を返還しない・居座る)。

34節9 本来成果存続優先…宗教状況対応型

個人取得成果存続優先

第1 個人取得成果存続優先…利害優先
個人取得成果存続が優先する(利害優先、功利主義)。

個人取得成果存続が集団財産存続より優先

第1 個人取得成果存続が集団財産存続より優先
個人取得成果存続が集団財産存続より優先する。

個人取得成果存続のため集団状況対応

第1 個人取得成果存続のため集団状況対応
個人取得成果存続のため集団状況対応する。

個人取得成果存続のため反集団状況対応

第1 個人取得成果存続のため反集団状況対応
個人取得成果存続のため反集団状況対応する。

個人取得成果存続のため集団設定・存続・終了させる

第1 個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を設定・存続・終了(滅亡)
  1. 個人取得成果存続のため集団を設定・存続・終了(滅亡)
    個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を設定・存続・終了(滅亡)させる。
  2. 集団は適当に設定・終了(崩壊)させればよいとする・作り直せばよい
    集団は適当に設定・終了(崩壊)させればよいとする、作り直せばよいとする。
第2 個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団存続
  1. 個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団存続
    個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を存続させる(地位・権力維持)。
  2. 強者支配集団
    個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を存続させる。
第3 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
  1. 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
    集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)をはかる。

個人取得成果存続のため集団加入・地位取得・集団脱退

第1 個人取得成果存続のため集団加入
個人取得成果存続のため集団に加入する。
第2 個人取得成果存続のため地位取得
個人取得成果存続のため地位を取得する。
第3 集団脱退…長
  1. 個人取得成果存続のため集団脱退
    個人取得成果存続(財産)のため集団から脱退する。
  2. 個人成果提供者優先(賄賂)で制裁のおそれ→個人取得成果存続のため集団脱退
    個人成果提供者優先制裁で制裁のおそれがあから個人取得成果存続(財産)のため集団脱退する。
  3. 強者支配拒否・集団終了(崩壊)→成果存続のため集団脱退国
    強者支配拒否(暴動抵抗)・集団終了(崩壊)で個人取得成果存続(財産)のため集団脱退する。再建しようとしない。
  4. 集団脱退前に財産他集団移動
    財産は事前に他集団に移動させる。
  5. 集団脱退前に家族移動
    家族は事前に他集団に移動させる。
第4 集団脱退…構成員←個人取得成果存続
  1. 個人取得成果存続のため集団脱退
    個人取得成果存続のため構成員、生産役務者が集団から脱退する。
  2. 集団脱退前に家族移動
    家族は事前に他集団に移動させる。
  3. 集団脱退前に財産他集団移動
    1. 集団脱退前に財産他集団移動
      財産は事前に他集団に移動させる。
第5 移動先…個人取得成果存続できる強者支配終了集団
  1. 移動先…個人取得成果存続できる強者支配終了集団
    移動先は個人取得成果存続できる強者支配終了集団である。
第6 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
  1. 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
    集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)をはかる。

個人取得成果存続が集団費用負担より優先

第1 個人取得成果存続が集団費用負担より優先
  1. 個人取得成果存続が集団費用負担より優先
    個人取得成果存続が集団費用負担より優先する。
  2. 集団負担免れるため個人財産隠す
    集団負担免れるため個人財産を隠す。
  3. 集団負担免れるため集団外移動
    集団負担免れるため集団外に移動する。

個人取得成果存続が状況対応合意より優先

第1 個人取得成果存続が状況対応合意より優先
  1. 個人取得成果存続が状況対応合意より優先
    個人取得成果存続が状況対応合意より優先する。
  2. 状況対応合意条件…担保提供しない
    集団費用延納で担保提供したがらない。
  3. 個人取得成果存続のため合意状況対応しない
    個人取得成果存続のため合意状況対応しない(上位構成員が退任後も上位構成員住宅を返還しない・居座る)。

