「歴史の流れ」民族の力と型

7節 国家同士国家状況対応

このページ内の目次

7節 スパイ

情報取り込み・傷つける・存続させない

第1 スパイ…情報取り込み・傷つける・存続させない→情報員
  1. スパイ…情報取り込み・傷つける・存続させない→情報員
    スパイは情報取り込み、傷つける、存続させない(情報員)。

自国状況対応優先のため対立争う…工作

第1 スパイ…自国状況対応優先のため対立争う→工作員・秘密工作
  1. スパイ…自国状況対応優先のため対立争う→工作員・秘密工作
    スパイは自国状況対応を優先する(工作員、秘密工作〈状況対応隠す〉)。

人員

第1 スパイ…自国民
  1. スパイ…自国民
    自国民のスパイがいる。
  2. 共産中国…日本滞在スパイ5万人←スパイ防止法なし
    共産中国はスパイ防止法のない日本に5万人のスパイを配置している。
第2 スパイ…他国民
  1. スパイ…他国民
    他国民を自国のスパイにする。
  2. 他国民スパイを自国スパイにする…二重スパイ
    1. 他国民スパイを自国スパイにする…二重スパイ
      他国民スパイを自国民スパイにする(2重スパイ)。
    2. アメリカ…在米共産中国人スパイを米国スパイにする
      アメリカは共産中国のアメリカ諜報の元締めをCIAが米国スパイにした。
第3 スパイ…大使館員
  1. スパイ…大使館員
    大使館員のスパイがいる。
  2. 共産中国…在日中国大使館員がスパイ
    在日本中国大使館員が偽外国人登録証でスパイする。

スパイ学

第1 スパイ学
  1. スパイ学…インテリジェンス学部・情報史
    欧米ではスパイ学がある(インテリジェンス学部、情報史)。

ソ連

第1 自国状況対応優先…アジア共産党強者支配化
  1. 自国状況対応優先…アジア共産党強者支配化
    1. 自国状況対応優先…アジア共産党強者支配化
      ソ連人スパイとアメリカ人スパイ(共産主義者)が提携しアジアの共産化をはかった。
    2. アメリカフランクリンルーズベルト統領…共産党強者支配・政権内にアメリカ人スパイ300人
      1. アメリカフランクリンルーズベルト統領…共産党強者支配・政権内にアメリカ人スパイ300人
        アメリカ大統領フランクリンルーズベルトは共産党強者支配(10章ユダヤ民族)、政権内にアメリカ人スパイ300人がいた。
      2. 国務省は共産党強者支配の巣窟
        国務省は共産党強者支配の巣窟であった。
      3. モーゲンソー(ユダヤ人)…イツ工業破壊し農業国にする
        財務省長官ヘンリーモーゲンソ(ユダヤ人)はドイツ工業破壊し農業国にするとした(モーゲンソープラン)。
      4. ホワイト(ユダヤ人)…ニューディール政策策定・ハルノート原案書く・IMF設定策定
        財務省ハリーデキスターホワイト(ユダヤ人)はモーゲンソープラン策定、ニューディール政策策定しハルノートの原案を書いた。IMF設定も策定した。
      5. ヒス…ヤルタ会談設定・国際連合設定策定
        国防省アルジャーヒスはヤルタ会談を設定した(ソ連に亡命)。国際連合設定も策定した。
    3. アメリカ…共産党強者支配主義多数←大恐慌
      当時はアメリカにも多数の共産党強者支配主義がいた(1929大恐慌で、資本主義の時代終わり共産主義の時代になる、ソ連関係政治集団→太平洋問題調査研究会)。
    4. 1943テヘラン会談・1945ヤルタ会談設定
      ソ連人スパイとアメリカ人スパイはアメリカ、イギリス、ソ連の1943テヘラン会談、1945ヤルタ会談を設定した(アメリカルーズベルト大統領、イギリスチャーチル首相、ソビエトスターリン議長)。
  2. アメリカに日本と戦争させる←アジア国家国土取り込み共産化・日本が障害
    1. アメリカに日本と戦争させる←アジア国家国土取り込み共産化・日本が障害
      ソ連人スパイとアメリカ人スパイがアジア国家国土取り込み共産化のためアメリカに日本と戦争させた(日米開戦誘導、アメリカを使って日本をたたく〈状況操作→相手国と他国を戦争させ自国との戦争を有利にする〉、漁夫の利)。日本がアジア取り込みの障害であったためである。
    2. アメリカ…対日本戦争賛成・対日本戦争反対の両論
      アメリカ国内では対日戦争反対(アジアの紛争はソ連がおこしている、フーバー大統領、アメリカ陸海軍)、対日戦争賛成(アジアの戦争は日本がおこしている、ルーズベルト大統領)の両論があった。
    3. アメリカ…ハルノート(状況対応合意不能条件)で日本に戦争させる
      アメリカはハルノート(状況対応合意不能な条件)で日本に戦争させた(8章本来状況対応優先・状況対応基準不遵守の戦争)。
  3. ヤルタ会談密約…ソ連参戦でソ連がアジア国家国土取り込み・生産役務優先の状況対応合意
    1. ヤルタ会談密約…ソ連参戦でソ連がアジア国家国土取り込み・生産役務優先の状況対応合意
      ソ連人スパイとアメリカ人スパイは1945ヤルタ会談(戦後国際秩序構想)密約(状況対応合意隠す)でソ連が対日本参戦、対ドイツ参戦すればアジアを国家国土取り込み、生産役務優先(権益)する秘密状況対応合意を成立させた(外モンゴル、樺太南部、千島列島、大連港権益、東支那鉄道・南満州鉄道を中ソ合同会社で運営、ルーズベルト大統領は事実隠す)。
    2. アメリカ連邦議会…批准×
      1952アメリカ議会はヤルタ会談密約を批准しなかった(連邦議会の承認をえない条約は憲法違反)。
  4. 日本ドイツ降伏を遅らせる←日本ドイツ早期降伏したらアジア国家国土取り込み生産役務優先×
    1. 日本ドイツ降伏を遅らせる←日本ドイツ早期降伏したらアジア国家国土取り込み生産役務優先×
      ソ連人スパイとアメリカ人スパイは日本、ドイツが早期降伏したらアジア対日本、ドイツ参戦できず国家国土取り込み、生産役務優先できないから日本、ドイツの降伏を遅らせた(早期戦争中止させない)。
    2. 無条件降伏しか認めない←日本ドイツ降伏遅らせる
      アメリカに対日本、ドイツに対し無条件降伏(戦争勝利国に無制限な自由を認めた降伏、戦争敗退国を強国支配・国家長官僚軍隊を犯罪者として処罰・講和交渉しない)しか認めないとさせた(アメリカ各省庁は無条件降伏までは考えていなかった→ドイツは脱ナチスで国際社会に復帰させる)。
  5. 日本ドイツ降伏前にソ連参戦→ソ連アジア国家国土取り込み・生産役務優先できる
    1945ソ連は日本ドイツ降伏前に参戦しソ連アジア国家国土取り込み、生産役務優先をできることになった(アメリカ軍ソ連参戦反対←日本は敗退必至)。
  6. 日本戦争敗退→アジア共産化(中国・北朝鮮・モンゴル・ベトナム・カンボジア・ラオス)
    日本戦争敗退でアジアが共産化した(中国、北朝鮮、モンゴル、ベトナム、カンボジア、ラオス)。インドネシアもソ連、共産中国が共産化しようとした(1960年代)。
  7. アメリカ…1995ソ連暗号文公開→事実判明
    1995アメリカがソ連暗号文(アメリカ国家安全保障局〈NSA〉傍受・ヴェノバ文書)を公開し事実が判明した(2005アメリカブッシュ大統領ヤルタ会談批判)。
第2 自国状況対応優先…情報取り込み+対日参戦やめ対独参戦
ソ連スパイのドイツ人ゾルゲ、ソ連スパイの日本人尾崎秀実が日本南進(石油確保)の情報を取り込みソ連は対日参戦やめ対独参戦した(ソ連極東軍を投入)。

共産中国

第1 自国状況対応優先…アメリカ滞在亡命自国民を離間させる
共産中国アメリカ滞在スパイがアメリカ滞在自国民に対し自国状況対応優先する(亡命中国人の民主化集団に対しスパイを入り込ませ離間〈対内対立争い設定〉させた)。
第2 自国状況対応優先…スパイ?鴻海精密工業郭体銘を総統にし台湾取り込もうとした?
共産中国スパイ?鴻海精密工業郭体銘(両親中国山西省出身国民党員、中国で生産役務集団、共産中国資金で企業買収?)を総統にし台湾を取り込もうとした?(2019総統立候補)。

