「歴史の流れ」民族の力と型

30節 状況対応力養成…対応方法・対応手法

このページ内の目次

30節 状況対応力養成の対応方法・手法…養成者

第1 状況対応力の養成…養成者
  1. 家族養成…親が最小限の養成
    1. 家族養成…親が最小限の養成
      最小限の養成は親がする。
    2. 生産役務状況対応世襲…親が生産役務状況対応力養成(職業世襲→職業教育)
      生産役務状況対応が世襲であると親が生産役務養成状況対応力養成する(職業世襲→職業教育)。
  2. 個人…自己養成
    個人が自己養成する。
  3. 集団…他人養成
    集団が構成員を養成する。
  4. 宗教者・宗教集団…他人養成
    宗教者・宗教集団が信者を養成する。
  5. 学校…他人養成
    学校が養成する。
  6. 国家…他人養成
    国家が国民を養成する。

集団状況対応型

第1 集団が養成←集団状況対応
  1. 集団が養成←集団状況対応
    1. 集団が養成←集団状況対応
      集団状況対応から、集団が状況対応力を養成する。
    2. 先輩構成員が後輩構成員を状況対応養成…上司が部下に仕事を教える
      長・先輩構成員が後輩構成員の状況対応力を養成する(上司が部下に仕事を教える)。
    3. 構成員同士が状況対応養成…他構成員の状況対応分担
      構成員同士が相互に状況対応力を養成しあう(他構成員の状況対応分担、相互利他・助け合い)。
    4. 家族養成より高度養成←集団の養成
      家族の養成だけでなく、集団が養成するから高度な養成がされる。
    5. 全員養成←集団の養成
      1. 全員養成←集団の養成
        集団状況対応だから全員が養成を受ける。
      2. 文盲が少ない…日本は古代から・女性子供が読み書きできる・教養人多い
        文盲が少ない(日本は古代から、女性・子供が読み書きできる、教養人多い)。
  2. 生産役務集団
    1. 生産役務集団
      生産役務集団がある。
    2. 取引生産役務集団(商店)…構成員(丁稚)を養成
      取引生産役務集団(商店)が構成員(丁稚)を養成した。
    3. 職人の徒弟制度
      職人の徒弟制度がある。
    4. 会社の社員教育
      会社の社員教育がある(社員教育制度)。
    5. 芸能界・相撲部屋…弟子養成
      芸能界・相撲部屋の弟子養成がある。
    6. プロ野球の二軍
      プロ野球の二軍がある。
    7. 昔…生産役務をともなうが教育だから無報酬
      昔は生産役務集団の教育は生産役務をともなうが教育だから無報酬だった→最近は報酬)。
  3. 村落集団…若者宿・村落裕福家が貧困優秀者の進学支援
    村落集団がある(村落集団の若者宿、村落裕福家が貧困優秀者の進学支援)。
第3 学校
  1. 学校
    学校がある。
  2. 学校…寺子屋
    学校がある(寺子屋〈読み書き〉)。
第4 国家
  1. 小国家…藩校
    小国家がある(藩校、藩が学者を雇用)。
  2. 国家…明治以降の公立教育→義務教育はフランスに次いで2番目
    国家がある(漢字からひらがな作り国民に普及、明治以降の公立教育、義務教育はフランスに次いで2番目)。
第5 個人が自己養成…例外
  1. 個人が自己養成←例外
    例外的に個人が自己養成することがある。
  2. 二宮金次郎…生産役務しながら状況対応力養成(学習)
    二宮金次郎は生産役務しながら状況対応力養成(学習)をした。

