「歴史の流れ」民族の力と型

19節 アメリカ・ハワイ 

このページ内の目次

19節 アメリカ

総論

第1 総論
アメリカは、キリスト教新教徒(プロテスタント)が民族移動し民族、国家を発生させた。強者支配終了(自由民主化)が状況対応力養成し民族、国家発展させている。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖
  1. 気候…温暖
     アメリカは温暖気候である。そのため人間は状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成している(民族、国家発展)。降雨もあり河川の存在で水利に恵まれている。
第2 地質…肥沃→農耕開始
水利に恵まれた肥沃な地質が農耕に適している。
第3 地形…開放地形
アメリカは、北アメリカ大陸に位置し東は大西洋、西に太平洋があり海に囲まれている。広大で開放地形(大陸)である。ところが国家多数設定することなくアメリカとカナダ、2国を設定した。開放地形だがキリスト教新教徒(プロテスタント)が多数のため宗教状況対応型である。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教新教徒(プロテスタント)
キリスト教新教徒(プロテスタント)が多数のため宗教状況対応型である。

状況対応力

第1 状況対応力養成←キリスト教(神決定状況対応型)・強者支配終了(自由民主化)
  1. キリスト教(神決定状況対応型)
    キリスト教が神決定状況対応型となり状況対応するようになり状況対応力養成した。民族、国家を発展させている。
  2. 強者支配終了(自由民主化)
    強者支配終了(自由民主化)が状況対応力養成し民族、国家を発展させている(現代アメリカ繁栄)。成果取得できる(一代の成功者が多い→アメリカン・ドリーム)。
  3. 先進国化→状況対応しなくなる?
    アメリカは先進国化(状況対応しない)している。状況対応力養成しなくなり民族、国家を衰退させる可能性がある。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 工業段階
イギリス帝国から国家分割で国家設定(独立)した18世紀には農耕国家であったが19世紀には世界最大の農耕国家、工業国家となっていた。
状況対応力養成から生産役務は工業段階まで到達している。
第2 生産役務で対立争い状況対応→貧富差→富者が状況対応力養成
生産役務状況対応で対立争い状況対応するから(敗者が成果取得できない)、貧富差がおきる(勝利者が富を独占、中産階級が没落、貧者多数、ホームレス、夫婦共働き、生命養成×→飢餓・平均寿命低下、状況対応力養成×→無教養)。富者が状況対応力養成できる(国家状況対応決定力養成→国家状況対応者〈政治家〉になり国家状況対応、情報強者支配力養成→マスコミに入り情報強者支配)。
第3 裁判
対立争い状況対応型から裁判を好む(裁判で他生産役務者から生産役務知識を取り込み特許とする)。裁判・裁判予防に多大な労力・費用・時間を費やす(裁判予防→契約・企業内弁護士・監査)。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家
  1. 多民族国家←キリスト教新教徒が民族移動・民族移動認める
    多民族国家である。ヨーロッパで強者支配されたキリスト教新教徒(プロテスタント)が民族移動し国家を設定した。民族移動認め多民族国家を設定した。
  2. 民族対立争い←多民族混在
    多民族混在で民族対立争いがある(移動民族と先住民族との対立争い、黒人奴隷を輸入し黒人との民族対立争いがある、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の民族対立争い、アジア人と欧米人の民族対立争い、ゲルマン民族のなかでも民族対立争い→アングロサクソンはイタリアを軽視)。人種対立もある(白人、黒人、黄色人種)。
  3. 多文化←多民族混在
    多民族の文化でアメリカ文化ができた。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 強者支配終了(自由民主化)
キリスト教新教徒が強者支配終了をめざし民族移動をしたことから強者支配終了国家を設定した。
第2 国家状況対応力養成→国家国土取り込み(アメリカ帝国)
国家状況対応力を養成し国家国土取り込みした(メキシコ一部獲得、太平洋諸島、アジア国家国土取り込み〈中国・満州〉で国家国土取り込みさせない日本と戦争)。

12節2 ハワイ

総論

第1 総論
ハワイはアメリカが国家国土取り込みしアメリカ人が民族移動した。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖
ハワイは亜熱帯気候で気候は温暖である。
第2 地形…閉鎖地形(島国)
ハワイは太平洋の閉鎖地形(島国)である(ハワイ島、オアフ島、マウイ島、ラニア島、モロカイ島)。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 状況対応型…集団状況対応型→宗教状況対応型
  1. 閉鎖地形→集団状況対応型
    閉鎖地形から集団状況対応型であった。
  2. 宗教状況対応型…キリスト教(神決定実行型)←アメリカ人の民族移動
    アメリカ人の民族移動でキリスト教が流入し取り入れ宗教状況対応型となった。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 観光業・休暇地業
観光業、休暇地業である。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家
  1. 多民族国家←アメリカキリスト教徒が民族移動・華僑が民族移動
    多民族国家である。先住民族(ポリネシア系)の地にアメリカキリスト教徒(プロテスタント)が民族移動した。多民族国家となった。華僑も民族移動した(サトウキビ農園の従業員となる)。

 大規模集団要因…国家状況対応

第1 強者支配終了(自由民主化)←アメリカの国家国土取り込み
アメリカの国家国土取り込みでアメリカの州になった。強者支配終了国家の州となった。

時代

第1 時代
  1. ハワイ王国
    1795ハワイ王国が設定された(カメハメハ王が国家集約・ハワイ諸島統一)。
  2. アメリカの国家国土取り込
    アメリカが国家国土取り込みした(1894ドールが大統領となりハワイ共和国設定)。

トップに戻る

関連記事

前へ

18節 中南米

次へ

20節 オーストラリア・ニュージーランド

Page Top