「歴史の流れ」民族の力と型

26節 東南アジア

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

26節 東南アジア

総論

第1 総論
東南アジアはインドの影響を受けて人間が状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化・国家発生)。仏教がいったん状況対応力養成させなかったが、現在状況対応力養成しつつある。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しつつある(民族・国家を発展させつつある、東南アジアの台頭)。
東南アジアは開放地形から宗教状況対応型となった。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→人間は状況対応力養成しない
    東南アジアは、熱帯、亜熱帯の高温湿潤な気候である。そのため人間が状況対応力養成しない。
  2. インドの影響…状況対応力養成→民族・国家発生
    インドの影響で状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化・国家発生)。
  3. 高温湿潤気候…稲作ができやすく稲作農耕
    高温湿潤な気候は稲作ができやすく稲作農耕をする。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
  1. 地形…開放地形
    1. 西にインド・北に中国と陸続き…開放地形
      東南アジアは、西にインド、北に中国と陸続きで開放地形である。
    2. 島は狭い海を挟み交通できやすい…開放地形
      島は狭い海を挟み交通できやすい。開放地形である。
  2. 開放地形→個人対立争い型
    開放地形だから個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 状況対応型…宗教状況対応型
  1. 宗教状況対応型…仏教→ビルマ・タイ・カンボジア・ベトナム・ラオス
    インドから仏教が流入したので取り入れ宗教状況対応型になった(ビルマ、タイ、カンボジア、ベトナム、ラオス)。
  2. 宗教状況対応型…ヒンドゥー教
    インドからヒンドゥー教が流入したので取り入れ宗教状況対応型になった。
  3. 宗教状況対応型…イスラム教
    イスラム国家同士流通業者(イスラム商)がイスラム教をもちこんだので取り入れ宗教状況対応型になった。
  4. マレーシア・インドネシア…宗教が混在
    マレーシア、インドネシアは宗教が混在する。
  5. 状況対応型は欧米人と同じ
    日本人は人種類似から東南アジア人に近親感をもっている。しかし状況対応型は欧米人と同じである。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←仏教(自然作動状況受入型)
仏教(自然作動状況受入型、状況対応しない)から状況対応力養成しない。
第2 状況対応力養成しない←西欧国家国土取り込み
西欧の国家国土取り込みで状況対応力養成しなかった。
第3 状況対応力養成←国家国土取り込み終了(独立)
  1. 状況対応力養成しつつある←国家国土取り込み終了(独立)
    西欧の国家国土取り込み終了(独立)から現在状況対応力養成しつつある(3章状況対応力養成する・状況対応力養成しない)。
  2. 民族状況対応力養成・国家状況対応力養成しつつある…民族・国家を発展させつつある
    民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しつつある(民族・国家を発展させつつある、東南アジアの台頭)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜で停止←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないかったから稲作農耕から開始され農耕牧畜の段階で停止していた。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある←状況対応力養成
状況対応力養成から工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家
  1. 多民族国家
    開放地形から多民族が混在し多民族国家である。
  2. 仏教民族・イスラム教民族・ヒンドゥー教民族、民族移動の中国人
    仏教民族、イスラム教民族、ヒンドゥー教民族、民族移動中国人がいる。
第2 華僑…国家長・官僚と提携
民族移動した華僑が強国支配のイギリス人・オランダ人と提携した。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 マレーシア・インドネシア…国家国土取り込み範囲で国家設定
  1. マレーシア・インドネシア…国家国土取り込み範囲で国家設定
    国家国土取り込み範囲ごとに国家を設定した。
  2. イギリス国家国土取り込み範囲…マレーシア・シンガポール
    イギリス国家国土取り込み範囲がマレーシア、シンガポールとなった。
  3. オランダ国家国土取り込み範囲…インドネシア
    オランダ国家国土取り込み範囲がインドネシアとっなった。
第2 ベトナム・カンボジア…国家状況対応力養成×・強者支配終了×←共産党強者支配
ベトナム、カンボジアは、共産党強者支配のため国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)が進まない。

26節2 ビルマ(ミャンマー)

