「歴史の流れ」民族の力と型

29節 本来状況対応優先 

このページ内の目次

29節 本来状況対応優先
(民族同士)

集団状況対応型

第1 集団状況対応(民族同士)が優先
  1. 集団状況対応(民族同士)が優先
    集団状況対応(民族同士)が優先する。
  2. 集団状況対応(民族同士)が自民族状況対応より優先
    集団状況対応(民族同士)が自民族状況対応より優先する。
  3. 自民族状況対応が他民族状況対応より優先×
    自民族状況対応を他民族状況対応より優先させてはならない(自民族益軽視)。

個人対立争い型

第1 個民族状況対応が優先
  1. 個民族状況対応が優先
    個民族状況対応が優先する。
  2. 自民族状況対応が他民族状況対応より優先
    1. 自民族状況対応が他民族状況対応より優先
      自民族の状況対応が他民族状況対応より優先する。
    2. 個民族状況対応優先度…中国人>朝鮮韓国人←個人対立争い型の程度
      個人対立争い型の程度は中国人が朝鮮韓国人より強い。個民族状況対応の優先度も中国人が朝鮮韓国人より強い。
第2 対立争い状況対応が優先
  1. 対立争い状況対応が優先
    対立争い状況対応が優先する。
  2. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携民族と対立争う
    1. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携民族と対立争う
      対立争い状況対応が提携状況対応より優先する。
    2. 提携民族と対立争う…裏切れ・寝返り
      提携民族とも対立争う。
    3. 提携状況対応と対立争いは別のこととする
      提携状況対応と対立争い状況対応は別のこととする。
  3. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担民族と対立争う
    1. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担民族と対立争う
      対立争い状況対応が状況対応分担より優先する。状況対応分担民族と対立争い状況対応する。
    2. 状況対応分担民族と対立争う…裏切り・寝返り
      状況対応分担民族とも対立争う。
    3. 状況対応分担と対立争いは別のこととする
      状況対応分担と対立争い(本来状況対応)は別のこととする。

宗教状況対応型

第1 宗教状況対応が優先
  1. 宗教状況対応が優先
    宗教状況対応が優先する。
  2. 宗教状況対応が集団状況対応(民族同士)より優先
    宗教状況対応が集団状況対応(民族同士)より優先する。
  3. 宗教状況対応が個民族状況対応より優先
    宗教状況対応が個民族状況対応より優先する。
  4. 宗教状況対応が対立争い状況対応より優先…神決定状況対応型
    1. 宗教状況対応…神がさせない(禁止)とした対立争いはしない
      宗教状況対応が対立争い状況対応より優先する(神がさせない〈禁止〉とした対立争いはしない)。
第2 個民族状況対応が優先
  1. 個民族状況対応が優先
    個民族状況対応が優先する。
  2. 自民族状況対応が他民族状況対応より優先
    自民族の状況対応が他民族状況対応より優先する。
第3 対立争い状況対応が優先
  1. 対立争い状況対応が優先
    対立争い状況対応が優先する。
  2. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携民族と対立争う
    1. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携民族と対立争う
      対立争い状況対応が提携状況対応より優先する。
    2. 提携民族と対立争う…裏切れ・寝返り
      提携民族とも対立争う。
    3. 提携状況対応と対立争いは別のこととする
      提携状況対応と対立争い状況対応は別のこととする。
  3. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担民族と対立争う
    1. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担民族と対立争う
      対立争い状況対応が状況対応分担より優先する。状況対応分担民族と対立争い状況対応する。
    2. 状況対応分担民族と対立争う…裏切り・寝返り
      1. 状況対応分担民族と対立争う…裏切れ・寝返り
        状況対応分担民族とも対立争う。
      2. ユダヤ人ルーズベルト大統領…ユダヤ人救出した日本と対立争う
        ユダヤ人ルーズベルト米大統領はユダヤ人救出した日本人を滅亡させようとした(第2次大戦)。
      3. ユダヤ人ブルメンソール財務長官…ユダヤ人救出した日本人と対立争う
        日本に救出されたユダヤ人であるカーター大統領の財務長官ブルメンソールは侵略者日本の蛮行目撃したと日本に円高迫る。
        日本人ではなく中国人に救出されたとしたが新型コロナで日本人が救出したと修正した。
      4. ユダヤ人レオシロタ…ユダヤ人救出した日本人と対立争う
        日本に救出されたレオシロタの娘は日本は女性の権利無視した野蛮人と非難した。
      5. アメリカ白人…食料くれた先住民族を存続させない
        アメリカ白人は清教徒に七面鳥恵んだワンパノアグ族を終了(絶滅)させた。メイフラワー号清教徒はインディアンに食料もらい越冬したのにインディアン酋長殺し妻子は奴隷にした。
    3. 状況対応分担と対立争いは別のこととする
      状況対応分担と対立争い(本来状況対応)は別のこととする。

29節2 本来状況対応優先
(民族構成員同士)