日本

第1 自国状況対応優先…日露戦争でロシア革命状況対応分担し日露戦争勝利
日露戦争で対ロシア諜報・謀略工作員明石元二郎大佐はが革命勢力の状況対応分担(資金支援)し、ロシア軍を極東に増援できないようにし日露戦争勝利に貢献した。
第2 自国状況対応優先…インドを国家国土取り込み解消(独立)させる
  1. 自国状況対応優先…インドを国家国土取り込み解消(独立)させる
    第2次大戦で日本工作員がアジア各国を国家国土取り込み解消(独立)させた。
  2. 藤原岩市特務機関長…インド独立のためインド国民軍創設状況対応分担(支援)
    藤原岩市特務機関長はインド独立のためインド国民軍創設を状況対応分担(支援した。
第3 自国状況対応優先…満州国・モンゴル国・チベット・ウイグルで中国包囲網設定めざす
日中戦争で関東軍は満州国、モンゴル国、チベット、ウイグルで中国包囲網設定めざし工作員を派遣した。

7節2 過去のことを対立争う…歴史問題

(国家同士)

第1 過去のことを対立争う…歴史問題
過去のことを対立争う(歴史問題)。
第2 事実に反する状況対応(だまし)
  1. 事実に反する状況対応(だまし)
    事実に反する状況対応(だまし)をする。
  2. 事実に反する過去状況解明
    1. 事実に反する過去状況解明
      事実に反する状況対応(だまし)から事実に反する過去状況解明をする。
    2. 事実隠す・事実曲げる・原因曲げる・事実作る・言いくるめる
      事実を隠す(隠蔽)。事実を曲げる(偽装)。原因を曲げる(歪曲)。事実を作る(捏造)。言いくるめる(詭弁)。
  3. 事実に反する過去状況解明をもとに対立争う
    事実に反する過去状況解明をもとに対立争う。

7節3 過去のことを対立争う…歴史問題
(国家同士・個人対立争い型)…朝鮮韓国(対日本)

過去のことを対立争う

第1 過去のことを対立争う…歴史問題
  1. 過去のことを対立争う…歴史問題
    過去のことも対立争う(歴史問題)。
  2. 過去のことを対立争う←日本悪状況対応絶対化
    日本悪状況対応絶対化から過去のことを対立争う。
  3. 現在の価値観に立って過去の歴史を全否定する…歴史を真っすぐに立てる
    現在の価値観に立って過去の歴史を全否定する(歴史を真っすぐに立てる)。
第2 対立争いの程度が強い←日本悪状況対応絶対化
日本悪状況対応絶対化(3章絶対化)から対立争いの程度が強い(病的)。

事実に反する過去状況解明

第1 事実に反する状況解明
  1. 事実に反する状況解明?碩碩碩
    事実に反する状況解明をする。
  2. 新たに事実に反する状況解明…次々と作り出す
    新たに事実に反する状況解明をする(次々と作り出す)。
  3. 国家併合・従軍慰安婦・強制連行(徴用工)・半島分断責任・日帝36年7奪
    国家併合、従軍慰安婦、強制連行(徴用工)、半島分断責任、日帝36年7奪をかかげる。
  4. 従軍慰安婦
    1. 呉善花…従軍慰安婦の話は聞いたことがなかった
      呉善花は従軍慰安婦の話は聞いたことがなかったする。
    2. 日韓請求権協定でも問題にならない
      1965日韓請求権協定でも問題にならなかった。
  5. 強制連行(徴用工)
    1. 朝鮮総連が事実作る(捏造)「朝鮮人強制連行の記録」出版してから
      1. 朝鮮総連が事実作る(捏造)「朝鮮人強制連行の記録」出版してから
        朝鮮総連が1965朝鮮総連が事実を作る(捏造)「朝鮮人強制連行の記録」を出版してからである。
      2. 朝鮮中高退学教員朴慶植教員作成
        朝鮮中高退学教員朴慶植教員が作成作成したものである。
    2. 北朝鮮…韓国に日韓国交正常化させないため
      北朝鮮が韓国に日韓国交正常化させないためであった。
  6. 崔碩栄…自分が中高校生時代には従軍慰安婦も竹島(独島)取り込みもない
    崔碩栄(1972生)は自分が中高校生時代には従軍慰安婦も竹島(独島)取り込みもなかったとする。

事実に反する過去状況解明…国家併合

第1 国家併合
  1. 事実作る(捏造)…国家合併を国家併合(国家国土取り込み)とする
    1. 事実作る(捏造)…国家合併を国家併合(国家国土取り込み)とする
      1910国家合併を国家併合とする(併合→植民地支配・不法な侵略・日本統治は悪)。
    2. 真実…朝鮮合併は状況対応合意(条約)・朝鮮希望(合邦派多数)
      1. 真実…朝鮮合併は状況対応合意(条約)・朝鮮希望(合邦派多数)
        朝鮮合併は状況対応合意(条約)でした。朝鮮が希望した(合邦派多数)。
      2. 日本…合併反対→伊藤博文暗殺で合併派優位
        日本は合併反対であったが伊藤博文暗殺で合併派が優位になった。
  2. 事実隠す…有史以来初めて独立を失った(国家国土取り込み)とする
    1. 事実隠す…有史以来初めて独立を失った(国家国土取り込み)とする
      有史以来初めて独立を失った(国家国土取り込み)とする。
    2. 真実…過去に何度も国家国土取り込み・強国支配を受けている
      過去に何度も国家国土取り込み・強国支配受けている(漢、唐、遼〈金・女真族〉、元、明、清の強国支配)。
    3. 真実…清から独立→日清戦争後の下関条約に明記
      独立を失ったのではなく清から独立したのである(日清戦争後の下関条約に清から朝鮮独立が明記)。