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→状況対応力養成しない
    熱帯、亜熱帯の、高温湿潤な気候である。人間は状況対応力養成しない。
  2. インドの影響…状況対応力養成→民族開化・国家発生
    インドの影響で状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化・国家発生)。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
インドシナ半島に位置し開放地形である。個人対立争い型になった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…仏教(自然作動状況受入型)
インドから仏教が流入し取り入れたので宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←仏教(自然作動状況受入型)
仏教(自然作動状況受入型、状況対応しない)から状況対応力養成しない。
第2 状況対応力養成しない←イギリス国家国土取り込み
イギリスの国家国土取り込みで状況対応力養成しなくなった。
第3 状況対応力養成←国家国土取り込み終了(独立)
  1. 状況対応力養成←国家国土取り込み終了(独立)
    イギリスの国家国土取り込み終了(独立)から現在状況対応力養成しつつある(3章)。
  2. 民族状況対応力養成・国家状況対応力養成しつつある(民族・国家は発展しつつある)
    民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しつつある(民族・国家は発展しつつある)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜で停止←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから稲作農耕から開始され農耕牧畜の段階で停止していた。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある←状況対応力養成
状況対応力養成しつつあるから工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家
  1. 多民族国家…50民族+民族移動中国人
    ビルマ人が多数であるが多民族か混在する(50民族)。古くから民族移動した中国人もいる。
  2. 多民族国家…イギリスがインド人・中国人を民族移動させる
    1. 多民族国家…イギリスがインド人・中国人を民族移動させる
      イギリスが民族対立設定のため民族移動させたインド人(資金業)、華僑(流通業・国家同士流通業)がいる。
    2. 西半分にインド人・東半分に華僑を移動させる
      西半分にインド人、東半分に華僑を移動させた。
  3. インド人を国家空間で状況対応させない(追放)←国家国土取り込み終了(独立)
    1. 国家国土取り込み終了(独立)後インド人を国家空間で状況対応させない(追放)。
      国家国土取り込み終了(独立)後インド人を国家空間で状況対応させなくした(追放)。
    2. ネウィン…国家同士状況対応しない(鎖国)・新札交換(デノミ)上限設定で財産失わせ追放
      ネウィンが国家同士状況対応しない(鎖国)、新札交換(デノミ)上限設定で財産失わせインド人を国家空間で状況対応させなくした(追放方法習得考案)。
  4. インド人・中国人を国家空間で状況対応させない(追放)
    1. インド人・中国人を国家空間で状況対応させない(追放)
      インド人・中国人を国家空間で状況対応させない(追放)。
    2. 国家同士状況対応しない(鎖国・国家同士流通業〈貿易〉できない)→追放
      国家同士状況対応しない(鎖国・国家同士流通業〈貿易〉できない)で追放する。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 イギリスが国家国土取り込み
イギリスが国家国土取り込みした。
第2 国家国土取り込み終了(独立)←第2次大戦で日本がアメリカとの戦争勝利
第2次大戦で日本がアメリカとの戦争勝利し国家国土取り込み終了(独立)した。
第3 軍隊が強者支配
  1. 軍隊が強者支配
    国家国土取り込み終了(独立)後軍隊の強者支配した。
  2. 強者支配終了…選挙でアウンサンスーチーが国家長
    選挙でアウンサンスーチーが国家長となり強者支配終了(自由民主化)した。
第4 国家状況対応力養成×・強者支配終了国化×←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)が進まなかった。
第5 国家対立・民族対立
  1. 反イギリス
    1. 反イギリス←国家国土取り込み
      国家国土取り込みから反イギリスである。
    2. 英連邦脱退・英語教育やめる・国連で英国家国土取り込み批判
      国家国土取り込み終了(独立)後、英連邦脱退し、英語教育やめ、国連で英国家国土取り込み批判した(国王島流し・玉座持ち去り。
    3. アウンサンはイギリスと提携…娘スーチーは国内では嫌われている
      アウンサンはイギリスと提携したから娘スーチーは国内では嫌われている。
  2. 反中国・反インド
    1. 反中国・反インド
      反中国・反インドである。
    2. イギリスが民族移動させた華僑・インド人(印僑)と民族対立争い→反中国・反インド
      イギリスが民族移動させた華僑・インド人(印僑)と民族対立争いがおきたので反中国、反インドである(現在も人口の3分の2?、国家国土取り込みの手先)。
  3. 反イギリス・反インド←イギリスがビルマよりインド優遇
    1. 反イギリス・反インド←イギリスがビルマよりインド優遇
      イギリスがビルマよりインド優遇したから反イギリス、反インドである。
    2. インドはイギリスと同じアーリア人・ビルマ人はモンゴロイド→インド優遇
      インドはイギリスと同じアーリア人、ビルマ人はモンゴロイドだからインドを優遇したからとする。
  4. 親日
    1. 親日
      親日である。
    2. 親日←日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)
      1. 親日←日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)
        日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)できたから親日である。
      2. 日本が真珠湾攻撃…独立状況対応分担要請→満州と同様にしてくれ
        日本が真珠湾攻撃で独立状況対応分担要請した(満州と同様にしてくれ)。

