「歴史の流れ」民族の力と型

13節 ヨーロッパ 

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

13節 ヨーロッパ

総論

第1 総論
ヨーロッパは、気候の温暖化で人間が状況対応力養成した。民族状況対応、国家状況対応を養成した(民族・国家発展、ギリシァ・ローマ文明)。キリスト教(神操作状況受入型から神決定実行型に変容)のため、いったん状況対応力養成しなかったがのちに状況対応力養成した。そのため民族、国家も低迷ののち向上した(中世ヨーロッパの低迷、近世ヨーロッパの繁栄)。
ヨーロッパは開放地形で宗教状況対応型となった。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…寒冷から温暖化→人間は状況対応力養成
  1. 気候…寒冷から温暖化→人間は状況対応力養成
    ヨーロッパは、エジプト、メソポタミア、インドの乾燥化が進む時期、これと入れ替わり寒冷から温暖化した。そのため人間は状況対応力養成した。
  2. 温暖化…草木も多く農耕牧畜
    温暖化で草木も多くなった。温暖化と草木の多いことは農耕牧畜に適するようになった。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
ヨーロッパは、アルプス山脈があるが全般的に平坦で開放地形である。そのため古代から現在に至るまで戦争がたえない。民族や国家の興亡が続いた。特にゲルマン民族の移動で民族国家の興亡が繰り返された。そのため人間は個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神操作状況受入型)
キリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←先進国化
ギリシャ、ローマは古代の繁栄で先進国化(状況対応しない)した。十分な成果を取得したため状況対応しなくなった。状況対応力養成しなくなった。民族状況対応養成、国家状況対応養成もしなくなった(民族・国家停滞)。
現代ヨーロッパも先進国化により民族状況対応力養成、国家状況対応状況対応力養成しなくなりつつある(民族・国家の縮小弱化)。
第2 東欧…状況対応力養成しない←共産党強者支配
東欧諸国に発生した共産党強者支配から状況対応力養成しなくなった。共産党強者支配の終了(崩壊)で状況対応力養成しつつある。
第3 文化(娯楽状況対応)…ギリシャ・ローマ文化
古代はギリシャ・ローマ文化、近世はヨーロッパ文化が栄えた。ただ中世ヨーロッパの低迷で、ギリシァ文化は中世繁栄のイスラムを通じて継承した。
第4 状況対応力養成
  1. 神父(司祭者)…状況対応力養成←教会
    神父は教会で教育養成を受けた。キリスト教知識だけでなく、生産役務知識、国家状況対応知識、文化知識も習得した。近代までは先進知識をもち有力であった。宗教家、生産役務指導者、国家状況対応指導者、学者、文化人であった。
  2. 一般国民…状況対応力養成×←強者支配
    1. 一般国民…状況対応力養成×←強者支配
      一般国民は強者支配(国民の状況対応力養成しない)から状況対応力されなかった。
    2. 大半は文盲…聖画・教会建築・彫刻は文盲用
      大半は文盲であった(聖画・教会建築・彫刻は文盲用)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜・工業・流通業・役務業まで到達
生産役務は、農耕牧畜、工業、流通業、役務業の段階まで到達している。ただ国によってはそれ以前の段階で停止している。その原因はローマやギリシァは先進国化(状況対応しない、東欧は共産党強者支配で、状況対応力養成しなくなったことによる。
第2 農耕△・牧畜○←土地がやせている
土地がやせており(氷河の浸食作用)、農耕の生産性は低い。だから牧畜に力をいれる。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 ゲルマン民族移動…ローマ帝国末期からローマ帝国に
  1. ゲルマン民族移動…ローマ帝国末期からローマ帝国に
    ローマ帝国末期からバルト海沿岸にいたゲルマン民族がローマ帝国に民族移動ししてきた(ゲルマン民族大移動、大移動といっても4万人)。
  2. アングロサクソン…イギリスに移動
    アングロサクソンはイギリスに移動した。
  3. ノルマン=バイキング…ヨーロッパ各地に移動
    ノルマン=バイキングはヨーロッパ各地に移動した。
  4. ゲルマン民族…ローマ帝国周辺の諸民族の総称→「ゲルマン」は蛮族との意味
    ゲルマン民族とはローマ帝国周辺の諸民族の総称である(「ゲルマン」は蛮族との意味)
第2 遊牧民族(フン族)移動…ローマ帝国末期からローマ帝国に
遊牧民族(フン族)がローマ帝国末期からローマ帝国に民族移動してきた。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 強者支配終了国家まで到達←国家状況対応力養成
国家状況対応力養成(強国化・富国化)、強者支配終了国家となっている(自由民主化)。ただ東欧は共産党強者支配が終了(崩壊)し強者支配終了国家となった。
第2 古代…国家状況対応力養成
  1. 国家対立争い状況対応力養成←対立争い状況対応(小国家同士)
    小国家同士の対立争い状況対応から国家対立争い状況対応力を養成した(強国化)。
  2. 国家生産役務状況対応力養成←温暖化
    温暖化で農耕牧畜が発生し国家生産役務状況対応力を養成した(富国化)。
  3. 国家国土取り込み・強国支配(多国間)←国家状況対応力養成
    国家状況対応力養成で、ギリシャ、ローマが国家国土を取り込み、強国支配(多国間)した(ギリシャ・ローマ帝国)。