事実に反する過去状況解明…従軍慰安婦

第1 従軍慰安婦…女を取り込み売春させる
  1. 事実作る(捏造)
    従軍慰安婦(女を取り込み〈誘拐〉売春させる)は存在しない。
  2. 挺身隊問題対策協議会…従軍慰安婦をかかげる
    1. 挺身隊問題対策協議会…従軍慰安婦をかかげる
      1990挺身隊問題対策協議会が設定され従軍慰安婦をかかげた。
    2. 挺身隊と従軍慰安婦は無関係…挺身隊は日本国内で朝鮮は無施行
      挺身隊と従軍慰安婦は無関係である。挺身隊は日本国内で朝鮮は無施行であった。
    3. 理事長尹美香…国庫補助金・寄付金・募金横領
      理事長尹美香は国庫補助金、寄付金、募金を横領した。
  3. 従軍慰安婦と名乗る者が出る
    1. 従軍慰安婦と名乗る者が出る
      1991従軍慰安婦と名乗る者が出た。
    2. 李容洙…慰安婦ではない→韓国人記者が証言と史実が合わないとする
      李容洙は慰安婦ではない(韓国人記者が証言と史実が合わないとした)。
  4. 従軍慰安婦像…米軍車両にひかれて死亡した女子中学生の像流用→粗雑
    1. 従軍慰安婦像…米軍車両にひかれて死亡した女子中学生の像流用→粗雑
      従軍慰安婦像は米軍車両にひかれて死亡した女子中学生の像を流用したものである(粗雑)。
    2. 米軍基地の前に置こうとしたがどやされて置けなかった
      米軍基地の前に置こうとしたがどやされて置けなかったものである(椅子が二つある)。
第2 真実…職業売春婦同行
  1. 真実…職業売春婦同行
    真実は職業売春婦を同行させたものである(追軍売春婦、売春は当時合法)。
  2. 女取り込みは取り込みは存在しない
    1. 女取り込みは取り込みは存在しない
      女取り込みは取り込みは存在しない。
    2. 軍隊駐屯地には売春婦集まる・朝鮮人でないと朝鮮人売春婦集められない
      軍隊駐屯地には売春婦集まった。朝鮮人でないと朝鮮人売春婦集められなかった。
    3. 親が子を売春業者に売る
      親が子を売春業者に売ることもあった。
    4. 慰安婦募集の新聞広告
      慰安婦募集の新聞広告があった。
  3. 日本軍…強姦禁止
    日本軍は強姦禁止であった。
  4. 日本軍…性病予防
    日本軍は性病予防した。
  5. 高収入…日本兵士の20倍←危険
    1. 高収入…日本兵士の20倍←危険
      危険だから高収入で日本兵士の20倍であった。
    2. 家業を盛り立て事業をおこした者もいる
      家業を盛り立て事業をおこした者もいた(大邱の文玉珠)。
    3. 家族に送金・家を建築・借金返済
      家族に送金した者、家を建築した者、借金返済した者もいた。
  6. 同行朝鮮人売春業者も高収益
    危険だから売春業者も高収益を取得した(ラングーン、シンガポール)。
第3 真実…多くは日本人売春婦
多くは日本人売春婦であった(日本人売春婦40%、現地売春婦30%、朝鮮人売春婦10%)。
第4 事実曲げる(偽装)…慰安婦が年3600人を20万人下らない
事実を曲げる(偽装)。慰安婦が年3600人を20万人下らないとした。
第5 第言いくるめる…朝鮮は売春制度があり売春大国であるにもかかわらず問題とする
  1. 言いくるめる…朝鮮は売春制度があり売春大国であるにもかかわらず問題とする
    言いくるめる(詭弁)。朝鮮は古くから売春制度があり売春大国であるにもかかわらず(7章制度政策・売春制度)問題とする。
  2. 売春制度は李氏朝鮮からで1937から1945だけ切り取って日本軍の戦争犯罪としている
    売春制度は李氏朝鮮からであり1937から1945だけ切り取って日本軍の戦争犯罪としている(李栄薫編「反日種族主義」)。
第6 比較…朝鮮総督府が売春制度改革→西欧諸国の公娼制度を取り入れ
  1. 比較…朝鮮総督府が売春制度改革→西欧諸国の公娼制度を取り入れ
    1916朝鮮総督府が売春制度を改革した。西欧諸国の公娼制度を取り入れた。
  2. 登録制・性病検診義務・営業区域集中・不当な契約条件や待遇改善
    登録制、性病検診義務、営業区域集中、不当な契約条件や待遇改善をした。
  3. 国家合併終了後…私娼制度制度復活→人工中絶・性病感染率上がる
    日本との国家合併終了後、公娼制度が終了し私娼制度が復活した。人工中絶が上がった(サックせず)、性病感染率が上がった(5%から26%、李栄薫編「反日種族主義」)。
第7 比較…駐韓米軍のため慰安婦
  1. 比較…駐韓米軍のため慰安婦
    駐韓米軍のため慰安婦の比較でもわかる。
  2. 韓国政府設置管理
    韓国政府が設置管理した。
  3. 韓国人が女を取り込み・麻薬漬け・監視・警察が逃亡逮捕
    韓国人が事実に反する状況対応(だまし)で女を取り込み、麻薬漬け、監視、警察が逃亡逮捕した。
  4. 裁判所…李承晩・朴正煕・全斗煥大統領がアメリカ軍つなぎ止め・ドル稼ぎと判決
    裁判所は李承晩・朴正煕・全斗煥大統領がアメリカ軍つなぎ止め・ドル稼ぎと判決した。
第8 言いくるめる(詭弁)…ナチスドイツのユダヤ人ホローコーストと同じ
  1. 言いくるめる(詭弁)…ナチスドイツのユダヤ人ホローコーストと同じ
    1. 言いくるめる(詭弁)…ナチスドイツのユダヤ人ホローコーストと同じ
      従軍慰安婦はナチスドイツのユダヤ人へのホローコーストと同じと言いくるめる。
    2. ユダヤ人団体は不満…ユダヤ人虐殺の人類的な意義を貶める極めて非国際的かつ悪質
      ユダヤ人団体は不満である(ユダヤ人虐殺を日本が行ったことと同じとするのはユダヤ人虐殺の人類的な意義を貶める極めて非国際的かつ悪質な論議だ)。
  2. 言いくるめる(詭弁)…日本は賠償していない
    1. 言いくるめる(詭弁)…日本は賠償していない
      日本は賠償していないと言いくるめる。
    2. 日韓条約で韓国は国民の請求権放棄
      日韓条約で韓国は国民の請求権放棄している。
    3. ドイツは賠償⇔ドイツは賠償ではなく個人補償・死亡者には保障せず
      ドイツは賠償したとする(⇔ドイツは賠償ではなく個人補償・死亡者には保障せず)。
第9 言いくるめる(詭弁)…民族の血統を陵辱した
民族の血統を陵辱した、汚したと言いくるめる。

事実に反する過去状況解明…強制連行

第1 強制連行(徴用工)
  1. 事実作る(捏造)
    強制連行(徴用工)は存在しない。
  2. 日本人労働者の写真を強制連行…監禁労働が検挙された際の日本人被害者写真
    日本人労働者の写真を強制連行とする(監禁労働が検挙された際の日本人被害者写真)。
  3. 在日朝鮮人文学芸術同盟が炭田に嘘の落書…故郷に帰りたい・おなかすいた・母さんに会いたい
    在日朝鮮人文学芸術同盟がロケ中に筑豊炭田朝鮮人寮廃墟に嘘の落書きをした(故郷に帰りたい・おなかすいた・お母さんに会いたい、ソウル独立記念館に展示)。
  4. 具然喆…所在したことがない軍艦島(端島)で徴用工の子として徴用工話を語る
    具然喆は所在したことがない軍艦島(端島)での徴用工の子として徴用工話を語る(日本人同級生は存在否定)。
第2 真実…日中戦争開始後の国家総動員法・国民徴用令で朝鮮韓国人は対象となっていない
  1. 真実…日中戦争開始後の国家総動員法・国民徴用令で朝鮮韓国人は対象となっていない
    日中戦争開始後の国家総動員法、国民徴用令は日本人が対象で朝鮮韓国人は対象となっていない。
  2. 徴用は第2次大戦の末期だけ
    徴用は第2次大戦の末期だけである(1944年9月〜1945年4月)。
  3. 徴用された者も逃亡し労働条件の良いところに転職
    徴用された者も逃亡し労働条件の良いところに転職した。
第3 真実…高収入求め日本に移動し生産役務(労働)
  1. 真実…高収入求め日本に移動し生産役務(労働)
    高収入求めて日本に移動し生産役務(労働)したものである。
  2. 賃金…成果給・日本人と同じ
    賃金は成果給で日本人と同じであった。
  3. 高収入・自由
    高収入であった(家族養える)。自由であった。
第4 真実…朝鮮韓国人の日本移動制限→日本語話せ前科のない者
  1. 真実…朝鮮韓国人の日本移動制限→日本語話せ前科のない者
    朝鮮韓国人の日本移動も希望者から日本語が話せ前科のない者のみに制限された。
  2. 希望者多数で制限された…朝鮮人移動制限と抗議
    希望者多数で制限された(朝鮮人は移動制限と抗議、日制限撤廃市民集会を開いた)。
  3. 密航
    移動制限のため密航する者も多かった。
第5 真実…炭鉱労働者→高収入求め日本に移動し生産役務(労働)
  1. 真実…炭鉱労働者→高収入求め日本に移動し生産役務(労働)
    炭鉱労働者も高収入求めて日本に移動し生産役務(労働)したものである。
  2. 賃金…成果給・日本人と同じ
    賃金は成果給で日本人と同じであった。
  3. 高収入
    1. 高収入
      高収入であった。
    2. 紡績工の5.2倍・教師の4.6倍・会社員の3.5倍
      危険だから紡績工の5.2倍、教師の4.6倍、会社員の3.5倍であった。
  4. 日本人と同じ所で同じ作業
    日本人と同じ所で同じ作業をした。
  5. 炭鉱作業の機械化→危険性低下
    炭鉱作業はすでに機械化されていた。危険性は低くなっていた。
  6. 賃金強制貯蓄…インフレ防止・他の参戦国も同じ・日本人と同じ・契約期間満了で引き出し
    賃金強制貯蓄はインフレ防止のためであった(他の参戦国も同じことをした)。日本人労働者と同じであった。契約期間満了で引き出している。

