「歴史の流れ」民族の力と型

13節 対立争い状況対応…個人状況対応型・宗教状況対応型(1)

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

13節 対立争い状況対応(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
  1. 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得する。
  2. 対立争いに敗退すると成果取得できない
    対立争いに敗退すると成果取得できない。
第2 対立争いに勝利して成果取得は隠さない(公然)・直接←本来状況対応
  1. 対立争い隠さない(公然)←本来状況対応
    1. 対立争い隠さない(公然)←本来状況対応
      本来状況対応だから対立争いを隠さない(公然、公然論争)。
    2. 公式の場・多人数・公開裁判・対立争いが表面化しても平気
      公式の場・多人数・公開裁判・対立争いが表面化しても平気である。
  2. 直接対立争い←対立争い隠さない(公然)
    対立争いを隠さない(公然)から、対立争いも直接である。
  3. 対立争い隠さない(公然)・直接
    1. 対立争い隠さない(公然)・直接
      対立争いを隠さない(公然)、直接である。
    2. 決闘・論争直接
      決闘、論争も直接である。
    3. 個人攻撃直接…プライバシー暴露攻撃も許容
      個人攻撃も直接である(プライバシー暴露攻撃も許容)。
    4. 注意も相手を特定してする
      注意も相手を特定してする。
    5. 抗議も人前でする
      抗議も人前でする。
    6. 個人でもデモ…遺産分け要求
      個人でもデモする(遺産分け要求)。
    7. 夫婦喧嘩…妻がわざと外に出る→観衆意識・観衆に意見求める・観衆も参加
      夫婦喧嘩は妻がわざと外に出る、観衆意識・観衆に意見求める・観衆も参加する。
    8. 喧嘩…いつの間にか当事者が背中会わせて見物人に自分の主張を訴えている
      喧嘩はいつの間にか当事者が背中会わせて見物人に自分の主張を訴えている。
第3 対立争いに慣れている←本来状況対応
  1. 慣れている
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得するから対立争いに慣れている。
  2. 動揺×
    1. 動揺×
      対立争いに動揺しない。
    2. 対立争いに伴う精神緊張に耐える…たくましい・図太い
      対立争いに伴う精神緊張に耐える(たくましい、図太い)。
    3. 争いに冷静に対応
      争いに冷静に対応する。
  3. 異常対応×
    異常対応することは少ない。
  4. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
    1. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
      対立争いに度胸がすわる。
    2. 敗北を恐れない
      敗北を恐れない。
    3. 敗北の可能性があっても争う…敢然と立ち向かう
      敗北の可能性があっても争う(敢然と立ち向かう)。
    4. 敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さ
      敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さがある。
第4 勝敗←対立争い
対立争いは勝敗がある(暴力行使→打ちのめした者が勝ち、裁判で勝敗、決闘で勝敗)。
第5 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
  1. 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
    対立争いが禁止されないから対立争いに対応する。費用・時間がかかる。
  2. 暴力行使…安全対応
    暴力行使に安全対応する。
  3. 事実に反する状況対応(だまし)…対応
    事実に反する状況対応(だまし)に対応する。
  4. 裁判…裁判対応
    裁判に対応する。
第6 高齢×・成果取得で引退←負担・犠牲
対立争いは犠牲・負担が大きい。高齢までできない。成果取得すると引退する
第7 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
  1. 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
    関係設定で対立争い状況対応させない(禁止、3章関係設定)。

13節2 対立争い状況対応(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得
  1. 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得する。
  2. 対立争いに敗退すると成果取得できない
    対立争いに敗退すると成果取得できない。
第2 対立争いに勝利して成果取得は隠さない(公然)・直接←本来状況対応
  1. 対立争い隠さない(公然)←本来状況対応
    1. 対立争い隠さない(公然)←本来状況対応
      本来状況対応だから対立争いを隠さない(公然、公然論争)。
    2. 公式の場・多人数・公開裁判・対立争いが表面化しても平気
      公式の場・多人数・公開裁判・対立争いが表面化しても平気である。
  2. 直接対立争い←対立争い隠さない(公然)
    対立争いを隠さない(公然)から、対立争いも直接である。
  3. 対立争い隠さない(公然)・直接
    1. 対立争い隠さない(公然)・直接
      対立争いを隠さない(公然)、直接である。
    2. 決闘・論争直接
      決闘、論争も直接である。
    3. 個人攻撃直接…プライバシー暴露攻撃も許容
      個人攻撃も直接である(プライバシー暴露攻撃も許容)。
    4. 注意も相手を特定してする
      注意も相手を特定してする。
    5. 抗議も人前でする
      抗議も人前でする。
    6. 個人でもデモ…遺産分け要求
      個人でもデモする(遺産分け要求)。
    7. 夫婦喧嘩…妻がわざと外に出る→観衆意識・観衆に意見求める・観衆も参加
      夫婦喧嘩は妻がわざと外に出る、観衆意識・観衆に意見求める・観衆も参加する。
    8. 喧嘩…いつの間にか当事者が背中会わせて見物人に自分の主張を訴えている
      喧嘩はいつの間にか当事者が背中会わせて見物人に自分の主張を訴えている。
第3 対立争いに慣れている←本来状況対応
  1. 慣れている
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得するから対立争いに慣れている。
  2. 動揺×
    1. 動揺×
      対立争いに動揺しない。
    2. 対立争いに伴う精神緊張に耐える…たくましい・図太い
      対立争いに伴う精神緊張に耐える(たくましい、図太い)。
    3. 争いに冷静に対応
      争いに冷静に対応する。
  3. 異常対応×
    異常対応することは少ない。
  4. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
    1. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
      対立争いに度胸がすわる。
    2. 敗北を恐れない
      敗北を恐れない。
    3. 敗北の可能性があっても争う…敢然と立ち向かう
      敗北の可能性があっても争う(敢然と立ち向かう)。
    4. 敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さ
      敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さがある。
第4 勝敗←対立争い
対立争いは勝敗がある(暴力行使→打ちのめした者が勝ち、裁判で勝敗、決闘で勝敗)。
第5 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
  1. 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
    対立争いが禁止されないから対立争いに対応する。費用・時間がかかる。
  2. 暴力行使…安全対応
    暴力行使に安全対応する。
  3. 事実に反する状況対応(だまし)…対応
    事実に反する状況対応(だまし)に対応する。
  4. 裁判…裁判対応
    裁判に対応する。
第6 高齢×・成果取得で引退←負担・犠牲
対立争いは犠牲・負担が大きい。高齢までできない。成果取得すると引退する
第7 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
  1. 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
    関係設定で対立争い状況対応させない(禁止、3章関係設定)。