34節10 家族状況対応優先…個人対立争い型

家族状況対応優先

第1 家族状況対応優先
  1. 家族状況対応が優先
    1. 家族状況対応が優先
      家族状況対応が優先する(家族の理論が最優先、家族集団利己主義)。
    2. 家族につくす・自分も家族よって守られる・集団のためではなく家族のために動く
      家族につくす、自分も家族よって守られる、集団のためではなく家族のために動くとする。

家族状況対応優先…家族状況対応が集団状況対応より優先

第1 家族状況対応優先…家族状況対応が集団状況対応より優先
家族状況対応が集団状況対応より優先する。

家族状況対応優先…家族状況対応のため集団状況対応

第1 家族状況対応優先…家族状況対応のため集団状況対応
  1. 家族状況対応優先…家族状況対応のため集団状況対応
    1. 家族状況対応優先…家族状況対応のため集団状況対応
      家族状況対応が優先する。家族状況対応のため集団状況対応する。
    2. 家族があって集団はなし・家族は忠誠心の対象・集団はどうでもいい
      家族があって集団はなし、家族は忠誠心の対象・集団はどうでもいいとする。
  2. 家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
    1. 家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
      家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する。
    2. 集団地位与える…採用
      家族に集団の地位を与える。
    3. 集団地位上げる…昇進
      家族に集団地位を上げる。
    4. 人事担当者は集団を家族で固める
      人事担当者は集団を家族で固める(家族に良いポスト→人事は長がしないとだめ、対応方法習得考案→○○な構成員必要と採用承諾させ実は適任者がいる)。
    5. どんな集団状況対応でもする
      どんな集団状況対応でもする。
  3. 家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
    1. 家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
      家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない。
  4. 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    1. 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
      家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。
    2. 家族でない者のためにならない集団状況対応
      家族でない者のためにならない集団状況対応する。
  5. 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
    1. 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
      家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない。
    2. 集団地位与えない…採用×
      家族でない者家族でない者に集団の地位を与えない。ためにならない集団状況対応する。
    3. 集団地位上げない…昇進×
      家族でない者に集団の地位昇進をさせない。
  6. 家族のため反集団状況対応
    家族のため反集団状況対応する。
  7. 家族のためにしか集団状況対応しない
    家族のためにしか集団状況対応しない(コネ)。
  8. 集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある
    集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある。
  9. 状況対応管理必要
    状況対応管理(監視・制裁)が必要となる。

家族状況対応のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 家族状況対応優先
家族状況対応を優先する。
第2 長・上位構成員
  1. 集団地位与える…採用
    家族に集団の地位を与える。
  2. 集団地位上げる…昇進
    家族に集団地位を上げる。
  3. 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する

家族成果取得のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 家族成果取得のため集団状況対応
  1. 家族成果取得のため集団状況対応
    家族成果取得のため集団状況対応する。
第2 家族のため個人成果取得取得し家族に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
  1. 家族のため個人成果取得取得し家族に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
    家族のため個人成果取得し(取り込み、個人成果提供者優先)、家族に成果分配する。

長・上位構成員の家族

第1 長・上位構成員の家族
  1. 集団地位取得できる…採用
    1. 集団地位取得できる…採用
      集団地位を取得できる。
    2. 家族閥ができる
      家族閥ができる。
  2. 集団地位上がる…昇進
    1. 集団地位上がる…昇進
      集団地位上がる。
    2. 上位構成員を占める
      上位構成員を占める。
  3. 個人状況対応…コネ
    個人状況対応できる。
  4. 人成果取得できる…コネ
    個人成果取得できる。

長・上位構成員の家族でない者

第1 長・上位構成員の家族でない者
  1. 集団地位取得できない…採用×
    集団地位を取得できない。
  2. 集団地位上がらない…昇進×
    集団地位上がらない。
  3. 個人状況対応できない
    個人状況対応できない。
  4. 個人成果取得できない
    個人成果取得できない。
第2 不満
  1. 不満
    不満である。
  2. 不満状況対応
    不満状況対応する。