26節3 タイ

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→人間は状況対応力養成しない
    熱帯、亜熱帯の、高温湿潤な気候である。そのため人間の状況対応力を養成しなかった。
  2. インドの影響…状況対応力養成→民族・国家発生
    インドの影響で状況対応力を養成した。そのため遅れて民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化・国家発生)。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
インドシナ半島に位置し開放地形である。個人対立争い型になった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…仏教(自然作動状況受入型)
インドから仏教が流入し取り入れたので宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←仏教(自然作動状況受入型)
仏教(自然作動状況受入型、状況対応しない)から状況対応力を養成しなかった。
第2 民族状況対応力養成・国家状況対応力養成しない…民族・国家停滞
民族状況対応力、国家状況対応力養成しない(民族・国家停滞)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜で停止←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから稲作農耕から開始され農耕牧畜の段階で停止していた。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある←状況対応力養成
状況対応力養成しつつあるから工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 華僑…国家長となり自民族状況対応優先
  1. 華僑…国家長となり自民族状況対応優先
    1. 華僑…国家長となり自民族状況対応優先
      華僑が国家長となり自民族状況対応優先する。
    2. タクシン首相…プミポン国王が病気になるとウィグル人中国送還・香港雨傘運動家入国拒否
      タクシン首相はプミポン国王が病気になるとウィグル人を中国送還、香港雨傘運動家入国を拒否した。
  2. タイ王室
    1. 華僑で国家長となったがタイ民族の状況対応
      華僑で国家長となったがタイ民族の状況対応(タイ語・タイ名)、タイ国の状況対応をした。
    2. 国民が信用・頼り・感謝している…プミポン国王死亡で全国民が服喪
      国民が信用、頼り、感謝している(プミポン国王死亡で全国民が服喪)。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家国土取り込み免れる←イギリスのミャンマー・フランスのベトナム取り込みの間
イギリス(ミャンマー国家国土取り込み)とフランス(ベトナム国家国土取り込み)の間で国家国土取り込みを免れた。
第2 国家状況対応力養成・強者支配終了←状況対応力養成
状況対応力養成から国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)しつつある。

