「歴史の流れ」民族の力と型

5節 対立争い状況対応…当事者

このページ内の目次

5節 対立争い状況対応…当事者

第1 民族対立争い
  1. 当事者
    1. 民族長と民族構成員
      民族長と民族構成員が対立争う。
    2. 民族構成員同士
      民族構成員同士が対立争う。
    3. 中央と地方・地方同士
      中央と地方が対立争う。地方同士が対立争う。

5節2 対立争い状況対応
(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
  1. 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得する。
第2 関係設定で対立争い状況対応させない
関係設定で対立争い状況対応させない。

5節3 対立争い状況対応
(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
  1. 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得する。
第2 関係設定で対立争い状況対応させない
関係設定で対立争い状況対応させない。

5節4 対立争いに勝利して成果取得めざす
(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得めざす…勝負志向
  1. 誰もが勝利して成果取得めざす…勝負志向
    誰もが勝利して成果取得めざす(動乱の時代こそ下克上可能・庶民にいたるまで動乱の時代を待望)。
  2. 敗退しない
    1. 敗退しない
      敗退はなんとしてもしない。
    2. 敗退より逃亡
      敗退より逃亡する。
    3. 敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)
      敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)。
  3. 勝利のためなら何でもする
    勝利のためなら何でもする。
  4. 対立争い多発←対立争いめざす
    誰もが対立争うから対立争いが多発する。
第2 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
  1. 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
    対立争いをめざすから大規模な対立争いをめざす。
  2. 民族同士の対立争いめざす←大規模な対立争いをめざす
    大規模な対立争いをめざすから民族内対立争いより民族同士の対立争いをめざす。
第3 対立争い拡大←対立争いめざす
  1. 対立争い者の拡大
    対立争い者が拡大する。
  2. 対立争い相手の拡大
    対立争い相手が拡大する。
  3. 対立争い対象の拡大
    対立争いの対象が拡大する(交通事故が暴動に)。
  4. 争いの程度が拡大…デモから暴動に
    1. 争いの程度が拡大
      争いの程度が拡大する。
    2. デモから暴動に拡大
      デモ(主張の集合状況対応)から暴動(暴力行使の集合状況対応)に拡大する。
  5. 民族構成員同士の対立争い→民族構成員と民族との対立争いに拡大
    1. 民族構成員同士の対立争い→民族構成員と民族との対立争いに拡大
      民族構成員同士の対立争いが民族構成員と民族との対立争いに拡大する。
    2. 自然災害で対立争いが他の対立争いに拡大
      自然災害(警察不機能)のとき対立争いがおきる(3章対立争い状況対応)。他の対立争いに拡大する。
    3. 民族対立争いが他の対立争いに拡大
      民族対立争いが他の対立争いに拡大する。
  6. 民族構成員と他民族の対立争い→民族構成員と民族との対立争いに拡大
    民族構成員と他民族との対立争いが民族の対立争いに拡大する。
  7. 民族同士の対立争い→民族構成員同士の対立争いに拡大
    民族同士の対立争いが民族構成員同士の対立争いに拡大する。
  8. 民族同士の対立争い→民族構成員と民族の対立争いに拡大
    民族同士の対立争いが民族と民族構成員の対立争いに拡大する。

5節5 対立争いに勝利して成果取得めざす
(宗教状況対応型)

第1 勝利して成果取得めざす…勝負志向
  1. 誰もが勝利して成果取得めざす…勝負志向
    誰もが勝利して成果取得めざす。
  2. 敗退しない
    1. 敗退しない
      敗退はなんとしてもしない。
    2. 敗退より逃亡
      敗退より逃亡する。
    3. 敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)
      敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)。
  3. 勝利のためなら何でもする
    勝利のためなら何でもする。
  4. 対立争い多発←対立争いめざす
    誰もが対立争うから対立争いが多発する。
第2 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
  1. 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
    対立争いをめざすから大規模な対立争いをめざす。
  2. 民族同士の対立争いめざす←大規模な対立争いをめざす
    大規模な対立争いをめざすから民族内対立争いより民族同士の対立争いをめざす。
第3 対立争い拡大←対立争いめざす
  1. 対立争い者の拡大…対立争いの連鎖
    対立争い者が拡大する(連鎖する、触発される)。
  2. 対立争い相手の拡大…対立争いの転化
    対立争い相手が拡大する。
  3. 対立争い対象の拡大
    対立争いの対象が拡大する。
  4. 争いの程度が拡大…デモから暴動に
    1. 争いの程度が拡大…デモから暴動に
      争いの程度が拡大する。
    2. デモから暴動に
      デモ(主張の集合状況対応)から暴動(暴力行使の集合状況対応)に拡大する。
  5. 民族構成員同士の対立争い→民族構成員と民族との対立争いに拡大
    民族構成員同士の対立争いが民族構成員と民族との対立争いに拡大する。
  6. 民族構成員と他民族の対立争い→民族構成員と民族との対立争いに拡大
    民族構成員と他民族との対立争いが民族の対立争いに拡大する。
  7. 民族同士の対立争い→民族構成員同士の対立争いに拡大
    民族同士の対立争いが民族構成員同士の対立争いに拡大する)。

5節6 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
  1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
    対立争いに勝利して成果取得を当然とする(力の論理)。
  2. 対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする…力の論理
    対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする。
第2 対立争いを当然とする
  1. 対立争いができ当然とする(一人前)
    対立争いができ当然とする(一人前)。
  2. 取り込みができて当然とする(一人前)
    取り込みができて当然とする(一人前、中国人に盗むなと言うことは死ねということに等しい)。
  3. 人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)
    人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
    1. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
      事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前、事実作る〈捏造〉情報流し〈嘘〉ができて一人前とする。
    2. 詐謀は今に始まらぬ
      詐謀は今に始まらぬとする。
    3. 「ずる賢い」という言葉はない…「賢い」という言葉だけ
      「ずる賢い」という言葉はない(「賢い」という言葉だけ)。
    4. 国家状況対応者(政治家)は事実に反する状況対応(だまし)ができて当然 
      国家状況対応者(政治家)は事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(嘘〈虚偽発言〉で追放されない)。
    5. 事実に反する状況対応(だまし)を自慢〈自己対立争い力養成情報流し)
      事実に反する状況対応〈だまし〉を自慢する(自己対立争い力養成情報流し〉)。
    6. だまされるほうが悪いとする
      だまされるほうが悪いとする(だまされたやつはだめ、だまされるほうが悪い〈他人低対立争い力養成情報流し〉、正直者は生き残れない)。
  5. 事実に反する情報流しができて当然とする(一人前)
    事実に反する情報流しができて当然とする(一人前)。
  6. 提携相手とも対立争えて当然とする…裏切り・寝返りができて当然
    提携相手とも対立争うことができて当然とする(裏切り、寝返りができて当然、裏切り・寝返りは頭がいい)。
第3 対立争わないことは他の意味に取られる←対立争うのが当然
  1. 対立争わないことは他の意味に取られる
    対立争うから、対立争わないことは他の意味に取られる。
  2. 弱者が対立争いさけた
    弱国が対立争いさけたとされる。
  3. 提携…裏切り
    提携は裏切りとされる。
  4. 相手との提携状況対応(秘密提携・内通)
    相手との提携状況対応(秘密提携・内通)とされる。