13節2 対立争い状況対応(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得
  1. 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得する。
  2. 対立争いに敗退すると成果取得できない
    対立争いに敗退すると成果取得できない。
第1 対立争いに勝利して成果取得は隠さない(公然)・直接←本来状況対応
  1. 対立争い隠さない(公然)←本来状況対応
    1. 対立争い隠さない(公然)←本来状況対応
      本来状況対応だから対立争いを隠さない(公然、公然論争)。
    2. 公式の場・多人数・公開裁判・対立争いが表面化しても平気
      公式の場・多人数・公開裁判・対立争いが表面化しても平気である。
  2. 直接対立争い←対立争い隠さない(公然)
    対立争いを隠さない(公然)から、対立争いも直接である。
  3. 対立争い隠さない(公然)・直接
    1. 対立争い隠さない(公然)・直接
      対立争いを隠さない(公然)、直接である。
    2. 決闘・論争直接
      決闘、論争も直接である。
    3. 個人攻撃直接…プライバシー暴露攻撃も許容
      個人攻撃も直接である(プライバシー暴露攻撃も許容)。
    4. 注意も相手を特定してする
      注意も相手を特定してする。
    5. 抗議も人前でする
      抗議も人前でする。
第2 対立争いに慣れている←本来状況対応
  1. 慣れている
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得するから対立争いに慣れている。
  2. 動揺×
    1. 動揺×
      対立争いに動揺しない。
    2. 対立争いに伴う精神緊張に耐える…たくましい・図太い
      対立争いに伴う精神緊張に耐える(たくましい、図太い)。
    3. 対立争いに冷静に対応
      対立争いに冷静に対応する。
  3. 異常対応×
    異常対応することは少ない。
  4. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
    1. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
      対立争いに度胸がすわる。
    2. 敗北を恐れない
      敗北を恐れない。
    3. 敗北の可能性があっても争う…敢然と立ち向かう
      敗北の可能性があっても争う(敢然と立ち向かう)。
    4. 敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さ
      敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さがある。
第3 勝敗←対立争い
対立争いは勝敗がある(暴力行使→打ちのめした者が勝ち、裁判で勝敗、決闘で勝敗)。
第4 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
  1. 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
    対立争いが禁止されないから対立争いに対応する。費用・時間がかかる。
  2. 暴力行使…安全対応
    暴力行使に安全対応する。
  3. 事実に反する状況対応(だまし)…対応
    事実に反する状況対応(だまし)に対応する。
  4. 裁判…裁判対応
    裁判に対応する。
第5 高齢×・成果取得で引退←負担・犠牲
対立争いは犠牲・負担が大きい。高齢までできない。成果取得すると引退する
第6 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
  1. 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
    関係設定で対立争い状況対応させない(禁止、3章関係設定)。

13節3 対立争いに勝利して成果取得めざす(個人対立争い型)

第1 誰もが対立争いに勝利して成果取得めざす
  1. 誰もが対立争いに勝利して成果取得めざす
    誰もが対立争いに勝利して成果取得めざす。
  2. 対立争いをめざす
    1. 対立争いをめざす
      誰もが対立争いをめざす。
    2. 闘争本能・挑戦する・何事にもトライ
      闘争本能、挑戦する、何事にもトライする。
    3. 対立争い多発←対立争いめざす
      対立争いをめざすから、対立争いが多発する(万人の万人に対する争い)。
  3. 勝利めざす…勝負志向
    1. 勝利めざす…勝負志向
      1. 勝利めざす…誰もが勝負してやる・勝利固執・勝つ・勝て・頑張る×・頑張れ×
        誰もが勝利して成果取得めざす(誰もが勝負してやる、勝利固執、勝つ・勝て、頑張る×・頑張れ×)。
      2. 形勢不利でも簡単にはあきらめない…一発逆転
        形勢不利でも簡単にはあきらめない(一発逆転)。
    2. 敗退しない
      1. 敗退しない
        敗退はなんとしてもしない。
      2. 敗退より逃亡
        敗退より逃亡する。
      3. 敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)
        敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)。
    3. 勝利のためなら何でもする
      1. 勝利のためなら何でもする
        勝利のためなら何でもする。
      2. 対立争い力のない者…対立争い力のある者も対立争い力のないうちは卑怯なことをしている
        とくに対立争い力のない者である。対立争い力のある者も対立争い力のないうちは卑怯なことをしている。
第2 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
  1. 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
    対立争いをめざすから大規模な対立争いをめざす。
  2. 個人同士の対立争いより集団同士の対立争いをめざす
    個人同士の対立争いより集団同士の対立争いをめざす。
第3 対立争い拡大←対立争いめざす
  1. 対立争い拡大←対立争いめざす
    誰もが対立争いをめざすから、一つの対立争いが拡大する(ある対立争いから別の対立争いに)。
  2. 対立争い者の拡大…対立争い連鎖
    1. 対立争い者の拡大…対立争い連鎖
      対立争い者の拡大がある。
    2. 一人が争い出せば他の人も対立争い出す…人から人へ
      一人が争い出せば他の人も対立争い出す(人から人へ)。
    3. 他人の対立争いに触発されて自己も同じ対立争いをする
      他人の対立争いに触発されて自己も同じ対立争いをする。
      喧嘩に観衆参加→弱者に加勢→強者が被害。
  3. 対立争い相手の拡大…対立争い転化
    1. 対立争い相手の拡大…対立争い転化
      対立争いはじめるといろんな相手と対立争いだす。
    2. 対立相手の関係者に拡大…黒幕・巻き込む
      対立相手の関係者とも対立争う(黒幕、対立争いに巻き込む)。
    3. 他人の対立争いに触対立争い相手と同状況対応者発されて自己も同じ対立争いをする
      対立相手と同状況対応者とも対立争う。
  4. 対立争い対象の拡大
    相手と何でも対立争う。対立争い対象が拡大する(次々と対立争う)。
  5. 争いの程度が拡大…論争から暴力行使に
    争いの程度が拡大する。論争から暴力行使に拡大する(ちょっとしたことで論争→四つに組む)。
  6. 構成員同士の対立争い→構成員と集団の対立争いに拡大
    構成員同士の対立争いが構成員と集団の対立争いに拡大する。
  7. 構成員同士の対立争い→集団同士の対立争いに拡大
    構成員同士の対立争いが集団同士の対立争いに拡大する。
  8. 構成員と他集団の対立争い→集団同士の対立争いに拡大
    構成員と他集団の対立争いが集団同士の対立争いに拡大する。
  9. 集団同士の対立争い→構成員同士の対立争いに拡大
    集団同士の対立争いが構成員同士の対立争いに拡大する(反他集団派と親他集団派)。
  10. 構成員と他集団の対立争い→構成員と自集団との対立争いに拡大
    構成員と他集団の対立争いが構成員と自集団の対立争いに拡大する。

13節4 対立争いに勝利して成果取得めざす(宗教状況対応型)