個人対立争い型

第1 個人が自己養成←個人状況対応
  1. 個人が自己養成←個人状況対応
    個人状況対応から、個人が自己養成する(自発的、猛勉強)。
  2. 文書から状況対応知識習得
    文書から状況対応知識を習得する。
第2 集団が養成×←集団状況対応×
  1. 集団が養成×→他の意味にとられる(不当な干渉)
    1. 集団が養成×→他の意味にとられる(不当な干渉)
      集団が構成員の状況対応力を養成することはない。他の意味にとられる(不当な干渉)。
    2. 長・先輩構成員が状況対応力養成×…仕事を教える×・上司が部下に仕事を教えない
      長・先輩構成員は状況対応力養成をしない(仕事を教える×、上司が部下に仕事を教えない、構成員同士は対立争い相手→対立争い相手に利他しない)。
    3. 人材は見つける
      集団が構成員の状況対応力養成をしないから見つける(人材は育てるのではなく見つけてくる〈スカウト〉)。
    4. 引き抜き
      集団が状況対応力養成しないから、状況対応力養成ができた人材を他集団から引き抜く。
    5. 集団加入希望者は状況対応養成(経験)情報流し…履歴書に転職歴記載
      集団加入希望者は状況対応養成(経験)情報流しする(就職希望者は履歴書に転職歴記載)。
  2. 生産役務集団が養成×
    1. 生産役務集団が養成×
      生産役務集団が養成しない(仕事を教えない)。
    2. 長(役員)・従業員が従業員を状況対応力を養成×…従業員は先輩従業員を見て仕事を覚える
      長(役員)・従業員が従業員を状況対応力を養成しない(従業員は先輩従業員を見て仕事を覚える)。
    3. 新入社員教育しない…状況対応養成者(経験者)採用→未経験者×・新卒×
      1. 新入社員教育しない…状況対応養成者(経験者)採用→未経験者×・新卒×
        新入社員教育しない(状況対応養成者〈経験者〉採用→未経験者×・新卒×)。
      2. 社員教育(例外)は費用かかる→一定期間転職しない契約(違約金)
        社員教育(例外)は費用かかるので一定期間転職しない契約する(違約金)。
      3. 学生のインターシップやる・専門学校ができる
        学生のインターシップやる。専門学校ができる。
第3 宗教集団養成・宗教者養成×
  1. 宗教集団養成・宗教者養成×…他の意味にとられる(不当な干渉)
    宗教集団、宗教者が状況対応力を養成することはない。他の意味にとられる(不当な干渉)。
第4 学校が養成×…学校がなかった
  1. 学校が養成×…学校がなかった
    学校(状況対応力養成集団状況対応)もなかった。
第5 国家が養成×
  1. 国家が養成×
    国家養成がなかった。
  2. 中国は共産中国から・朝鮮は日本と国家合併から学校設定
    中国は共産中国から、朝鮮は日本強国支配から学校設定した。
第6 家族養成だけ
  1. 家族養成だけ
    1. 家族養成だけ
      家族養成だけとなる。
    2. 親が養成…親の責任が問われる(子の自殺で親が批判される)
      親が子を養成する。親の責任が問われる(子の自殺で親が批判される)。
  2. 文盲多
    文盲が多い。
  3. 親族が養成…年輩親族が養成
    親族が養成することがある(年輩親族が養成)。
第7 高情報養成者(高教育者)は知識交付しない
  1. 高情報養成者(高教育者)は知識交付しない
    1. 高情報養成者(高教育者)は知識交付しない
      高情報養成者(高教育者)は知識交付しない。
    2. 教授は学生に・東洋医学者は弟子に・帰国留学生は同僚に・他国研修者は同僚に
      教授は学生に、東洋医学者は弟子に、帰国留学生は同僚に、他国研修者は同僚に知識交付しない。
    3. 読書人が他人に文字教えない…自分が苦労して学んだものを近道・自分がしたとおり教師を雇え
      読書人が他人に文字を教えない(自分が苦労して学んだものを近道するのか・自分がしたとおり教師を雇え)。
    4. 子弟を教える学者いない
      子弟を教える学者がいない。
  2. 高情報養成者(高教育者)は学校設定反対
    高情報養成者(高教育者)は学校設定反対した。
第8 例外養成者重視
  1. 例外養成者重視
    他人を養成などしない(他人の状況対応〈養成〉分担×、他人状況対応優先×)。状況対応力養成集団も関係設定が困難である(学校×)。強者支配国家では状況対応力を養成しない。例外的な養成者は重視される。
  2. 教師重視
    1. 教師重視
      教師は重視される(教育養成者尊重、師弟関係重視、師の恩)。
    2. 清…教師は中国で最も高い地位の一つ
      清では教師は中国で最も高い地位の一つである(偉大な五つ〈天・地・王族・親・教師、皇帝が帝師に敬意)。
    3. 教育養成者重視状況対応
      1. 教育養成者重視状況対応
        教育養成者重視の状況対応をする。
      2. 学生は教授のカバンをもつ
        学生は教授のカバンをもつ。
      3. 学生は先生の食事代払う
        学生は先生の食事代払う。
      4. 学生は教授が病気だと見舞
        学生は教授が病気だと見舞する。
      5. 教師に贈物→教師の日・試験官に飲物
        教師に贈物する(教師の日・試験官に飲物)。
  3. 学校重視
    学校を重視する。
  4. ソンピ教師…都で学び地位求めず郷里で教育・腐敗社会から離脱し清廉潔白・出世断念し田舎
    ソンピ教師がいた(都で学び地位求めず郷里で教育・腐敗社会から離脱し清廉潔白・出世断念し田舎にこもる〉)。