26節4 カンボジア

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→人間は状況対応力養成しない
    熱帯、亜熱帯の、高温湿潤な気候である。そのため人間の状況対応力養成しなかった。
  2. インドの影響…状況対応力養成→民族・国家発生
    インドの影響で状況対応力養成した。そのため遅れて民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化、国家発生)。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
インドシナ半島に位置し開放地形である。個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…仏教(自然作動状況受入型)
インドから仏教が流入し取り入れたので宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←仏教(自然作動状況受入型)
仏教(自然作動状況受入型、状況対応しない)から状況対応力を養成しなかった。
第2 状況対応力養成しない←フランス国家国土取り込み
フランスの国家国土取り込みで状況対応力養成しなかった。
第3 状況対応力養成しない←共産党強者支配
  1. 状況対応力養成しない←共産党強者支配
    中国の影響で共産党強者支配国家となった。状況対応力養成しなかった。
第4 民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しない…民族・国家停滞
民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しなかった(民族・国家停滞)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜段階で停止←状況対応力養成しない←共産党強者支配
共産党強者支配のため状況対応力養成しないから生産役務は農耕牧畜の段階で停止したままである。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家
  1. 多民族国家…クメール人多数・チャム族・中国人・ベトナム人
    クメール人が多数であるが多民族が混在する。チャム族、民族移動した中国人、ベトナム人もいる。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家設定
早くから国家を設定した(古くは東南アジアの盟主と自負)。
第2 フランスが国家国土取り込み・強国支配
フランスが国家国土取り込み・強国支配した(王制維持)。
第3 国家国土取り込み終了(独立)←第2次大戦で日本の状況対応分担
第2次大戦で日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)した。
第4 共産党強者支配
  1. 共産党強者支配
    国家国土取り込み終了(独立)ののち中国の影響で共産党強者支配となった。
  2. 状況対応力養成者(知識人・都市住人)大量殺害←共産党の対立争い状況対応優先
    ポルポト(クメールルージュ)が状況対応力養成者(知識人・都市住人)を大量殺害(虐殺)した。
第5 国家状況対応力養成×・強者支配終了国化×
国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)が進まない。状況対応力養成しないからである。
第6 国家対立・民族対立
  1. 反フランス←国家国土取り込み
    国家国土取り込みから反ふらんすである。
  2. 反ベトナム
    1. 反ベトナム
      反ベトナムである。
    2. 反ベトナム←ベトナムがメコン下流国家国土取り込み
      メコン下流をベトナムが国家国土取り込み・併合したから反ベトナムである。
    3. 反ベトナム←ベトナム人が民族移動しフランス強国支配の手先
      ベトナム人が民族移動(カンボジア人口の3分の1)しフランス強国支配の手先(フランスが提携民族ベトナム人を通してカンボジアを間接支配)したから反ベトナムである。
    4. 反ベトナム→ポルポトが民族移動ベトナム人を大量殺害
      国家国土取り込み終了(独立)後ポルポト(クメールルージュ)民族移動ベトナム人大量殺害〈虐殺〉した。
    5. 民族移動ベトナム人→カンボジアを強民族支配
      対抗(反撃)して民族移動ベトナム人はカンボジア人を強民族支配している(ベトナム系フンセン首相)。

26節5 ベトナム

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→状況対応力養成しない
    熱帯、亜熱帯の高温湿潤な気候である。そのため人間が状況対応力養成しなかった。
  2. インドの影響…状況対応力養成→民族・国家発生
    インドの影響で状況対応力養成した。そのため遅れて民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化、国家発生)。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
インドシナ半島に位置し開放地形である。個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…仏教(自然作動状況受入型)
中国から仏教が流入し取り入れたので宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←仏教(自然作動状況受入型)
仏教(自然作動状況受入型、状況対応しない)から状況対応力を養成しなかった。
第2 状況対応力養成しない←西欧国家国土取り込み
フランスの国家国土取り込みで状況対応力養成しなかった。
第3 状況対応力養成しない←共産党強者支配
フランスの国家国土取り込み終了後も中国の影響で共産党強者支配国家となり状況対応力養成しなかった。
第4 状況対応力養成しつつある←国民が生産役務状況対応
  1. 状況対応力養成しつつある←国民が生産役務状況対応
    国家が生産役務状況対応(計画経済)から国民が生産役務状況対応(自由経済)とし状況対応力養成しつつある。
第5 民族状況対応力養成・国家状況対応力養成しつつある…民族・国家発展しつつある
民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しつつある(民族・国家は発展しつつある)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 国家が生産役務状況対応→国民が生産役務状況対応
国家が生産役務状況対応(計画経済)をやめて国民が生産役務状況対応(自由経済)となった。
第2 農耕牧畜・工業段階に到達しつつある←国民が生産役務状況対応
国民が生産役務状況対応(自由経済)から農耕牧畜から工業段階に移行しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家…原住民+中国南部からの移動民族
原住民と中国南部から民族移動した中国人(大越国〈広州〉が北部を国家国土取り込み)がいる多民族国家である(50民族)。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 中国が国家国土取り込み
中国が国家国土取り込みした。状況対応力養成しなかった。
第2 フランスが国家国土取り込み
フランスが国家国土取り込みした。第2次大戦で日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)した。
第3 共産党強者支配
国家国土取り込み終了(独立)ののち中国の影響で共産党強者支配となった。状況対応力養成できなかった。
第4 国家状況対応力養成×・強者支配終了国化×
国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)が進まない。状況対応力養成できなかったからである。
第5 国家対立
  1. 反中国←国家国土取り込み
    1. 反中国←国家国土取り込み
      反中国(国家国土取り込み)である。
    2. 中国から国家国土取り込み解消(独立)…唐末
      中国から国家国土取り込み解消(独立)した(唐末)。
    3. 元と戦争勝利
      元と戦争し勝利した。
    4. 共産中国と戦争…1979中越戦争
      共産中国と戦争した(1979中越戦争←ベトナム・カンボジアの対立争いで共産中国はカンボジアと提携)。
  2. 反フランス←国家国土取り込み
    反フランス(国家国土取り込み)である。
  3. 反米←ベトナム戦争
    反米(アメリカ・ベトナム戦争)である。