事実に反する過去状況解明…強制動員

第1 強制動員(兵隊)
  1. 事実作る(捏造)
    強制動員(兵隊)は存在しない。
第2 真実…朝鮮人特別志願兵制
  1. 真実…朝鮮人陸軍特別志願兵制
    1938朝鮮人陸軍特別志願兵制を実施した。
  2. 競争率49倍…両班出身者ではなく常民出身で上昇志向が強い者
    競争率は49倍であった。両班出身者ではなく常民出身で上昇志向が強い者たちであった。
  3. 真実…朝鮮人海軍特別志願兵制
    1943朝鮮人海軍特別志願兵制を実施した。
  4. 徴兵は第2次大戦の末期だけ
    徴兵は第2次大戦の末期だけである。
  5. 朝鮮人には兵役義務なし
    朝鮮人には兵役義務はなかった。
  6. 日本国家合併終了後…韓国軍将校
    日本国家合併終了後は韓国軍将校となった。

事実に反する過去状況解明…創氏改名

第1 創始改名…事実作る(捏造)
創氏改名は朝鮮人が満州で中国人に卑下されるため朝鮮人が希望したからである。日本名を名乗らないのも自由であった(名乗らぬ国会議員・軍人あり)。

事実に反する過去状況解明…日本語強制

第1 日本語強制…事実作る(捏造)
日本語強制、朝鮮語禁止はしていない。
第2 真実…日本語普及率20%
日本語普及率は20%であった。

事実に反する過去状況解明…半島分断責任

第1 半島分断責任
半島分断責任は存在しない。
第2 真実…朝鮮戦争・北朝鮮と韓国設定に日本は一切関与していない
朝鮮戦争、北朝鮮と韓国設定に日本は一切関与していない。

事実に反する過去状況解明…国土取り込み

第1 国土取り込み
  1. 事実作る(捏造)
    国土を取り込みは存在しない。
  2. 土地調査事業で取り込み…国土の40%を朝鮮総督府の所有地として収奪
    1. 土地調査事業で取り込み…国土の40%を朝鮮総督府の所有地として収奪
      土地調査事業で国土の40%を朝鮮総督府の所有地として収奪したとする。
    2. 趙廷来の大河小説「アリラン」…農民が判押さない地主総代に重傷負わせる→駐在所長が射殺
      土地調査事業で農民が土地申告し判押さない地主総代の脳をつき重傷を負わせたところ駐在所長が警察令により射殺したとする。
    3. 日本国家合併終了後…土地返還要求した者は一人もいない
      日本国家合併終了後に土地返還要求した者は一人もいない。
    4. 真実…隠し田確認で土地大幅増
      隠し田確認で土地大幅増した(調査員は匪賊のため拳銃所持)。
  3. 竹島取り込み
    竹島(独島)を取り込んだとする。
  4. 竹島…日本固有領土・韓国が取り込み
    竹島は日本固有領土で取り込みは存在しない。韓国が取り込みしたものである。

事実に反する過去状況解明…国土傷つける

第1 国土傷つける
  1. 事実作る(捏造)
    1. 事実作る(捏造)
      国土を傷つけたは存在しない。
    2. 風水犯す
      風水犯したとする(気信仰、3章宗教状況対応)。
    3. 土地気脈を傷つける…土地気脈論→国土を身体とする
      土地気脈を傷つけたとする(土地気脈論、国土を身体とする。
    4. 国土調査三角点が墓の風水犯す
      1. 国土調査三角点が墓の風水犯す
        国土調査三角点が墓の風水犯すとする。
      2. 金泳三大統領…鉄杭除去作業
        金泳三大統領が鉄杭除去作業を行った。
      3. 真実…国土調査で三角点を設置
        国土調査で三角点を設置したものであった。
    5. 墓地の下に鉄道トンネル設置は墓の風水犯す
      墓地の下に鉄道トンネル設置は墓の風水犯すとした。
    6. ソウル大通り設置が風水を犯す
      ソウル大通り設置が風水を犯すとした。

事実に反する過去状況解明…米取り込み

第1 米を取り込み
  1. 事実作る(捏造)
    米を取り込みしたことはない。
  2. 米取り込み…韓国教科書
    米取り込みしたとする(韓国教科書)。
  3. 真実…米を日本に輸出しただけ→米は重要な輸出品
    1. 真実…米を日本に輸出しただけ
      日本国家合併後米の生産量が倍増し日本に輸出しただけである(朝鮮総督府・朝鮮貿易年表)。
    2. 真実…米は重要な輸出品
      米は重要な輸出品であった。

事実に反する過去状況解明…生産役務状況対応縮小させる

第1 生産役務状況対応縮小(経済崩壊)させる
  1. 事実作る(捏造)
    朝鮮の生産役務状況対応を縮小(経済崩壊)させたことはない。
  2. 土地取り込み・米取り込みで生産役務状況対応縮小(経済崩壊)…韓国教科書
    土地取り込み・米取り込みで生産役務状況対応縮小(経済崩壊)とする(韓国教科書)。
第2 真実…日本は朝鮮の生産役務状況対応拡大(経済成長)
  1. 真実…日本は朝鮮の生産役務状況対応拡大(経済成長)
    日本国家合併後朝鮮の生産役務状況対応は拡大(経済成長)した(8章集団状況対応が国家間に拡大・他国の状況対応力養成)。
  2. 鉱工業・建設土木業・役務業が拡大
    鉱工業、建設土木業、役務業(サービス業)が拡大した。

事実に反する過去状況解明…日帝36年7奪

第1 日帝36年7奪
  1. 事実作る(捏造)…日帝36年7奪は存在しない
    1. 事実作る(捏造)…日帝36年7奪は存在しない
      事実作る(捏造)。
    2. 日帝36年7奪は存在しない
      日帝36年7奪(日本が朝鮮の国王、主権、土地、資源、国語、人命、生命を奪った)は存在しない。
  2. 国王奪った⇔朝鮮国王存続させ高宗の子に日本皇族を嫁がせた
    国王奪ったことはない。朝鮮国王存続させ高宗の子に日本皇族を嫁がせた。
  3. 主権奪ったことはない⇔中国の朝鮮強国支配やめさせる・朝鮮の申し出による国家合併
    主権奪ったことはない。中国の朝鮮強国支配やめさせ、朝鮮の申し出による国家合併であった。
  4. 土地奪った⇔収用していない
    土地奪ったことはない。収用していない。
  5. 資源奪った⇔収用していない
    資源奪ったことはない。収用していない。
  6. 国語奪った⇔日本語強制していない
    国語奪ったことはない。日本語強制していない。
  7. 人命・生命奪った⇔奪っていない
    1. 事実作る(捏造)
      1. 事実作る(捏造)
        事実を作る(捏造)。
      2. 趙廷来の大河小説「アリラン」…対米軍事基地化工場現場で朝鮮人労働者を皆殺し
        千島列島で対米軍事基地化工場現場で朝鮮人労働者を空襲警報ならし閉じ込め手榴弾、機関銃射撃で皆殺ししたとする。
      3. 人命・生命を奪ったことはない
        人命・生命を奪ったことはない。
    2. 奴隷解放
      それどころか奴隷を解放した。

事実に反する過去状況解明…その他

第1 数十万人が虐殺・数十億円略奪…事実作る(捏造)
日帝36年で数十万人虐殺、数十億円略奪されたとするされたとする(事実作る〈捏造〉)。
第2 東学党の乱で農耕民が官軍や日本軍と交戦し数十万人が死亡…事実捏造
  1. 東学党の乱で農耕民が官軍や日本軍と交戦し数十万人が死亡…事実捏造
    東学党の乱で農耕民が官軍や日本軍と交戦し数十万人が死亡とする。
  2. 真実…東学党の乱は日本軍が上陸する前に清軍が平定
    東学党の乱は日本軍が上陸する前に清軍が平定した。
第3 日韓50年戦争…事実作る(捏造)
日韓50年戦争があったとする(日清戦争から第2次大戦で日本敗退まで50年間、日韓戦争は存在しない)。
第4 日韓同祖論で朝鮮国家国土取り込み
  1. 日韓同祖論で朝鮮国家国土取り込み
    日韓同祖論で朝鮮国家国土取り込みしたとする。
  2. 真実…朝鮮韓国が日本と積極国家合併で日本の民族状況対応するためかかげた理論
    日韓同祖論は朝鮮韓国が日本と積極国家合併で日本の民族状況対応するためかかげた理論である(6章強民族支配・弱国の民族状況対応)。
第5 朝鮮韓国は独立運動で独立(国家合併終了)…事実作る(捏造)
  1. 朝鮮韓国は独立運動で独立(国家合併終了)…事実作る(捏造)
    朝鮮韓国は独立運動で独立(国家合併終了)したとする(事実作る〈捏造〉)。
  2. 真実…日本第2次大戦敗退で独立(国家合併終了)
    日本第2次大戦敗退で独立(国家合併終了)したものである。
第6 日本は国家国土取り込みで世界国家設定をめざし朝鮮を国家国土取り込み…事実作る(捏造)
  1. 日本は国家国土取り込みで世界国家設定をめざし朝鮮を国家国土取り込み…事実作る(捏造)
    日本は国家国土取り込みで世界国家設定をめざし(世界征服)朝鮮を国家国土取り込み(日韓併合)したとする(事実作る〈捏造〉)。
  2. ナチスと同じ
    ドイツナチスと同じとする(⇔ナチスは世界国家設定をめざしていない)。