5節7 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
  1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
    対立争いに勝利して成果取得を当然とする(力の論理)。
  2. 対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする…力の論理
    対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする。
第2 対立争いを当然とする
  1. 対立争いができ当然とする(一人前)
    対立争いができ当然とする(一人前)。
  2. 取り込みができて当然とする(一人前)
    取り込みができて当然とする(一人前)。
  3. 人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)
    人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
    1. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
      事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前、事実作る〈捏造〉情報流し〈嘘〉ができて一人前とする。
    2. 事実に反する状況対応(だまし)を自慢〈自己対立争い力養成情報流し)
      事実に反する状況対応(だまし)を自慢する(自己対立争い力養成情報流し〉)。
    3. だまされるほうが悪いとする
      だまされるほうが悪いとする(だまされたやつはだめ、だまされるほうが悪い〈他人低対立争い力養成情報流し〉、正直者は生き残れない)。
  5. 事実に反する情報流しができて当然とする(一人前)
    事実に反する情報流しができて当然とする(一人前)。
  6. 提携相手とも対立争えて当然とする…裏切り・寝返りができて当然
    提携相手とも対立争うことができて当然とする(裏切り、寝返りができて当然、裏切り・寝返りは頭がいい)。
第3 対立争わないことは他の意味に取られる←対立争うのが当然
  1. 対立争わないことは他の意味に取られる
    対立争うから、対立争わないことは他の意味に取られる。
  2. 弱者が対立争いさけた
    弱国が対立争いさけたとされる。
  3. 提携…裏切り
    提携は裏切りとされる。
  4. 相手との提携状況対応(秘密提携・内通)
    相手との提携状況対応(秘密提携・内通)とされる。

5節8 対立争いに勝利して成果取得…人範囲
(個人対立争い型)

第1 誰とでも対立争う…人範囲
  1. 誰とでも対立争う…人範囲
    1. 提携者とも対立争う
      提携者とも対立争う。
    2. 関係設定者以外は対立争う
      関係設定者以外とは対立争う(味方でないものは敵)。
    3. 関係設定者とも対立争う←対立争い状況対応優先
      対立争い状況対応優先から関係設定者とも対立争う(5章本来状況対応優先、家族状況対応、親族状況対応、友人状況対応、提携相手)。
    4. 提携相手と対立争う…裏切り・寝返る
      提携相手とも対立争う。裏切る(食言)、寝返る。
    5. 提携すべき者と対立争う
      提携すべき者とも対立争う。
    6. 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
      状況対応分担者と対立争う(5章本来状況対応・対立争い状況対応が状況対応分担より優先)。
  2. 初対面者
    初対面の人間とも対立争う。
  3. 対立争い相手を求める…常に対立争い相手がいないともたない
    対立争い相手を求める(攻撃対象・批判対象、対立争いに誘い込む→挑発)。
第2 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
  1. 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
    誰とでも対立争うから人間同士は対立争い関係である。
  2. 精神緊張・精神疲労…常に気を張る
    精神に緊張する。常に気を張る。
  3. 憎悪
    他人を憎悪する。
  4. 疑う
    他人を疑う(性悪説)。他人の関係者も疑う。
  5. 警戒
    他人を警戒する。
  6. 防衛
    防衛する。
  7. 調査
    他人を調査する。
  8. 拒絶
    他人を拒絶する。
  9. 民族長と構成員
    1. 民族長は構成員を疑い
      民族長は構成員を疑う。
    2. 構成員は民族長を疑い
      構成員は民族長を疑う。
  10. 構成員同士…疑い
    構成員同士が疑う(上司は部下を疑う、部下は上司を疑う)。
  11. 官僚同士…疑い
    官僚同士が疑う(上司官僚は部下官僚を疑う、部下官僚は上司官僚を疑う)。

5節9 対立争いに勝利して成果取得…人範囲
(宗教状況対応型)

第1 誰とでも対立争う…人範囲
  1. 誰とでも対立争う…人範囲
    1. 提携者とも対立争う
      提携者とも対立争う。
    2. 関係設定者以外は対立争う
      関係設定者以外とは対立争う(味方でないものは敵)。
    3. 関係設定者とも対立争う←対立争い状況対応優先
      対立争い状況対応優先から関係設定者とも対立争う(5章本来状況対応優先、家族状況対応、親族状況対応、友人状況対応、提携相手)。
    4. 提携相手と対立争う…裏切り・寝返る
      提携相手とも対立争う。裏切る(食言)。
    5. 提携すべき者と対立争う
      提携すべき者とも対立争う。
    6. 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
      状況対応分担者と対立争う(5章本来状況対応・対立争い状況対応が状況対応分担より優先)。
  2. 初対面者
    初対面の人間とも対立争う。
  3. 対立争い相手を求める…常に対立争い相手がいないともたない
    対立争い相手を求める(攻撃対象・批判対象、対立争いに誘い込む→挑発)。
第2 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
  1. 人間同士は対立争い関係←誰とでも対立争う
    誰とでも対立争うから人間同士は対立争い関係である。
  2. 精神緊張・精神疲労…常に気を張る
    人間同士対立争い関係から精神緊張する(精神疲労)。精神緊張する。常に気を張る。
  3. 憎悪
    他人を憎悪する。
  4. 疑う
    他人を疑う。他人の関係者も疑う。
  5. 警戒
    他人を警戒する。
  6. 防衛
    防衛する。
  7. 調査
    他人を調査する。
  8. 拒絶
    拒絶する。
  9. 民族長と構成員
    1. 民族長は構成員を疑い
      民族長は構成員を疑う。
    2. 構成員は民族長を疑い
      構成員は民族長を疑う。
  10. 構成員同士…疑い
    構成員同士が疑う(上司は部下を疑う、部下は上司を疑う)。
  11. 官僚同士…疑い
    官僚同士が疑う(上司官僚は部下官僚を疑う、部下官僚は上司官僚を疑う)。

5節10 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲
(個人対立争い型)

第1 何でも対立争う…対象範囲
何でも対立争う。
第2 すぐ対立争う←何でも対立争う
何でも対立争うからすぐ対立争う。

5節11 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲
(宗教状況対応型)

第1 何でも対立争う
何でも対立争う。
第2 すぐに対立争う←何でも対立争う
何でも対立争うからすぐに対立争う。

5節12 対立争いに勝利して成果取得の存続はかる
(個人対立争い型)

第1 対立争い状況対応の存続はかる…何度でも対立争う
  1. 対立争い状況対応の存続はかる
    対立争い状況対応の存続をはかる。
  2. 存続対立争い状況対応…同種の対立争いとは限らない
    存続対立争い状況対応は同種の対立争いとは限らない。
第2 対立争い状況対応を永続
対立争いを永続する。
第3 何度でも対立争う(再開・繰り返し・再燃)
何度でも対立争う。
第4 勝利したら次の対立争いでも勝利をめざす(返り討ち)←何度でも対立争う
勝利したら次の対立争いでも勝利めざす(返り討ち)。
第5 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)←何度でも対立争う
敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐、報復、報仇)。
第6 勝敗入れ替わる←何度でも対立争う
勝敗が入れ替わる。
第7 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
裁判で負けても対立争う。
第8 相手が死んでも継続
  1. 相手が死んでも継続
    相手が死んでも継続する。
  2. 死者の墓を破壊
    死者の墓を破壊する。
第9 過去のことも対立争う
  1. 過去のことも対立争う
    過去のことも対立争う。
  2. 過去の対立争いを忘れない…根にもつ・尾を引く・執念深い
    1. 過去の対立争いを忘れない…根にもつ・尾を引く・執念深い
      過去の対立争いを忘れない(根にもつ、尾を引く、執念深い)。
    2. 対立にまつわる人間も忘れない…英雄・裏切者・敵将
      対立にまつわる人間も忘れない(英雄、裏切者、敵将)。

5節13 対立争いに勝利して成果取得の存続はかる
(宗教状況対応型)