宗教状況対応型

第1 宗教集団・宗教者が養成←宗教状況対応
  1. 宗教集団・宗教者が養成←宗教状況対応
    宗教状況対応から宗教者・宗教集団(教会・寺)が信者を養成する。
  2. 宗教集団が養成…教会(キリスト教)・寺(仏教)
    宗教集団が養成する。キリスト教は教会(神父)、仏教は寺(僧)がある。
  3. 宗教者が養成…宗教学者(ユダヤ教)・宗教指導者(イスラム教)
    宗教者が養成する。ユダヤ教は宗教学者、イスラム教は宗教指導者がある。
第2 個人が自己養成←個人状況対応
  1. 個人が自己養成←個人状況対応
    個人状況対応から、個人が自己養成する(自発的、猛勉強)。
  2. 文書から状況対応知識習得
    文書から状況対応知識を習得する。
第3 集団が養成×←集団状況対応×
  1. 集団が養成×→他の意味にとられる(不当な干渉)
    1. 集団が養成×→他の意味にとられる(不当な干渉)
      集団が構成員の状況対応力を養成することはない。他の意味にとられる(不当な干渉)。
    2. 長・先輩構成員が状況対応力養成×…仕事を教える×・上司が部下に仕事を教えない
      長・先輩構成員は状況対応力養成をしない(仕事を教える×、上司が部下に仕事を教えない、構成員同士は対立争い相手→対立争い相手に利他しない)。
    3. 人材は見つける
      集団が構成員の状況対応力養成をしないから見つける(人材は育てるのではなく見つけてくる〈スカウト〉)。
    4. 引き抜き
      集団が状況対応力養成しないから、状況対応力養成ができた人材を他集団から引き抜く。
    5. 集団加入希望者は状況対応養成(経験)情報流し…履歴書に転職歴記載
      集団加入希望者は状況対応養成(経験)情報流しする(就職希望者は履歴書に転職歴記載)。
  2. 生産役務集団が養成×
    1. 生産役務集団が養成×
      生産役務集団が養成しない(仕事を教えない)。
    2. 長(役員)・従業員が従業員を状況対応力を養成×…従業員は先輩従業員を見て仕事を覚える
      長(役員)・従業員が従業員を状況対応力を養成しない(従業員は先輩従業員を見て仕事を覚える)。
    3. 新入社員教育しない…状況対応養成者(経験者)採用→未経験者×・新卒×
      1. 新入社員教育しない…状況対応養成者(経験者)採用→未経験者×・新卒×
        新入社員教育しない(状況対応養成者〈経験者〉採用→未経験者×・新卒×)。
      2. 社員教育(例外)は費用かかる→一定期間転職しない契約(違約金)
        社員教育(例外)は費用かかるので一定期間転職しない契約する(違約金)。
      3. 学生のインターシップやる・専門学校ができる
        学生のインターシップやる。専門学校ができる。
第4 国家が養成×
  1. 国家が養成×
    国家養成がなかった。
  2. 欧米は近世から学校設定
    欧米は近世から学校設定した。
第5 宗教集団宗教者が養成・個人自己養成だけ
  1. 宗教集団宗教者が養成・個人自己養成だけ
    宗教集団、宗教者養成、個人自己養成だけであった。
  2. 文盲多
    文盲が多かった(キリスト教)。
第6 情報役務集団(マスコミ・出版社)…非本来養成者
情報役務集団(マスコミ・出版社)は状況対応力養成をしたがる(社会の木鐸、雑誌の道徳教育、新聞による教育)。マスコミは大量情報を供給できる(情報支配力)。影響力が大きい。