26節6 ラオス

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→人間は状況対応力養成しない
    熱帯、亜熱帯の、高温湿潤な気候である。そのため人間は状況対応力養成しなかった。
  2. インドの影響…状況対応力養成→民族・国家発生
    インドの影響で状況対応力養成した。そのため遅れて民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化、国家発生)。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
インドシナ半島に位置し開放地形である。個人対立争い型になった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…仏教(自然作動状況受入型)
インドから仏教が流入し取り入れたので宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←仏教(自然作動状況受入型)
仏教(自然作動状況受入型、状況対応しない)から状況対応力養成しなかった。
第2 状況対応力養成しない←フランス国家国土取り込み
フランスの国家国土取り込みで状況対応力養成しなかった。
第3 状況対応力養成しない←共産党強者支配
  1. 状況対応力養成しない←共産党強者支配
    中国の影響で共産党強者支配国家となり状況対応力養成しなかった。
第4 民族状況対応力養成しない・国家状況対応力養成しない…民族・国家停滞
民族状況対応力養成しない、国家状況対応力養成しない(民族・国家停滞)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜段階で停止←状況対応力養成できにくい
状況対応力養成できにくいから生産役務は農耕牧畜の段階で停止したままである。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家…先住民族+民族移動した中国人
先住民と中国南部から民族移動した中国人がいる(雲南省が北部を国家国土取り込み)がいる多民族国家である。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 中国の国家国土取り込み・フランスの国家国土取り込み
中国が国家国土取り込み、フランスが国家国土取り込した。状況対応力養成しなかった。
第2 共産党強者支配
国家国土取り込み終了(独立)ののち中国の影響で共産党強者支配となった。状況対応力養成しなかった。
第3 国家状況対応力養成×・強者支配終了国化×←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)が進まない。
第4 国家対立・民族対立
  1. 親中国←共産党強者支配
    共産国党強者支配から親中国である。