34節11 親族状況対応優先…個人対立争い型

第1 親族状況対応が優先
  1. 親族状況対応が優先
    1. 親族状況対応が優先
      親族状況対応が優先する(親族の理論が最優先、親族集団利己主義)。
    2. 親族につくす・自分も親族よって守られる・集団のためではなく親族のために動く
      親族につくす、自分も親族よって守られる、集団のためではなく親族のために動くとする。

親族状況対応優先…親族状況対応が集団状況対応より優先

第1 親族状況対応優先…親族状況対応が集団状況対応より優先
親族状況対応が集団状況対応より優先する。

親族状況対応優先…親族状況対応のため集団状況対応

第1 親族状況対応優先…親族状況対応のため集団状況対応
  1. 親族状況対応優先優先…親族状況対応のため集団状況対応
    1. 親族状況対応優先優先…親族状況対応のため集団状況対応
      親族状況対応が優先する。親族状況対応のため集団状況対応する。
    2. 親族があって集団はなし・親族は忠誠心の対象・集団はどうでもいい
      親族があって集団はなし、親族は忠誠心の対象・集団はどうでもいいとする。
  2. 親族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
    1. 親族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
      親族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する。
    2. 集団地位与える…採用
      親族に集団の地位を与える。
    3. 集団地位上げる…昇進
      親族に集団地位を上げる。
    4. 人事担当者は集団を親族で固める
      人事担当者は集団を親族で固める(親族に良いポスト→人事は長がしないとだめ、対応方法習得考案→○○な構成員必要と採用承諾させ実は適任者がいる)。
    5. どんな集団状況対応でもする
      どんな集団状況対応でもする。
  3. 親族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
    1. 親族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
      親族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない。
  4. 親族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    1. 親族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
      親族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。
    2. 親族でない者のためにならない集団状況対応
      親族でない者のためにならない集団状況対応する。
  5. 親族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
    1. 親族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
      親族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない。
    2. 集団地位与えない…採用×
      親族でない者に集団の地位を与えない。
    3. 集団地位上げない…昇進×
      親族でない者に集団の地位昇進をさせない。
  6. 親族のため反集団状況対応
    親族のため反集団状況対応する。
  7. 親族のためにしか集団状況対応しない
    親族のためにしか集団状況対応しない(コネ)。
  8. 集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある
    集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある。
  9. 状況対応管理必要
    状況対応管理(監視・制裁)が必要となる。

親族状況対応のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 親族状況対応優先
親族状況対応を優先する。
第2 長・上位構成員
  1. 集団地位与える…採用
    親族に集団の地位を与える。
  2. 集団地位上げる…昇進
    親族に集団地位を上げる。
  3. 親族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    親族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。

親族成果取得のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 親族成果取得のため集団状況対応
  1. 親族成果取得のため集団状況対応
    親族成果取得のため集団状況対応する。
第2 親族のため個人成果取得取得し親族に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
  1. 親族のため個人成果取得取得し親族に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
    親族のため個人成果取得し(取り込み、個人成果提供者優先)、親族に成果分配する。

長・上位構成員の親族

第1 長・上位構成員の親族
  1. 集団地位取得できる…採用
    1. 集団地位取得できる…採用
      集団地位を取得できる。
    2. 親族閥ができる
      親族閥ができる。
  2. 集団地位上がる…昇進
    1. 集団地位上がる…昇進
      集団地位上がる。
    2. 上位構成員を占める
      上位構成員を占める。
  3. 個人状況対応…コネ
    個人状況対応できる。
  4. 個人成果取得できる…コネ
    個人成果取得できる。

長・上位構成員の親族でない者

第1 長・上位構成員の親族でない者
  1. 集団地位取得できない…採用×
    集団地位を取得できない。
  2. 集団地位上がらない…昇進×
    集団地位上がらない。
  3. 個人状況対応できない
    1. 個人状況対応できない
      個人状況対応できない。
    2. コネがないと診療もしてもらえない
      コネがないと診療もしてもらえない。
  4. 個人成果取得できない
    個人成果取得できない。
第2 不満
  1. 不満
    不満である。
  2. 不満状況対応
    不満状況対応する。