時代
古代

第1 国家状況対応力養成←状況対応力養成
  1. 状況対応力養成←エジプト・メソポタミアの影響
    1. 状況対応力養成←エジプト・メソポタミアの影響
      古代はエジプト・メソポタミアの影響を受けて状況対応力養成した。
    2. 国家状況対応力養成←状況対応力養成
      国家状況対応力を養成した。
    3. 先進国となる
      先進国となった。
  2. 国家国土取り込み←国家状況対応力養成
    1. 国家国土取り込み←国家状況対応力養成
      国家状況対応力養成で国家国土取り込みした。
    2. ギリシャ帝国・ローマ帝国設定
      ギリシャ帝国、ローマ帝国を設定した。

古代末期

第1 民族・国家衰退←先進国化
  1. 民族・国家衰退←先進国化
    古代末期には、先進国化(国家状況対応力養成・強者支配終了)のため状況対応しなくなり状況対応力養成もしなくなり民族、国家が衰退した。
第2 ローマ帝国分割
  1. 東西ローマ帝国分割
    1. 東西ローマ帝国分割
      ローマ帝国(国家国土取り込み・強国支配、多国間)が東西ローマに分割された。
    2. コンスタンティヌス皇帝…コンスタンティヌープルに首都移転
      コンスタンティヌス皇帝がコンスタンティヌープルに首都を移転した。
    3. テオドシウス皇帝…子2人に帝国分割
      テオドシウス皇帝が子2人に帝国を分割した。
  2. 西ローマ帝国
    1. 西ローマ帝国…ゲルマン民族が国家国土取り込み(侵入)→80年で終了(滅亡)
      西ローマ帝国はゲルマン民族が国家国土取り込み(侵入)し80年で終了(滅亡)した。
    2. 神聖ローマ帝国で復活
      神聖ローマ帝国で復活した。
  3. 東ローマ帝国(ビザンチン帝国)
    1. 東ローマ帝国(ビザンチン帝国)…1000年存続
      東ローマ帝国(ビザンチン帝国)は1000年存続した。
    2. ローマ帝国の領土を復帰
      ローマ帝国の領土を復帰した。
    3. オスマントルコに終了(滅亡)させられる
      オスマントルコに終了(滅亡)させられた。
  4. キリスト教(神操作状況受入型)…分裂
    1. キリスト教(神操作状況受入型)…分裂(滅亡)
      東西ローマ帝国でキリスト教(神操作状況受入型)も分裂した。
    2. ローマ法王・コンスタンティノープル総司教→お互いに破門
      ローマ法王とコンスタンティノープル総司教となった(お互いに破門)。