自国の過去状況解明を対立相手国にさせる…歴史認識

第1 自国の過去状況解明を対立相手国にさせる…歴史認識
  1. 自国の過去状況解明を対立相手国にさせる…歴史認識
    韓国は自国の過去状況解明を日本にさせる(日本に正しい歴史認識させる)。
第2 事実に反する過去状況解明させる
  1. 事実に反する過去状況解明させる
    事実に反する過去状況解明を日本にさせる。
  2. 韓国…事実に反することを「正しい歴史認識」と日本に押しつけ・日本の歴史認識を改めさせる
    韓国は事実に反することを「正しい歴史認識」と日本に押しつける。日本の歴史認識を改めさせるとする。
第3 事実に反する状況対応(だまし)+過去状況解明させる…従軍慰安婦
  1. 事実に反する状況対応(だまし)+過去状況解明させる…従軍慰安婦
    事実に反する状況対応(だまし)でさせる。
  2. 韓国…従軍慰安婦認めれば二度と持ち出さないと河野外務大臣に慰安婦問題あると談話させる
    1. 韓国…従軍慰安婦認めれば二度と持ち出さないと河野外務大臣に慰安婦問題あると談話させる
      (韓国は従軍慰安婦の存在を認めれば二度と持ち出さないという空約束で河野洋平外務大臣に慰安婦問題があると談話を発表させた。
    2. 事実に反する状況対応(だまし)を成功させた自国はいかに頭がよいか自慢
      事実に反する状況対応(だまし)を成功させた自国はいかに頭がよいか自慢する(だまし討ち、裏切り)。
  3. 韓国…日韓最終不可逆状況対応合意で反合意状況対応→従軍慰安婦認めさようとする
    1. 韓国…日韓最終不可逆状況対応合意で反合意状況対応
      韓国は1915日韓韓国従軍慰安婦最終不可逆状況対応合意をしたが反合意状況対応をする。
    2. 国民情緒が許さないと謝罪追加要求で従軍慰安婦を認めさせようとしている
      国民情緒が許さないと謝罪追加要求で従軍慰安婦を認めさせようとしている。
    3. 慰安婦像増加し従軍慰安婦を認めさせようとしている
      慰安婦像増加し従軍慰安婦を認めさせようとしている。
第4 事実に反する状況対応(だまし)+過去状況解明させる…強制連行(徴用工)
  1. 事実に反する状況対応(だまし)+過去状況解明させる…強制連行(徴用工)
    事実に反する状況対応(だまし)でさせる。
  2. 日本…日本の世界遺産登録同意しユネスコ登録委員会で反対→強制連行(徴用工)を認めさせる
    1. 日本…日本の世界遺産登録同意しユネスコ登録委員会で反対→強制連行(徴用工)を認めさせる
      韓国は日本の明治維新産業革命施設世界遺産登録に同意しながらユネスコ登録委員会で反対し強制連行(徴用工)を認めさせた。
    2. 慰安婦像に追加し強制連行者像を設置
      慰安婦像に追加し強制連行者像を設置した。

対立相手国に悪状況対応(反省)・悪情報流し(謝罪)させる

第1 対立相手国に悪状況対応(反省)・悪情報流し(謝罪)させる
対立相手国に悪状況対応(反省)、悪情報流し(謝罪)させる。
第2 戦死者感謝施設(靖国神社)悪とさせる
  1. 戦死者感謝施設(靖国神社)悪とさせる
    戦死者感謝施設(靖国神社)悪とさせる。
  2. 戦死者感謝施設(靖国神社)参拝をさせない
    戦死者感謝施設(靖国神社)参拝をさせない。

提携状況対応

第1 中国と対立争い提携状況対応する
  1. 中国と対立争い提携状況対応する
    中国と対立争い提携状況対応する。
  2. 韓国文在寅大統領…共産中国訪問で南京大虐殺を「中国人が経験したつらい事件に同質感」
    韓国文在寅大統領は共産中国訪問で南京大虐殺について「中国人が経験したつらい事件に同質感」と述べた。
第2 日本悪絶対化日本人と提携
  1. 日本悪絶対化日本人と提携
    日本悪絶対化日本人(反日日本人)と提携する。
  2. 朝日新聞と提携…従軍慰安婦報道
    朝日新聞と提携する。従軍慰安婦報道がある(11章マスコミ)。

韓国人学者…事実に反する過去状況解明と指摘

第1 韓国人学者…事実に反する過去状況(歴史)解明と指摘
  1. 韓国人学者…事実に反する過去状況(歴史)解明と指摘
    韓国人学者が事実に反する過去状況(歴史)解明と指摘する。
  2. 李栄薫編「反日種族主義」・池萬元「反日への最後通告」
    李栄薫編「反日種族主義」、池萬元「反日への最後通告」がある。

日韓請求権協定

第1 日韓請求権協定
  1. 連合国と日本の平和条約(サンフランシスコ条約)…日韓両国間の財産・請求権を特別調整する
    1. 連合国と日本の平和条約(サンフランシスコ条約)…日韓両国間の財産・請求権を特別調整する
      1951連合国と日本の平和条約(サンフランシスコ条約)では日韓両国間の財産・請求権を特別調整するとした。
    2. アメリカ軍が韓国内の日本人財産を没収
      アメリカ軍が韓国内の日本人財産を没収するとした。
    3. 連合国は日本に対する賠償金放棄
      連合国は日本に対する賠償金を放棄するとした。
  2. アメリカ軍…韓国滞在日本人の個人取得成果(財産)・生産役務集団接収し韓国人に取得させる
    1. アメリカ軍…韓国滞在日本人の個人取得成果(財産)・生産役務集団接収し韓国人に取得させる
      アメリカ軍は韓国滞在日本人の個人取得成果(財産)、生産役務集団を接収し韓国人に取得させた。
    2. 韓国…多大な日本人財産・生産役務集団を取得
      韓国は多大な日本人財産、生産役務集団を取得した。

7節4 過去のことを対立争う…歴史問題
(国家同士・個人対立争い型)…中国(対日本)

過去のことを対立争う

第1 中国…対日本
  1. 過去のことを対立争う…歴史問題
    過去のことも対立争う(歴史問題〈日本が悪い状況対応した)。
  2. 対立争いの程度が強い←日本悪状況対応絶対化×
    朝鮮韓国のように日本悪状況対応絶対化(3章絶対化)がないから対立争いの程度が弱い(打算的、計算ずく)。
  3. 国家国土取り込み・南京事件・石井細菌部隊・靖国参拝・三光作戦・万人坑
    国家国土取り込み(侵略)、南京事件、石井細菌部隊、靖国参拝、三光作戦(殺し尽くす・奪い尽くす・焼き尽くす)、万人坑などをかかげる。