第1 集団状況対応型…自民族状況対応が優先×
  1. 自民族状況対応が他民族状況対応より優先×
    民族構成員も民族同士結婚で他民族に居住すると相手民族の状況対応に合わせる。
第2 個人対立争い型・宗教状況対応型…個民族状況対応が優先
  1. 自民族状況対応が他民族状況対応より優先
    民族構成員も他民族で居住しても自民族の状況対応を優先する(在日朝鮮韓国人、在日中国人)。

29節3 本来成果取得優先…個人対立争い型・宗教状況対応型
(民族同士)

個民族成果取得優先

第1 個民族成果取得が優先
  1. 個民族成果取得優先…民族益優先・利害優先・功利主義
    個民族で成果取得を優先する(民族益優先、利害優先、功利主義)
  2. 個民族成果取得できない民族同士状況対応しない
    個民族成果取得できない民族同士状況対応しない(民族益にならぬ民族と民族同士状況対応〈民族交〉→見捨てる)。
  3. 個民族成果取得できない状況対応分担(支援)しない
    個民族成果取得できない状況対応分担しない(民族益にならぬ民族に状況対応分担〈支援〉しない→支援はひもつき)。

個民族成果取得が集団成果取得(民族同士)より優先

第1 個民族成果取得が集団成果取得(民族同士)より優先
個民族成果取得が集団成果取得(民族同士)より優先する。

個民族成果取得と対立争い状況対応

第1 個民族成果取得と対立争い状況対応…本来成果取得と本来状況対応
個民族成果取得と対立争い状況対応は本来成果取得と本来状況対応である。
第2 個民族成果取得のため対立争い状況対応
  1. 個民族成果取得のため対立争い状況対応
    個民族成果取得のため対立争い状況対応する。
  2. 嘘をついた方が利得になるなら嘘をつく
    嘘をついた方が利得になるなら嘘をつく。
第3 個民族成果取得のため対立争い状況対応しない
  1. 個民族成果取得のため対立争い状況対応しない
    個民族成果取得のため対立争い状況対応しない。
  2. 嘘をつかない方が利得になると嘘をつかない・嘘をついても利益にならないと嘘をつかない
    嘘をつかない方が利得になると嘘をつかない、嘘をついても利益にならないと嘘をつかない。
  3. 対立争い状況対応←個人成果取得できなくなる
    個人成果取得できなくなるとまた対立争い状況対応する。
第4 個民族成果取得したら対立争い状況対応…利益を得ると対立再開・障害がなくなると争う
個民族成果取得したら対立争い状況対応する(利益を得ると対立再開、障害がなくなると争う)。

29節4 本来成果取得優先…個人対立争い型・宗教状況対応型
(民族と他民族構成員)

第1 個人対立争い型…民族と他構成員の優先関係
  1. 自構成員成果取得優先…利害優先・功利主義
    民族は自構成員成果取得を優先する(利害優先、功利主義)。
  2. 自構成員資格付与優先
    民族は自構成員資格付与を優先する(他民族人に資格与えない)。
第2 宗教状況対応型…民族と他構成員の優先関係
  1. 自構成員成果取得優先
    民族は構成員は自構成員成果取得を優先する(利害優先、功利主義)。
  2. 自構成員資格付与優先
    民族は自構成員資格付与を優先する(他民族構成員に資格与えない)。
第3 個人対立争い型…構成員と他民族の優先関係
  1. 個人成果取得優先…利害優先・功利主義
    構成員は個人成果取得を優先する(利害優先、功利主義)。
  2. 個人成果取得と対立争い状況対応…本来成果取得と本来状況対応
    1. ① 個人成果取得と対立争い状況対応…本来成果取得と本来状況対応
       個人成果取得と対立争い状況対応は本来成果取得と本来状況対応である。
    2. ② 個人成果取得のため他民族と対立争い状況対応
       構成員は個人成果取得のため他民族と対立争い状況対応する。
    3. ③ 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
       構成員は個人成果取得のため他民族と対立争い状況対応(対外)しない。
第4 宗教状況対応型…構成員と他民族の優先関係
  1. 個人成果取得優先
    構成員は個人成果取得を優先する(利害優先、功利主義)。
  2. 個人成果取得と対立争い状況対応…本来成果取得と本来状況対応
    1. 個人成果取得と対立争い状況対応…本来成果取得と本来状況対応
      個人成果取得と対立争い状況対応は本来成果取得と本来状況対応である。
    2. 個人成果取得のため他民族と対立争い状況対応
      構成員は個人成果取得のため他民族と対立争い状況対応する。
    3. 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
      構成員は個人成果取得のため他民族と対立争い状況対応(対外)しない。

29節5 本来成果存続優先
(民族同士)

集団状況対応型

第1 集団状況対応(民族同士)取得成果存続が優先
  1. 集団状況対応(民族同士)取得成果存続が優先
    集団状況対応(民族同士)取得成果存続が優先する。
  2. 集団状況対応(民族同士)取得成果存続が個民族取得成果存続より優先
    集団状況対応(民族同士)取得成果存続が個民族取得成果存続より優先する。
  3. 集団状況対応(民族同士)取得成果存続のため状況対応
    1. 集団状況対応(民族同士)取得成果存続のため状況対応
      集団状況対応(民族同士)取得成果存続のため状況対応する。
    2. 集団状況対応(民族同士)取得成果存続のため個民族状況対応
      集団状況対応(民族同士)取得成果存続のため個民族状況対応する(奉仕)。