34節12 友人状況対応優先…個人対立争い型

第1 友人状況対応が優先
  1. 友人状況対応が優先
    1. 友人状況対応が優先
      友人状況対応が優先する(友人の理論が最優先)。
    2. 友人につくす・自分も友人よって守られる・集団のためではなく友人のために動く
      友人につくす、自分も友人よって守られる、集団のためではなく友人のために動くとする。

友人状況対応優先…友人状況対応が集団状況対応より優先

第1 友人状況対応優先…友人状況対応が集団状況対応より優先
友人状況対応が集団状況対応より優先する。

友人状況対応優先…友人状況対応のため集団状況対応

第1 友人状況対応優先…友人状況対応のため集団状況対応
  1. 友人状況対応優先優先…友人状況対応のため集団状況対応
    1. 友人状況対応優先優先…友人状況対応のため集団状況対応
      友人状況対応が優先する。友人状況対応のため集団状況対応する。
    2. 友人があって集団はなし・友人は忠誠心の対象・集団はどうでもいい
      友人があって集団はなし、友人は忠誠心の対象・集団はどうでもいいとする。
  2. 友人が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
    1. 友人が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
      友人が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する。
    2. 集団地位与える…採用
      友人に集団の地位を与える。
    3. 集団地位上げる…昇進
      友人に集団地位を上げる。
    4. 人事担当者は集団を友人で固める
      人事担当者は集団を友人で固める(友人に良いポスト→人事は長がしないとだめ、対応方法習得考案→○○な構成員必要と採用承諾させ実は適任者がいる)。
    5. どんな集団状況対応でもする
      人事担当者は集団を友人でどんな集団状況対応でもする。固める(友人に良いポスト→人事は長がしないとだめ、対応方法習得考案→○○な構成員必要と採用承諾させ実は適任者がいる)。
  3. 友人が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
    1. 友人が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
      友人が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない。
  4. 友人でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    1. 友人でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
      友人でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。
    2. 友人でない者のためにならない集団状況対応
      友人でない者のためにならない集団状況対応する。
  5. 友人でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
    1. 友人でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
      友人でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない。
    2. 集団地位与えない…採用×
      友人でない者に集団の地位を与えない。
    3. 集団地位上げない…昇進×
      友人でない者に集団の地位昇進をさせない。
  6. 友人のため反集団状況対応
    1. 友人のため反集団状況対応
      友人のため反集団状況対応する。
    2. 会社の車に客がいるのに友人便乗させ遠回り
      会社の車に客がいるのに友人便乗させ遠回りする。
  7. 友人のためにしか集団状況対応しない
    友人のためにしか集団状況対応しない(コネ)。
  8. 集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある
    集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある。
  9. 状況対応管理必要
    状況対応管理(監視・制裁)が必要となる。

友人状況対応のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 友人状況対応優先
友人状況対応を優先する。
第2 長・上位構成員
  1. 集団地位与える…採用
    友人に集団の地位を与える。
  2. 集団地位上げる…昇進
    友人に集団地位を上げる。
  3. 友人でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    友人でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。

友人成果取得のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 友人成果取得のため集団状況対応
  1. 友人成果取得のため集団状況対応
    友人成果取得のため集団状況対応する。
第2 友人のため個人成果取得取得し友人に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
  1. 友人のため個人成果取得取得し友人に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
    友人のため個人成果取得し(取り込み、個人成果提供者優先)、友人に成果分配する。

長・上位構成員の友人

第1 長・上位構成員の友人
  1. 集団位取得できる…採用
    集団地位を取得できる。
  2. 集団地位上がる…昇進
    集団地位上がる。
  3. 個人状況対応…コネ
    個人状況対応できる。
  4. 個人成果取得できる…コネ
    個人成果取得できる。