第1 対立争い状況対応の存続はかる…何度でも対立争う
  1. 対立争い状況対応の存続はかる
    対立争い状況対応の存続をはかる。
  2. 存続対立争い状況対応…同種の対立争いとは限らない
    存続対立争い状況対応は同種の対立争いとは限らない。
第2 対立争い状況対応を永続
対立争いを永続する。
第3 何度でも対立争う(再開・繰り返し・再燃)
何度でも対立争う。
第4 勝利したら次の対立争いでも勝利をめざす(返り討ち)←何度でも対立争う
勝利したら次の対立争いでも勝利めざす(返り討ち)。
第5 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)←何度でも対立争う
敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐、報復)。
第6 勝敗入れ替わる←何度でも対立争う
勝敗が入れ替わる。
第7 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
裁判で負けても対立争う。
第8 過去のことも対立争う
  1. 過去のことも対立争う
    過去のことも対立争う。
  2. 過去の対立争いを忘れない
    1. 過去の対立争いを忘れない
      過去の対立争いを忘れない(過去の宗教対立、真珠湾を忘れるな)。
    2. 対立にまつわる人間も忘れない…英雄・裏切者・敵将
      対立にまつわる人間も忘れない(英雄、裏切者、敵将)。

5節14 対立争い対応方法・対立争い応手法
(個人対立争い型)

第1 対立争い対応方法…短期即応
  1. 対立争い対応方法…短期即応
    対立争い対応方法が短期即応である。集中する(集中し興奮→演説中興奮して川に飛び込む・交渉で興奮しまとまりかけたのが決裂〈清末〉)。短期集約する。早さが要求される。
第2 対立争い手法…対立争いが激しい
  1. 対立争い手法…対立争いが激しい
    対立争いが激しい。
  2. 攻撃・反撃
    1. 攻撃…対立争い開始
      対立争いを開始する。
    2. 反撃…相手も対立争い開始
      対立争いが開始されれば相手もすぐ対立争いを開始する。
    3. 戦争→戦争(応戦)
      戦争には戦争(応戦)する。
    4. 論争→反論
      1. 論争→反論
        論争で反論する。
      2. 悪情報流し→ハラスメント・ヘイトスピーチ・民族差別と反論
        悪情報流しにハラスメント、ヘイトスピーチ、民族差別と反論する。
    5. 反撃は同種の対立争いとは限らない
      反撃は同種の対立争いとは限らない。
    6. 悪情報流し→名誉毀損告訴・信用毀損告訴
      悪情報流しに名誉毀損告訴、信用毀損告訴する。
    7. 反撃×→攻撃止まらない
      反撃しなければ攻撃はとまらない(格好の標的にされる、相手が強くでれば引き、弱腰であれば攻める)。
    8. 反撃×→他の意味に取られる
      反撃しないと他の意味に取られる(弱気、相手を無視、争いをしない・話合解決とはとられない)。
    9. 攻撃に譲歩(相手優先させる)→攻撃増す
      攻撃に対して譲歩(相手優先させる)すると攻撃は増す。
    10. 反撃→再攻撃
      1. 反撃→再攻撃
        反撃に再攻撃する。
      2. 悪情報流し反撃に再攻撃…表現の自由違反
        悪情報流し反撃に表現の自由違反と再攻撃する。
  3. 武器使用…暴力行使
    暴力行使ではすぐ武器を使用する。
  4. 大声・顔をつきあわせる…論争
    論争では大声を出す、顔をつきあわせる。

5節15 対立争い対応方法・対立争い応手法
(宗教状況対応型)

第1 対立争い対応方法…短期即応
  1. 対立争い対応方法…短期即応
    対立争い対応方法が短期即応である。集中する。短期集約する。早さが要求される。
第2 対立争い手法…対立争いが激しい
  1. 対立争い手法…対立争いが激しい
    対立争いが激しい。
  2. 攻撃・反撃
    1. 攻撃…対立争い開始
      対立争いを開始する。
    2. 反撃…相手も対立争い開始
      対立争いが開始されれば相手もすぐ対立争いを開始する。
    3. 戦争→戦争(応戦)
      戦争には戦争(応戦)する。
    4. 論争→反論
      1. 論争→反論
        論争で反論する。
      2. 悪情報流し→ハラスメント・ヘイトスピーチ・民族差別と反論
        悪情報流しにハラスメント、ヘイトスピーチ、民族差別と反論する。
    5. 反撃は同種の対立争いとは限らない
      反撃は同種の対立争いとは限らない。
    6. 悪情報流し→名誉毀損告訴・信用毀損告訴
      悪情報流しに名誉毀損告訴、信用毀損告訴する。
    7. 反撃×→攻撃止まらない
      反撃しなければ攻撃はとまらない(格好の標的にされる、相手が強くでれば引き、弱腰であれば攻める)。
    8. 反撃×→他の意味に取られる
      反撃しないと他の意味に取られる(弱気、相手を無視、争いをしない・話合解決とはとられない)。
    9. 攻撃に譲歩(相手優先させる)→攻撃増す
      攻撃に対して譲歩(相手優先させる)すると攻撃は増す。
    10. 反撃→再攻撃
      1. 反撃→再攻撃
        反撃に再攻撃する。
      2. 悪情報流し反撃に再攻撃…表現の自由違反
        悪情報流し反撃に表現の自由違反と再攻撃する。
  3. 武器使用…暴力行使
    暴力行使ではすぐ武器を使用する。
  4. 大声・顔をつきあわせる…論争
    論争では大声を出す、顔をつきあわせる。

5節16 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案
(個人対立争い型)

第1 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案(対立争いが巧み・質が高い)←本来状況対応
本来状況対応だから対立争い対応方法、対立争い手法を習得考案する(対立争いが巧み、質が高い、対立争いに全知全能を注ぎ込む、したたかで強い)。

対立争い対応方法習得考案

第1 対立争い対応方法の習得考案
  1. 対立争い方法習得考案
    対立争い対応方法を習得考案する。
第2 状況
  1. 勝利できる状況で対立争う
    勝利できる状況で対立争う(勝機を逃さない)。
  2. 勝利できない状況では対立争わない
    勝利できない状況では対立争わない。
  3. 勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす
    勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす。
  4. 状況利用
    1. 対立争い相手の状況対応を利用
      対立争い相手の状況対応を利用する。
    2. 他者同士の対立争いを利用し自己の対立争い有利にする
      他者同士対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。
    3. 対立相手の強者支配関係・強者優先関係を利用し自己の対立争いを有利にする
      対立相手の強者支配関係、強者優先関係を利用する(相手の強者支配者に強者支配を発動させるぞと対立争いを有利にする、相手の強者優先関係を利用する、相手の弱みをつく)。
    4. 民族同士対立争いを利用し民族内対立争いを有利にする
      民族同士対立争い利用し民族内対立争いを有利にする。
    5. 対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする
      対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。
  5. 状況操作
    1. 対立争い相手同士の対立争いおこし自己との対立争いを有利にする
      対立争い相手同士の対立争いをおこし自己との対立争いを有利にする。
    2. 民族同士対立争いおこし自己の民族内対立争いを有利にする
      民族同士対立争いおこし自己の民族内対立争いを有利にする。
    3. 民族内対立争いおこし自己の民族内対立争いを有利にする
      民族内対立争いをおこし自己の民族内対立争いを有利にする。
    4. 民族内対立争い者と他民族の対立争いおこし自己の民族内対立争いを有利にする
      民族内対立争い者の他民族の対立争いおこし自己の民族内対立争いを有利にする。
    5. 民族同士対立争いおこし民族内対立争いさせない←大きい対立争いをめざす
      民族同士対立争いをおこして民族内対立争いさせない(他民族との対立争いおこす、大きい対立争いをめざすことを利用)。
    6. 別の大規模な争いおこし他の対立争いさせない←大規模な対立争いをめざす
      別の大規模な対立争いおこし他の対立争いさせない(大規模な対立争いをめざすことを利用)。
    7. 対立争い相手集団内対立争いおこし自己との対立争いを有利にする
      対立争い相手集団内対立争いおこし自己との対立争いを有利にする(相手集団を分裂させる)。
  6. 状況利用+状況操作する
    状況利用と状況操作を組み合わせる。状況利用して状況操作する。

