「歴史の流れ」民族の力と型

1節 気候

このページ内の目次

2章  自 然 要 因

自然要因の主要な要素に、気候・地形・地質がある。
気候は、人間の状況対応力の発生、向上低下を決定的に制御する。
地形は、人間の状況対応型に差をあたえる(人間要因)。閉鎖地形(島国)は、人間の状況対応型を集団状況対応型とする。開放地形(大陸)は、人間の状況対応型を個人対立争い型・宗教状況対応型とする(3章4節)。
地質は、肥沃で水利に恵まれた地域が農耕牧畜の生産役務を発生しやすくする。
天然資源は、工業を発達させる。

1節  気候

第1 気候…人間の生存・状況対応力を決定的制御
気候は人間の生存、状況対応力を決定的に制御する。
第2 人間の生存…一定の気温の存在がなければ維持できない
人間の生存は一定の気温の存在がなければ維持できない。
第3 気温悪…人間の状況対応力→発生しない・養成できない
気温が悪ければ人間は生存可能であっても人間の状況対応力が発生しなかったり状況対応力養成できない。
第4 気温良…人間は状況対応力養成
逆に気温が良ければ人間は状況対応力を養成できる。

過酷気候

第1 過酷気候…氷河気候・熱帯気候・乾燥気候
氷河気候・熱帯気候・乾燥気候などの過酷な気候がある。
第2 人間…生存困難・状況対応力取得困難
過酷気候のもとでは人間の生存、状況対応力取得が困難である。
第3 生産役務の発生なし
過酷気候のもとでは農耕牧畜の生産役務の発生はない。狩猟採取の原始生活のままとなる。
第4 民族の発生・国家の発生なし
民族(大規模集団状況対応)の発生、国家(大規模集団状況対応)の発生もない。
第5 高温気候→夜状況対応
  1. 高温気候→夜状況対応
    高温気候(猛暑)は昼に状況対応できない。夜に状況対応する(昼より夜を好む)。
  2. 太陽より月・星を好む…太陽は苦しみ・月星は癒し
    太陽より月・星を好む(太陽は苦しみ・月星は癒し)。

温暖気候

第1 温暖気候
温暖気候がある。
第2 人間…生存・状況対応力取得
人間は生存できるし況対応力を取得する。
  1. 生産役務の発生
    温暖気候のもとでは農耕牧畜の生産役務が発生する。
  2. 民族の発生・国家の発生
    民族(大規模集団状況対応)の発生、国家(大規模集団状況対応)の発生がある。
  3. 四大文明発生…エジプト・チグリスユーフラテス(イラク)・インド・中国
    氷河気候から最初に温暖化したエジプト、チグリス・ユーフラテス(イラク)、インド、中国の四大文明発生地がある。

気候の変化

第1 気候の変化
  1. 気候の変化
    気候の変化がある。
  2. 地球の氷河期温暖期で気候変化
    超長期的にみれば地球の氷河期温暖期というサイクルにより気候は変化する。
  3. 温暖地域移動→民族・国家が発生・発展・衰退
    温暖地域は移動する。それにより民族、国家が発生、発展、衰退する。
第2 温暖気候から過酷気候→人間は状況対応力養成しない→民族・国家衰退
  1. 温暖気候から過酷気候→人間は状況対応力養成しない→民族・国家衰退
    温暖気候から過酷気候となると、人間は状況対応力養成しなくなる。民族、国家は衰退する。
  2. エジプト・チグリス・ユーフラテス流域(イラク)・インド
    エジプト、チグリス・ユーフラテス流域(イラク)、インドがある。
第3 過酷気候から温暖気候→人間は状況対応力養成→民族・国家発展
  1. 過酷気候から温暖気候→人間は状況対応力養成→民族・国家発展
    過酷気候から温暖気候になると、人間の状況対応力養成する。民族、国家は発展する。
  2. ヨーロッパ
    ヨーロッパがある。
第4 二酸化炭素地球温暖化説
  1. 二酸化炭素地球温暖化説
    二酸化炭素など温室効果ガス排出が地球温暖化するという説がある【8章国家同士状況対応基準制定・気候変動枠組条約(環境条約)】。
  2. 二酸化炭素地球温暖化反対説…多数
    1. ① 二酸化炭素地球温暖化反対説…多数
      二酸化炭素地球温暖化反対説がある(多数)。
    2. ② パトリックムーア…二酸化炭素は生命体が消費する必要なもので気候変動とは関係ない
      1. a パトリックムーア…二酸化炭素は生命体が消費する必要なもので気候変動とは関係ない
        パトリックムーアは二酸化炭素は生命体が消費する必要なもので気候変動とは関係ないとした。
      2. b 二酸化炭素が多かった太古に多細胞生物が発生
        二酸化炭素が多かった太古に多細胞生物が発生したとする。
    3. ③ 産業革命以前から地球温暖化…二酸化炭素は温暖化とは関係ない
      産業革命以前から地球は温暖化しており二酸化炭素は温暖化とは関係ないとする。

異常気候

第1 異常気候…洪水・旱魃→人間を大量死
短期的な異常気候でも人間を大量死させる(洪水、旱魃)。

トップに戻る

関連記事

前へ

1節 歴史の4要因 

次へ

2節 地形

Page Top