長・上位構成員の友人でない者

第1 長・上位構成員の友人でない者
  1. 集団地位取得できない…採用×
    集団地位を取得できない。
  2. 集団地位上がらない…昇進×
    集団地位上がらない。
  3. 個人状況対応できない
    1. 個人状況対応できない
      個人状況対応できない。
    2. コネがないと診療もしてもらえない
      コネがないと診療もしてもらえない。
  4. 個人成果取得できない
    個人成果取得できない。
第2 不満
  1. 不満
    不満である。
  2. 不満状況対応
    不満状況対応する。

34節13 提携状況対応優先…個人対立争い型

第1 提携状況対応が優先
  1. 提携状況対応が優先
    1. 提携状況対応が優先
      提携状況対応が優先する(提携の理論が最優先)。
    2. 提携者につくす・自分も提携者よって守られる・集団のためではなく提携者のために動く
      提携者につくす、自分も提携者よって守られる、集団のためではなく提携者のために動くとする。

提携状況対応優先…提携状況対応が集団状況対応より優先

第1 提携状況対応優先…提携状況対応が集団状況対応より優先
提携状況対応が集団状況対応より優先する。

提携状況対応優先…提携状況対応のため集団状況対応

第1 提携状況対応優先…提携状況対応のため集団状況対応
  1. 提携状況対応優先優先…提携状況対応のため集団状況対応
    1. 提携状況対応優先優先…提携状況対応のため集団状況対応
      提携状況対応が優先する。提携状況対応のため集団状況対応する。
    2. 提携者があって集団はなし・提携者は忠誠心の対象・集団はどうでもいい
      提携者があって集団はなし、提携者は忠誠心の対象・集団はどうでもいいとする。
  2. 提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
    1. 提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
      提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する。
    2. 集団地位与える…採用
      提携者に集団の地位を与える。
    3. 集団地位上げる…昇進
      提携者に集団地位を上げる。
    4. 人事担当者は集団を提携者で固める
      人事担当者は集団を提携者で固める(提携者に良いポスト→人事は長がしないとだめ、対応方法習得考案→○○な構成員必要と採用承諾させ実は適任者がいる)。
    5. 同郷閥・学閥←同郷者・同窓者の集団地位与える・地位上げる
      同郷者、同窓者の集団の地位与える地位あげるから同郷閥、学閥(小集団)ができる。
    6. どんな集団状況対応でもする
      どんな集団状況対応でもする。
  3. 提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
    1. 提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
      提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない。
  4. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    1. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
      提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。
    2. 提携者でない者のためにならない集団状況対応
      提携者でない者のためにならない集団状況対応する。
  5. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
    1. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
      提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない。
    2. 集団地位与えない…採用×
      提携者でない者に集団の地位を与えない。
    3. 集団地位上げない…昇進×
      提携者でない者に集団の地位昇進をさせない。
  6. 提携者のため反集団状況対応
    提携者のため反集団状況対応する。
  7. 提携者のためにしか集団状況対応しない
    提携者のためにしか集団状況対応しない(コネ)。
  8. 集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある
    集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある。
  9. 状況対応管理必要
    状況対応管理(監視・制裁)が必要となる。

提携状況対応のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 提携状況対応優先
提携状況対応を優先する。
第2 長・上位構成員
  1. 集団地位与える…採用
    提携者に集団の地位を与える。
  2. 集団地位上げる…昇進
    提携者に集団地位を上げる。
  3. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。

提携者成果取得のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 提携者成果取得のため集団状況対応
  1. 提携者成果取得のため集団状況対応
    提携者成果取得のため集団状況対応する。
第2 提携者のため個人成果取得取得し提携者に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
  1. 提携者のため個人成果取得取得し提携者に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
    提携者のため個人成果取得し(取り込み、個人成果提供者優先)、提携者に成果分配する。