30節2 状況対応力養成の対応方法・手法…状況対応養成

第1 状況対応力養成…状況対応養成(経験養成)
  1. 状況対応養成
    1. 状況対応で状況対応力養成
      状況対応しながら状況対応力を養成する。
    2. 他人養成
      1. 他人養成
        他人が状況対応させながら養成する。
      2. 親方が弟子を養成
        親方が弟子を養成する。
      3. 大学病院で研修医に臨床医学
        大学病院で研修医に臨床医学する。
    3. 自己養成
      1. 自己養成
        自己が状況対応しながら養成する。
      2. 実社会に飛び出して習得
        実社会に飛び出して習得する。
      3. 他国暮らしで他国語習得
        他国暮らしで他国語習得する。
      4. 実戦で戦争状況対応養成
        実戦で戦争状況対応養成する。
      5. 他人の状況対応から養成する…名人の芸を注視して盗む
        他人の状況対応から養成する(名人の芸を注視して盗む)。
  2. 状況正確把握・状況にあった対応方法選定・状況対応手法選定
    状況対応で状況対応力を養成するから、状況を正確に把握する、状況にあった対応方法、状況対応手法を選定する。
  3. 誤状況対応・旧状況対応・他状況対応型が通用しないことを確認できる(検証)
    状況正確把握、状況にあった対応方法・状況対応手法を選定から、誤状況対応が誤りであること、旧状況対応が新状況(現在)に通用しないこと、他状況対応型(日本では宗教状況対応)が通用しないことが確認できる(検証)。
第2 状況対応養成だけ
  1. 養成範囲が狭い←状況対応養成だけ
    状況対応できる範囲でしか状況対応力を養成できない。養成範囲が狭い。

30節3 状況対応力養成の対応方法・手法…情報養成

第1 状況対応力養成…情報養成(教育養成)
  1. 情報養成
    1. 情報で状況対応力養成
      情報で状況対応力を養成する。
    2. 他人養成(教育)
      1. 他人養成(教育)
        他人が養成する(教育)。
      2. 学校教育
        学校教育がある(学校の勉強から習得、学校教育で他国語習得、基礎医学、学ぶ、真似る、暗記、詰込み、記憶主体、教科書的、公式どおり、陸海空軍大学で戦争を研究)。
    3. 自己養成
      1. 自己養成
        自己が養成する。
      2. 文書から状況対応知識習得
        文書から状況対応知識を習得する。
  2. 状況正確把握・状況にあった対応方法・手法選定×
    状況対応で状況対応力を養成しないから、状況把握が正確でない(世間知らず、社会の皮相的把握)。状況にあった対応方法・手法を選定できない。
  3. 情報で得た誤状況対応・旧状況対応・他状況対応型をする
    情報で状況対応力を養成するから、情報で得た誤状況対応、旧状況対応、他状況対応型もそのままする。
第2 情報養成重視(教育重視)
情報養成だけから情報養成重視となる(教育重視、高教育養成者重視)。

30節4 状況対応養成と情報養成

第1 状況対応養成と情報養成
  1. 状況対応養成(経験養成)と情報養成(教育養成)
    1. 状況対応養成(経験養成)
      当初は状況対応養成が主であった(経験養成)。
    2. 情報養成(教育養成)
      そのあと状況対応力を情報養成することも加わった。
第2 状況対応養成者と情報養成者…対立争い←異なる状況対応
  1. 状況対応養成者と情報養成者…対立争い←異なる状況対応
    状況対応養成者と情報養成者は異なる状況対応となる。相互に障害となり対立争う。自己の状況対応優先のため対立争う。
  2. 状況対応養成者…実力でのし上がった経済人・国家状況対応者(政治家)〉
    状況対応養成者は情報養成者後者を「世間知らず」とする。
  3. 情報養成者…エリート大学出身の経済人・国家状況対応者(政治家)
    情報養成者は状況対応養成者を「たたき上げ」とする。
第3 朝鮮韓国人…親日・反日
  1. 国家合併世代は状況対応養成で親日…「日本統治時代」
    1. 国家合併世代は状況対応養成で親日…「日本統治時代」
      国家合併時代世代は状況対応養成から親日である。国家合併世代は「日本統治時代」と呼ぶ。
    2. 李承晩は国家合併世代だがハワイに亡命で状況対応養成なし…反日
      李承晩は国家合併世代だがハワイに亡命で状況対応養成がないから反日である。
  2. 国家合併終了後は情報養成で反日…「日帝時代・植民地自時代」
    国家合併終了後世代は情報養成から反日である。国家合併終了後世代は「日帝時代・植民地自時代」と呼ぶ。
第4 通常人…状況対応養成部分+情報養成部分
  1. 状況対応養成部分と情報養成部分
    通常の人間は状況対応養成部分と情報養成部分がある。
  2. 集団状況対応型
    1. 日本人…情報養成部分は革新・状況対応養成部分は保守
      日本人の情報養成部分(情報強者支配)は革新、状況対応成部分は保守である。
  3. 個人対立争い型
    1. 中国人・朝鮮韓国人…情報養成部分は反日・状況対応養成部分は親日
      中国人・朝鮮韓国人の情報養成部分(情報強者支配)は反日、状況対応養成部分(日本人と接する)は親日本人である。
    2. 中国人…状況対応養成部分は反韓国
      中国人の情報養成部分(情報強者支配)は反韓国ではないが、状況対応養成部分(韓国人と接する)は反韓国人である。