26節7 マレーシア

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→人間は状況対応力養成しない
    熱帯の高温湿潤な気候である。そのため人間は状況対応力を養成しなかった。
  2. インドの影響…状況対応力養成→民族・国家発生
    インドの影響で状況対応力養成した。そのため遅れて民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化、国家発生)。
第2 地形…開放地形
  1. マレー半島…開放地形
    地形は開放地形(マレー半島・タイと陸続き)、閉鎖地形(ボルネオ島)である。ボルネオ島は狭い海を挟み交通できやすい。開放地形である。
  2. ボルネオ島…閉鎖地形(島国)→海上交通できる→開放地形
    地形は閉鎖地形(島国)である。ただ狭い海を挟み海上交通できる。開放地形である。
  3. 開放地形→個人対立争い型
    開放地形であるから個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型
  1. 宗教状況対応型…ヒンドゥー教
    インドからヒンドゥー教が流入し取り入れたので宗教状況対応型になった。
  2. 宗教状況対応型…イスラム教 
    イスラム国家同士流通業者(イスラム商人)がイスラム教を持ち込んだので取り入れ宗教状況対応型にっなた。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←イスラム教(状況対応制御)
イスラム教(神が決定した状況対応・神が決定しないとした状況対応が多い→状況対応制御)で状況対応力養成しなかった。
第2 状況対応力養成しない←イギリス国家国土取り込み
イギリスの国家国土取り込みで状況対応力養成しなかった。
第3 状況対応力養成しつつある←イギリスの国家国土取り込み終了(独立)
  1. 状況対応力養成しつつある←イギリスの国家国土取り込み終了(独立)
    イギリスの国家国土取り込み終了(独立)から現在状況対応力養成しつつある。
  2. 民族状況対応力養成・国家状況対応力養成しつつある…民族・国家発展しつつある
    民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しつつある(民族・国家は発展しつつある)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜で停止←状況対応力養成できにくい
状況対応力養成できにくいから稲作農耕から開始され農耕牧畜の段階で停止していた。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある←状況対応力養成
状況対応力養成しつつあるから工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家…ヒンドゥー教民族+イスラム民族+中国からの移動民族
  1. 多民族国家…ヒンドゥー教民族+イスラム民族+中国からの移動民族
    ヒンドゥー教民族、イスラム民族、民族移動した中国人が混在する多民族国家である。
  2. イギリス人民族移動×
    イギリス人の国家国土取り込ではイギリス人は民族移動しなかった。
第2 ヒンドゥー教民族とイスラム教民族が対立争い
ヒンドゥー教民族とイスラム教民族が対立争う。
第3 華僑と対立対立争い←華僑が強国支配イギリスと提携
華僑がイギリス強国支配でイギリスと提携したので華僑と対立する。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 イギリスが国家国土取り込み
イギリスが国家国土取り込みした。第2次大戦で日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)した。
第2 国家状況対応力養成・強者支配終了
国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)しつつある。状況対応力養成による。
第3 国家対立
  1. 反イギリス←イギリスが国家国土取り込み
    イギリスの国家国土取り込みで反イギリスである。
  2. 反中国←イギリス国家国土取り込みでイギリスと提携
    華僑が国家国土取り込みでイギリスと提携で反中国である。
  3. 親日←日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)
    日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)から親日である(日本上陸50周年記念式典)。