個人対立争い型

第1 個民族取得成果存続優先…利害優先
個人成果存続が優先する(利害優先、功利主義)。
第2 個民族取得成果存続のため集団状況対応(民族同士)
個民族取得成果存続のため集団状況対応(民族同士)する。
第3 個民族取得成果存続のため反集団状況対応(民族同士)する
個民族取得成果存続のため反集団状況対応(民族同士)する。
第4 個民族取得成果存続が集団状況対応(民族同士)より優先
  1. 個民族取得成果存続のため集団状況対応(民族同士)を設定・存続・終了(滅亡)
    1. 個民族取得成果存続のため集団状況対応(民族同士)を設定・存続・終了(滅亡)
      個民族取得成果存続のため集団状況対応(民族同士)を設定・存続・終了(滅亡)させる。
    2. 集団状況対応(民族同士)は適当に設定・終了(滅亡)させればよいとする
      集団状況対応(民族同士)は適当に設定・終了(滅亡)させればよいとする(作り直せばよい)。
第5 個民族取得成果存続させた民族
  1. 個民族取得成果存続させた民族…個民族状況対応できる・個民族成果取得できる
    個民族取得成果存続させたは個民族状況対応できる。個民族成果取得できる。

宗教状況対応型

第1 個民族取得成果存続優先…利害優先
  個人成果存続が優先する(利害優先、功利主義)。
第2 個民族取得成果存続のため集団状況対応(民族同士)
 個民族取得成果存続のため集団状況対応(民族同士)する。
第3 個人取得成果存続のため反集団状況対応(民族同士)
第4 個民族取得成果存続が集団状況対応(民族同士)より優先
  1. 個民族取得成果存続のため集団状況対応(民族同士)を設定・存続・終了(滅亡)
    個民族取得成果存続のため集団状況対応(民族同士)を設定・存続・終了(滅亡)させる。
  2. 集団状況対応(民族同士)は適当に設定・終了(滅亡)させればよいとする
    集団状況対応(民族同士)は適当に設定・終了(滅亡)させればよいとする(作り直せばよい)。
第5 個民族取得成果存続させた民族
  1. 個民族取得成果存続させた民族…個民族状況対応できる・個民族成果取得できる
    個民族取得成果存続させたは個民族状況対応できる。個民族成果取得できる。

29節6 提携状況対応の優先関係
(民族同士)

第1 集団状況対応型…提携状況対応が個民族状況対応より優先
  1. 提携状況対応が個民族状況対応より優先
    提携状況対応が個民族状況対応より優先する(提携状況対応合意が個民族状況対応より優先)。
  2. 個民族成果取得のため提携状況対応×
    個民族成果取得のため提携状況対応しない。
第2 個人対立争い型…個民族状況対応が提携状況対応より優先
  1. 個民族状況対応が提携状況対応より優先
    個民族状況対応が本来状況対応だから個民族状況対応が提携状況対応より優先する。
  2. 個民族成果取得のため提携状況対応
    個民族成果取得のため提携状況対応する。
第3 宗教状況対応型…個民族状況対応が提携状況対応より優先
  1. 個民族状況対応が提携状況対応より優先
    個民族状況対応が本来状況対応だから個民族状況対応が提携状況対応より優先する。
  2. 反提携状況対応
    反提携状況対応する。
  3. 個民族成果取得のため提携状況対応
    個民族成果取得のため提携状況対応する。

29節6 異なる状況対応…道具利用
(個人対立争い型)

第1 異なる状況対応…道具・利用
  1. 異なる状況対応を道具・利用
    個民族状況対応のため状況対応する。個民族成果取得のため状況対応する。異なる状況対応を利用する、道具とする。

集団状況対応(民族同士)を利用

第1 集団状況対応(民族同士)…利用・道具
  1. 集団状況対応利用…集団は道具・集団は集合場所
    1. 集団状況対応利用
      個民族状況対応のため、個民族成果取得のため、集団状況対応(民族同士)する。集団状況対応(民族同士)を利用する。
    2. 集団(民族同士)は道具
      道具とする(集団〈民族同士〉を自己の道具と考える)。
    3. 集団(民族同士)は集合場所
      集団(民族同士)は集合場所に過ぎないとする。
  2. 構成民族・長民族を利用・道具…お互いに利用・道具
    個民族状況対応のため、個民族成果取得のため構成民族を利用する(構成民族を自己の道具と考える)。長民族を利用する。お互いに利用し合う。

提携状況対応を利用

第1 提携状況対応を利用…提携民族であることは権益
  1. 提携状況対応を利用…提携民族であることは権益
    提携状況対応を利用する(提携民族であることは権益)。
  2. 集団状況対応(民族同士)担当(役割)は提携民族の権益
    集団状況対応(民族同士)担当(役割)は提携民族の権益となる。
  3. 何事も提携状況対応が必要
    何事も提携状況対応が必要となる(何かしようとしたら他民族を介さないと動かない)。

29節7 個民族成果提供民族優先
(民族同士)