対立争い手法習得考案

第1 対立争い手法を習得考案
  1. 対立争い手法を習得考案
    対立争い手法を習得考案する。
第2 範囲
  1. 勝利できる相手と対立争う…人範囲→追放官僚・追放民族構成員
    勝利できる相手と対立争う。
  2. 勝利できない相手とは対立争わない
    勝利できない相手とは対立争わない。
  3. 対立争わない相手と対立争う…人範囲
    1. 対立争わない相手と対立争う…標的
      対立争わない相手と対立争う(対立争いの標的とする)。
  4. 対立争う相手とは対立争わない
    対立争う相手とは対立争わない。
  5. 複数相手と同時に対立争わない…人範囲
    1. 複数相手と同時に対立争わない…人範囲
      敗退をしないため複数相手と同時に対立争わない。
    2. 同時に複数相手の民族内対立争い
      同時に複数相手の民族内対立争いしない。
    3. 同時に複数相手の民族同士対立争い
      同時に複数相手の民族同士対立争いしない。
    4. 同時に民族内対立争いと民族同士対立争い
      同時に民族内対立争いと民族同士対立争いしない。
  6. 勝利できる対立争いをする…対象範囲
    1. 勝利できる争い選択
      1. 勝利できる争い選択
        勝利できる争いを選ぶ。
      2. 暴力行使(殺人傷害)
        確実に成果取得できるから(反撃が少ない・報復が少ない)、暴力行使(殺人傷害)が一番である。取り込み、事実に反する状況対応〈だまし〉、論争より、暴力行使(殺人傷害)である(腕力がある者が勝つ)。
    2. 勝利できる対立争いに持ち込む
      勝利できる対立争いに持ち込む(勝利できそうな争点を設定する〈裁判〉)。
  7. 勝利できない対立争いしない…対象範囲
    勝利できない対立争いしない。
  8. 対立争いを拡大する…対象範囲
    1. 対立争いを拡大する…対象範囲
      対立争いを拡大する(他の対立に飛び火、他の対立争いに連動させる)。
    2. 無関係な対立争いと関連させる
      無関係な対立争いと関連させる。
    3. 有利な対立争いと関連させる
      有利な対立争いと関連させる。
    4. ある対立争いを無関係な対立争いの原因とする
      ある対立を無関係な他の対立争いの原因とする。
    5. 民族同士対立を民族内対立に関連させる
      民族同士対立を民族内対立に関連させる。
    6. 民族同士対立を他民族同士対立に関連させる
      民族同士対立を他民族同士に関連させる。
  9. 全面対立争いする…対象範囲
    対立争いにより全面対立争いする。
  10. 全面対立争いしない…対象範囲
    対立争いにより全面対立争いをさけ個別対立争いでのりきる。
第3 対立争う・対立争わない
  1. 相手の対応を把握して対立争う
    1. 相手の対応を把握して対立争う
      相手の対応を把握して対立争う。対立争うか対立争わないか決める。争いを選択する(戦争・暴力行使、脅し、事実に反する状況対応〈だまし〉、論争)。
    2. 対立争うか対立争わないか決める
      対立争うか対立争わないか決める(相手が強気であれは対立争わない、相手が弱気であれば対立争う)。
    3. 争いを選択する
      争いを選択する(相手が弱気であれば→暴力行使、相手が強気であれば暴力行使でなく脅し〈口先だけ〉、嫌がらせ、悪情報流し、事実に反する状況対応〈だまし〉、論争に切り替える)。
  2. 不要な対立争いをしない
    1. 不要な対立争いをしない
      不要な対立争いをしない(突発的対立争い)。
    2. 情報交換
      不要な対立争いをしないため情報交換する。
第4 対立争いを使い分ける
  1. 体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける
    体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける。
第5 複数の対立争いをまとめて対立争う
  1. 複数の対立争いをまとめて対立争う
    複数の対立争いをまとめて対立争う(抱き合わせ対立争い、何でもあり、争いを駆使、暴力行使(殺人傷害)、妨害、脅迫を同時にする)。
  2. 暴力行使と脅迫
    暴力行使〈殺人傷害〉、妨害、脅迫を同時にする。
  3. 暴力行使と論争
    暴力行使と論争をする(暴力行使して論争で口実つける・正当化する)。
第6 反撃されないように攻撃する
  1. 反撃されないように攻撃する
    反撃されないように攻撃する。
  2. 誰が対立争っているか不明にする
    誰が対立争っているか不明にする(サイバー攻撃)。
第7 戦争・暴力行使しない←犠牲・負担
  1. 戦争・暴力行使しない←犠牲・負担
    戦争・暴力行使は犠牲がでることがある(戦死者)。負担(労力・時間・費用)が大きいことがある(裁判費用)。双方が弱化・貧化する(疲弊)。戦争・暴力行使いをしないことがある(7章戦争しない)。
  2. 戦争・暴力行使を制限←犠牲・負担
    戦争・暴力行使は犠牲・負担が大きいから、制限することがある。

相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案

第1 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
  1. 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
    1. 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
      相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法を習得考案する。
    2. 報復させない…殺害→遺族が報復
      報復((敗退したら次の対立争いで勝利めざす)させない(殺害する→遺族が報復する)。
  2. 正しい対立争いだったとする
    1. 正しい対立争いだったとする
      過去の対立争いを正しい対立争いだったとする。
    2. 理由を撤回しない
      正しい対立である理由は撤回しない。
  3. 悪い対立争いだったとしない…自己悪情報流し(謝罪)しない
    自己悪情報流し(謝罪)しない。

5節17 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案

第1 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案(対立争いが巧み・質が高い)←本来状況対応
本来状況対応だから対立争い対応方法、対立争い手法を習得考案する(対立争いが巧み、質が高い、対立争いに全知全能を注ぎ込む、したたかで強い)。

対立争い対応方法習得考案

第1 対立争い対応方法の習得考案
  1. 対立争い方法習得考案
    対立争い対応方法を習得考案する。
第2 状況
  1. 勝利できる状況で対立争う
    勝利できる状況で対立争う(勝機を逃さない)。
  2. 勝利できない状況では対立争わない
    勝利できない状況では対立争わない。
  3. 勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす
    勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす。
  4. 状況利用
    1. 対立争い相手の状況対応を利用
      対立争い相手の状況対応を利用する。
    2. 他者同士の対立争いを利用し自己の対立争い有利にする
      他者同士対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。
    3. 民族同士対立争いを利用し民族内対立争いを有利にする
      民族同士対立争い利用し民族内対立争いを有利にする。
    4. 対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする
      対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。
  5. 状況操作
    1. 対立争い相手同士の対立争いおこし自己との対立争いを有利にする
      対立争い相手同士の対立争いをおこし自己との対立争いを有利にする。
    2. 民族同士対立争いおこし自己の民族内対立争いを有利にする
      民族同士対立争いをおこして自己の民族内対立争いを有利にする。
    3. 民族内対立争いをおこし自己の民族内対立争いを有利にする…民族構成員と民族長を対立争わせる
      民族内対立争いをおこし自己の民族内対立争いを有利にする(民族長と民族構成員と対立争わせ民族長を困難状況に追い込む、5章民族長地位取り合う)。
    4. 民族内対立争い者と他民族の対立争いおこし自己の民族内対立争いを有利にする
      民族内対立争い者の他民族の対立争いおこし自己の民族内対立争いを有利にする。
    5. 民族同士対立争いおこし民族内対立争いさせない←大きい対立争いをめざす
      民族対立争いをおこして民族内対立争いさせない(他民族との対立争いおこす、大きい対立争いをめざすことを利用)。
    6. 別の大規模な争いおこし他の対立争いさせない←大規模な対立争いをめざす
      別の大規模な対立争いおこし他の対立争いさせない(大規模な対立争いをめざすことを利用)。
    7. 対立争い相手集団内対立争いおこし自己との対立争いを有利にする
      対立争い相手集団内対立争いおこし自己との対立争いを有利にする(相手集団を分裂させる)。
  6. 状況利用+状況操作する
    状況利用と状況操作を組み合わせる。状況利用して状況操作する。