30節5 情報養成だけ…絶対化

第1 情報養成だけ(高教育養成)…絶対化
  1. 情報養成だけ(高教育養成)…絶対化
    1. 情報養成だけ(高教育養成)…絶対化
      情報養成だけとなることがある。高教育養成、過度な教育養成である。
    2. 誤状況対応・旧状況対応を情報養成
      誤状況対応、旧状況対応を情報養成することが多い。
    3. 状況対応…状況対応・状況把握・状況解明・対応方法
      状況対応には状況対応、状況把握、状況解明、対応方法がある。
第2 誤状況対応・旧状況対応を検証できない
  1. 誤状況対応・旧状況対応を検証できない
    1. 誤状況対応・旧状況対応を検証できない
      状況対応養成しないから、誤状況対応が誤りであること、旧状況対応が通用しないことを確認(検証)できない。
    2. 学校で習ったことが世間で通用するかどうか見極めれない
      学校で習ったことが世間で通用するかどうか見極めれない。
    3. 教育だと美化された共産主義を信じ革命を目指す
      教育だと美化された共産主義を信じ革命を目指す。
    4. 教育者(僧侶・神父・学者)に誤状況対応が多い
      教育者〈僧侶・神父・学者〉に誤状況対応が多い。
  2. 誤状況把握・誤状況解明を検証できない←状況対応養成しない
    1. 誤状況把握・誤状況解明を検証できない←状況対応養成しない
      状況対応養成しないから、誤状況把握・誤状況解明が誤りであることを確認(検証)できない。
    2. 共産主義を見聞した人はその悲惨さを知るが(経験養成)知らない
      共産主義を見聞した人はその悲惨さを知るが(経験養成)知らない。
  3. 誤対応方法を検証できない
    状況対応養成しないから、誤対応方法が誤りであることを確認(検証)できない。
第3 誤状況対応・旧状況対応する
  1. 誤状況対応・旧状況対応する
    誤状況対応、旧状況対応をそのままする(教育に左右される)。
  2. 誤状況把握・誤状況解明する
    誤状況把握、誤状況解明をそのままする。
  3. 誤対応方法選定する
    誤対応方法をそのまま選定する。