26節8 インドネシア

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→人間は状況対応力養成しない
    熱帯の高温湿潤な気候である。そのため人間は状況対応力養成しなかった。
  2. インドの影響…状況対応力養成→民族・国家発生
    インドの影響で状況対応力養成した。そのため遅れて民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化、国家発生)。
第2 地形…閉鎖地形(島国)→海上交通できる→開放地形
  1. 地形…閉鎖地形(島国)→海上交通できる→開放地形
    地形は閉鎖地形(島国)である。ただ狭い海を挟み海上交通できる。開放地形である。
  2. 開放地形→個人対立争い型
    開放地形であるから個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型
  1. 宗教状況対応型…ヒンドゥー教
    インドからヒンドゥー教が流入し取り入れたので宗教状況対応型になった。
  2. 宗教状況対応型…イスラム教 
    イスラム国家同士流通業者(イスラム商人)がイスラム教を持ち込んだので取り入れ宗教状況対応型にっなた。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←イスラム教(状況対応制御)
イスラム教(神が決定した状況対応・神が決定しないとした状況対応が多い→状況対応制御)で状況対応力養成しなかった。
第2 状況対応力養成しない←オランダ国家国土取り込み
オランダの国家国土取り込みで状況対応力養成しなかった。
第3 状況対応力養成しつつある←オランダの国家国土取り込み終了(独立)
  1. 状況対応力養成しつつある←オランダの国家国土取り込み終了(独立)
    オランダの国家国土取り込み終了(独立)から現在状況対応力養成しつつある。
  2. 民族状況対応力養成・国家状況対応力養成しつつある…民族・国家発展しつつある
    民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しつつある(民族・国家は発展しつつある)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜で停止←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから稲作農耕から開始され農耕牧畜の段階で停止していた。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある←状況対応力養成
状況対応力養成しつつあるから工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家…ヒンドゥー教民族+イスラム民族+中国からの移動民族
  1. 多民族国家…ヒンドゥー教民族+イスラム民族+中国からの移動民族
    ヒンドゥー教民族、イスラム民族、民族移動した中国人が混在する多民族国家である。
  2. オランダ人民族移動×
    オランダ人の国家国土取り込ではオランダ人は民族移動しなかった。
第2 ヒンドゥー教民族とイスラム教民族が対立争い
ヒンドゥー教民族とイスラム教民族が対立争う。
第3 華僑と対立対立争い
  1. 華僑と対立対立争い←華僑が強国支配オランダと提携
    華僑がイギリス強国支配でオランダと提携したので華僑と対立する(華僑弾圧→中国語×・華僑法人×)。
  2. 華僑と対立対立争い←生産役務状況対応(経済)独占
    華僑が生産役務状況対応(経済)独占で華僑と対立争いする(経済の90%は3%の華僑が牛耳る)。
  3. 華僑を取り込み・傷つける・存続させない
    華僑を取り込み、傷つける、存続させない(1965軍事クーデター未遂、1998スハルト独裁反対暴動で、華僑虐殺、華僑商店略奪・破壊)。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 オランダが国家国土取り込み
オランダが国家国土取り込みしが、第2次大戦で日本状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)した。
第2 国家状況対応力養成・強者支配終了←状況対応力養成しつつある
状況対応力養成しつつあるから国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)しつつある。
第3 国家対立
  1. 反オランダ←オランダが国家国土取り込み
    オランダの国家国土取り込みで反オランダである。
  2. 反中国←オランダ国家国土取り込みでオランダと提携
    華僑が国家国土取り込みでイギリスと提携で反中国である。
  3. 親日←日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)
    日本の状況対応分担で国家国土取り込み終了(独立)から親日である。
第4 東ティモール
  1. ポルトガルが国家国土取り込み
    ポルトガルが国家国土取り込みした(植民地、日本に航空路開設認めた)。
  2. 国家国土取り込み終了(独立)+インドネシアと併合
    日本軍占領で第2次大戦後国家国土取り込み終了(独立)した。インドネシアと併合した。
  3. 国家分割で国家を設定←石油
    1. 国家分割で国家を設定←石油
      石油でインドネシアから国家分割で国家を設定した(独立)。
    2. 欧米が国家分割を状況対応分担
      欧米が国家分割を状況対応分担した(欧米独立支援)。
    3. ポルトガル混血児が国家長←欧米が国家分割を状況対応分担
      欧米が国家分割を状況対応分担からポルトガル混血児が国家長である(先住民族が一般国民)。

26節9 シンガポール

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→状況対応力養成しない
    熱帯の高温湿潤な気候である。そのため人間は状況対応力養成しなかった。
  2. インドの影響…状況対応力養成→民族・国家発生
    インドの影響で状況対応力養成した。そのため遅れて民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化、国家発生)。
第2 地形…閉鎖地形(島国)→海上交通できる→開放地形
  1. 地形…閉鎖地形(島国)→海上交通できる→開放地形
    シンガポールは閉鎖地形(島国)である。ただ狭い海を挟み交通できやすい。開放地形である。
  2. 開放地形→個人対立争い型
    開放地形であるから個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 状況対応型…個人対立争い型←マレーシア華僑が民族移動
マレーシア華僑が民族移動したので個人対立争い型である。

