「歴史の流れ」民族の力と型

30節 未開民族

このページ内の目次

30節 未開民族

第1 総論
状況対応力を取得していない民族がある(未開民族)。
第2 人間要因…状況対応力・状況対応型
生命養成も十分でなく人口は少ない。集団も生物群れに近い。
第3 生産役務要因…生産役務状況対応
生産役務も発生しない。狩猟採取のままである(狩猟採取民族)。
第4 大規模集団要因…民族状況対応
民族状況対応だけとなることが多い。他民族・他国が国家国土取り込みする(簡単に征服される)。
第5 大規模集団要因…国家状況対応×
国家状況対応も発生しない。他民族・他国が国家国土取り込みする(簡単に征服される)。地位上下もない(階級×、原始平等)。

トップに戻る

関連記事

前へ

27節 フィリピン

次へ

1節 日本の将来

Page Top