長・上位構成員の提携者

第1 長・上位構成員の家族
  1. 集団地位取得できる…採用
    集団地位を取得できる。
  2. 集団地位上がる…昇進
    集団地位上がる。
  3. 個人状況対応…コネ
    個人状況対応できる。
  4. 個人成果取得できる…コネ
    個人成果取得できる。

長・上位構成員の家族でない者

第1 長・上位構成員の家族でない者
  1. 集団地位取得できない…採用×
    集団地位を取得できない。
  2. 集団地位上がらない…昇進×
    集団地位上がらない。
  3. 個人状況対応できない
    1. 個人状況対応できない
      個人状況対応できない。
    2. コネがないと診療もしてもらえない
      コネがないと診療もしてもらえない。
  4. 個人成果取得できない
    個人成果取得できない。
第2 不満
  1. 不満
    不満である。
  2. 不満状況対応
    不満状況対応する。

34節14 提携状況対応優先…宗教状況対応型

第1 提携状況対応が優先
  1. 提携状況対応が優先
    1. 提携状況対応が優先
      提携状況対応が優先する(提携の理論が優先)。
    2. 提携者につくす・自分も提携者よって守られる・集団のためではなく提携者のために動く
      提携者につくす、自分も提携者よって守られる、集団のためではなく提携者のために動くとする。

提携状況対応優先…提携状況対応が集団状況対応より優先

第1 提携状況対応優先…提携状況対応が集団状況対応より優先
提携状況対応が集団状況対応より優先する。

提携状況対応優先…提携状況対応のため集団状況対応

第1 提携状況対応優先…提携状況対応のため集団状況対応
  1. 提携状況対応優先優先…提携状況対応のため集団状況対応
    1. 提携状況対応優先優先…提携状況対応のため集団状況対応
      提携状況対応が優先する。提携状況対応のため集団状況対応する。
    2. 提携者があって集団はなし・提携者は忠誠心の対象・集団はどうでもいい
      提携者があって集団はなし、提携者は忠誠心の対象・集団はどうでもいいとする。
  2. 提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
    1. 提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
      提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する。
    2. 集団地位与える…採用
      提携者に集団の地位を与える。
    3. 集団地位上げる…昇進
      提携者に集団地位を上げる。
    4. 学閥←同窓者の集団地位与える・地位上げる
      同窓者の集団地位与える、地位上げるから学閥(小集団)ができる。
    5. どんな集団状況対応でもする
      どんな集団状況対応でもする。
  3. 提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
    1. 提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
      提携者が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない。
  4. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    1. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
      提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。
    2. 提携者でない者のためにならない集団状況対応
      提携者でない者のためにならない集団状況対応する。
  5. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
    1. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
      提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない。
    2. 集団地位与えない…採用×
      提携者でない者に集団の地位を与えない。
    3. 集団地位上げない…昇進×
      提携者でない者に集団の地位昇進をさせない。
  6. 提携者のため反集団状況対応
    提携者のため反集団状況対応する。
  7. 提携者のためにしか集団状況対応しない
    提携者のためにしか集団状況対応しない(コネ)。
  8. 集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある
    集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある。
  9. 状況対応管理必要
    状況対応管理(監視・制裁)が必要となる。

提携状況対応のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 提携状況対応優先
提携状況対応を優先する。
第2 長・上位構成員
  1. 集団地位与える…採用
    提携者に集団の地位を与える。
  2. 集団地位上げる…昇進
    提携者に集団地位を上げる。
  3. 提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    提携者でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。

提携者成果取得のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 提携者成果取得のため集団状況対応
  1. 提携者成果取得のため集団状況対応
    提携者成果取得のため集団状況対応する。
第2 提携者のため個人成果取得取得し提携者に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
  1. 提携者のため個人成果取得取得し提携者に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
    提携者のため個人成果取得し(取り込み、個人成果提供者優先)、提携者に成果分配する。

長・上位構成員の提携者

第1 長・上位構成員の提携者
  1. 集団地位取得できる…採用
    集団地位を取得できる。
  2. 集団地位上がる…昇進
    集団地位上がる。
  3. 個人状況対応…コネ
    個人状況対応できる。
  4. 個人成果取得できる…コネ
    個人成果取得できる。