第1 個人対立争い型…個民族成果提供民族優先
  1. 個民族成果提供民族優先
    個民族成果提供民族を優先する。
  2. 個民族成果提供民族のため状況対応
    個民族成果提供民族のため状況対応をする(賄賂)。
第2 宗教状況対応型…個民族成果提供民族優先
  1. 個民族成果提供民族優先
    個民族成果提供民族を優先する。
  2. 個民族成果提供民族のため状況対応
    個民族成果提供民族のため状況対応をする(賄賂)。
第3 個民族成果提供民族
  1. 個民族成果提供民族…個民族状況対応できる・個民族成果取得できる
    個民族成果提供民族は個民族状況対応できる、個民族成果取得できる。
  2. 中国人…相手民族に個民族成果提供し個民族状況対応・個民族成果取得
    中国人は相手民族に個民族成果提供し個民族状況対応、個民族成果取得する。

29節8 個人成果提供民族優先
(民族が他民族民族長・官僚・民族会議員に個人成果提供)

第1 個人対立争い型
  1. 個人成果提供民族優先
    民族長、官僚、民族会議員は個人成果提供民族を優先する。
  2. 個人成果提供民族が個民族状況対応・個民族成果取得できるよう状況対応
    個人成果提供民族が個民族状況対応・個民族成果取得できるよう状況対応する。
第2 宗教状況対応型
  1. 個人成果提供民族優先
    民族長、官僚、民族会議員は個人成果提供民族を優先する。
  2. 個人成果提供民族が個民族状況対応・個民族成果取得できるよう状況対応
    個人成果提供民族が個民族状況対応・個民族成果取得できるよう状況対応する。
第3 個人対立争い型…個人成果提供民族
  1. 個人成果提供民族…個民族状況対応できる・個民族成果取得できる
    個人成果提供民族は個民族状況対応できる。個民族成果取得できる。
  2. 中国人…他民族民族長・官僚に個人成果提供し個民族状況対応・個民族成果取得
    中国人は相手民族の民族長、相手民族官僚、相手民族構成員に個人成果提供し個民族状況対応、個民族成果取得しようとする。
第3 宗教状況対応民族…個人成果提供民族
  1. 個人成果提供民族…個民族状況対応できる・個民族成果取得できる
    個人成果提供民族は個民族状況対応できる。個民族成果取得できる。

29節9 個人成果提供民族優先
(民族が他民族状況対応力養成・情報役務集団に個人成果提供)

第1 個人対立争い型
  1. 個人成果提供国優先
    状況対応力養成集団、情報役務集団は個人成果提供民族を優先する。
  2. 個民族成果提供民族が個民族状況対応・個民族成果取得できるよう状況対応
    個民族成果提供民族が個民族状況対応・個民族成果取得できるよう状況対応する。
第2 宗教状況対応型
  1. 個人成果提供民族優先
    状況対応力養成集団、情報役務集団は個人成果提供民族を優先する。
  2. 個民族成果提供民族が個民族状況対応・個民族成果取得できるよう状況対応
    個民族成果提供民族が個民族状況対応・個民族成果取得できるよう状況対応する。
第3 個人対立争い型…個人成果提供民族
  1. 個人成果提供民族…個民族状況対応できる・個民族成果取得できる
    個人成果提供民族は個民族状況対応できる。個民族成果取得できる。

29節10 個人成果提供他民族構成員優先
(他民族構成員が民族会議員に個人成果提供)

第1 個人対立争い型
  1. 個人成果提供他民族構成員優先
    民族会議員は個人成果提供他民族構成員を優先する。
  2. 個人人成果提供他民族構成員が個人状況対応・個人成果取得できるよう状況対応
    個成果提供他民族構成員が個人状況対応・個人成果取得できるよう状況対応する。
第2 宗教状況対応型
  1. 個人成果提供国優先
    民族会議員は個人成果提供他民族構成員を優先する。
  2. 個人成果提供他民族構成員が個人状況対応・個人成果取得できるよう状況対応
    個人成果提供他民族構成員が個人状況対応・個人成果取得できるよう状況対応する。
第3 個人対立争い型…個人成果提供者
  1. 個人成果提供者…個人状況対応できる・個人成果取得できる
    個人成果提供者は個人状況対応できる。個人成果取得できる。
第4 宗教状況対応型…個人成果提供者
  1. 個人成果提供者…個人状況対応できる・個人成果取得できる
    個人成果提供者は個人状況対応できる。個人成果取得できる。

29節11 本来存続優先
(民族同士)

第1 個人対立争い型・宗教状況対応型…個民族の存続が優先
  1. 個民族の存続が優先
    1. 個民族の存続が優先
      個民族の存続が優先する。
    2. 個民族の存続が他民族の存続より優先
      個民族の存続が他民族の存続より優先する。
  2. 個民族存続のため状況対応
    1. 個民族存続のため状況対応
      個人民族続のため状況対応する。
    2. 対立民族と提携
      対立民族とも提携する。
    3. 自民族の存続に障害となる民族を存続させない…滅亡
      自民族の存続に障害となる民族を存続させない。
  3. 個民族存続終了(滅亡)になる状況対応はしない…危険なことはしない
    1. 個民族存続終了(滅亡)になる状況対応はしない…危険なことはしない
      個民族存続終了(滅亡)になる状況対応はしない(危険なことはしない)。
    2. 戦争状況対応しない
      戦争状況対応しない(1割敗戦可能性でも戦争しない)。
    3. 強民族支配拒否しない→強民族支配受入
      制裁の重い強民族支配拒否をしない。