対立争い手法習得考案

第1 対立争い手法を習得考案
  1. 対立争い手法を習得考案
    対立争い手法を習得考案する。
第2 範囲
  1. 勝利できる相手と対立争う…人範囲
    勝利できる相手と対立争う。
  2. 勝利できない相手とは対立争わない…人範囲
    勝利できない相手とは対立争わない。
  3. 対立争わない相手と対立争う…人範囲
    1. 対立争わない相手と対立争う…人範囲→標的
      対立争わない相手と対立争う(対立争いの標的とする)。
    2. 対立争えない相手と対立争う…下位者(地位上下)
      対立争えない相手と対立争う。下位者(地位上下)と対立争う。
  4. 対立争う相手とは対立争わない
    対立争う相手とは対立争わない。
  5. 複数相手と同時に対立争わない…人範囲
    1. 複数相手と同時に対立争わない…人範囲
      敗退をしないため複数相手と同時に対立争わない。
    2. 同時に複数相手の民族内対立争い
      同時に複数相手の民族内対立争いしない。
    3. 同時に複数相手の民族同士対立争い
      同時に複数相手の民族同士対立争いしない。
    4. 同時に民族内対立争いと民族同士対立争い
      同時に民族内対立争いと民族同士対立争いしない。
  6. 勝利できる対立争いをする…対象範囲
    1. 勝利できる争い選択
      1. 勝利できる争い選択
        勝利できる争いを選ぶ。
      2. 暴力行使(殺人傷害)
        確実に成果取得できるから(反撃が少ない・報復が少ない)、暴力行使(殺人傷害)が一番である。取り込み、事実に反する状況対応〈だまし〉、論争より、暴力行使(殺人傷害)である(腕力がある者が勝つ)。
    2. 勝利できる対立争いに持ち込む
      勝利できる対立争いに持ち込む(勝利できそうな争点を設定する〈裁判〉)。
  7. 勝利できない対立争いしない…対象範囲
    勝利できない対立争いしない。
  8. 対立争いを拡大する…対象範囲
    1. 対立争いを拡大する…対象範囲
      対立争いを拡大する(他の対立に飛び火、他の対立争いに連動させる)。
    2. 無関係な対立争いと関連させる
      無関係な対立争いと関連させる。
    3. 有利な対立争いと関連させる
      有利な対立争いと関連させる。
    4. ある対立争いを無関係な対立争いの原因とする
      ある対立を無関係な他の対立争いの原因とする。
    5. 民族同士対立を民族内対立に関連させる
      民族同士対立を民族内対立に関連させる。
    6. 民族同士対立を他民族同士対立に関連させる
      民族同士対立を他民族同士に関連させる。
  9. 全面対立争いする…対象範囲
    対立争いにより全面対立争いする。
  10. 全面対立争いしない…対象範囲
    対立争いにより全面対立争いをさけ個別対立争いでのりきる。
第3 対立争う・対立争わない
  1. 相手の対応を把握して対立争う
    1. 相手の対応を把握して対立争う
      相手の対応を把握して対立争う。対立争うか対立争わないか決める。争いを選択する(戦争・暴力行使、脅し、事実に反する状況対応〈だまし〉、論争)。
    2. 対立争うか対立争わないか決める
      対立争うか対立争わないか決める(相手が強気であれは対立争わない、相手が弱気であれば対立争う)。
    3. 争いを選択する
      争いを選択する(相手が弱気であれば→暴力行使、相手が強気であれば暴力行使でなく脅し〈口先だけ〉、嫌がらせ、悪情報流し、事実に反する状況対応〈だまし〉、論争に切り替える)。
  2. 不要な対立争いをしない
    1. 不要な対立争いをしない
      不要な対立争いをしない(突発的対立争い)。
    2. 情報交換
      不要な対立争いをしないため情報交換する。
第4 対立争いを使い分ける
  1. 体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける
    体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける。
第5 複数の対立争いをまとめて対立争う
  1. 複数の対立争いをまとめて対立争う
    複数の対立争いをまとめて対立争う(抱き合わせ対立争い、何でもあり、争いを駆使、暴力行使(殺人傷害)、妨害、脅迫を同時にする)。
  2. 暴力行使と脅迫
    暴力行使〈殺人傷害〉、妨害、脅迫を同時にする。
  3. 暴力行使と論争
    暴力行使と論争をする(暴力行使して論争で口実つける・正当化する)。
第6 反撃されないように攻撃する
  1. 反撃されないように攻撃する
    反撃されないように攻撃する。
  2. 誰が対立争っているか不明にする
    誰が対立争っているか不明にする。
第7 戦争・暴力行使しない←犠牲・負担
  1. 戦争・暴力行使しない←犠牲・負担
    戦争・暴力行使は犠牲がでることがある(戦死者)。負担(労力・時間・費用)が大きいことがある(裁判費用)。双方が弱化・貧化する(疲弊)。戦争・暴力行使いをしないことがある(7章戦争しない)。
  2. 戦争・暴力行使を制限←犠牲・負担
    戦争・暴力行使は犠牲・負担が大きいから、制限することがある。

相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案

第1 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
  1. 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
    1. 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
      相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法を習得考案する。
    2. 報復させない…殺害→遺族が報復
      報復((敗退したら次の対立争いで勝利めざす)させない(殺害する→遺族が報復する)。
  2. 正しい対立争いだったとする
    1. 正しい対立争いだったとする
      過去の対立争いを正しい対立争いだったとする。
    2. 理由を撤回しない
      正しい対立である理由は撤回しない。
  3. 悪い対立争いだったとしない…自己悪情報流し(謝罪)しない
    自己悪情報流し(謝罪)しない。

5節18 対立争いに勝利して成果取得を正しいとする
(個人対立争い型)

第1 対立争いを正しいとする
  1. 対立争いを正しいとする(自己正・自己正当化)
    対立争いを正しいとする。
  2. 正しい対立争いとかかげる…対立争い前
    1. 正しい対立争いとかかげる…対立争い前
      対立争い前に正しいとかかげる(大義名分)
    2. 相手の対立争いは悪いとする
      相手の対立争いは悪いとする。
  3. 正しい対立争いであったとする…対立争い後
    1. 正しい対立争いであったとする…対立争い後
      対立争い後に正しい対立争いであったとする。
    2. 相手の対立争いは悪かったとする
      相手の対立争いは悪かったとする。
  4. 事実に反する正しい対立争いとする
    1. 事実に反する正しい対立争いとする
      事実に反する(事実隠し・事実曲げる・原因曲げる・事実作る・言いくるめる)正しい対立争いとする。
    2. 史書…事実に反する状況解明(歴史解明)をし正しかったとする
      史書で事実に反する状況解明(歴史解明)をし正しかったとする)。
  5. 一応の理由かかげる…口実
    1. 一応の理由かかげる…口実
      対立争いに一応の理由をかかげる。
    2. 対立争い再開(報復)をしないため理由は撤回しない
      対立争い再開(報復)をしないため理由は撤回しない。
  6. いろんな口実
    いろんな口実をかかげる。
  7. 口実を与えない
    1. 口実を与えない
      口実を与えないようにしなければならない。
    2. 何事も秘密にする←口実を与えない
      1. 何事も秘密にする←口実を与えない
        口実を与えないため何事も秘密にする。
      2. 本心を隠す
        本心を隠す。
      3. 民族状況対応者(政治家)…何事も秘密にする→要人情報×・入院先秘密
        民族状況対応者(政治家)は秘密主義である(要人情報×・入院先秘密)。
  8. 自己悪情報流し(謝罪・自己批判)させる←口実を与えない
    反撃の口実を与えないよう、相手に自己悪情報流しさせる(謝罪させる、自己批判)。
  9. 対立争い隠す(非公然)・間接←口実を与えない
    口実を与えないよう対立争いを隠す(非公然)、間接となる(表面上・接触相手と←本来は公然・直接)。
第2 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争いを正しいとする
  1. 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争いを正しいとする
    対立争いを正しいとするから対立争い状況対応基準(ルール)はない。