第1 誰もが対立争いに勝利して成果取得めざす
  1. 誰もが対立争いに勝利して成果取得めざす
    誰もが対立争いに勝利して成果取得めざす。
  2. 対立争いをめざす
    1. 対立争いをめざす
      誰もが対立争いをめざす。
    2. 闘争本能・挑戦する・何事にもトライ
      闘争本能、、挑戦する、何事にもトライする。
    3. 対立争い多発←対立争いめざす
      対立争いをめざすから、対立争いが多発する(万人の万人に対する争い)。
  3. 勝利めざす…勝負志向
    1. 勝利めざす
      1. 勝利めざす…誰もが勝負してやる・勝利固執・勝つ・勝て・頑張る×・頑張れ×
        誰もが勝利して成果取得めざす(誰もが勝負してやる、勝利固執、勝つ・勝て、頑張る×・頑張れ×)。
      2. 形勢不利でも簡単にはあきらめない…一発逆転
        形勢不利でも簡単にはあきらめない(一発逆転)。
    2. 敗退しない
      1. 敗退しない
        敗退はなんとしてもしない。
      2. 敗退より逃亡
        敗退より逃亡する。
      3. 敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)
        敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)。
    3. 勝利のためなら何でもする
      1. 勝利のためなら何でもする
        勝利のためなら何でもする。
      2. 対立争い力のない者…対立争い力のある者も対立争い力のないうちは卑怯なことをしている
        とくに対立争い力のない者である。対立争い力のある者も対立争い力のないうちは卑怯なことをしている。
第2 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
  1. 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
    対立争いをめざすから大規模な対立争いをめざす。
  2. 個人同士の対立争いより集団同士の対立争いをめざす
    個人同士の対立争いより集団同士の対立争いをめざす。
第3 対立争い拡大←が対立争いめざす
  1. 対立争い拡大←が対立争いめざす
    誰もが対立争いをめざすから、一つの対立争いが拡大する(ある対立争いから別の対立争いに)。
  2. 対立争い者の拡大…対立争い連鎖
    1. 対立争い者の拡大…対立争い連鎖
      対立争い者の拡大がある。
    2. 一人が争い出せば他の人も対立争い出す…人から人へ
      一人が争い出せば他の人も対立争い出す(人から人へ)。
    3. 他人の対立争いに触発されて自己も同じ対立争いをする
      他人の対立争いに触発されて自己も同じ対立争いをする。
  3. 対立争い相手の拡大…対立争い転化
    1. 対立争い相手の拡大…対立争い転化
      対立争いはじめるといろんな相手と対立争いだす。
    2. 対立相手の関係者に拡大…黒幕・巻き込む
      対立相手の関係者とも対立争う(黒幕、対立争いに巻き込む)。
    3. 対立争い相手と同状況対応者
      対立相手と同状況対応者とも対立争う。
  4. 対立争い対象の拡大
    相手と何でも対立争う。対立争い対象が拡大する(次々と対立争う)。
  5. 争いの程度が拡大…論争から暴力行使に
    争いの程度が拡大する。論争から暴力行使に拡大する。
  6. 構成員同士の対立争い→構成員と集団の対立争いに拡大
    構成員同士の対立争いが構成員と集団の対立争いに拡大する。
  7. 構成員同士の対立争い→集団同士の対立争いに拡大
    構成員同士の対立争いが集団同士の対立争いに拡大する。
  8. 構成員と他集団の対立争い→集団同士の対立争いに拡大
    構成員と他集団の対立争いが集団同士の対立争いに拡大する。
  9. 集団同士の対立争い→構成員同士の対立争いに拡大
    集団同士の対立争いが構成員同士の対立争いに拡大する(反他集団派と親他集団派)。
  10. 構成員と他集団の対立争い→構成員と自集団との対立争いに拡大
    構成員と他集団の対立争いが構成員と自集団の対立争いに拡大する。

13節5 対立争いに勝利して成果取得を当然とする(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
  1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
    対立争いに勝利して成果取得を当然とする(力の論理)。
  2. 対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする…力の論理
    対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする。
第2 対立争いを当然とする
  1. 対立争いができ当然とする(一人前)
    対立争いができ当然とする(一人前)。
  2. 取り込みができて当然とする(一人前)
    1. 取り込みができて当然とする(一人前)
      取り込みができて当然とする(一人前)。
    2. 中国人に盗むなと言うことは死ねということに等しい
      中国人に盗むなと言うことは死ねということに等しいとする。
  3. 人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)
    人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
    1. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
      事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)。
    2. 誠実ですねと言ったら馬鹿にするのか俺は誠実ではないと怒る
      誠実ですねと言ったら馬鹿にするのか俺は誠実ではないと怒る。
    3. 中国は何でもニセモノ・本物は詐欺師だけ
      中国は何でもニセモノ、本物は詐欺師だけとする。
    4. 詐謀は今に始まらぬ
      詐謀は今に始まらぬとする。
    5. 「ずる賢い」という言葉はない→「賢い」という言葉だけ
      「ずる賢い」という言葉はない、「賢い」という言葉だけである。
    6. 愚かな者は事実に反する状況対応(だまし)されて当然
      愚かな者は事実に反する状況対応(だまし)されて当然とする。
    7. 事実に反する状況対応(だまし)を自慢(自己対立争い力養成情報流し)
      事実に反する状況対応(だまし)を自慢する(自己対立争い力養成情報流し)。
  5. 虚偽情報流し(嘘)する(事実作る〈捏造〉状況対応)ことができて当然とする
    1. 虚偽情報流し(嘘)する(事実作る〈捏造〉状況対応)ことができて当然とする
      虚偽情報流し(嘘)する(事実作る〈捏造〉状況対応)ことができて当然とする(一人前)。
    2. 小学生に泥棒捕まえたらどうするか質問…ほとんどが泥棒を捕まえたと嘘をつく→誰も信じない
      小学生に泥棒捕まえたらどうするか質問するとほとんどが泥棒を捕まえたと嘘をつく(誰も信じない)。
    3. 学生…泥棒捕まえた・人助けした・盲人案内した(善行)と嘘書き放題
      学生は泥棒捕まえた・人助けした・盲人案内した(善行)と嘘書き放題する。
    4. 嘘つきほど成功する
      嘘つきほど成功するとする。
    5. 息を吐くように嘘をつく
      息を吐くように嘘をつくとする。
    6. 嘘つきはあめ玉をなめるようなもの・空気を吸うようなもの
      嘘つきはあめ玉をなめるようなもの、空気を吸うようなものとする。
    7. 嘘がばれても嘘を突き通そうとする
      嘘がばれても嘘を突き通そうとする。
    8. 嘘を認めるのは相手が圧倒的に立場が上で嘘を突き通すと自分の利益にならないとき
      嘘を認めるのは相手が圧倒的に立場が上で嘘を突き通すと自分の利益にならないときである。
    9. 韓国の虚偽情報流し(嘘)…他国の100倍以上
      韓国の虚偽情報流し(嘘)は他国の100倍以上である。
  6. だまされるほうが悪い・だまされるやつはだめ
    1. だまされるほうが悪い・だまされるやつはだめ
      だまされるほうが悪い、だまされるやつはだめとする。
    2. 正直者は生き残れない
      正直者は生き残れないとする。
  7. 提携相手とも対立争うことができて当然とする…裏切り・寝返りができて当然
    提携相手とも対立争うことができて当然とする(裏切り、寝返りができて当然、裏切り・寝返りは頭がいい)。
第3 対立争わないことは他の意味に取られる←対立争うのが当然
  1. 対立争わないことは他の意味に取られる
    対立争うから、対立争わないことは他の意味に取られる。
  2. 弱者が対立争いさけた
    弱者が対立争いさけたとされる。
  3. 提携…裏切り
    提携は裏切りとされる。
  4. 相手と秘密提携(内通)
    相手と秘密で提携(内通)しているとされる。