29節12 状況対応合意との優先関係
(民族同士)

集団状況対応型

第1 状況対応合意(契約)が優先
  1. 状況対応合意(契約)が優先…状況対応合意は一体状況対応と同じ(本来状況対応)
    状況対応合意(情報交換+合意+状況対応)は一体状況対応(情報交換+合意+状況対応)は同じである(一体状況対応の縮小)。本来状況対応である。状況対応合意が優先する。
  2. 状況対応合意(契約)が個民族状況対応より優先
    状況対応合意(契約)は個民族状況対応より優先する。
  3. 状況対応合意が対立争い状況対応より優先
    状況対応合意が対立争い状況対応より優先する。
  4. 合意状況対応する
    合意状況対応する。

個人対立争い型

第1 状況対応合意(契約)が優先×
  1. 状況対応合意…非本来状況対応である
    状況対応合意は非本来状況対応である。
  2. 個民族状況対応が状況対応合意より優先
    個民族状況対応が状況対応合意より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応合意より優先
    対立争い状況対応が状況対応合意より優先する。
第2 個民族状況対応が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個民族状況対応が状況対応合意(契約)より優先
    個民族状況対応が状況対応合意(契約)より優先する。
  2. 個民族状況対応のため合意状況対応しない
    個民族状況対応のため合意状況対応合意しない。
  3. 個民族状況対応のため反合意状況対応
    1. 個民族状況対応のため反合意状況対応
      個民族状況対応のため反合意状況対応をする。
    2. 無効と反合意状況対応する
      無効と反合意状況対応する。
    3. 勝手に解釈・合意をかいくぐる←反合意状況対応
      勝手に解釈する(契約を自分流に勝手に解釈)。合意をかいくぐる。
第3 個人成果取得が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個人成果取得のため合意状況対応しない
    個人成果取得のため合意状況対応しない。
  2. 個人成果取得できないなら合意状況対応しない
    個人成果取得できないなら合意状況対応しない(契約しても状況対応しない)。
  3. 個人成果取得のため反合意状況対応
    個人成果取得のため反合意状況対応する。

神決定状況対応型・神操作状況対応受入型(キリスト教)

第1 神決定状況対応型…状況対応合意が優先
  1. 状況対応合意が優先…状況対応合意は神との状況対応合意と同じ(本来状況対応)
    状況対応合意は神との状況対応合意(契約・本来状況対応)と同じである。状況対応合意が優先する。
  2. 神との状況対応合意が個民族状況対応より優先
    神との状況対応合意が個民族状況対応より優先する。
  3. 状況対応合意が対立争い状況対応より優先
    状況対応合意が対立争い状況対応より優先する。
  4. 合意状況対応する
    合意状況対応する。
2  状況対応合意が優先×←個民族状況対応・対立争い状況対応(本来状況対応)
  1. 個人対立争い型と同じ←個民族状況対応・対立争い状況対応(本来状況対応)
    個民族状況対応(本来状況対応)、対立争い状況対応(本来状況対応)は個人対立争い型と同じである。
  2. 状況対応合意が優先×←個人対立争い型と同じ
    個人対立争い型と同じである。状況対応合意が優先しない。
第3 状況対応合意(契約)が優先×
  1. 状況対応合意…非本来状況対応である
    状況対応合意は非本来状況対応である。
  2. 個民族状況対応が状況対応合意より優先
    個民族状況対応が状況対応合意より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応合意より優先
    対立争い状況対応が状況対応合意より優先する。
第4 個民族状況対応が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個民族状況対応が状況対応合意(契約)より優先
    個民族状況対応が状況対応合意(契約)より優先する。
  2. 2 個民族状況対応のため合意状況対応しない
     個民族状況対応のため合意状況対応合意しない。
  3. 個民族状況対応のため反合意状況対応する
    1. 個民族状況対応のため反合意状況対応する
      状況対応合意(契約)に反する状況対応をする(契約違反)。
    2. 勝手に解釈・合意をかいくぐる←反合意状況対応
      勝手に解釈する(契約を自分流に勝手に解釈)。合意をかいくぐる。
第5 個人成果取得が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個人成果取得のため合意状況対応しない
    個人成果取得のため合意状況対応しない。
  2. 個人成果取得できないなら合意状況対応しない
    個人成果取得できないなら合意状況対応しない(契約しても状況対応しない)。
  3. 個人成果取得のため反合意状況対応
    個人成果取得のため反合意状況対応する。
第6 状況対応合意が優先×…個人対立争い型ほどではない
状況対応合意が優先しないことは個人対立争い型ほどではない。