5節19 対立争いに勝利して成果取得を正しいとする
(宗教状況対応型)

第1 対立争いを正しいとする
  1. 対立争いを正しいとする(自己正・自己正当化)
    対立争いを正しいとする。
  2. 正しい対立争いとかかげる…対立争い前
    対立争い前に正しいとかかげる(大義名分)。
    相手の対立争いは悪いとする。
  3. 正しい対立争いであったとする…対立争い後
    対立争い後に正しい対立争いであったとする。
    相手の対立争いは悪かったとする。
  4. 神決定状況対応型
    1. 正しい対立争い…神が命令する対立争い
      神が命令する対立争いは正しい。
    2. 悪い対立争い…神がしないと決定した対立争い
      神がしないと決定した対立争いは悪い。
    3. 神がしないと決定した対立争いはしない
      神がさせない(禁止)と決定した対立争いはしない。
第2 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争いを正しいとする
  1. 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争いを正しいとする
    対立争いを正しいとするから対立争い状況対応基準(ルール)はない。
  2. 神決定状況対応型…対立争い状況対応基準/dt>
    神が悪い対立争い状況対応させないから対立争い状況対応基準(ルール)がある。

5節20 対立争いに勝利して成果取得重視
(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
  1. 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得を重視する。

対立争い重視・不対立争い軽視

第1 対立争い重視
対立争いを重視する。
第2 対立争い状況対応力重視←対立争い重視
  1. 対立争い状況対応力重視←対立争い重視
    対立争い力を重視する。
  2. 暴力行使力重視
    暴力行使力を重視する。
  3. 論争力重視…口達者・口巧み
    論争力を重視する(口達者、口巧み)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)力重視
    事実に反する状況対応(だまし)力を重視する。
  5. 対立争い状況対応力軽視×…不公正
    対立争い状況対応力軽視を許さない。不公正とする。
  6. 対立争い状況対応力>人気
    人気より対立争い力が重視される。
  7. 対立争い状況対応力至上主義
    病理的になると、対立争い力至上主義となる(力は正義なり)。
第3 対立争い状況対応者重視
  1. 対立争い状況対応者重視
    1. 対立争い状況対応者重視
      対立争い状況対応を重視する。果敢に対立争う者を重視する。挑戦者が重視される。
    2. 最後まで知力と気力を絞って諦めず対立争う人が重視
      最後まで知力と気力を絞って諦めず対立争う人が重視される。
  2. 勇者・敗退者も賞賛・病的になるとテロリスト・刺客・暗殺者も重視
    勇者、敗退者も賞賛、病的になるとテロリスト・刺客・暗殺者も重視する。
第4 不対立争い軽視
不対立争いを軽視する。
第5 不対立争い者軽視
不対立争い者を軽視する。

勝利重視・敗退軽視

第1 勝利重視
勝利を重視する。
第2 勝利者重視
  1. 勝利者重視
    勝利者を重視する。
  2. 英雄崇拝
    英雄崇拝する。
第3 敗退軽視
敗退を軽視する。
第4 敗退者軽視
敗退者を軽視する。
第5 勝ったか負けたか
勝ったか負けたかである。

成果取得重視・不成果取得軽視

第1 成果取得重視
成果取得を重視する。
第2 成果取得者重視
成果取得者を重視する(成功者)。
第3 不成果取得軽視
不成果取得を軽視する。
第4 不成果取得者軽視
不成果取得者を軽視する。

結果重視・努力軽視・経過軽視・動機軽視

第1 結果重視
  1. 結果重視
    1. 勝利敗退結果を重視
      勝利敗退の結果を重視する。
    2. 成果取得・成果不取得結果を重視
      成果取得・成果不取得の結果を重視する。
第2 努力軽視
  1. 努力軽視
    努力を軽視する。
  2. 努力は他の意味にとられる…努力は弱者・無能者がすること
    努力は他の意味にとられる。努力は弱者・無能者がすることとする。
第3 経過軽視
経過を軽視する。
第4 動機軽視
動機を軽視する。

重視状況対応・重視情報流し・重視動作

第1 対立争い者重視状況対応・勝利者重視状況対応・成果取得者重視状況対応
  1. 対立争い者重視状況対応
    1. 対立争い者重視状況対応
      対立争い者重視状況対応する。
    2. 帰還兵に特典を与える…奨学金
      帰還兵に特典を与える(奨学金)。
  2. 勝利者重視状況対応
    勝者重視状況対応する。
  3. 成果取得者重視状況対応
    成果取得者重視状況対応する。
  4. 追従・迎合・感謝
    対立争い者、勝利者、成果取得者に追従する、迎合する、感謝する。
第2 対立争い者重視情報流し・勝利者重視情報流し・成果取得者重視情報流し
対立争い者重視情報流し、勝利者重視情報流し、成果取得者重視情報流しする(敬語)。
第3 対立争い者重視動作・勝利者重視動作・成果取得者重視動作
対立争い者重視動作、勝利者重視動作、成果取得者重視動作する(跪く)。

軽視状況対応・軽視情報流し・軽視動作

第1 不対立争い者軽視状況対応・敗退者軽視状況対応・不成果取得者軽視状況対応
  1. 不対立争い者軽視状況対応
    不対立争い者軽視状況対応する。
  2. 敗退者軽視状況対応
    1. 敗退者軽視状況対応
      敗退者軽視状況対応する。
    2. 倒産者軽視状況対応
      倒産者軽視状況対応する。
  3. 不成果取得者軽視状況対応
    不成果取得者軽視状況対応する。
第2 不対立争い者軽視情報流し・敗者軽視情報流し・不成果取得者軽視情報流し
不対立争い者軽視情報流し、敗者軽視情報流し、不成果取得者軽視情報流しする。
第3 不対立争い者軽視動作・敗者軽視動作・不成果取得者軽視動作
不対立争い者軽視視動作、敗者軽視動作、不成果取得者軽視動作する。

高評価・低評価

第1 対立争いに勝利し成果取得を高評価
  1. 対立争いに勝利し成果取得を高評価
    対立争いに勝利し成果取得を高評価する。
第2 対立争いに勝利し成果取得しないを低評価
  1. 対立争いに勝利し成果取得しないを低評価
    対立争いに勝利し成果取得しないを低評価する。

関係設定

第1 対立争いに勝利し成果取得者と関係設定
  1. 対立争いに勝利し成果取得者と関係設定
    対立争いに勝利し成果取得者と関係設定する。
  2. 対立争い者と関係設定
    対立争い者と関係設定する(殴り合わなきゃ付き合いが設定されない)。
  3. 勝利者と関係設定
    勝者と関係設定する。
  4. 成果取得者と関係設定
    成果取得者と関係設定する。

5節21 対立争いに勝利して成果取得重視
(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
  1. 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得を重視する。