13節6 対立争いに勝利して成果取得を当然とする(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
  1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
    対立争いに勝利して成果取得を当然とする(力の論理)。
  2. 対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする…力の論理
    対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする。
第2 対立争いを当然とする
  1. 対立争いができ当然とする(一人前)
    対立争いができ当然とする(一人前)。
  2. 人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)
    人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)。
  3. 取り込みができて当然とする(一人前)
    取り込みができて当然とする(一人前)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
    1. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
      事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前、愚かな者はだまされて当然、事実に反する状況対応〈だまし〉を自慢〈自己対立争い力養成情報流し〉)。
    2. 嘘(虚偽情報流し)をつくことができて当然とする
      嘘(虚偽情報流し)をつくことができて当然とする(一人前)。
    3. だまされるほうが悪い・だまされるやつはだめ
      だまされるほうが悪い、だまされるやつはだめとする。
  5. 事実に反する情報流しができて当然とする(一人前)
    事実に反する情報那賀しかできて当然とする(一人前)。
  6. 提携相手とも対立争えて当然とする…裏切り・寝返りができて当然
    提携相手とも対立争うことができて当然とする(裏切り、寝返りができて当然)。
第3 対立争わないことは他の意味に取られる←対立争うのが当然
  1. 対立争わないことは他の意味に取られる
    対立争うから、対立争わないことは他の意味に取られる。
  2. 弱者が対立争いさけた
    弱者が対立争いさけたとされる。
  3. 提携…裏切り
    提携は裏切りとされる。
  4. 相手方と秘密提携(内通)
    相手方と秘密で提携(内通)しているとされる。

13節7 対立争いに勝利して成果取得…人範囲(個人対立争い型)

第1 個人対立争い型…状況対応制御で状況対応力養成しない
  1. 誰とでも対立争う
    1. 誰とでも対立争う
      誰とでも対立争う。
    2. 関係設定者以外は対立争う
      関係設定者以外とは対立争う(味方でないものは敵)。
    3. 関係設定者とも対立争う←対立争い状況対応優先
      対立争い状況対応優先から関係設定者とも対立争う(3章本来状況対応優先、家族状況対応、親族状況対応、友人状況対応、提携相手)。
    4. 提携相手と対立争う…裏切り・寝返る
      提携相手とも対立争う。裏切る(食言)。
    5. 提携すべき者と対立争う
      提携すべき者とも対立争う。
    6. 夫婦
      夫婦ももとは他人だから対立争うことがある。
    7. 愛人
      愛人ももとは他人だから対立争う(官僚の愛人が官僚を告発)。
    8. 使用人
      使用人とも対立争う(使用人がやめるときは主人の物を盗む)。
    9. 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
      状況対応分担者と対立争う(恩人も裏切る(恩を仇で返す、支援者を裏切る、3章本来状況対応優先・対立争い状況対応が状況対応分担より優先)。
  2. 初対面者
    初対面の人間とも対立争う。
  3. 対立争い相手を求める…常に対立争い相手がいないともたない・対立争いに誘い込む
    1. 対立争い相手を求める…常に対立争い相手がいないともたない・対立争いに誘い込む
      対立争い相手を求める。常に対立争い相手がいないともたない。対立争いに誘い込む(挑発)。
    2. 攻撃対象・批判対象・仮想敵国・UFO・異星人
      攻撃対象・批判対象、仮想敵国、UFO・異星人がある。
第2 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
  1. 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
    1. 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
      誰とでも対立争うから、人間同士は対立争い関係である。
    2. 自分以外はすべて敵・家族以外はみんな敵
      自分以外はすべて敵、家族以外はみんな敵とする。
  2. 精神緊張・精神疲労(精神面)…常に気を張る
    人間同士対立争い関係から精神緊張する(精神疲労→精神病多・自殺多)。常に気を張る。
  3. 憎悪(精神面)
    人間同士対立争い関係だから他人を憎悪する(他民族・他国人、反共、反イスラム、反キリスト、反ユダヤ)。
  4. 疑う(精神面)…個人対立争い型
    1. 疑う
      1. 疑う
        人間同士は対立争い関係だからは対立争いをしかけてくるものと他人を疑う(猜疑心、人を疑ってかかる、疑心暗鬼、日本人が中国人・朝鮮韓国人を疑うのと同じ、性悪説)。
      2. 他人は自分を騙すもの
        他人は自分を騙すものとする。
      3. 太古の昔からいつ寝首をかかれるか分からない
        太古の昔からいつ寝首をかかれるか分からないとする。
      4. 他人の関係者も疑う
        他人の関係者も疑う。
    2. 他郷人
      他郷人を疑う(言葉の相違でわかる、よそもの)。
    3. 金・物の管理者を疑う
      金・物の管理者は取り込みしていると疑う。
    4. 接触を疑う
      接触疑う(道を聞く→相手は相棒と組んでカバン盗むと疑う、近づいてだます)。
    5. 対立争い相手の提携者(内通者)と疑う
      対立争い相手の提携者(内通者)ではないかと疑う(挙動不審者)。
    6. 情報流し・動作を疑う
      情報流し・動作を疑う(ひそひそ話は陰謀)。
    7. 利他も疑う
      1. 利他も疑う
        利他も疑う。
      2. 荷車の荷崩れる…荷を拾うと猫ばばと疑う→荷車をかわりに支えて本人に拾わせる
        荷車の荷崩れ荷を拾うと猫ばばと疑うので荷車をかわりに支えて本人に拾わせる。拾わせたあと残っていると礼要求と疑われるのですぐ立ち去る。
    8. 誰か(不明者)が対立争っていると疑う…暴動は誰かが背後で策動
      誰か(不明者)が対立争っていると疑う。暴動は誰かが背後で策動していると疑う。
  5. 警戒(精神面)
    1. 警戒(精神面)
      人間同士は対立争い関係だから、人は対立争いをしかけてくるものと人を警戒する。
    2. 周りを察する…目をキョロキョロ・自己の安全を確認・何かを盗もうとしているのではないか
      周りを察する(目をキョロキョロ、自己の安全を確認、何かを盗もうとしているのではないか)。
  6. 防衛(状況対応面)
    1. 防衛
      人間同士は対立争い関係だから防衛する(殺害追放されないようにする、生存も危うい、生き残りをはかる、滅亡させられないようにする)。
    2. 武器
      武器を所持する。
  7. 調査(状況対応面)
    1. 防衛
      1. 調査
        人間同士は対立争い関係だから人は対立争いをしかけてくるものと人を調査する。
      2. 物を届けさせて中身抜いていないか確認
        物を届けさせて中身抜いていないか確認する。
    2. 食事←相手調査
      食事は相手を調査する手段である。
    3. 人定め…相手をじろじろ見る
      疑いから、人定めをする(相手をじろじろ見る)。
  8. 拒絶(状況対応面)
    1. 拒絶
      1. 拒絶
        人間同士は対立争い関係だから人は対立争いをしかけてくるものと拒絶する。
      2. 話しかけてくる人間を追い払う
        話しかけてくる人間を追い払う(道を聞いてくる人にあっちへ行け・他人に聞け、嘘を教える〈迷わせる〉←警戒・防衛)。
    2. 受入×←拒絶
      1. 受入×←拒絶
        受け入れない。
      2. 他郷人を受け入れない…友人・患者の実家を訪ねてきたのに誰も知らないと答える→探せず
        他郷人を受け入れない(友人・患者の実家を訪ねてきたのに誰も知らないと答える→探すことできない)。
    3. 拒絶解除←他人重視対応
      1. 拒絶解除←他人重視対応
        他人重視状況対応(丁寧に対応)ではじめて拒絶がとける。
      2. 清…道を聞くときは車から降り弁髪をおろす・馬から下りて両手を胸の前におくと教えてくれる
        清では道を聞くときは車から降り弁髪をおろすと教えてくれる、馬から下りて両手を胸の前におくと教えてくれる。
    4. 子供にも拒絶情報養成…知らない人についていったらいけない
      子供にも拒絶の情報養成する(知らない人についていったらいけない)。
  9. 集団長と構成員
    1. 集団長は構成員を疑い
      集団長は構成員を疑う。
    2. 構成員は集団長を疑い
      構成員は集団長を疑う。
  10. 構成員同士…疑い
    構成員同士が疑う。