自然作動状況受入型

第1 自然作動状況受入型・混合型…状況対応合意が優先×
  1. 状況対応合意…非本来状況対応である
    状況対応合意は非本来状況対応である。
  2. 個民族状況対応が状況対応合意より優先
    個民族状況対応が状況対応合意より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応合意より優先
    対立争い状況対応が状況対応合意より優先する。
第2 個民族状況対応が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個民族状況対応が状況対応合意(契約)より優先
    個民族状況対応が状況対応合意(契約)より優先する。
  2. 個民族状況対応のため合意状況対応しない
    個民族状況対応のため合意状況対応合意しない。
  3. 反合意状況対応する
    1. 反合意状況対応する
      状況対応合意(契約)に反する状況対応をする(契約違反)。
    2. 勝手に解釈・合意をかいくぐる←反合意状況対応
      勝手に解釈する(契約を自分流に勝手に解釈)。合意をかいくぐる。
第3 個人成果取得が状況対応合意(契約)より優先
  1. 個人成果取得のため合意状況対応しない
    個人成果取得のため合意状況対応しない。
  2. 個人成果取得できないなら合意状況対応しない
    個人成果取得できないなら合意状況対応しない(契約しても状況対応しない)。
  3. 個人成果取得のため反合意状況対応する
    個人成果取得のため反合意状況対応する。

29節13 状況対応基準との優先関係
(民族同士)

集団状況対応型

第1 集団状況対応型…状況対応基準が優先
  1. 状況対応基準…本来状況対応←集団状況対応(民族同士)は本来状況対応
    1. 状況対応基準…本来状況対応←集団状況対応(民族同士)は本来状況対応
      集団状況対応(民族同士)は本来状況対応だから状況対応基準も本来状況対応である。
    2. 本来制定(内蔵)
      本来制定である(内蔵)。
  2. 状況対応基準が個民族状況対応・対立争い状況対応より優先
    状況対応基準が個民族状況対応、対立争い状況対応より優先する。
第2 状況対応基準遵守←本来状況対応
本来状況対応だから状況対応基準を守る(民族同士法〈国際法〉を守る)。
第3 状況対応基準正←本来状況対応
  1. 状況対応基準正
    本来状況対応だから状況対応基準は正しいものとする(状況対応基準正)。
  2. 状況対応基準遵守正←状況対応基準正
    状況対応基準遵守を正とする(状況対応基準遵守正)。
  3. 状況対応基準不遵守悪←状況対応基準正
    状況対応基準不遵守を悪とする(状況対応基準不遵守悪)。

個人対立争い型

第1 個人対立争い型…状況対応基準が優先×
  1. 状況対応基準…非本来状況対応←集団状況対応(民族同士)は非本来状況対応
    集団状況対応(民族同士)は非本来状況対応だから状況対応基準も非本来状況対応である。
  2. 個民族状況対応が状況対応基準より優先
    個民族状況対応が状況対応基準より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応基準より優先
    対立争い状況対応が状況対応基準より優先する。
第2 状況対応基準不遵守←非本来状況対応
  1. 状況対応基準不遵守
    本来状況対応でないから状況対応基準を守らない。
  2. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
    1. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
      状況対応基準をかいくぐる(脱法)。
    2. あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視
      あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視する。
  3. 中国人…状況対応基準不遵守の理由かかげる
    1. ① 中国人…状況対応基準不遵守の理由かかげる
       中国人は状況対応基準不遵守の理由かかかげる。
    2. ② 力の論理…対立争いに勝利して成果取得を当然とする
       力の論理をかかげる(力の支配が民族同士の論理・結局は力の論理)。
第3 状況対応基準正×←非本来状況対応
  1. 状況対応基準正×←非本来状況対応
    非本来状況対応だから状況対応基準を正しいものとしない。
  2. 状況対応基準守ることを正としない
    状況対応基準を遵守すべきものと考えない。
  3. 状況対応基準を守らないことを悪としない
    状況対応基準を守らないことを悪としない。
  4. 状況対応基準守らないことに寛大
    状況対応基準守らないことに寛大である。
>

宗教状況対応型

第1 宗教状況対応型…状況対応基準が優先×
  1. 状況対応基準…非本来状況対応←集団状況対応(民族同士)は非本来状況対応
    集団状況対応(民族同士)は非本来状況対応だから状況対応基準も非本来状況対応である。
  2. 個民族状況対応が状況対応基準より優先
    個民族状況対応が状況対応基準より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応基準より優先
    対立争い状況対応が状況対応合意より優先する。
第2 状況対応基準不遵守←非本来状況対応
  1. 状況対応基準不遵守
    非本来状況対応だから状況対応基準を守らない。
  2. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
    1. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
      状況対応基準をかいくぐる(脱法)。
    2. あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視
      あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視する。
第3 状況対応基準正×←非本来状況対応
  1. 状況対応基準正×←非本来状況対応
    非本来状況対応だから状況対応基準を正しいものとしない。
    非本来状況対応だから状況対応基準必ずしも正しいものとしない。
  2. 状況対応基準守ることを正としない
    状況対応基準を守ることを必ずしも正としない。
  3. 状況対応基準を守らないことを悪としない
    状況対応基準を守らないことを必ずしも悪としない。

神決定状況対応型・神操作状況対応受入型(キリスト教)