誤状況対応・旧状況対応を正しいと信じ込む…絶対化

第1 誤状況対応・旧状況対応を正しいと信じ込む
  1. 誤状況対応・旧状況対応を正しいと信じ込む…絶対化・刷り込み・洗脳・思考停止
    1. 誤状況対応・旧状況対応を正しいと信じ込む…絶対化・刷り込み・洗脳・思考停止
      誤状況対応、旧状況対応、誤状況解明を正しいと信じ込む(絶対化、刷り込み、洗脳、思考停止、インテリの標準状況対応知識)。
    2. 提供された知識を条件反射的に受け入れる
      提供された知識を条件反射的に受け入れる。
    3. 何の合理的理由もないのに正しいと信じ込む
      何の合理的理由もないのに正しいと信じ込む。
    4. 偏見・先入観をもつ
      偏見・先入観をもつ。
    5. 固定観念にとらわれる
      固定観念にとらわれる。
    6. 決め付け、最初から結論が決まっている
      決め付け、最初から結論が決まっている。
    7. 実際は何も考えていない
      実際は何も考えていない。
    8. 観念論的で実証的でない
      観念論的で実証的でない。
  2. 誤状況対応を正しいと信じ込む
    1. 誤状況対応を正しいと信じ込む
      誤状況対応を正しいと信じ込む。
    2. 共産党強者支配を正しいと信じ込む…日本のインテリ・欧米インテリ・朝鮮韓国両班
      共産党強者支配を正しいと信じ込む(日本のインテリは共産主義を受け入れた、欧米でも共産革命を夢見るインテリが多かった、朝鮮韓国も両班が共産主義)。
  3. 旧状況対応が正しいと信じ込む
    1. 旧状況対応が正しいと信じ込む
      旧状況対応が正しいと信じ込む。
    2. 新状況(現在)に通用すると信じ込む…時代遅れのことを正しいと信じる・昔からのやり方に固執
      新状況(現在)に通用すると信じ込む(時代遅れのことを正しいと信じる、昔からのやり方に固執、超保守・祖法を守る)。
    3. 古いことを絶対化…成功体験に埋没・公式どおり物事が運ばないと怒る戸惑う
      古いこと(既成権威・既成概念・従来の常識)を絶対化する(成功体験に埋没、公式どおり物事が運ばないと怒る戸惑う)。
  4. 誤状況把握・誤状況解明を正しいと信じ込む
    誤状況把握、誤状況解明を正しいと信じ込む。
  5. 誤対応方法を正しいと信じ込む
    誤対応方法を正しいと信じ込む。
第2 証明がない信じ込み(理論)…軽信
証明がないのに正しいと信じ込む(軽信、何の根拠もないのに正しいと信じる、主観から客観を作り出す)。
第3 事実に反する信じ込み(事実)
  1. 事実に反する信じ込み(事実)
    事実に反するのに正しいと信じ込む。
  2. 事実隠す(隠蔽)…正しい信じ込んだ状況対応が悪事実隠す
    自己が正しいと信じ込んだ状況対応が悪は事実隠す。

異なる状況対応を悪と信じ込む

第1 異なる状況対応を悪と信じ込む
  1. 異なる状況対応を悪と信じ込む
    自己が正しいと信じ込んだものと異なる状況対応を悪と信じ込む。
  2. 異なる状況把握・状況解明を悪と信じ込む
    自己が正しいと信じ込んだものと異なる状況把握、状況解明を悪と信じ込む。
  3. 異なる対応方法を悪と信じ込む
    自己が正しいと信じ込んだものと異なる対応方法を悪と信じ込む。
第2 誰の状況対応であろうと悪と信じ込む
  1. 誰の状況対応であろうと悪と信じ込む
    自己が正しいと信じ込んだものと異なる状況対応であると、誰のものであろうと悪と信じ込む。
  2. 国家長・他国の国家長国民であろうと悪と信じ込む
    1. 国家長・他国の国家長国民であろうと悪と信じ込む
      国家長の状況対応も悪と信じ込む。他国の国家長・国民の状況対応も悪と信じ込む。
    2. 強者支配終了国家(自由民主国家)の国家長悪情報流し(批判)
      強者支配終了国家(自由民主国家)の国家長悪情報流しする(日本新聞テレビ→日本首相・アメリカ大統領批判)。
第3 証明がない信じ込み(理論)…軽信
証明がないのに悪と信じ込む(軽信、何の根拠もないのに悪と信じる、主観から客観を作り出す)。
第4 事実に反する信じ込み(事実)
  1. 事実に反する信じ込み(事実)
    事実に反するのに悪と信じ込む。
  2. 事実隠す(隠蔽)…悪と信じ込んだ状況対応が正事実隠す
    自己が正しいと信じ込んだ状況対応が正は事実隠す。
第5 異なる状況対応させない・存続させない
  1. 異なる状況対応させない…単発状況対応
    自己が正しいと信じ込んだものと異なる状況対応を悪と信じ込んでいるから自己が正しいと信じ込んだものと異なる状況対応をさせない(単発状況対応)。
  2. 異なる状況対応を存続させない…固定状況対応
    自己が正しいと信じ込んだものと異なる状況対応を悪と信じ込んでいるから自己が正しいと信じ込んだものと異なる状況対応をさせない存続させない(固定状況対応)。
第6 情報養成だけの者(高教育養成者)…集団状況対応型
  1. 集団状況対応型が個人対立争い型・宗教状況対応型…絶対化
    集団状況対応型は個人対立争い型、宗教状況対応型を絶対化することがある
  2. 異なる状況対応を存続日本…儒学者儒教絶対化・明治以降の欧米絶対化させない…固定状況対応
    江戸時代の儒学者の儒教絶対化、明治以降の欧米絶対化(欧米崇拝・欧米かぶれ)がある。