13節8 対立争いに勝利して成果取得…人範囲(宗教状況対応型)

第1 誰とでも対立争う…人範囲
  1. 誰とでも対立争う
    1. 誰とでも対立争う
      誰とでも対立争う。
    2. 関係設定者以外は対立争う
      関係設定者以外とは対立争う(味方でないものは敵)。
    3. 関係設定者とも対立争う←対立争い状況対応優先
      対立争い状況対応優先から関係設定者とも対立争う(3章本来状況対応優先、家族状況対応、親族状況対応、友人状況対応、提携相手)。
    4. 提携相手と対立争う…裏切り・寝返る
      提携相手とも対立争う。裏切る(食言)。
    5. 提携すべき者と対立争う
      提携すべき者とも対立争う。
    6. 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
      状況対応分担者と対立争う(恩人も裏切る(恩を仇で返す、支援者を裏切る、3章本来状況対応優先・対立争い状況対応が状況対応分担より優先)。
  2. 初対面者
    初対面の人間とも対立争う。
  3. 対立争い相手を求める…常に対立争い相手がいないともたない・対立争いに誘い込む
    1. 対立争い相手を求める…常に対立争い相手がいないともたない・対立争いに誘い込む
      対立争い相手を求める。常に対立争い相手がいないともたない。対立争いに誘い込む(挑発)。
    2. 攻撃対象・批判対象・仮想敵国・UFO・異星人
      攻撃対象・批判対象、仮想敵国、UFO・異星人がある。
第1 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
  1. 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
    1. 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
      誰とでも対立争うから、人間同士は対立争い関係である。
    2. 自分以外はすべて敵・家族以外はみんな敵
      自分以外はすべて敵、家族以外はみんな敵とする。
  2. 精神緊張・精神疲労…常に気を張る
    人間同士対立争い関係から精神緊張する(精神疲労→精神病多・自殺多)。常に気を張る。
  3. 憎悪(精神面)
    人間同士対立争い関係だから他人を憎悪する(他民族・他国人、反共、反イスラム、反キリスト、反ユダヤ)。
  4. 疑う(精神面)
    1. 疑う
      1. 疑う
        人間同士は対立争い関係だからは対立争いをしかけてくるものと他人を疑う(猜疑心、人を疑ってかかる、疑心暗鬼、性悪説)。
      2. 他人の関係者も疑う
        他人の関係者も疑う。
  5. 警戒(精神面)
    人間同士は対立争い関係だから、人は対立争いをしかけてくるものと他人を警戒する。
  6. 防衛(状況対応面)
    1. 防衛
      人間同士は対立争い関係だから防衛する(殺害追放されないようにする、生存も危うい、生き残りをはかる、滅亡させられないようにする)。
    2. 武器
      武器を所持する。
  7. 調査(状況対応面)
    1. 調査
      人間同士は対立争い関係だから人は対立争いをしかけてくるものと他人を調査する。
    2. 食事←相手調査
      食事は相手を調査する手段である。
    3. 人定め…相手をじろじろ見る
      疑いから、人定めをする(相手をじろじろ見る)。
  8. 拒絶(状況対応面)
    1. 拒絶
      1. 拒絶
        人間同士は対立争い関係だから他人は対立争いをしかけてくるものと拒絶する。
      2. 話しかけてくる人間を追い払う
        話しかけてくる人間を追い払う(道を聞いてくる人にあっちへ行け・他人に聞け、嘘を教える〈迷わせる〉←警戒・防衛)。
    2. 受入×←拒絶
      受け入れない。
    3. 拒絶解除←他人重視対応
      他人重視状況対応(丁寧に対応)ではじめて拒絶がとける。
    4. 子供にも拒絶情報養成…知らない人についていったらいけない
      子供にも拒絶の情報養成する(知らない人についていったらいけない)。
  9. 集団長と構成員
    1. 集団長は構成員を疑い
      集団長は構成員を疑う。
    2. 構成員は集団長を疑い
      構成員は集団長を疑う。
  10. 構成員同士…疑い
    構成員同士が疑う。

13節9 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲(個人対立争い型)

第1 何でも対立争う…対象範囲
  1. 何でも対立争う…対象範囲
    何でも対立争う。
  2. 些細なこと
    1. 些細なこと
      些細なことで対立争う。
    2. 飛行機の欠航・遅延…乗客が係員に暴力行使
      飛行機の欠航・遅延で乗客が係員に暴力行使する。
    3. 駅切符購入で乗客同士が殴り合い
      駅切符購入で乗客同士が殴り合い。
    4. 地下鉄で食事する若者を殴る
      地下鉄で食事する若者を殴る。
  3. 不満なこと
    不満なことで対立争う。
  4. 自己軽視状況対応
    1. 自己軽視状況対応
      相手の自己軽視状況対応で対立争う。
    2. 依頼拒否者…悪情報流し
      依頼拒否者は相手の悪情報流しする。
    3. 平に落とされた警察署長…降格人事者を射殺
      平に落とされた警察署長が降格人事者を射殺した。
    4. タクシー警笛…会社に苦情電話
      タクシー警笛に会社に苦情電話する。
第1 すぐ対立争う←何でも対立争う
  1. すぐ対立争う←何でも対立争う
    何でも対立争うから、すぐ対立争う。
  2. 接触すると対立争う
    1. 接触すると対立争う
      接触すると対立争う
    2. 清…対立相手が家の前とおる…通せんぼ・衣服荷物奪う・暴行監禁
      清では対立相手が家の前とおると通せんぼ・衣服荷物奪う・暴行監禁する。
    3. 清…荷車が狭い道ですれ違いできないと荷車や同士が言い争いがおきる
      清では荷車が狭い道ですれ違いできないと荷車や同士が言い争いがおきた。

13節10 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲(宗教状況対応型)

第1 何でも対立争う
  1. 何でも対立争う
    何でも対立争う。
  2. 些細なこと
    些細なことで対立争う。
  3. 不満なこと
    不満なことで対立争う。
  4. 自己軽視状況対応
    相手の自己軽視状況対応で対立争う。
第2 すぐ対立争う←何でも対立争う
何でも対立争うから、すぐ対立争う。

13節11 対立争いに勝利して成果取得の存続はかる(個人対立争い型)

