「歴史の流れ」民族の力と型

15節 強者支配…強者支配の程度・連鎖

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

15節 強者支配…程度

第1 個人対立争い型(朝鮮韓国人)…強者支配徹底
  1. 国土狭い・人口少ない・民族数少ない→強者支配徹底
    朝鮮半島は国土か狭く人口も少ない。民族数も少ない。そのため民族長の強者支配が徹底する。
第2 個人対立争い型(中国人)→強者支配徹底×
  1. 国土広い・人口多い・民族数多い→強者支配徹底×
    中国は国土か広く人口も多い。民族数も多い。民族長の強者支配も徹底しない。
第3 宗教状況対応型…個人対立争い型より強者支配の程度弱い
  1. 宗教集団状況対応が強者支配より優先することがある
    宗教集団状況対応が強力で強者支配より優先することがある(強者支配と宗教集団状況対応の優先関係)。
  2. 個人対立争い型より強者支配の程度が弱い
    個人対立争い型より強者支配の程度が弱い。

15節2 強者支配…連鎖

第1 強者支配の連鎖
  1. 強者支配の連鎖←民族は大規模集団状況対応
    1. 強者支配の連鎖…民族長→官僚→民族構成員
      民族は大規模集団状況対応だから強者支配の連鎖となる。民族長が官僚を支配する。官僚が末端官僚を支配する。末端官僚が民族構成員を支配する。
    2. 民族長が官僚を強者支配
      民族長が官僚を強者支配する。
    3. 官僚が民族構成員を強者支配
      官僚が民族構成員を強者支配する。
    4. 民族長が民族長一族を強者支配…個人対立争い型
      民族長が民族長一族を強者支配する。

15節3 強者支配…多重強者支配

第1 多重強者支配
  1. 多重強者支配…民族長強者支配と小強者支配
    大規模集団状況対応だから民族長強者支配と小強者支配の多重強者支配がある。
  2. 個人対立争い型…中国
    1. 多重強者支配…民族長・小民族長・犯罪集団
      民族長、村落集団の長、犯罪集団の多重強者支配となる。
    2. 犯罪集団の小強者支配
      1. 犯罪集団が強者支配
        犯罪集団が小強者支配する(無法者支配、暴力団の恐怖支配、支配者との多重支配、犯罪者支配>民族長支配、警察排除)。
      2. 制裁(報復)
        制裁(報復)する(逮捕で共犯の名前あかすと殺される)。
      3. 報復にされないようにする
        報復されないようにする(逮捕→住所あかすと不法滞在の同居人も逮捕される→報復→住所もあかさない)。
      4. 親族連帯責任
        親族連帯責任で状況対応基準遵守させる(親族が殺される)。
      5. 正しいとする
        犯罪集団を正とする(仁義をかかげる)。
  3. 宗教状況対応型
    1. 多重強者支配…民族長・犯罪集団
      民族長、犯罪集団の多重強者支配となる。
第2 強者支配終了(崩壊)
  1. 強者支配終了(崩壊)→小強者支配多数乱立
    民族長の強者支配が終了(自由民主化)になると、民族長の強者支配より小さな強者支配が多数乱立する。
  2. 小強者支配が乱立
    暴力行使強者支配(暴力団)、論争強者支配(民族状況対応者〈政治家〉、政党)が多数乱立する。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

14節 強者支配…民族長が成果取得・民族を所有

次へ

31節 状況対応力養成…絶対化←情報養成だけ(情報強者支配)

Page Top