30節6 情報養成だけ…情報強者支配

情報強者支配される

第1 情報養成だけ…情報強者支配
  1. 情報強者支配されやすい←情報養成だけ
    情報で状況対応力を養成するから情報強者支配(自己が決定し情報操作で正しいと信じ込ませた状況対応を国民がする)されやすい。
第2 情報強者に情報強者支配されている
  1. 国家長に情報強者支配されている
    国家長の情報組織に情報強者支配されている(7章情報強者支配、国家長・共産党)。
  2. 状況対応力養成集団に情報強者支配されている(学校の教育養成)
    状況対応力養成集団に情報強者支配されている(学校の教育養成、7章情報強者支配、国家長・共産党以外の情報強者)。
  3. 情報役務集団に情報強者支配されている(新聞・テレビ)
    情報役務集団に情報強者支配されている(新聞・テレビ、国家長・共産党以外の情報強者)。
第3 情報強者支配させる
情報強者支配させる(情報強者支配受入)。

情報強者支配する

第1 情報強者支配する←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
  1. 情報強者支配する←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
    1. 情報強者支配する←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
      自己の状況対応が正しいと信じ込んでいるから情報強者支配してもよいとする。
    2. 国民を善導する義務がある
      国民を善導する義務があるとする。
  2. 情報強者支配←暴力行使しない
    1. 情報強者支配←暴力行使しない
      暴力行使しないから情報強者支配に走りやすい。
    2. 強者支配は暴力行使だから野蛮(力で弾圧)・情報強者支配は暴力行使しない(紳士的)
      強者支配は暴力行使だから野蛮(力で弾圧)、情報強者支配は暴力行使しない(紳士的)とする。
  3. 情報強者支配容易←情報養成だけの者(高教育養成者)に対する高評価
    1. 情報強者支配容易←情報養成だけの者(高教育養成者)に対する高評価
      高教育養成者に対する高評価が情報強者支配を容易にする。
    2. 大学教授のいうことだから
      大学教授のいうことだからとする。
第2 情報強者支配をめざす←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
  1. 情報強者支配をめざす←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
    自己の状況対応が正しいと信じ込んでいるから情報強者支配をめざす。
  2. 自己状況対応優先のため対立争う←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
    1. 自己状況対応優先のため対立争う←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
      自己の状況対応が正しいと信じ込んでいるから自己状況対応優先のため対立争う。
    2. 情報養成だけの者(高教育養成者)となるための対立争い
      情報養成だけの者(高教育養成者)となるため対立争いとなる(地位取り合う、受験戦争)。
    3. 情報養成だけの者(高教育養成者)同士の対立争い
      1. 情報養成だけの者(高教育養成者)同士の対立争い
        情報養成だけの者(高教育養成者)同士が情報強者支配をめざして対立する。
      2. 学説対立・経営方針対立・国家状況対応者(政治家)対立
        学説対立、経営方針対立、国家状況対応者(政治家)対立がある。

情報強者支配され情報強者支配する…情報強者支配の連鎖

第1 情報強者支配の連鎖…情報強者支配され情報強者支配する
情報強者支配の連鎖がおきる。

30節7 情報養成だけ…強者支配

第1 強者支配する←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
  1. 強者支配する←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
    1. 強者支配する←自己の状況対応が正しいと信じ込んでいる
      自己の状況対応が正しいと信じ込んでいるから、強者支配をしてもよいとする。
    2. 賢者が支配してどこが悪い
      賢者が支配してどこが悪いとする。
  2. 情報強者支配から強者支配に転化
    情報強者支配から強者支配に転化しやすい。

