「歴史の流れ」民族の力と型

20節 オーストラリア・ニュージーランド

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

20節 オーストラリア

総論

第1 総論
オーストラリアは温帯の温暖気候で民族移動したイギリス人が開拓し民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族、国家発展)。オーストラリアは開放地形(大陸)である。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖→人間は状況対応力養成
  1. 気候…温暖→人間は状況対応力養成
    オーストラリアは温帯で温暖である。人間は状況対応力養成した。
  2. オーストラリア中部西部…乾燥気候(砂漠化)→状況対応力養成しない
    ただオーストラリア中部西部は乾燥気候(砂漠化)である。人間は状況対応養成しない。
第2 地形…開放地形・砂漠で閉鎖地形の要素
オーストラリアは開放地形(大陸)である。ただ中部西部は砂漠で可住地域が狭く閉鎖地形の要素がある。
民族移動したオーストラリア人の宗教状況対応型である。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神決定状況対応型)
民族移動したイギリス人のキリスト教(神決定状況対応型)である。

状況対応力

第1 状況対応力養成←キリスト教(神決定状況対応型)
キリスト教(神決定状況対応型)から状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族、国家発展)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜で停止←広大な土地が大型農耕牧畜に適する
民族移動したイギリス人で農耕牧畜が発生した。生産役務は農耕牧畜で停止している。その原因は広大土地が大型農耕牧畜に適しているからである。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある
農耕牧畜で段階で停止したままであったが、工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家×…民族対立×←民族移動イギリス人多数・先住民族少数
民族移動したイギリス人と先住民族が混在するが先住民族が少なく多民族国家は設定されなかった。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家状況対応力養成・強者支配終了←出身国イギリスの状況対応取り入れ
国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了国家化(自由民主化)が進んでいる。民族移動したイギリス人が出身国の国家状況対応力養成、強者支配終了を取り入れたからである。

20節2 ニュージーランド

総論

第1 総論
ニュージーランドは温帯の温暖な気候で民族移動したイギリス人が開拓し民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族、国家発展)。
ニュージーランドは閉鎖地形(島国)である。そのため民族移動したイギリス人は宗教状況対応型であるが集団状況対応型の要素がある。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖
ニュージーランドは温帯で温暖気候である。人間は状況対応力養成する。民族移動したイギリス人開拓し民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族、国家発展)。
第2 地形…閉鎖地形→集団状況対応型の要素
ニュージーランドは閉鎖地形(島国)である。閉鎖地形から集団状況対応型の要素がある。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神決定状況対応型)
民族移動したイギリス人のキリスト教(神決定状況対応型)である。
第1 集団状況対応型の要素←閉鎖地形
閉鎖地形(島国)から集団状況対応型の要素がある。

状況対応力

第1 状況対応力養成←キリスト教(神決定状況対応型)
キリスト教(神決定状況対応型)から状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族、国家発展)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜で停止←広大な土地が大型農耕牧畜に適する
民族移動したイギリス人で農耕牧畜が発生した。生産役務は農耕牧畜で停止している。その原因は広大土地が大型農耕牧畜に適しているからである。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある
農耕牧畜で段階で停止したままであったが、工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家×…民族対立×←民族移動イギリス人多数・先住民族少数
民族移動したイギリス人と先住民族が混在するが先住民族が少なく多民族国家は設定されなかった。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家状況対応力養成・強者支配終了←出身国イギリスの状況対応取り入れ
  1. 国家状況対応力養成・強者支配終了←出身国イギリスの状況対応取り入れ
    国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了国家化(自由民主化)が進んでいる。民族移動したイギリス人が出身国の国家状況対応力養成、強者支配終了を入れたからである。
  2. 国家同士対立争い状況対応しない(非核原則)←集団状況対応型の要素
    集団状況対応型の要素があり国家同士対立争い状況対応しない(ニュージーランドの非核原則)。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

19節 アメリカ・ハワイ 

次へ

14節 戦争

Page Top