対立争い重視・不対立争い軽視

第1 対立争い重視
  1. 対立争い重視
    対立争いを重視する。
  2. 対立争いが進歩を生む・対立争いが健全保持
    1. 対立争いが進歩を生む・対立争いが健全保持
      対立争いが進歩を生むとも考える(弁証法、政党対立)。対立争いが健全さを保つとも考える。
    2. 官民対立・軍隊の文民統制
      官民対立、軍隊の文民統制がある。
第2 対立争い状況対応力重視←対立争い重視
  1. 対立争い状況対応力重視←対立争い重視
    対立争い力を重視する。
  2. 暴力行使力重視
    暴力行使力を重視する。強い人間を重視する。
  3. 論争力重視…口達者・口巧み
    論争力を重視する(口達者、口巧み)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)力重視
    事実に反する状況対応(だまし)力を重視する。
  5. 対立争い状況対応力軽視×…不公正
    対立争い状況対応力軽視を許さない。不公正とする。
  6. 対立争い状況対応力>人気
    人気より対立争い力が重視される。
  7. 対立争い状況対応力至上主義
    病理的になると、対立争い力至上主義となる(力は正義なり)。
第3 対立争い状況対応者重視
  1. 対立争い状況対応者重視
    1. 対立争い状況対応者重視
      対立争い状況対応を重視する。果敢に対立争う者を重視する。挑戦者が重視される。
    2. 最後まで知力と気力を絞って諦めず対立争う人が重視
      最後まで知力と気力を絞って諦めず対立争う人が重視される。
  2. 勇者・敗退者も賞賛・病的になるとテロリスト・刺客・暗殺者も重視
    勇者、敗退者も賞賛、病的になるとテロリスト・刺客・暗殺者も重視する。
第4 不対立争い者軽視
不対立争い者を軽視する。

勝利重視・敗退軽視

第1 勝利重視
勝利を重視する。
第2 勝利者重視
  1. 勝利者重視
    勝利者を重視する。
  2. 英雄崇拝
    英雄崇拝する。
第3 敗退軽視
敗退を軽視する。
第4 敗退者軽視
敗退者を軽視する。
第5 勝ったか負けたか
勝ったか負けたかである。

成果取得重視・不成果取得軽視

第1 成果取得重視
成果取得を重視する。
第2 成果取得者重視
成果取得者を重視する(成功者)。
第3 不成果取得軽視
不成果取得を軽視する。
第4 不成果取得者軽視
不成果取得者を軽視する。

結果重視・努力軽視・経過軽視・動機軽視

第1 結果重視
  1. 結果重視
    1. 勝利敗退結果を重視
      勝利敗退の結果を重視する。
    2. 成果取得・成果不取得結果を重視
      成果取得・成果不取得の結果を重視する。
第2 努力軽視
  1. 努力軽視
    努力を軽視する。
  2. 努力は他の意味にとられる…努力は弱者・無能者がすること
    努力は他の意味にとられる。努力は弱者・無能者がすることとする。
第3 経過軽視
経過を軽視する。
第4 動機軽視
動機を軽視する。

重視状況対応・重視情報流し・重視動作

第1 対立争い者重視状況対応・勝利者重視状況対応・成果取得者重視状況対応
  1. 対立争い者重視状況対応
    1. 対立争い者重視状況対応
      対立争い者重視状況対応する。
    2. 帰還兵に特典を与える…奨学金
      帰還兵に特典を与える(奨学金)。
  2. 勝利者重視状況対応
    勝者重視状況対応する。
  3. 成果取得者重視状況対応
    成果取得者重視状況対応する。
  4. 追従・迎合・感謝
    対立争い者、勝利者、成果取得者に追従する、迎合する、感謝する。
第2 対立争い者重視情報流し・勝利者重視情報流し・成果取得者重視情報流し
対立争い者重視情報流し、勝利者重視情報流し、成果取得者重視情報流しする(敬語)。
第3 対立争い者重視動作・勝利者重視動作・成果取得者重視動作
対立争い者重視動作、勝利者重視動作、成果取得者重視動作する(跪く)。

軽視状況対応・軽視情報流し・軽視動作

第1 不対立争い者軽視状況対応・敗退者軽視状況対応・不成果取得者軽視状況対応
  1. 不対立争い者軽視状況対応
    不対立争い者軽視状況対応する。
  2. 敗退者軽視状況対応
    1. 敗退者軽視状況対応
      敗退者軽視状況対応する。
    2. 失脚者からすぐ去る
      失脚者からすぐ去る。
  3. 不成果取得者軽視状況対応
    不成果取得者軽視状況対応する。

高評価・低評価

第1 対立争いに勝利し成果取得を高評価
  1. 対立争いに勝利し成果取得を高評価
    対立争いに勝利し成果取得を高評価する。
第2 対立争いに勝利し成果取得しないを低評価
  1. 対立争いに勝利し成果取得しないを低評価
    対立争いに勝利し成果取得しないを低評価する。

関係設定

第1 対立争いに勝利し成果取得者と関係設定
  1. 対立争いに勝利し成果取得者と関係設定
    対立争いに勝利し成果取得者と関係設定する。
  2. 対立争い者と関係設定
    対立争い者と関係設定する(殴り合わなきゃ付き合いが設定されない)。
  3. 勝利者と関係設定
    勝者と関係設定する。
  4. 成果取得者と関係設定
    成果取得者と関係設定する。

5節22 対立争い状況対応…集団状況対応型

第1 対立争いに勝利して成果取得×
  1. 対立争いに勝利して成果取得×
    対立争いに勝利して成果取得しない(革命・革新嫌い)。
  2. 必要な制度改革・政策変更もしない
    必要な制度改革、政策変更もしない(憲法改正絶対反対)。

対立争いに勝利して成果取得めざす×

第1 対立争いに勝利して成果取得めざす×
対立争いに勝利して成果取得めざさない。

対立争いに勝利して成果取得を当然とする×

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする×
対立争いに勝利して成果取得を当然としない。

対立争いに勝利して成果取得×…人範囲

第1 誰とでも対立争う×…人範囲
  1. 誰とでも対立争う×…人範囲
    提携者とも対立争わない。

対立争いに勝利して成果取得×…対象範囲

第1 何でも対立争う×…対象範囲
何でも対立争わない。
第2 すぐ対立争う×←何でも対立争う×
何でも対立争わないからすぐ対立争わない。

対立争いに勝利して成果取得の存続はかる×

第1 対立争い状況対応の存続はかる×
  1. 対立争い状況対応の存続はかる×
    対立争い状況対応の存続をはからない。
  2. 対立争い状況対応を永続×
    対立争いを永続しない。
  3. 何度でも対立争う×
    何度でも対立争わない。

対立争い対応方法・対立争い応手法

第1 対立争い対応方法
  1. 対立争い対応方法が短期即応×
    1. 対立争い対応方法が短期即応×
      1. 対立争い対応方法が短期即応×
        対立争い対応方法が短期即応でない。
      2. 短期×
        短期でない(決定即状況対応×、即断即決×、短期決戦×、長期裁判)。
      3. 即応×
        相手の対立争いに即応しない。
    2. 集中×←短期即応×
      短期即応でないから集中しない(全力投入×、死力を尽くす×、全知全能を注ぎ込む×)。あらゆる対立争い対応方法を試みない。
    3. 短期集約×←短期即応×
      短期即応でないから短期に集約しない(人間→兵士、物→武器・移動手段、総力集中×、大量投入×)。
第2 対立争い手法
  1. 対立争いが激しい×
    対立争い手法が激しくない。争っても徹底的に争わない。相手を打ちのめさない。
  2. 攻撃×・反撃×・再攻撃×
    1. 攻撃×・反撃×・再攻撃×
      攻撃しない。反撃しない(反撃〈報仇〉×、応戦×)。再攻撃しない。争いが拡大するからである。
    2. 高情報養成者(例外)…攻撃・反撃・再攻撃
      高情報養成者は攻撃、反撃、再攻撃する。
  3. 武器使用×…暴力行使
    暴力行使ではすぐ武器を使用しない。
  4. 大声×・顔をつきあわせる×…論争
    論争では大声を出さない、顔をつきあわせない。

