「歴史の流れ」民族の力と型

16節 アフリカ…北部

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

16節 アフリカ…北部

総論

第1 総論
アフリカ北部は乾燥気候とイスラム教から人間は状況対応力養成しない。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しなかった(民族、国家停滞)。アフリカ北部は開放地形で個人対立争い型になった。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖気候
温暖気候である。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
アフリカ北部は陸続きとなっており開放地形である。人間は個人対立争い型になった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 状況対応型…個人対立争い型→宗教状況対応型
  1. 個人対立争い型
    アフリカは開放地形(大陸)である。多民族が混在し個人対立争い型である。
  2. 宗教状況対応型…イスラム教←イスラム民族が国家国土取り込み
    そののちイスラム教(イスラム民族が国家国土取り込み〈イスラム帝国〉)しイスラム教を流布したので取り入れ宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←イスラム教
  1. 状況対応力養成しない←イスラム教
    イスラム教で人間は状況対応力養成しなくなった。

個人対立争い型の宗教

第1 宗教…自然神・宇宙神・人間神信仰・霊信仰・魔力信仰
宗教も自然神・宇宙神・人間神信仰、霊信仰・魔力信仰であった(国家の開祖・長、自然、宇宙を神とした、多神教、太陽神ラー、国王神)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜で停止←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから農耕牧畜の段階で停止したままである。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある
状況対応力養成しないから農耕牧畜で段階で停止したままであったが、工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族
  1. 多民族
    開放地形から多民族が混在する。
第2 民族対立争い弱←同一イスラム教
サウジアラビアで発生したイスラム教を取り入れた。多民族国家だがイスラム教が流布した。同一宗教から民族対立が弱かった。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家状況対応力養成×・強者支配終了×←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)が進まない。

16節2 チュニジア

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖気候
チュニジアはアフリカ北部の温暖気候のもと人間は状況対応力養成した。民族状況対応養成、国家状況対応力養成した(民族、国家発生→カルタゴ)。
温暖気候である。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
チュニジアはアフリカの一部で開放地形である。人間は個人対立争い型になった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 状況対応型…個人対立争い型→宗教状況対応型
  1. 個人対立争い型
    1. 個人対立争い型
      チュニジアは開放地形だから農耕民族の地にフェニキア人、ギリシャ人が民族移動し民族混在で個人対立争い型となった。
    2. 宗教…自然神・宇宙神・人間神信仰
      古代は自然神・宇宙神・人間神信仰であった。
  2. 宗教状況対応型…イスラム教←イスラム民族が国家国土取り込み
    そののちイスラム教(イスラム民族が国家国土取り込み〈イスラム帝国〉)しイスラム教を流布したので取り入れ宗教状況対応型になった。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 国家同士流通業(貿易)…古代
古代は国家同士流通業(貿易)で栄えた。
第2 農耕牧畜で停止←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから農耕牧畜の段階で停止したままである。
第3 工業・流通業・役務業が発展しつつある
状況対応力養成しないから農耕牧畜で段階で停止したままであったが、工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族
開放地形から多民族が混在する。
第2 民族対立争い弱←同一イスラム教
サウジアラビアで発生したイスラム教を取り入れた。多民族国家だがイスラム教が流布した。同一宗教から民族対立が弱かった。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 古代国家状況対応力養成・強者支配終了(先進国)
都市国家が早くから発生した。古代は国家状況対応力養成(富国・強国)であった。
第2 国家状況対応力養成×・強者支配終了×←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)が進まない。

時代

第1 カルタゴ
  1. カルタゴ
    フェニキア人が民族移動しカルタゴを設定した
  2. ローマ帝国と戦争敗退…ポエニ戦争
    ローマ帝国と戦争し敗退した(ポエニ戦争)。
第2 ヴァンダン王国
ゲルマン系ヴァンダル人が国家国土取り込みしヴァンダン王国を設定した。
第3 東ローマ帝国が国家国土取り込み
東ローマ帝国が国家国土取り込みした。
第4 イスラムが国家国土取り込み
イスラムが国家国土取り込みした。
第5 オスマントルコが国家国土取り込み
オスマントルコが国家国土取り込みした。
第6 フランスが国家国土取り込み
ベルリン会議でフランスが国家国土取り込みした。
第7 国家国土取り込み終了(独立)
  1. 国家国土取り込み終了(独立)
    1956国家国土取り込み終了(独立)した。
  2. ベンアリ…大統領就任
    1. ベンアリ…大統領就任
      1987ベンアリがクーデターで大統領に就任した。
    2. チュニジアベン・アリ…多妻廃止・女に教育
      チュニジアのベン・アリが神が決定した状況対応を国家がしなくなった(多妻廃止・女に教育、7章国家宗教状況対応)。
  3. 退陣要求でベンアリ…国家脱退→ジャスミン革命
    2011退陣要求でベンアリは国家脱退した(ジャスミン革命)。

16節3 リビア

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖気候
リビアはアフリカ北部の温暖気候のもと人間は状況対応力養成した。民族状況対応養成、国家状況対応力養成した。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
リビアはアフリカの一部で開放地形である。人間は個人対立争い型になった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 状況対応型…個人対立争い型→宗教状況対応型
  1. 個人対立争い型
    1. 個人対立争い型
      リビアは開放地形だからベルベル人の地にフェニキア人、ギリシャ人が民族移動し民族混在となり個人対立争い型であった。
    2. 宗教…自然神・宇宙神・人間神信仰
      古代は自然神・宇宙神・人間神信仰であった。
    3. 宗教状況対応型
      ローマ帝国の国家国土取り込みでキリスト教が流入し取り入れた。
  2. 宗教状況対応型…イスラム教←イスラム民族が国家国土取り込み
    そののちイスラム教(イスラム民族が国家国土取り込み〈イスラム帝国〉)しイスラム教を流布したので取り入れ宗教状況対応型になった。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 国家同士流通業(貿易)…古代
古代は国家同士流通業(貿易)で栄えた。
第2 農耕牧畜で停止←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから農耕牧畜の段階で停止したままである。
第3 工業・流通業・役務業が発展しつつある
状況対応力養成しないから農耕牧畜で段階で停止したままであったが、工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 古代国家状況対応力養成×・強者支配終了×
ローマ帝国、オスマン帝国、イタリアが国家国土取り込みで国家状況対応力養成(富国・強国)、強者支配終了ができなかった。
第2 国家状況対応力養成×・強者支配終了×←状況対応力養成しない
状況対応力養成しないから国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了(自由民主化)が進まない。

時代

第1 フェニキア人・カルタゴ・ローマ帝国・東ローマ帝国が国家国土取り込み
フェニキア人、カルタゴ、ローマ帝国、東ローマ帝国が国家国土取り込みした。
第2 イタリアが国家国土取り込み
1911イタリアが国家国土取り込みした。
第3 国家国土取り込み終了(独立…リビア連合王国設定
1949国連決議で国家国土取り込み終了しリビア連合王国が設定された。
第4 リビア共和国設定…カダフィー
  1. リビア共和国設定…カダフィー
    カダフィーがクーデターでリビア共和国を設定した。
  2. カダフィー…国家宗教状況対応しない→女性解放・学校に通う
    リビアのカダフィーが神が決定した状況対応を国家がしなくなった(女性解放・学校に通う、7章国家宗教状況対応)。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

15節 アフリカ…中部・南部  

次へ

18節 中南米

Page Top