状況対応力

第1 状況対応力養成←個人対立争い型制御
  1. 1 状況対応力養成←個人対立争い型制御
     個人対立争い型制御(後記)から状況対応力養成させた。
  2. 2 民族・国家も進歩
     民族、国家も進歩している。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 工業・流通業・役務業・資金業まで到達←状況対応力養成
状況対応力養成から農耕牧畜、工業、流通業、役務業、資金業まで到達している。
第2 国家同士流通業
流通要衝地から国家同士流通業(貿易)も盛んである。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家…華族+マレー人+インド人
マレーシア華族が民族移動し先住民族のマレー人、さらに民族移動したインド人の多民族国家である(華族74%、マレー人14%、インド人8%)。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 イギリス国家国土取り込み支配拠点…帝国支配拠点
シンガホールはイギリス国家国土取り込みの拠点都市であった(イギリス帝国支配拠点)。
第2 マレーシア華僑が国家設定
マレーシア国家国土取り込み終了(独立)のさい、華僑が国家国土イギリスと提携していたことから、マレーシアがシンガポールに華僑を民族移動させたか(マレーシア→華僑がイギリスと提携し奪還を恐れ民族移動させる)。
第3 法律(国家状況対応基準)で個人対立争い型制御
法律(国家状況対応基準)で中国人の個人対立争い型を制御した(厳罰法治)。
第4 強者支配終了←個人対立争い型制御
  1. 強者支配終了←個人対立争い型制御
    個人対立争い型制御から強者支配終了国家である。
  2. 強者支配の要素が残る
    ただ強者支配の要素が残る。人民行動党が多数で強者支配国家の要素がある。
第5 国家状況対応力養成←個人対立争い型制御
個人対立争い型制御から状況対応力養成し国家状況対応力養成(強国化・富国化)している。
第6 国家対立
  1. 反日←日本がマレーシアを国家国土取り込み終了(独立)させ華僑が民族移動させられる
    1. 反日←日本がマレーシアを国家国土取り込み終了(独立)させ華僑が民族移動させられる
      日本がマレーシアを国家国土取り込み終了(独立)させ華族が民族移動させられ国家設定したから反日である。
    2. 上陸日本軍が武装解除に応じない犯罪者軍隊処刑…シンガポール大量殺害(虐殺)とする
      イギリス領マレーシアのときイギリスが犯罪者軍隊設定〈リクアンユーもその1人〉→日本軍上陸で解散したが申告武装解除に応じない→日本は銃剣所持など証拠のある者死刑→シンガポール大量殺害〈虐殺〉とする)。

26節10 パラオ諸島

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…高温湿潤
  1. 気候…高温湿潤→状況対応力養成しない
    熱帯の高温湿潤な気候である。そのため人間は状況対応力養成しなかった。
第2 地形…閉鎖地形(島国)
  1. 地形…閉鎖地形(島国)
    シンガポールは閉鎖地形(島国)である。
  2. 閉鎖地形→集団状況対応型
    閉鎖地形から集団状況対応型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 状況対応型…集団状況対応型
集団状況対応型である。

状況対応力

第1 状況対応力養成←集団状況対応型
  1. 状況対応力養成←集団状況対応型
    集団状況対応型から状況対応力養成させた。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 工業・流通業・役務業・資金業まで到達←状況対応力養成
状況対応力養成から農耕牧畜、工業、流通業、役務業、資金業まで到達している。
第2 国家同士流通業
流通要衝地から国家同士流通業(貿易)も盛んである。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家…パラオ人+日本人+朝鮮人
先住民族のパラオ人、日本信託統治時代に民族移動した日本人、朝鮮人の多民族国家である。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 スペイン国家国土取り込み
16世紀スペインが国家国土取り込みした。
第2 ドイツが国家国土取り込み
1899ドイツが国家国土取り込した。
第3 日本の信託統治
第1次大戦後、日本が信託統治した。
第4 アメリカ信託統治
第2次大戦後アメリカが信託統治した。
第5 信託統治終了(独立)
1990アメリカの信託統治終了(独立)した。
第6 国家対立・民族対立
  1. 親日…日本信託統治・日本人血統が4分の1→日本が兄で弟がパラオ
    1. 親日
      親日である。
    2. 日本信託統治・日本人血統が4分の1…日本が兄で弟がパラオ 
      日本信託統治の下で日本が状況対応力養成・集約高度化財産設置したこと、日本人の血統が人口の4分の1で親日である。日本が兄で弟がパラオとする。
  2. 反共産中国…台湾との国家同士状況対応解消(断交)要求拒否
    1. 反共産中国
      反共産中国である。
    2. 共産中国の台湾との国家同士状況対応解消(断交)要求拒否
      共産中国の台湾との国家同士状況対応解消(断交)要求を拒否した。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

25節 台湾

次へ

27節 フィリピン

Page Top