対立争い対応方法習得考案×

第1 対立争い対応方法習得考案(対立争いが巧み)×
  1. 対立争い対応方法習得考案(対立争いが巧み)×
    非本来状況対応だから対立争い対応方法を習得考案しない。対立争いが巧みでない(拙劣)。
第2 状況
  1. 勝利できる状況で対立争う×
    1. 勝利できる状況で対立争う×
      勝利できる状況で対立争うことはない。
  2. 勝利できない状況では対立争わない×
    1. 勝利できない状況では対立争わない×
      勝利できない状況では対立争わないことはない。
    2. 勝利できない状況で対立争う
      勝利できない状況で対立争う(敵に背を見せるとは卑怯で戦い敗れる〈平家物語〉)。
  3. 勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす×
    勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばすことはない。
  4. 状況利用×
    状況を利用しない。
  5. 状況操作×
    状況を操作しない。

対立争い手法習得考案×

第1 対立争い手法習得考案×
  1. 対立争い手法習得考案×
    対立争い手法を習得考案しない。
第2 範囲
  1. 勝利できる相手と対立争う×…人範囲
    1. 勝利できる相手と対立争う×
      勝利できる相手と対立争うことはない。
    2. 相手が敗退・追放×
      相手が敗退したとき対立争うことはない。相手が追放されたとき対立争うことはない。
    3. 相手対立争い力低下で争う×
      相手の対立争い力が低下すれば(弱化)、勝利しやすいので対立争うことはない。
  2. 勝利できない相手とは対立争わない×
    勝利できない相手とは対立争わないことはない。
  3. 対立争わない相手と対立争う×…人範囲
    対立争わない相手と対立争うことはない。
  4. 対立争う相手とは対立争わない×…人範囲
    対立争う相手とは対立争わないことはない。
  5. 複数相手と同時に対立争わない×…人範囲
    敗退をしないため複数相手と同時に対立争わないことはない。
  6. 勝利できる対立争いを選択する…対象範囲
    1. 勝利できる争い選択
      1. 勝利できる争い選択
        勝利できる争いを選択することはない。
      2. 暴力行使(殺人傷害)
        確実に成果取得できるからと(反撃が少ない・報復が少ない)、暴力行使(殺人傷害)を選択しない。
    2. 勝利できる対立争いに持ち込む
      勝利できる対立争いに持ち込むことはない。
  7. 勝利できない対立争いしない×…対象範囲
    勝利できない対立争いさけない。
  8. 対立争いを拡大する×…対象範囲
    1. 対立争いを拡大する×…対象範囲
      対立争いを拡大しない(他の対立に飛び火、他の対立争いに連動させる)。
    2. 無関係な対立争いと関連させる×
      無関係な対立争いと関連させることはない。
    3. 有利な対立争いと関連させる×
      有利な対立争いと関連させることはない。
    4. ある対立争いを無関係な対立争いの原因とする×
      ある対立を無関係な他の対立争いの原因とすることはない。
    5. 集団内対立争いと集団外対立争いを関連させる×
      集団内対立争いと集団外対立争いを関連させることはない。
  9. 全面対立争いしない×…対象範囲
    1. 全面対立争いしない×…対象範囲
      全面対立争いをさけ個別対立争いでのりきることはない。
    2. 全面対立避け個別対立争いに驚く…対象範囲
      全面対立を避け個別対立することに驚く(理解しがたい←右手で握手して左手で喧嘩・宿敵が組む、冷却関係)。
第3 対立争う・対立争わない
  1. 相手の対応を把握して対立争う×
    1. 相手の対応を把握して対立争う×
      相手の対応を把握して対立争うことはない。
    2. 対立争うか対立争わないか決める
      対立争うか対立争わないか決める(相手が強気であれは対立争わない、相手が弱気であれば対立争う)。
    3. 争いを選択する
      争いを選択する(相手が弱気であれば→暴力行使、相手が強気であれば暴力行使でなく脅し〈口先だけ〉、嫌がらせ、悪情報流し、事実に反する状況対応〈だまし〉、論争に切り替える)。
  2. 不要な対立争いをしない
    1. 不要な対立争いをしない
      不要な対立争いをしない(突発的対立争い)。
    2. 情報交換
      不要な対立争いをしないため情報交換する。
第4 対立争いを使い分ける×
  1. 体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける×
    体力対立争いと頭脳対立争いを使い分けることはない。
第5 複数の対立争いをまとめて対立争う×
  1. 複数の対立争いをまとめて対立争う×
    複数の対立争いをまとめて対立争うことはない(抱き合わせ対立争い、何でもあり、争いを駆使、暴力行使(殺人傷害)、妨害、脅迫を同時にする)。
  2. 暴力行使と脅迫×
    暴力行使〈殺人傷害〉、妨害、脅迫を同時にすることはない。
  3. 暴力行使と論争×
    暴力行使と論争をすることはない(暴力行使して論争で口実つける・正当化する)。
第6 反撃されないように攻撃する×
  1. 反撃されないように攻撃する×
    反撃されないように攻撃することはない(スポーツサッカー→ワンタッチパス〈ポストプレー〉)。
  2. 誰が対立争っているか不明にする×
    誰が対立争っているか不明にすることはない(サイバー攻撃)。

対立争いに勝利して成果取得を悪いとする

第1 対立争いを悪いとする
  1. 対立争いは悪←対立争い禁止
    対立争いは悪である。
  2. 対立争いを悪いとする
    1. 対立争いを悪いとする
      正しい対立争いはない。
    2. 正当な理由×
      対立争いに正当な理由は認められない。
第2 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争い悪いとする
  1. 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争い悪いとする
    対立争いを悪いとするから対立争い状況対応基準(ルール)はない。

対立争いに勝利して成果取得重視×

第1 対立争いに勝利し成果取得を重視×←非本来状況対応
  1. 対立争いに勝利し成果取得を重視×←非本来状況対応
    非本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得重視しない。

対立争いに勝利して成果取得…例外

第1 対立争いに勝利して成果取得…例外
  1. 対立争いに勝利して成果取得…例外
    対立争いに勝利して成果取得することもある。
第2 対立争いの範囲
  1. 対立争いを限る
    対立争いを限る。
  2. 限った間だけ対立争う
    限った間だけ対立争う。
  3. 限った相手だけと対立争う
    限った相手だけ対立争う(戦闘者だけ、非戦闘者〈女・子・老人〉×、一般民族構成員×)。
  4. 限ったことだけ対立争う
    1. 他民族からの侵略
      他民族からの侵略危機、生産役務侵略危機(生産役務の対外拡大)でする(外圧)。
    2. 民族体制・制度・政策変更が必要なとき
      古い政権、体制、制度で状況対応できない場合である(機能不全、立ち腐れ、不景気でのリストラ)。そして新政権、新体制、新制度をつくる。
    3. 民族内戦争×
      民族内戦争(内乱)しない。
第3 対立争いに勝利して成果取得は隠す(非公然)・間接対立争い←非本来状況対応
  1. 対立争い隠す(非公然)←非本来状況対応
    1. 対立争い隠す(非公然)←非本来状況対応
      非本来状況対応だから対立争いを隠す(非公然、潜在化、いやがらせ)。
    2. 対立争い←対立争い隠せない
      対立争いが隠せないと対立争う(ひっこみがつかない、表沙汰、積年の恨み、些細なことでも復讐、公の場での嘲笑・侮辱のたぐいも許せない)。
  2. 間接対立争い←直接対立争い×←対立争い隠す(非公然)
    1. 直接対立争い×←対立争い隠す(非公然)
      対立争いを隠す(非公然)からる直接対立争いできない(直接的な論争をしない、一対一の論争をしない、相手のいないところで相手を批判する、個人攻撃をしない、注意も相手を特定せず全員にする)。
    2. 間接対立争い←直接対立争い×
      間接対立争いとなる(他人を利用・扇動して対立争わせる)。

トップに戻る

関連記事

前へ

4節 生産役務状況対応

次へ

28節 関係設定…状況対応基準制定・関係設定存続できにくい・終了

Page Top