第1 神決定状況対応型・神操作状況受入型(キリスト教)
  1. 神設定状況対応基準…神が決定した状況対応
    1. 神設定状況対応基準…神が決定した状況対応
      神決定状況対応型(ユダヤ教・イスラム教・キリスト教)、神操作状況受入型(キリスト教)は神が決定した状況対応を人間がするから神が決定した状況対応が状況対応基準である。
    2. 神設定状況対応基準…神がしないと決定した状況対応
      神決定状況対応型(ユダヤ教・イスラム教・キリスト教)、神操作状況受入型(キリスト教)は神がしないと決定した状況対応を人間はしないから神がしないと決定した状況対応が状況対応基準である。
    3. 本来制定(内蔵)
      本来制定である(内蔵)。
第2 神設定状況対応基準遵守
  1. 神設定状況対応基準遵守
    神が設定状況対応基準は守る。
  2. 神設定状況対応基準は個人状況対応・対立争い状況対応より優先
    神が設定した状況対応基準は個人状況対応、対立争い状況対応より優先する。
第3 神設定状況対応基準正
神が設定だから状況対応基準は正しいものとする。
第4 状況対応基準不遵守は個人対立争い型ほどではない←神設定の状況対応基準遵守
神設定した状況対応基準は守るから状況対応基準不遵守は個人対立争い型ほどではない。

自然作動状況受入型

第1 個人対立争い型…状況対応基準が優先×
  1. 状況対応基準…非本来状況対応←集団状況対応(民族同士)は非本来状況対応
    集団状況対応(民族同士)は非本来状況対応だから状況対応基準も非本来状況対応である。
  2. 個民族状況対応が状況対応基準より優先
    個民族状況対応が状況対応基準より優先する。
  3. 対立争い状況対応が状況対応基準より優先
    対立争い状況対応が状況対応基準より優先する。
第2 状況対応基準不遵守←非本来状況対応
  1. 状況対応基準不遵守
    1. 状況対応基準不遵守
      本来状況対応でないから状況対応基準を守らない。
    2. 国連憲章を守らない
      国連憲章(武力行使慎む)を守らない。
  2. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
    1. 状況対応基準をかいくぐる…脱法
      状況対応基準をかいくぐる(脱法)。
    2. あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視
      あらゆる抜け穴を探してルールや手順も無視する。
第3 状況対応基準正×←非本来状況対応
  1. 状況対応基準正×←非本来状況対応
    非本来状況対応だから状況対応基準を正しいものとしない。
  2. 状況対応基準守ることを正としない
     況対応基準を遵守すべきものと考えない。
  3. 状況対応基準を守らないことを悪としない
    状況対応基準を守らないことを悪としない。
  4. 状況対応基準守らないことに寛大
    状況対応基準守らないことに寛大である。

29節14 状況対応基準との優先関係
(民族と他民族構成員)

第1 民族と他民族構成員
  1. 集団状況対応型
    1. 状況対応基準遵守
      状況対応基準を守る。
  2. 個人対立争い型
    1. 状況対応基準不遵守
      状況対応基準を守らない。

29節15 悪質な状況対応基準不遵守…犯罪

個人対立争い型

第1 悪質な状況対応基準不遵守…犯罪
  1. 悪質な状況対応基準不遵守…犯罪
    犯罪をする(使用人が他民族人主人を殺す)。他民族で犯罪をする(すぐ暴力、売春・買春、贈賄)。

宗教状況対応型

第1 悪質な状況対応基準不遵守…犯罪
  1. 悪質な状況対応基準不遵守…犯罪
    犯罪をする。

29節16 状況対応基準と強民族支配の優先関係
(強民族支配優先)

個人対立争い型・宗教状況対応型

第1 状況対応基準と強民族支配の優先関係…強民族支配優先←強民族支配は本来状況対応
  1. 状況対応基準と強民族支配の優先関係…強民族支配優先←強民族支配は本来状況対応
    強民族支配は本来状況対応だから強民族支配が状況対応基準(法律・条約)より優先する。
第2 状況対応基準(法律・条約)…強民族決定状況対応を弱国・弱国構成員にさせる基準
状況対応基準(法律・条約)は強民族が決定した状況対応を弱国、弱国構成員にさせる基準である(状況対応命令、対立争い状況対応禁止、弱国同士の関係設定、弱国同士の関係設定)。
第3 状況対応基準(法律・条約)…強民族状況対応決定基準×
  1. 状況対応基準(法律・条約)…強民族状況対応決定基準×
    状況対応基準(法律・条約)は強民族が状況対応を決定する基準ではない。
第4 強民族決定状況対応が状況対応基準より優先
  1. 強民族決定状況対応が状況対応基準より優先
    1. 強民族決定状況対応が状況対応基準より優先
      1. 強民族決定状況対応が状況対応基準より優先
        強民族が決定した状況対応が状況対応基準より優先する(法治×)。
      2. 状況対応基準に拘束されず自由に状況対応決定
        状況対応基準に拘束されず自由に状況対応決定したい。
      3. 法律・条約どおり状況対応しない
        法律・条約どおり状況対応しない。
      4. 許認可を出さない
        許認可を出さない。
    2. 状況対応基準…強民族状況対応決定の障害
      強民族は状況対応基準が状況対応決定の障害になると考える(自由に状況対応決定したい)。
    3. 状況対応基準制定×
      1. 状況対応基準制定×
        状況対応基準を制定しないことがある。
      2. 細則制定×
        状況対応基準の細則を制定しない(細則を公表しない)。
    4. 解釈統一しない…自由解釈
      1. 解釈統一しない…自由解釈
        解釈を統一しない。自由に解釈する。
      2. 弱国・弱国構成員…状況対応基準がどのように適用されるか聞くしかない
        弱国、弱国構成員は状況対応基準がどのように適用されるか聞くしかない。
    5. 強民族に解釈権
      強民族に解釈権があるとする。
    6. 状況対応基準改廃…法律がころころ変わる
      状況対応基準を改廃する(法律がころころ変わる)。
    7. 遡及適用・即日適用
      状況対応基準が遡及適用される。即日適用は当然となる(突然の課税)。地域で異なる(施行時期)。
  2. 強民族状況対応決定が制裁より優先
    1. 裁判受理しない
      強民族に都合の悪い裁判は受け付けない。
    2. 重要裁判は強民族が決定…裁判官より優先・状況対応基準ではなく強民族が決定
      重要裁判は強民族が決定する。裁判官より優先する。状況対応基準ではなく強民族が決定する。
    3. 状況対応基準の解釈…強民族がする→裁判官解釈×
      状況対応基準の解釈も強民族がする(裁判官解釈×)。