第1 対立争い状況対応の存続をはかる
  1. 対立争い状況対応の存続はかる
    対立争い状況対応の存続をはかる。
  2. 存続対立争い状況対応…同種の対立争いとは限らない
    存続対立争い状況対応は同種の対立争いとは限らない。
第2 対立争い状況対応を永続
対立争い状況対応を永続する。
第3 何度でも対立争う(再開・繰り返し・再燃)
何度でも対立争う(つぎはどう対立争うか考える)。
第4 勝利したら次の対立争いでも勝利をめざす(返り討ち)←何度でも対立争う
勝利したら次の対立争いでも勝利めざす(返り討ち)。
第5 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)←何度でも対立争う
敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐、報復、報仇)。
第6 勝敗入れ替わる←何度でも対立争う
  1. 勝敗入れ替わる←何度でも対立争う
    勝敗が入れ替わる。
  2. ノーベル賞受賞者でも研究費打切される・芸術大家も展覧会で落選する
    ノーベル賞受賞者でも研究費打切される。芸術大家も展覧会で落選する。
第7 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
  1. 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
    裁判で負けても対立争う。
  2. 裁判を暴力行使(殺人傷害)で覆す…裁判で負けたら暴力行使で覆す(犯罪集団使う)
    裁判を暴力行使(殺人傷害)で覆す(裁判で負けたら暴力行使〈殺人傷害〉で覆す〈犯罪集団使う〉)。
第8 相手が死んでも継続
  1. 相手が死んでも継続
    相手が死んでも継続する。
  2. 死者をむち打つ・死者の墓を破壊・生きて敵の肉を食えなくても死んでもその魂を食う
    死者をむち打つ、死者の墓を破壊(墓を暴く)、生きて敵の肉を食えなくても死んでもその魂を食う。
第9 対立争いやめない
  1. 対立争いやめない
    対立争いをやめない。
  2. 対立争いをやめることは他の意味にとられる…同盟者からは裏切りととられる
    対立争いをやめることは他の意味にとられる(同盟者からは裏切りととられる)。
第10 対立争い状況対応の存続はかる…過去のことも対立争う
  1. 対立争い状況対応の存続はかる…過去のことも対立争う
    過去のことも対立争う。
  2. 過去の対立争いを忘れない…根にもつ・尾を引く・執念深い
    過去の対立争いを忘れない(根にもつ、尾を引く、執念深い)。
  3. 現在の対立争いと過去の対立争いを関連させる
    現在の対立争いを過去の対立争いと関連させる。
  4. 先祖のことを子孫が対立争う…先祖への名誉毀損と子孫が対立争う・先祖の敵
    先祖のことを子孫が対立争う(先祖への名誉毀損と子孫が対立争う、先祖の敵、3章一体状況対応)。
第11 対立争い終了←関係設定で対立争い状況対応させない
関係設定で対立争いさせないで対立争いは終了する。

13節12 対立争いに勝利して成果取得の存続はかる(宗教状況対応型)

第1 対立争い状況対応の存続をはかる
  1. 対立争い状況対応の存続はかる
    対立争い状況対応の存続をはかる。
  2. 存続対立争い状況対応…同種の対立争いとは限らない
    存続対立争い状況対応は同種の対立争いとは限らない。
第2 対立争い状況対応を永続
対立争いを永続する。
第3 何度でも対立争う(再開・繰り返し・再燃)
何度でも対立争う(つぎはどう対立争うか考える)。
第4 勝利したら次の対立争いでも勝利をめざす(返り討ち)←何度でも対立争う
勝利したら次の対立争いでも勝利めざす(返り討ち)。
第5 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)←何度でも対立争う
敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐、報復、報仇)。
第6 勝敗入れ替わる←何度でも対立争う
  1. 勝敗入れ替わる←何度でも対立争う
    勝敗が入れ替わる。
  2. ノーベル賞受賞者でも研究費打切される・芸術大家も展覧会で落選する
    ノーベル賞受賞者でも研究費打切される。芸術大家も展覧会で落選する。
第7 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
  1. 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
    裁判で負けても対立争う。
  2. 裁判を暴力行使(殺人傷害)で覆す…裁判で負けたら暴力行使で覆す(犯罪集団使う)
    裁判を暴力行使(殺人傷害)で覆す(裁判で負けたら暴力行使〈殺人傷害〉で覆す〈犯罪集団使う〉)。
第8 相手が死んでも継続
相手が死んでも継続する。
第9 対立争いやめない
  1. 対立争いやめない
    対立争いをやめない。
  2. 対立争いをやめることは他の意味にとられる…同盟者からは裏切りととられる
    対立争いをやめることは他の意味にとられる(同盟者からは裏切りととられる)。
第10 過去のことも対立争う
  1. 過去のことも対立争う
    過去のことも対立争う。
  2. 過去の対立争いを忘れない…根にもつ・尾を引く・執念深い
    過去の対立争いを忘れない(根にもつ、尾を引く、執念深い)。
  3. 現在の対立争いと過去の対立争いを関連させる
    現在の対立争いを過去の対立争いと関連させる。
第11 対立争い終了←関係設定で対立争い状況対応させない
関係設定で対立争いさせないで対立争いは終了する。

13節13 対立争い対応方法・対立争い応手法(個人対立争い型)

第1 対立争い対応方法…短期即応
  1. 対立争い対応方法が短期即応
    1. 対立争い対応方法が短期即応
      1. 対立争い対応方法が短期即応
        対立争いは短期である。対立争い対応方法が短期即応である。
      2. 短期
        短期となる(決定即状況対応、即断即決、短期決戦、長期裁判×→離婚裁判控訴少ない)。
      3. 即応
        相手の対立争いに即応する(攻撃・反撃、勝負所を押さえる)。
    2. 集中←短期即応
      短期即応だから集中する(全力投入、死力を尽くす、全知全能を注ぎ込む、ライオンがウサギ一匹でも全力で追いかけ捕獲するのと同じ)。あらゆる対応方法を試みる。
    3. 短期集約←短期即応
      短期即応だから短期に集約する(人間→兵士、物→武器・移動手段、総力集中、大量投入)。
  2. 対応方法が変化対応←対立争いは刻々変化
    1. 対応方法が変化対応←対立争いは刻々変化
      対立争いは刻々と状況が変化する。対応方法が変化対応となる。
    2. 変化状況対応・臨機応変
      変化状況対応、臨機応変となる。
第1 対立争い手法…対立争いが激しい
  1. 対立争い手法…対立争いが激しい
    対立争いが激しい。
  2. 攻撃・反撃
    1. 攻撃…対立争い開始
      対立争いを開始する。
    2. 反撃…相手も対立争い開始
      対立争いが開始されれば相手もすぐ対立争いを開始する(売られた喧嘩は買う)。
    3. 暴力行使→暴力行使
      暴力行使に暴力行使する(殴られたら殴り返す、痴漢行為→女は男を張り倒す)。
    4. 論争→反論
      1. 論争→反論
        論争で反論する。
      2. 悪情報流し→ハラスメント・ヘイトスピーチ・民族差別と反論
        悪情報流しにハラスメント、ヘイトスピーチ、民族差別と反論する。
    5. 反撃は同種の対立争いとは限らない
      反撃は同種の対立争いとは限らない。
    6. 悪情報流し(韓国)→名誉毀損・信用毀損・侮辱罪と刑事告訴・民事損害賠償請求裁判
      悪情報流しに韓国では名誉毀損、信用毀損、侮辱罪と刑事告訴、民事損害賠償請求裁判する。
    7. 反撃×→攻撃止まらない
      反撃しなければ攻撃はとまらない(格好の標的にされる、相手が強くでれば引き、弱腰であれば攻める)。
    8. 反撃×→他の意味に取られる
      反撃しないと他の意味に取られる(弱気、相手を無視、争いをしない・話合解決とはとられない)。)。
    9. 攻撃に譲歩(相手優先させる)→攻撃増す
      攻撃に対して譲歩(相手優先させる)すると攻撃は増す。
    10. 反撃→再攻撃
      1. 反撃→再攻撃
        反撃に再攻撃する。
      2. 悪情報流し反撃に再攻撃…表現の自由違反
        悪情報流し反撃に表現の自由違反と再攻撃する。
  3. 武器使用…暴力行使
    暴力行使ではすぐ武器を使用する。
  4. 大声・顔をつきあわせる…論争
    論争では大声を出す、顔をつきあわせる。

