「歴史の流れ」民族の力と型

8節 先進国化

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

8節 先進国化

第1 先進国化→状況対応しない→状況対応力低下→歴史停滞
  1. 先進国化→十分な成果取得→状況対応しなくなる
    日本は先進国化国家状況対応力養成)した(日清戦争・日露戦争に勝利、高度経済成長)。十分な成果を取得している(政治的自由や経済利益)。状況対応しなくなる(生産役務しない、状況対応力養成しない→日本学力は先進国中最低レベル)。状況対応力が低下する。
  2. 状況対応しなくなる→状況対応力低下→歴史停滞
    状況対応力低下で歴史を停滞させる可能性がある。
第2 状況対応制御×→状況対応→歴史停滞×
  1. 状況対応制御なし→状況対応する
    ただ日本人(集団状況対応型)には、状況対応を制御するものが少ない(対立争い状況対応×、強者支配×、神決定状況対応型宗教×→神の決定×、自然作動状況受入型宗教×→状況対応しない×)。状況対応をつづけるかもしれない
  2. 状況対応する→歴史停滞×
    それで状況対応力が維持され歴史も停滞しないかもしれない。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

7節 情報養成だけの者…国家状況対応者(政治家)・その他

次へ

9節 国民の存続はかる

Page Top