長・上位構成員の提携者でない者

第1 長・上位構成員の提携者でない者
  1. 集団地位取得できない…採用×
    集団地位を取得できない。
  2. 集団地位上がらない…昇進×
    集団地位上がらない。
  3. 個人状況対応できない
    個人状況対応できない。
  4. 個人成果取得できない
    個人成果取得できない。
第2 不満
  1. 不満
    不満である。
  2. 不満状況対応
    不満状況対応する。

34節15 異なる状況対応…道具利用(個人対立争い型)

第1 異なる状況対応…道具・利用
  1. 異なる状況対応を道具・利用
    個人状況対応のため状況対応する。個人成果取得のため状況対応する。異なる状況対応を利用する、道具とする。

集団状況対応を利用

第1 集団状況対応…利用・道具
  1. 集団状況対応利用…集団は道具・集団は集合場所
    1. 集団状況対応利用
      個人状況対応のため、個人成果取得のため、集団状況対応する。集団状況対応を利用する。
    2. 集団は道具
      道具とする(集団を自己の道具と考える)。
    3. 集団は集合場所
      1. 集団は集合場所
        集合場所に過ぎないとする。
      2. 学校は状況対応力養成の場
        学校は状況対応力養成の場。
      3. 生産役務集団は賃金取得の場・利益を出す器
        生産役務集団は賃金取得の場・利益を出す器にすぎない。
  2. 構成員・長を利用・道具…お互いに利用・道具
    個人状況対応のため、個人成果取得のため構成員を利用する(構成員を自己の道具と考える)。長を利用する。お互いに利用し合う。

宗教状況対応を利用

第1 宗教状況対応利用…宗教を利用・道具
個人状況対応のため、個人成果取得のため、宗教状況対応する。宗教状況対応を利用する。道具とする。

家族状況対応を利用

第1 家族状況対応を利用…家族であることは権益
  1. 家族状況対応を利用…家族であることは権益
    家族状況対応を利用する(家族であることは権益)。
  2. 集団状況対応担当(役割)は家族の権益
    集団状況対応担当(役割)は家族の権益となる。
  3. 何事も家族状況対応が必要…コネ社会
    何事も家族状況対応が必要となる(何かしようとしたら家族を介さないと動かない)。

親族状況対応を利用

第1 親族状況対応を利用…親族であることは権益
  1. 親族状況対応を利用…親族であることは権益
    親族状況対応を利用する(親族であることは権益)。
  2. 集団状況対応担当(役割)は親族の権益
    集団状況対応担当(役割)は親族の権益となる。
  3. 何事も親族状況対応が必要…コネ社会
    何事も親族状況対応が必要となる(何かしようとしたら親族を介さないと動かない)。

友人状況対応を利用

第1 友人状況対応を利用…友人であることは権益
  1. 友人状況対応を利用…友人であることは権益
    友人状況対応を利用する(友人であることは権益)。集団状況対応、生産役務状況対応に利用する。
  2. 集団状況対応担当(役割)は友人の権益
    集団状況対応担当(役割)は友人の権益となる。
  3. 何事も友人状況対応が必要…コネ社会
    何事も友人状況対応が必要となる(何かしようとしたら友人を介さないと動かない)。

提携状況対応を利用

第1 提携状況対応を利用…提携者であることは権益
  1. 提携状況対応を利用…提携者であることは権益
    提携状況対応を利用する(提携者であることは権益)。
  2. 集団状況対応担当(役割)は提携者の権益
    集団状況対応担当(役割)は提携者の権益となる。
  3. 何事も提携状況対応が必要…コネ社会
    何事も提携状況対応が必要となる(何かしようとしたら人を介さないと動かない)。

トップに戻る

関連記事

前へ

32節 本来状況対応する・非本来状況対応しない

次へ

34節 本来状況対応優先(2)

Page Top