13節14 対立争い対応方法・対立争い応手法(宗教状況対応型)

第1 対立争い対応方法…短期即応
  1. 対立争い対応方法が短期即応
    1. 対立争い対応方法が短期即応
      対立争いは短期である。対立争い対応方法が短期即応となる。
    2. 短期
      短期となる(決定即状況対応、即断即決、短期決戦、長期裁判×→集中審理・陪審制度)。
    3. 即応
      相手の対立争いに即応する(攻撃・反撃、勝負所を押さえる)。
  2. 集中←短期即応
    短期即応だから集中する(全力投入、死力を尽くす、全知全能を注ぎ込む、集中し興奮する)。あらゆる対応方法を試みる。
  3. 短期集約←短期即応
    短期即応だから短期に集約する(人間→兵士、物→武器・移動手段、総力集中、大量投入)。
第2 対立争い手法…対立争いが激しい
  1. 対立争い手法…対立争いが激しい
    対立争いが激しい。
  2. 攻撃・反撃
    1. 攻撃…対立争い開始
      対立争いを開始する。
    2. 反撃…相手も対立争い開始
      対立争いが開始されれば相手もすぐ対立争いを開始する(売られた喧嘩は買う)。
    3. 暴力行使→暴力行使
      暴力行使に暴力行使する(殴られたら殴り返す、痴漢行為→女は男を張り倒す)。
    4. 論争→反論
      1. 論争→反論
        論争で反論する。
      2. 悪情報流し→ハラスメント・ヘイトスピーチ・民族差別と反論
        悪情報流しにハラスメント、ヘイトスピーチ、民族差別と反論する。
    5. 反撃は同種の対立争いとは限らない
      反撃は同種の対立争いとは限らない。
    6. 悪情報流し→名誉毀損告訴・信用毀損告訴
      悪情報流しに名誉毀損告訴、信用毀損告訴する。
    7. 反撃×→攻撃止まらない
      反撃しなければ攻撃はとまらない(格好の標的にされる、相手が強くでれば引き、弱腰であれば攻める)。
    8. 反撃×→他の意味に取られる
      反撃しないと他の意味に取られる(弱気、相手を無視、争いをしない・話合解決とはとられない)。)。
    9. 攻撃に譲歩(相手優先させる)→攻撃増す
      攻撃に対して譲歩(相手優先させる)すると攻撃は増す。
    10. 反撃→再攻撃
      1. 反撃→再攻撃
        反撃に再攻撃する。
      2. 悪情報流し反撃に再攻撃…表現の自由違反
        悪情報流し反撃に表現の自由違反と再攻撃する。
  3. 武器使用…暴力行使
    暴力行使ではすぐ武器を使用する。
  4. 大声・顔をつきあわせる…論争
    論争では大声を出す、顔をつきあわせる。

13節15 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案(個人対立争い型)

第1 個人対立争い型…状況対応制御で状況対応力養成しない
  1. 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案(対立争いが巧み・質が高い)←本来状況対応
    本来状況対応だから対立争い対応方法、対立争い手法を習得考案する(対立争いが巧み、質が高い、対立争いに全知全能を注ぎ込む、したたかで強い)。
  2. 共産中国毛沢東…三国志より三国志演義で政敵打ち落とす手腕磨いた
    共産中国毛沢東→三国志より三国志演義で政敵打ち落とす手腕磨いた。

対立争い対応方法習得考案

第1 対立争い対応方法を習得考案
  1. 対立争い対応方法を習得考案
    対立争いの対応方法を習得考案する。
第2 状況
  1. 勝利できる状況で対立争う…状況
    1. 勝利できる状況で対立争う…勝機を逃さない
      1. 勝利できる状況で対立争う…勝機を逃さない
        勝利できる状況で対立争う(勝機を逃さない)。
      2. 水に落ちた犬を打つ・井戸に落ちた者に石を投げる
        水に落ちた犬を打つ、井戸に落ちた者に石を投げる。
    2. 自然災害(警察不機能)のとき対立争う
      1. 自然災害(警察不機能)のとき対立争う
        自然災害(警察不機能)のとき対立争う。
      2. 地震発生地に取り込みに行く…唐山大地震・四川大地震
        地震発生地に取り込みに行く(唐山大地震→近隣農耕民が総出で襲う、被害者の物を奪う、災害地に略奪に行く、地震で親不明の子取り込み、四川大地震で孤児誘拐売却)。
      3. 自然災害で相手の対立争い力が弱ったとき対立争う
        自然災害で相手が弱ったときに対立争う(災害は敵を攻めるチャンス)。
    3. 事故のとき対立争う
      1. 事故のとき対立争う
        相手が事故のとき対立争う。
      2. 事故車から荷物散乱で取り込む
        事故車から荷物散乱で取り込む。
      3. 船事故で漂流物取り込む…貨物・家畜
        船事故で漂流物取り込む(貨物・家畜)。
      4. 商店差押・車突入のさい取り込み
        商店差押・車突入のさい取り込む。
      5. 溺れた人間から服はぎ取る・殺す
        溺れた人間から服はぎ取る、殺す。
      6. 韓国のセォウル号沈没…助けると事実に反する状況対応(だまし)で金・救助物資を取り込む
        韓国のセォウル号沈没→助けると事実に反する状況対応(だまし)で金・救助物資を取り込む。
  2. 勝利できない状況では対立争わない…状況
    勝利できない状況では対立争わない(先送りする)。
  3. 勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす
    勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす。
  4. 状況利用
    1. 対立争い相手の状況対応を利用
      対立争い相手国の状況対応を利用する。
    2. 他者同士の対立争いを利用し自己の対立争い有利にする
      他者同士対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。
    3. 対立相手の強者支配関係・強者優先関係を利用
      対立相手の強者支配関係、強者優先関係を利用する(相手の強者支配者に強者支配を発動させるぞと対立争いを有利にする、相手の強者優先関係を利用する、相手の弱みをつく)。
    4. 対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする
      対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。
  5. 状況操作
    1. 対立争い相手同士の対立争いおこし自己との対立争いを有利にする
      対立争い相手同士の対立争いをおこし自己との対立争いを有利にする。
    2. 自己が他者と対立争いおこして対立争い拡大させ自己の対立争いを有利にする
      自己が他者と対立争いをおこして対立争い拡大させ自己の対立争いを有利にする。
    3. 集団内対立争いをおこし自己の集団内対立争いを有利にする
      集団内対立争いをおこし自己の集団内対立争いを有利にする。
      構成員を扇動して対立争わせ長を窮地に追い込む(長地位取り合う?)。
    4. 集団内対立争い者と集団外対立争い者の対立争いおこし自己の集団内対立争いを有利にする
      集団内対立争い者の集団外対立争い者の対立争いおこし自己の集団内対立争いを有利にする。
    5. 対立争い相手集団内に対立争いおこし自己との対立争いを有利にする
      対立争い相手集団内に対立争いおこし自己との対立争いを有利にする(相手集団を分裂させる)。
    6. 集団外対立争いおこし自己の集団内対立争いを有利にする
      集団外対立争いをおこして自己の集団内対立争いを有利にする。
      集団同士の対立争いをおこし長を窮地に追い込む(長地位取り合う?)。
    7. 集団外対立争いおこし集団内対立争いさせない←大規模な対立争いをめざす
      集団外対立争いをおこして集団内対立争いさせない(大規模な対立争いをめざすことを利用)。
    8. 別の大規模な対立争いおこし他の対立争いさせない←大規模な対立争いをめざす
      別の大規模な対立争いおこし他の対立争いさせない(大規模な対立争いをめざすことを利用)。
  6. 状況利用+状況操作する
    状況利用と状況操作を組み合わせる。状況利用して状況操作する。