29節17 民族民族土取り込みと宗教集団状況対応の優先関係
(宗教状況対応型)

民族民族土取り込み+併合・強民族支配…帝民族


民族民族土取り込み併合、強民族支配する(帝民族)

民族民族土取り込みと宗教状況対応
(本来民族民族土取り込みと本来宗教状況対応)

第1 帝民族と宗教状況対応…本来民族民族土取り込みと本来宗教状況対応
帝民族と宗教状況対応は本来民族民族土取り込みと本来宗教状況対応である。
第2 帝民族と宗教集団状況対応の優先関係
  1. 帝民族が宗教集団状況対応より優先←帝民族の対立争い状況対応力が優位
    帝民族の対立争い状況対応力が優位であると帝民族が宗教集団状況対応より優先する。
  2. 宗教集団状況対応が帝民族より優先←帝民族の対立争い状況対応力が優位でない
    帝民族の対立争い状況対応力が優位でないと宗教集団状況対応が帝民族より優先する。

キリスト教

第1 帝民族と宗教集団状況対応の優先関係
  1. 帝民族が宗教集団状況対応より優先←帝民族の対立争い状況対応力が優位
    帝民族の対立争い状況対応力が優位であると帝民族が宗教集団状況対応より優先する。
  2. 宗教集団状況対応が帝民族より優先←帝民族の対立争い状況対応力が優位でない
    帝民族の対立争い状況対応力が優位でないと宗教集団状況対応が帝民族より優先する。

イスラム教

第1 帝民族と宗教集団状況対応の優先関係
  1. 帝民族が宗教集団状況対応より優先←帝民族の対立争い状況対応力が優位
    帝民族の対立争い状況対応力が優位であると帝民族が宗教集団状況対応より優先する。
  2. 宗教集団状況対応が帝民族より優先←帝民族の対立争い状況対応力が優位でない
    帝民族の対立争い状況対応力が優位でないと宗教集団状況対応が帝民族より優先する。

自然作動状況受入型…仏教

第1 帝民族が宗教集団状況対応より優先←自然作動状況受入型は状況対応しない
  1. 帝民族が宗教集団状況対応より優先←自然作動状況受入型は状況対応しない
    1. 帝民族が宗教集団状況対応より優先←自然作動状況受入型は状況対応しない
      自然作動状況受入型は状況対応しないから帝民族が宗教集団状況対応より優先する。
    2. 帝民族が寺に優先…帝民族>寺
      帝民族が寺に優先する(帝民族>寺)。

29節18 強者支配と宗教集団状況対応の優先関係
(個人対立争い型)

民族民族土取り込み+併合・強国支配…帝民族


民族民族土取り込み併合、強国支配する(帝民族)

民族民族土取り込みと宗教状況対応
(本来民族民族土取り込みと非本来宗教状況対応)

第1 民族民族土取り込みと宗教状況対応…本来民族民族土取り込みと非本来宗教状況対応
民族民族土取り込みと宗教状況対応は本来民族民族土取り込みと非本来宗教状況対応である。
第2 帝民族と宗教集団状況対応の優先関係
  1. 帝民族が宗教集団状況対応より優先←非本来宗教状況対応
    非本来宗教状況対応だから帝民族が宗教集団状況対応より優先する。

29節30 民族民族土取り込みと宗教集団状況対応の優先関係
(集団状況対応型)

第1 民族民族土取り込みと宗教集団状況対応の優先関係×…民族民族土取り込み×
  1. 民族民族土取り込みと宗教集団状況対応の優先関係×…民族民族土取り込み×
    民族民族土取り込みがないから宗教集団状況対応との優先関係はない。

トップに戻る

関連記事

前へ

6節 個人状況対応

次へ

30節 本来状況対応無制御・強民族支配無制御

Page Top