30節8 情報養成だけ…基本状況対応力×

第1 情報養成だけ…基本状況対応力×(無能)
  1. 状況対応しない←情報養成だけ(状況対応養成×)
    1. 状況対応しない
      1. 状況対応しない
        情報養成だけだと(状況対応養成×)状況対応しなくなる。
      2. 逃げ回る・問題先送り・できない理由を探す・失敗をしないため何もしない・事なかれ主義・怠惰
        逃げ回る。問題先送りする。できない理由を探す。失敗をしないため何もしない。事なかれ主義となる。怠惰になる。
      3. 状況対応養成が野生動物とすれば家畜
        状況対応養成が野生動物とすれば家畜である。
      4. 指示しないと状況対応しない…ロボット・指示待ち族
        指示しないと状況対応しない(ロボット、指示待ち族)。
    2. 状況接触しない←状況対応しない
      状況接触が少ない。
  2. 状況対応できない←情報養成だけ
    1. 状況対応できない←情報養成だけ
      1. 状況対応できない←情報養成だけ
        情報養成だけだと、状況対応できなくなる(青白き秀才)。
      2. スポーツで理論だけ教えて実技を教えないのと同じ…スポーツができない
        スポーツで理論だけ教えて実技を教えないのと同じである。結局スポーツができない(観客席で評論するがフィールドプレーできない)。
      3. 文法中心の英語教育…英会話はできない
        文法中心の英語教育を何年受けても英会話はできない。
      4. 無菌室で純粋培養されたエリートは勉強ばかりしすぎて何にもできない
        無菌室で純粋培養されたエリートは勉強ばかりしすぎて何にもできない。
      5. 子供の遊びでも状況対応力が養成される(ガキ仲間)×…これすらもない
        子供の遊びでも状況対応力が養成される(ガキ仲間)。これすらもない。
    2. 状況接触不能…ひきこもり・登校拒否
      病理的になると、状況接触すらできなくなる(ひきこもり、登校拒否、強制状況接触の必要→戸塚ヨットスクール)。
  3. 成果取得できない←情報養成だけ
    成果取得できない。
  4. 強者支配拒否できない←情報養成だけ
    強者支配を拒否できない。
  5. 状況対応養成(一般人)より状況対応力が劣る…無能
    状況対応養成(一般人)より状況対応力が劣る(無能)。

30節9 情報養成だけ…状況対応養成で修正

第1 情報養成だけ…状況対応養成で修正
  1. 情報養成だけ…状況対応養成で修正
    情報養成だけは状況対応養成(経験養成)で修正できる可能性がある。
  2. 実社会に入ればまともになる
    実社会に入ればまともになるとする。
第2 状況対応養成だけの者の集団に加入…修正できない
  1. 状況対応養成だけの者の集団に加入…修正できない
    状況対応養成だけの者の集団に加入すると修正できない。
  2. 大学加入学者・国家加入上位官僚・情報役務集団加入者・大生産役務集団加入者
    大学加入学者、国家加入上位官僚、情報役務集団加入者、大生産役務集団加入者がいる。
第3 個人生産役務者…修正できない
  1. 個人生産役務者…修正できない
    個人生産役務者は修正できない。
  2. 弁護士
    弁護士がいる。
第4 修正できない者の修正
  1. 修正できない者の修正…状況対応させてから加入させる
    修正できない者の修正は状況対応(経験養成)させてから加入させることである。
  2. 実社会を経験してから学者・国家上位官僚・情報役務集団構成員になると良い
    実社会を経験してから学者、国家上位官僚、情報役務集団構成員になると良い。
  3. 国家長が修正
    1. 国家長が修正
      国家長が修正する。
    2. 日本菅首相…日本学術会議の新会員自己推薦拒否で修正
      1. 日本菅首相…日本学術会議の新会員自己推薦拒否で修正
        日本菅首相は日本学術会議の新会員自己推薦拒否で修正した。
      2. 国防研究反対・中国の千人計画協力の会員多数いるからである
        国防研究反対(戦争状況対応悪絶対化)、中国の千人計画に協力(共産党強者支配正絶対化)する学者が多くいるからである。

トップに戻る

関連記事

前へ

7節 対立争い状況対応…自己状況対応優先のため対立争う

次へ

8節 対立争い状況対応…自己成果取得優先(地位取り合う)・民族体制変更の対立争い

Page Top