事実に反する過去状況解明

第1 南京大量殺害(虐殺)
  1. 事実作る(捏造)
    1. 事実作る(捏造)
      南京事件(皆殺)は存在しない。
    2. 石平…1980年代半ばまで南京大虐殺聞いたことがない
      石平は1980年代半ばまで南京大虐殺聞いたことがないとする。
    3. 南京占領日本司令官・参戦兵士が否定…場内無人
      南京占領日本司令官、参戦兵士が否定している(場内無人)。
    4. 日本軍入城ですぐ商業再開・南京人口増加
      日本軍入城ですぐ商業再開した。南京人口は増加した。
    5. 多数の従軍記者や在住他国人目撃なし
      多数の従軍記者や在住他国人の目撃がない。
    6. 蒋介石…国際連盟抗議の蒋介石の抗議なし・蒋介石の他国人記者会見(多数回)で発言なし
      すぐ国際連盟抗議の蒋介石の抗議もなかった。蒋介石の他国人記者会見(多数回)で発言がなかった。
    7. 国民党党史館の書籍にも記載なし
      国民党党史館の書籍にも記載がない。
    8. 毛沢東…発言なし
      毛沢東も発言がなかった。
    9. 大量殺害〈虐殺〉証言のラーベ…蒋介石に武器納入業者
      大量殺害〈虐殺〉証言のラーベは蒋介石に武器納入業者であった。
    10. 大量殺害〈虐殺〉証言はアメリカ人宣教師大学教授
      大量殺害〈虐殺〉証言はアメリカ人宣教師大学教授であった(アメリカは日本と戦争)。
    11. 中国…南京大量殺害〈虐殺〉証拠として他事件の写真提出(捏造写真)
      中国は南京大量殺害〈虐殺〉証拠として他事件の写真提出した(捏造写真)。
  2. 真実…太平天国(南京首都)終了のときの大量殺害遺骨
    太平天国〈南京首都〉終了・崩壊時(清末)に大量殺害(虐殺)のときの遺骨残存である(南京廃墟・満州人の町は瓦礫の山・5万人が南に住むのみ)。
  3. 真実…死体は蒋介石軍督戦隊が射殺した自軍兵士
    死体は蒋介石軍督戦隊が射殺した自軍兵士がある。
  4. 真実…死体は敗北退却中国兵が大量殺害(虐殺)した市民〈無給だから食べることもできない)
    死体は敗北退却中国兵が大量殺害(虐殺)した市民である(虐殺、無給だから食べることもできない)。
  5. 言いくるめる(詭弁)…ユダヤ人ホローコーストと同じ
    南京大量殺害(虐殺)はユダヤ人へのホローコーストと同じと言いくるめる。
第2 石井細菌部隊…事実曲げる(偽装)
  1. 石井細菌部隊…事実曲げる(偽装)
    石井細菌部隊は事実曲げる(偽装)状況対応である。
  2. 真実…戦死者より風土病伝染病死者が多いため設定→伝染病防疫・給水(生水×)・人体実験×
    石井細菌部隊は細菌兵器部隊ではない。戦死者より風土病伝染病死者が多いため設定した(伝染病の防疫、給水←生水×)。人体実験は存在しない。
第3 長沙大火…事実曲げる(偽装)
  1. 長沙大火…事実曲げる(偽装)
    長沙大火は事実曲げる(偽装)状況対応である。
  2. 真実…日本進軍阻止のため蒋介石がは長沙市を焦土
    長沙大火は日本軍によるものではない。日本進軍阻止のため蒋介石がは長沙市を焦土にしたものである(中国人20万人死亡)。
  3. 蒋介石…警備司令官を銃殺刑にし自己の命令であることを隠す
    蒋介石は警備司令官を銃殺刑にし自己の命令であることを隠した。
  4. 共産中国…日本軍がした
    共産中国は日本軍がしたとする。
第4 黄河決壊…事実曲げる(偽装)
  1. 黄河決壊…事実曲げる(偽装)
    黄河決壊は事実曲げる(偽装)状況対応である。
  2. 真実…日本進軍阻止のため蒋介石が黄河堤防を決壊させる
    黄河決壊は日本軍によるものではない。日本進軍阻止のため蒋介石が黄河堤防を決壊させたものである(中国人100万人死亡)。
第5 第田中上奏文…事実作る(捏造)
  1. 事実作る(捏造)…田中義一首相が世界征服の上奏文を天皇に提出したとする文書
    田中上奏文は偽造である(昭和初期に田中義一首相が世界征服の上奏文を天皇に提出したとする文書)。
  2. 真実…事実に反する記載が多く中国も偽造文書と確認→中国外交官王家禎が作成自認
    事実に反する記載が多く中国も偽造文書と確認した(中国外交官王家禎が作成自認)。

自国の過去状況解明を対立相手国にさせる…歴史認識

第1 自国の過去状況解明を他国にさせる…歴史認識
  1. 自国の過去状況解明を他国にさせる…歴史認識
    中国は自国の過去状況解明を日本にさせる(日本に正しい歴史認識させる)。
  2. 事実に反する過去状況解明させる
    1. 事実に反する過去状況解明を日本にさせる
      偽過去状況把握を日本にさせる(日本の歴史認識を改めさせる)。
    2. アイリスチャンに「ザレイプオブ南京」書かせる…アイリスチャンは謎の自殺
      在米中国人抗日戦争史実維護連合会がアイリスチャンに「ザレイプオブ南京」〈南京大量殺害捏造〉を書かせた(アイリスチャンはその後謎の自殺)。

対立相手国に悪状況対応(反省)・悪情報流し(謝罪)させる

第1 対立相手国に悪状況対応(反省)・悪情報流し(謝罪)させる
対立相手国に悪状況対応(反省)、悪情報流し(謝罪)させる。
第2 戦死者感謝施設(靖国神社)悪とさせる
  1. 戦死者感謝施設(靖国神社)悪とさせる
    戦死者感謝施設(靖国神社)悪とさせる。
  2. 戦死者感謝施設(靖国神社)参拝をさせない
    戦死者感謝施設(靖国神社)参拝をさせない。

提携状況対応

第1 日本悪絶対化日本人と提携
日本悪絶対化日本人(反日日本人)と提携する。

7節5 過去のことを対立争う…歴史問題

(国家同士・個人対立争い型)…朝鮮韓国(対中国)

第1 朝鮮韓国(対中国)
  1. 過去のことを対立争う…歴史問題(対中国)
    過去のことも対立争う(歴史問題、共産中国が悪い状況対応した)。
  2. 共産中国が朝鮮北部を国家国土取り込みした…延辺朝鮮自治州・昔の高句麗領
    中国が朝鮮北部を国家国土取り込みしたとする(延辺朝鮮自治州、昔の高句麗領)。
  3. 共産中国が朝鮮戦争介入
    共産中国が朝鮮戦争介入したとする。

事実に反する過去状況解明

第1 強国優先の個国同士関係設定(強国と弱国・冊封体制)
  1. 言いくるめる(詭弁)
    言いくるめる(詭弁)。
  2. 韓国人学者…貢物より回賜・恩賜が多く朝貢貿易という実益を狙った経済活動
    冊封体制を貢物より回賜・恩賜が多く朝貢貿易という実益を狙った経済活動とする(⇔清では回賜・恩賜は貢物の10文の1)。

7節6 過去のことを対立争う…歴史問題

(国家同士・個人対立争い型)…朝鮮韓国(対中国・日本)

第1 個人対立争い型…朝鮮韓国(対中国・日本)
  1. 過去のことを対立争う…歴史問題(対中国・日本)
    過去のことも対立争う(歴史問題、共産中国が悪い状況対応した)。
  2. 中国・日本は何百回も朝鮮韓国を国家国土取り込みした
    中国・日本は朝鮮韓国を何百回も国家国土取り込みした。

7節7 過去のことを対立争う…歴史問題
(国家同士・個人対立争い型)…中国(対欧米諸国)

(国家同士)

第1 個人対立争い型…中国(対欧米諸国)
  1. 過去のことを対立争う…歴史問題(対欧米諸国)
    過去のことも対立争う(歴史問題、欧米諸国が悪い状況対応した)。
  2. 欧米諸国が国家国土取り込み
    欧米諸国が中国を国家国土取り込み・強国支配した(侵略)。

7節8 過去のことを対立争う…歴史問題

(国家同士・宗教状況対応型)

第1 宗教状況対応型
  1. 過去のことを対立争う…歴史問題
    過去のことも対立争う(歴史問題)。
  2. ポーランド(対ソ連)…940ソ連のカチン森事件
    ポーランドは1940ソ連のカチン森事件を対立争う(ソ連抑留ポーランド軍将校2万2000人銃殺)。

7節9 過去のことを対立争う×…歴史問題

(国家同士・集団状況対応型)

第1 集団状況対応型…日本
  1. 過去のことを対立争う×…歴史問題
    過去のことを対立争はない。
  2. 過去のことを対立争うに反撃するべき
    1. 過去のことを対立争うに反撃するべき
      過去のことを対立争うに反撃するべきである。
    2. 従軍慰安婦捏造に反撃するべき…従軍慰安婦捏造を情報流し・国際連合論議
      従軍慰安婦捏造に反撃するべきである(従軍慰安婦捏造を情報流しする〈日本の名誉を守る〉・国際連合で論議するべき)。