対立争い手法習得考案

第1 対立争い手法を習得考案
  1. 対立争い手法を習得考案
    本来状況対応だから対立争い手法を習得考案する。
第2 範囲
  1. 勝利できる相手と対立争う…人範囲
    1. 勝利できる相手と対立争う
      勝利できる相手と対立争う。
    2. 相手が敗退・追放
      1. 相手が敗退・追放
        相手が敗退したとき対立争う(落ちた犬をたたけ)。相手が追放されたとき対立争う。
      2. 受刑者から取り込む…清→主人流刑で奉公人が
        受刑者から取り込む(清→主人流刑で奉公人が)。
    3. 相手対立争い力低下で争う
      相手の対立争い力が低下すれば(弱化)、勝利しやすいので争う。
    4. 勝利できない相手とは対立争わない
      勝利できない相手とは対立争わない(逃げる→敵に背を向ける)。
  2. 勝利できる相手と対勝利できない相手とは対立争わない立争う…人範囲
    勝利できない相手とは対立争わない。
  3. 対立争わない相手と対立争う…人範囲
    1. 対立争わない相手と対立争う…人範囲
      対立争わない相手と対立争う(対立争いの標的とする。
    2. 清…犯罪集団が賭博開帳→みんな参加させ金巻き上げる
      清で犯罪集団が賭博開帳しみんな参加させ金巻き上げた。
  4. 対立争う相手とは対立争わない…人範囲
    対立争う相手とは対立争わない。
  5. 複数相手と同時に対立争わない…人範囲
    1. 複数相手と同時に対立争わない…人範囲
      敗退しないため複数相手と同時に対立争わない。
    2. 同時に複数相手の集団内対立争い
      同時に複数相手の集団内対立争いしない。
    3. 同時に複数相手の集団外対立争い
      同時に複数相手の集団外対立争いしない。
    4. 同時に集団内対立争いと集団外対立争い
      同時に集団内対立争いと集団外対立争いしない。
  6. 勝利できる対立争いを選択する…対象範囲
    1. 勝利できる争い選択
      1. 勝利できる争い選択
        勝利できる争いを選ぶ。
      2. 暴力行使(殺人傷害)
        確実に成果取得できるから(反撃が少ない・報復が少ない)、暴力行使(殺人傷害)が一番である。取り込み、事実に反する状況対応〈だまし〉、論争より、暴力行使〈殺人傷害〉である、腕力がある者が勝つ)。
    2. 勝利できる対立争いに持ち込む
      勝利できる対立争いに持ち込む(勝利できそうな争点を設定する〈裁判〉)。
  7. 勝利できない対立争いしない…対象範囲
    勝利できない対立争いしない。
  8. 対立争いを拡大する…対象範囲
    1. 対立争いを拡大する…対象範囲
      対立争いを拡大する(他の対立に飛び火、他の対立争いに連動させる)。
    2. 無関係な対立争いと関連させる
      無関係な対立争いと関連させる。
    3. 有利な対立争いと関連させる
      有利な対立争いと関連させる。
    4. ある対立争いを無関係な対立争いの原因とする
      ある対立を無関係な他の対立争いの原因とする。
    5. 集団内対立争いと集団外対立争いを関連させる
      集団内対立争いと集団外対立争いを関連させる。
  9. 全面対立争いする…対象範囲
    対立争いにより全面対立争いする。
  10. 全面対立争いしない…対象範囲
    対立争いにより全面対立争いをさけ個別対立争いでのりきる。
第3 対立争う・対立争わない
  1. 相手の対応を把握して対立争う
    1. 相手の対応を把握して対立争う
      相手の対応を把握して対立争う。
    2. 対立争うか対立争わないか決める
      対立争うか対立争わないか決める(相手が強気であれは対立争わない、相手が弱気であれば対立争う)。
    3. 争いを選択する
      争いを選択する(相手が弱気であれば→暴力行使、相手が強気であれば暴力行使でなく脅し〈口先だけ〉、嫌がらせ、悪情報流し、事実に反する状況対応〈だまし〉し、論争に切り替える)。
  2. 不要な対立争いをしない
    1. 不要な対立争いをしない
      不要な対立争いをしない(突発的対立争い)。
    2. 情報交換
      不要な対立争いをしないため情報交換する。
第4 対立争いを使い分ける
  1. 体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける
    体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける。
第5 複数の対立争いをまとめて対立争う
  1. 複数の対立争いをまとめて対立争う
    複数の対立争いをまとめて対立争う(抱き合わせ対立争い、何でもあり、争いを駆使、暴力行使(殺人傷害)、妨害、脅迫を同時にする)。
  2. 暴力行使と脅迫
    暴力行使〈殺人傷害〉、妨害、脅迫を同時にする。
  3. 暴力行使と論争
    暴力行使と論争をする(暴力行使して論争で口実つける・正当化する)。
第6 反撃されないように攻撃する
  1. 反撃されないように攻撃する
    1. 反撃されないように攻撃する
      反撃されないように攻撃する。
    2. 自己ではなく自己と同じ学者の意見を主張…誤主張と判明しても責任追及されないように
      自己ではなく自己と同じ学者の意見を主張する(誤主張と判明しても責任追及されないように)。
    3. スポーツ…サッカーのワンタッチパス(ポストプレー)
      サッカーのワンタッチパスがある(ポストプレー)。
  2. 誰が対立争っているか不明にする…事実隠す(隠蔽)状況対応(正体隠す)
    誰が対立争っているか不明にする(サイバー攻撃)。

相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案

第1 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
  1. 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
    1. 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
      相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法を習得考案する。
    2. 報復させない…殺害→遺族が報復
      報復((敗退したら次の対立争いで勝利めざす)させない(殺害する→遺族が報復する)。
  2. 正しい対立争いだったとする
    1. 正しい対立争いだったとする
      過去の対立争いを正しい対立争いだったとする。
    2. 理由を撤回しない
      正しい対立である理由は撤回しない。
  3. 悪い対立争いだったとしない…自己悪情報流し(謝罪)しない
    自己悪情報流し(謝罪)しない。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

12節 個人状況対応…個人対立争い型・宗教状況対応型

次へ

1節 民族状況対応の発生

Page Top