「歴史の流れ」民族の力と型

1節 民族状況対応の発生

このページ内の目次

1節 民族状況対応の発生

第1 民族状況対応の発生…民族設定
  1. 民族状況対応の発生←生産役務集約高度化・対立争い集約高度化
    生産役務集約高度化、対立争い集約高度化から民族状況対応(大規模集団状況対応)が発生する(民族設定、民族の発生)。
  2. 民族状況対応の発生←集約高度化財産設置←集約高度化
    生産役務集約高度化、対立争い集約高度から集約高度化財産設置するため民族状況対応が発生する(5章民族状況対応力養成)。
  3. 民族状況対応の発生←対立争い集約高度化←対外対立争い
    対外対立争いから対立争い集約高度化するため民族状況対応が発生する。
  4. 民族状況対応発生→相手も対抗し民族状況対応発生
    民族状況対応が発生すると相手も対抗し民族状況対応が発生する。
  5. 集団状況対応型…民族状況対応自然発生←本来状況対応の拡大
    集団状況対応が本来状況対応だから民族状況対応も自然発生する(本来状況対応の拡大)。
  6. 個人対立争い型・宗教状況対応型…民族状況対応関係設定
    ① 個人対立争い型・宗教状況対応型…民族状況対応関係設定
    民族状況対応関係を設定する。
    ② 民族同士対立争い状況対応のため民族状況対応関係を設定する。
    民族同士対立争い状況対応のため民族状況対応関係を設定する(民族の第一目的、民族長・政党によって変わらない)。
第2 民族状況対応
  1. 個人対立争い型・宗教状況対応型…設定
    民族状況対応(大規模集団状況対応)は非本来状況対応だから民族状況対応を設定する。終了(滅亡)しやすい。
  2. 集団状況対応型…本来設定
    民族状況対応(大規模集団状況対応)は本来状況対応だから本来設定(内蔵)である。
第3 民族状況対応…設定・終了
  1. 個人対立争い型・宗教状況対応型…設定
    民族状況対応(大規模集団状況対応)は非本来状況対応だから民族状況対応を設定する。終了(滅亡)しやすい。
  2. 集団状況対応型…本来設定
    民族状況対応(大規模集団状況対応)は本来状況対応だから本来設定(内蔵)である。

1節2 民族長

第1 民族長…自然人
  1. 自然人
    自然人が民族長になる。
  2. 王(一族支配)…強者支配民族
    強者支配民族では王が民族長となる。実力(対立争い力)で長となる。実力を背景に長の地位を世襲する。一族支配となる(王親族が王を出す)。
第2 民族長…集団
  1. 集団
    集団が民族長となる。

1節3 非本来民族長

第1 非本来民族長
  1. 非本来民族長
    民族長でないが非本来民族長となることがある。
  2. 祭人
    古くは宗教の影響力(権威・崇拝)で祭人が非本来民族長となる。

1節4 官僚

第1 官僚…民族長の補助者・民族上位構成員
  1. 官僚…民族長の補助者・民族上位構成員
    民族長の補助者である民族上位構成員(官僚)がいる。

1節5 民族組織

第1 民族組織…集団状況対応型民族・強者支配終了民族
  1. 軍隊←対外対立争い
    対外対立争いのため戦争集団状況対応組織を設定する。軍隊である。
  2. 軍隊が警察…大規模対内対立争いさせない・民族発生当初
    軍隊が警察をすることもある。
  3. 警察←対内対立争いさせない
    対内対立争いをさせないため集団状況対応組織を設定する。警察である。
  4. 生産役務組織←生産役務集約高度化
    生産役務集約高度化のため生産役務組織を設定する。
  5. 集約高度化基本財産設置組織←集約高度化財産設置
    集約高度化財産設置のため組織を設定する。
  6. 国土人間存続可能財産設置組織←安全空間提供
    国土人間存続可能財産設置のため組織を設定する。
  7. 法務組織←状況対応基準
    状況対応基準を守らせるため法務組織を設定する。
  8. 情報組織←情報強者支配・情報取り込み傷つける存続させない
    情報強者支配のため、情報取り込み・傷つける・存続させないため情報組織を設定する。

1節6 民族構成員

第1 民族構成員…自然人・集団
  1. 民族構成員…自然人・集団
    民族構成員は、自然人、集団がある。
  2. 自然人
    自然人は生身の人間である。
  3. 集団
    集団は、共同体・教会、生産役務集団、学校、病院がある。自然人より有力である(人間集約で対立争い力強化)。

1節7 民族収支(財政)

第1 民族収入…民族構成員が民族状況対応費用負担(税金)
  1. 民族収入…民族構成員が民族状況対応費用負担(税金)
    民族構成員が民族状況対応費用を負担する。民族構成員が税金を支払う。
第2 民族収入…民族生産役務状況対応
民族生産役務状況対応で民族収入を得る(鉱山直轄、民族専売→塩・鉄)
第3 民族支出
民族状況対応費用に支出する。
第4 民族収支破綻
  1. 民族収支破綻…民族支出>民族収入
    民族収入より民族支出が多くなると民族収支が破綻する(民族破産鮮)。
  2. 生産役務で状況対応縮小(経済崩壊)で民族収支破綻
    生産役務状況対応縮小(経済崩壊)で民族収入が減り民族収支破綻する(生産役務状況対応縮小→戦争状況対応費・警察費×→戦争状況対応×・警察×)。
第5 民族収支(民族同士)
  1. 民族収支(民族同士)
    民族同士の民族収支がある。
  2. 民族収支破綻…民族支出>民族収入
    民族収入より民族支出が多くなると民族収支が破綻する(輸入>輸出)。

トップに戻る

関連記事

前へ

13節 対立争い状況対応…個人状況対応型・宗教状況対応型(1)

次へ

18節 対立争い状況対応

Page Top