(国家同士)
対立争いに勝利して成果取得の存続はかる

第1 対立争い状況対応の存続をはかる
  1. 対立争い状況対応の存続はかる
    対立争い状況対応の存続をはかる。
第2 対立争い状況対応を永続
対立争い状況対応を永続する。
第3 何度でも対立争う(再開・繰り返し・再燃)
  1. 何度でも対立争う(再開・繰り返し・再燃)
    何度でも対立争う(つぎはどう対立争うか考える)。
  2. 朝鮮韓国
    1. 日本が悪情報流し(謝罪)→何度でも対立争う
      1. 日本が悪情報流し(謝罪)→何度でも対立争う
        日本が歴史問題で悪情報流し(謝罪)すると朝鮮韓国は歴史問題を何度でも取り上げる(批判増す、外交カード)。
      2. 李明博大統領…天皇土下座謝罪要求
        李明博大統領は天皇土下座謝罪要求する。
      3. 韓国国会議長…天皇謝罪要求・平成天皇は戦争犯罪の主犯の息子
        韓国国会議長は天皇謝罪要求する。平成天皇は戦争犯罪の主犯の息子とする。
      4. 文在寅大統領…日本資金提供の慰安婦財団解散し日韓不可逆合意破棄
        文在寅大統領は日本資金提供の慰安婦財団解散し日韓不可逆合意を破棄した(3章韓国・日本悪絶対化)。
      5. 文在寅大統領…日本戦艦に旭日旗掲揚させない要求
        文在寅大統領政権は日本戦艦に旭日旗掲揚させないよう要求した。
    2. 戦死者感謝施設(靖国神社)参拝しない→何度でも対立争う
      中曽根首相が中国の靖国神社参拝中止要求に応じると靖国神社参拝中止要求続く。
    3. 強制連行(徴用工)・半島分断責任・日帝36年7奪を追加
      強制連行(徴用工)、半島分断責任、日帝36年7奪を追加する(文在寅大統領)。
  3. 中国
    1. 日本が謝罪→何度でも対立争う△(対立争いの程度弱い)
      日本が歴史問題で悪情報流し(謝罪)すると中国は歴史問題を何度でも取り上げる(批判増す)。
    2. 鄧小平…歴史問題が利用できるとは思っていなかった→天皇にもう過去のことです
      鄧小平は歴史問題が利用できるとは思っていなかった(・天皇にもう過去のことです)。
    3. 戦死者感謝施設(靖国神社)参拝しない要求応じる→何度でも対立争う
      中曽根首相が中国の靖国神社参拝中止要求に応じると靖国神社参拝中止要求続く。
第4 勝利したら次の対立争いでも勝利をめざす←何度でも対立争う(返り討ち)
勝利したら次の対立争いでも勝利めざす(返り討ち)。
第5 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)←何度でも対立争う
  1. 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)←何度でも対立争う
    敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐、報復、報仇)。
  2. 共産中国…欧米諸国・日本との戦争敗退に復讐(報仇)
    1. 共産中国…欧米諸国・日本との戦争敗退に復讐(報仇)
      共産中国は敗退したら次の対立争いで勝利めざす(報仇)。
    2. 屈辱晴らす
      屈辱の怨念・100年の屈辱晴らす、屈辱の歴史に終止符を打ち中国を飛躍させるとする。
    3. 屈辱の100年を晴らすためには力の論理しかない
      屈辱の100年を晴らすためには力の論理しかないとする(強くなればやられる・自分たちが弱かったときはいじめられた自分たちは頑張って強くなった強くなった今は自分たちのものであったものを取り戻さなければならない失ったものを取り戻すだけだから何も悪いことはない・力の論理に対する信奉)。
    4. 欧米諸国との戦争敗退に復讐
      1. 欧米諸国との戦争敗退に復讐
        共産中国は欧米諸国に戦争敗退したら次の対立争いで勝利めざす。
      2. 欧米露日支配は国恥・被害に報復・英仏独に敗れた屈辱晴らす・やり返す
        欧米露日支配は国恥、被害に報復する、英仏独に敗れた屈辱晴らす、やり返とする。
      3. 昔の中国は偉かったと復讐
        昔の中国は偉かったと復讐する。
      4. 帝国主義と戦う
        帝国主義と戦うとする。
    5. 日本との戦争敗退に復讐
      1. 日本との戦争敗退に復讐
        共産中国は日清戦争で日本に負けたしたら次の対立争いで勝利めざす。
      2. 屈辱を晴らそう…戦争して勝利しよう
        屈辱を晴らそう、戦争して勝利しようとする。
      3. 南京大量殺害〈虐殺〉に報復・日本は絶対許さない・核攻撃も辞さない
        南京大量殺害〈虐殺〉に報復するとする。日本は絶対許さない・核攻撃も辞さないとする。
    6. 共産中国習近平は復讐はかる
      1. 共産中国習近平は復讐はかる
        共産中国習近平は復讐はかる。
      2. 清が欧米列強に敗退・日清戦争で日本に敗退・日中戦争で日本に敗退→中国屈辱の100年史
        清が欧米列強に敗退、日清戦争で日本に敗退、日中戦争で日本に敗退した(中国屈辱の100年史)。
      3. 欧米諸国・日本に復讐はかる…中国に屈辱を与えたのは欧米・日本
        共産中国習近平は欧米諸国、日本に復讐はかる(中国に屈辱を与えたのは欧米・日本)。
第6 勝敗入れ替わる←何度でも対立争う
勝敗が入れ替わる。
第7 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
裁判で負けても対立争う(裁判を武力行使で覆す→裁判で負けたら武力行使で覆す)。
第8 対立争い相手国が終了(滅亡)しても継続
対立争い相手国が終了(滅亡)しても継続する。
第9 過去の対立争いを忘れない…朝鮮韓国
  1. 過去の対立争いを忘れない…豊臣秀吉国家国土取り込み・日本合併
    1. 過去の対立争いを忘れない…豊臣秀吉国家国土取り込み・日本合併
      過去の対立争いを忘れない(朝鮮韓国は秀吉侵略を忘れない、日本との合併を帝国支配と永遠に忘れない、朝鮮韓国人は恨み続ける)。
    2. 朴槿惠大統領…日本支配は千年たっても忘れない
      朴槿惠大統領→日本支配は千年たっても忘れないとする。
  2. 対立争いにまつわる人間も忘れない…豊臣秀吉
    対立争いにまつわる人間も忘れない(英雄、裏切者、秀吉、敵将)。
第10 過去の対立争いを忘れない△…中国
  1. 過去の対立争いを忘れない△(対立争いの程度弱い)
    過去の対立争いを忘れない(中国は戦争していない米に悪感情なし)。
  2. 対立争いにまつわる人間も忘れない
    対立争いにまつわる人間も忘れない(英雄、裏切者、敵将)。

対立相手…何度でも対立争われないようにする

第1 対立相手…何度でも対立争われないようにする
対立相手は何度でも対立争われないようにする。
第2 個人対立争い型
  1. 悪い対立争いだったとしない…悪情報流し(謝罪)しない
    悪い対立争いだったと悪情報流し(謝罪)しない。
  2. 共産中国…朝鮮北部国家国土取り込みを高句麗史と渤海史は中国の地方史であると拒否
    共産中国は朝鮮北部国家国土取り込み(延辺朝鮮自治州、昔の高句麗領)を高句麗史と渤海史は中国の地方史であると拒否した。
  3. 共産中国…朝鮮戦争介入悪情報流し(謝罪)せず→将来も絶対謝罪しないと発言
    共産中国は韓国と国家同士状況対応(国交)回復のとき韓国の朝鮮戦争介入悪情報流し(謝罪)要求拒否した(将来も絶対謝罪しないと発言)
  4. 共産中国…ベトナム戦争悪情報流し(謝罪)せず
    江沢民はベトナムの中越戦争悪情報流し(謝罪)要求を拒否した。
  5. 韓国…ベトナム戦争悪情報流し(謝罪)せず→金大中大統領謝罪を朴槿惠大統領撤回要求
    韓国金大中大統領がベトナムにベトナム戦争大量殺害(虐殺)、強姦を悪情報流し(謝罪)したが朴槿惠大統領は撤回要求した。
第3 宗教状況対応型
  1. 悪い対立争いだったとしない…悪情報流し(謝罪)しない
    悪い対立争いだったと悪情報流し(謝罪)しない。
  2. ドイツ…ナチスのしたこと
    ドイツはナチスのしたこと悪情報流し(謝罪)せずどの国とも講和しない、国家賠償しないとした。
  3. イギリス…悪情報流し(謝罪)しない
    1. イギリス…悪情報流し(謝罪)しない
      イギリスの香港返還のさい悪情報流し(謝罪)しなかった。
    2. パッテン総督…香港返還のさい19世紀の行為に道義的責任×
      パッテン総督は19世紀の行為に道義的責任を問う人はいない、この未来志向の年に19世紀にするなら驚きだと発言した。
第4 集団状況対応型…何度でも対立争われないようにする×
  1. 悪い対立争いだったとしない×→悪自認→何度でも対立争われる
    悪い対立争いだったとする(悪自認、謝罪する、金丸は北朝鮮に謝罪、菅首相は韓国に謝罪)。何度でも対立争われる(中国・朝鮮韓国から歴史問題で何度でも対立争われる)。
  2. 悪い対立争いだったとしないとするべき
    1. 悪い対立争いだったとしないとするべき
      悪い対立争いだったとしないとするべきである。
    2. 安倍首相脱悪情報流し(謝罪)宣言…大戦にお詫び表明した・子孫に謝罪する宿命を背負わせない
      安倍首相は脱悪情報流し(謝罪)宣言した(大戦についてお詫びを表明してきた・子孫に謝罪する宿命を背負わせない)。

7節10 過去のことを対立争う…歴史問題

(国家と他国民)

第1 国民が他国と過去のことを対立争う…歴史問題
  1. 国民が他国と過去のことを対立争う…歴史問題
    国民が過去のことを対立争う(歴史問題)。
  2. 個人対立争い型…韓国
    1. 在日・帰化韓国朝鮮人が日本と過去のことを対立争う…歴史問題
      在日朝鮮韓国人、帰化韓国朝鮮人が日本と過去のことを対立争う。
    2. 広島原爆資料館に従軍慰安婦・中国人殺害・石井細菌部隊パネル展示
      帰化韓国朝鮮人が広島原爆資料館に従軍慰安婦・中国人殺害・石井細菌部隊パネルを展示させた。
  3. 個人対立争い型…共産中国人
    1. 共産中国人が日本と過去のことを対立争う
      共産中国人が日本と過去のことを対立争う。
    2. 共産中国人…親族が南京大量殺害で日本兵に殺された→日本兵と中国兵区別つかないのに日本兵
      共産中国人が親族が南京大量殺害で日本兵に殺されたとする(南京大量殺害がつくられた事実〈捏造〉、日本兵と中国兵区別つかないのに日本兵にする←多言語国家)。

7節11 過去のことを対立争う…歴史問題

(国民同士)

第1 国民が他国民と過去のことを対立争う…歴史問題
  1. 国民が他国民と過去のことを対立争う…歴史問題
    国民が他国民と過去のことを対立争う(歴史問題)。
  2. 個人対立争い型…韓国人
    1. 韓国人が在韓アメリカ大使(日本人との混血)と過去のことを対立争う…歴史問題
      1. 韓国人が在韓アメリカ大使(日本人との混血)と過去のことを対立争う…歴史問題
        韓国人が在韓アメリカ大使(日本人との混血)と過去のことを対立争う。
      2. 大使口髭に日本国家合併の朝鮮総督・警察官のようだと左派団体が叩く
        大使口髭に日本国家合併の朝鮮総督、警察官のようだと左派団体が叩く。

7節12 してもよい対立争い状況対応
(国家同士)

対立争い状況対応させない対立争い状況対応…国家同士警察

第1 対立争い状況対応させない対立争い状況対応…国家同士警察
  1. 対立争い状況対応させない対立争い状況対応…国家同士警察
    強国が国家同士の対立争いをさせない(国際警察、秩序維持、平和)。
  2. アメリカが世界の警察
    アメリカが世界の警察をする(アフガン・イラク→共和党○・民主党?→民主党オバマは世界の警察やめた?→アジアだけ?・ウクライナ・シリア出兵しない)。

戦争状況対応に反撃…自衛権・安全保障・国防

第1 戦争状況対応に反撃(自衛権・安全保障・国防)
  1. 戦争状況対応に反撃(自衛権・安全保障・国防)
    戦争状況対応に反撃することは認める(自衛権、安全保障、国防、どの国も左右で国防方針は変わらない)。
第2 個人対立争い型・宗教状況対応型
  1. 戦争状況対応に反撃(自衛権・安全保障・国防)←本来状況対応
    本来状況対応だから戦争状況対応に反撃することは認める。
  2. 武器移動手段所有・城基地設置
    武器、移動手段(対立争い状況対応〈本来状況対応〉製品)を所有する。城、基地(対立争い状況対応〈本来状況対応〉施設)を設置する。
第3 集団状況対応型
  1. 戦争状況対応に反撃しないことがある←非本来状況対応
    非本来状況対応だから戦争状況対応に反撃しないことがある(戦後日本)。
  2. 戦争状況対応に反撃すべき←共産中国の日本取り込み
    1. 戦争状況対応に反撃すべき←共産中国の日本取り込み
      1. 戦争状況対応に反撃すべき←共産中国の日本取り込み
        共産中国が日本取り込みめざしているし、北朝鮮が核攻撃をするかもわからないのだから戦争状況対応に反撃するべきである。
      2. 自衛権行使を認めるべき・安全保障体制を構築すべき・国防を固めるべき
        自衛権行使を認めるべきである。安全保障体制を構築すべきである。国防を固めるべきである。共産中国には手を出したら排除するぞと気構えを示すべきである。
    2. 憲法改正すべき←戦争状況対応に反撃すべき
      戦争状況対応に反撃を認めない戦後憲法を改正するべきである(戦後憲法→戦争状況対応に反撃させない→平和主義・戦争放棄)。
  3. 武器移動手段所有・城基地設置しないことがある(戦争状況対応悪)←非本来状況対応
    非本来状況対応だから、武器、移動手段(対立争い状況対応〈非本来状況対応〉製品)を所有しない、城・基地(対立争い状況対応〈非本来状況対応〉施設)を設置しないことがある(戦後日本、11章絶対化・戦争状況対応悪)。

スポーツ…状況対応基準がある運動競技

第1 スポーツ
  1. スポーツ
    スポーツはしてもよい。
  2. オリンピック大会・ワールドカップ
    オリンピック大会、ワールドカップ(サッカー・ラグビー・野球)がある。
第2 個人対立争い型
  1. スポーツする←本来状況対応
    本来状況対応だからスポーツする。
  2. どの国も勝利をめざす…勝負志向
    1. 勝利めざす
      どの国も勝利をめざす(2位も敗退→韓国→オリンピック銀メダルで悲しくて泣く)。
    2. 敗退しない
      敗退はなんとしてもしない。
    3. 勝利のためなら何でもする…薬物注射・審判買収・反則・遅延行為
      勝利のためなら何でもする(薬物注射、反則・遅延行為)。
    4. 韓国…ワールドカップ不正
      欧米人は韓国のワールドカップ不正をした(イギリス→ワールドカップをしてはいけない馬鹿な国、韓国のワールドカップの審判買収→ヨーロッパは反感)。
    5. 韓国…ロシアに金メダル取らせない
      韓国はソチオリンピックでキムヨナ金メダル取らせなかったから平昌オリンピックではロシアに金メダル取らせないとした。
第3 宗教状況対応型
  1. スポーツする←本来状況対応
    本来状況対応だからスポーツする。
  2. どの国も勝利をめざす…勝負志向
    1. 勝利めざす
      どの国も勝利をめざす。
    2. 敗退しない
      敗退はなんとしてもしない。
    3. 勝利のためなら何でもする…薬物注射・反則・遅延行為
      勝利のためなら何でもする(薬物注射、反則・遅延行為)。
第4 集団状況対応型応
  1. スポーツする←してもよい対立争い状況対応
    してもよい対立争い状況対応だからスポーツする。

トップに戻る

関連記事

前へ

6節 国家体制で対立争う

次へ

9節 国家国土取り込み…侵略・帝国

Page Top