中世

第1 低迷←キリスト教(神操作状況受入型)・ゲルマン民族移動・イスラム帝国包囲
キリスト教(神操作状況受入型)、ゲルマン民族移動、イスラム帝国に包囲された。
第2 状況対応力低下←キリスト教(神操作状況受入型)
  1. 状況対応力低下←キリスト教(神操作状況受入型)
    中世はキリスト教(神操作状況受入型、状況対応しない)で状況対応力を低下させ低迷した(イスラム・日本より後進国)。
第3 ゲルマン民族・遊牧民族(フン族)移動…ローマ帝国末期から
  1. ゲルマン民族・遊牧民族(フン族)移動…ローマ帝国末期から
    1. ゲルマン民族・遊牧民族(フン族)移動…ローマ帝国末期から
      ローマ帝国末期からゲルマン民族、遊牧民族(フン族)が民族移動してきた。
    2. ゲルマン民族…難民としての民族移動
      1. ゲルマン民族…難民としての民族移動→小作人・傭兵となる
        ゲルマン民族は難民としての民族移動である(小作人・傭兵となる)。
      2. ローマ民族の状況対応取り入れ…ローマ民族にあこがれ同化
        先進ローマ民族の状況対応を取り入れた(ローマ文化にあこがれ同化)。
    3. ゲルマン民族…戦争状況対応力→都市国家設定・西ローマ帝国終了
      1. ゲルマン民族…狩猟・牧畜・農耕・漁業民族
        ゲルマン民族は狩猟・牧畜・農耕・漁業民族である。
      2. 先住民族(ケルト人)…農耕・牧畜民族
        先住民族(ケルト人)は農耕・牧畜民族である。
      3. ゲルマン民族…狩猟技術・操船技術→戦争状況対応力
        ゲルマン民族は、狩猟技術・操船技術などから、戦争状況対応力において、遊牧民族には劣るが、農耕民族より勝る(武装、製鉄技術)。
      4. ゲルマン民族…戦争状況対応力→都市国家を設定した→城郭都市・傭兵隊長が領主・王
        ゲルマン民族は戦争状況対応力から都市国家を設定した(城郭都市、傭兵隊長が領主・王となる)。
      5. 西ローマ帝国傭兵隊長オドアケル…西ローマ帝国を終了(滅亡)させる
        西ローマ帝国傭兵隊長オドアケルは西ローマ帝国を終了(滅亡)させた。
  2. ゲルマン民族…キリスト教(神操作状況受入型)取り入れ→同一宗教状況対応型→民族対立×
    1. 先住の農耕牧畜民族にゲルマン民族が入る…多民族国家設定される
      先住の農耕牧畜民族にゲルマン民族が入り多民族国家が設定された。
    2. ゲルマン民族…先住民族のキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ
      ただゲルマン民族が先住民族のキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れた。
    3. 同一の宗教状況対応型となる→民族対立が発生せず
      同一の宗教状況対応型となり、民族対立が発生しなかった。
  3. 東ローマ帝国
    1. 民族移動…多民族国家
      1. ペルシャ人・アラブ人・ブルガリア人・セルジューク人…民族移動してくる
        ペルシャ人、アラブ人、ブルガリア人、セルジューク人が民族移動してきた。
      2. 多民族国家となる
        多民族国家となった。
      3. 主民族…ギリシャ人
        主民族はギリシャ人であった。
    2. 多数強者支配…多王朝
      1. 多数強者支配…多王朝
        多数の強者支配(多王朝)となった。
      2. 国家長地位取り合う
        国家長地位取り合うこととなった(皇帝88人、43人追放、30人非業死、最下層民が皇帝)。
    3. ラテン帝国
      一時期国家同士流通業対立相手ベニスが第4回十字軍で東ローマ帝国を終了させラテン帝国を設定した。
    4. 国家同士流通業(貿易)
      1. 国家同士流通業(貿易)
        国産流通業(貿易)が盛んであった。
      2. コンスタンティノープル…国家同士流通業(商業)都市
        コンスタンティノープルは国家同士流通業(商業)都市であった。
    5. 終了(滅亡)
      1. 小国家の国家状況対応力養成…国家集約やめさせる(封建貴族自立)
        小国家の国家状況対応力養成(強国化・富国化)から国家集約やめさせた(封建貴族の自立)。
      2. 国民の強者支配させない
        国民の強者支配させない。
      3. スラブ系民族の強民族支配拒否(独立)
        スラブ系民族の強民族支配拒否(独立)がおきた。
      4. 終了(滅亡)
        それらで終了(滅亡)した。
  4. 神聖ローマ帝国
    1. 神聖ローマ帝国…ドイツ・オーストリア・チェコ・イタリア北部
      西ローマ帝国終了(滅亡)ののちドイツ、オーストリア、チェコ、イタリア北部に神聖ローマ帝国が設定された(9世紀〜1806)。
    2. 集団状況対応(国家同士・同一宗教状況対応同士)
      神聖ローマ帝国は集団状況対応(国家同士・同一宗教状況対応同士)であった。
    3. 帝国(国家国土取り込み)ではない×
      帝国(国家国土取り込み+併合・強国支配)ではなかった。
    4. 皇帝は国家長同士で選挙
      皇帝は国家長同士で選挙した(ハップスブルグが有力)。
第4 イスラム帝国包囲
イスラム帝国に包囲された。
第5 国家同士流通業×←ゲルマン民族の国家国土取り込み・イスラム帝国包囲網
ゲルマン民族の国家国土取り込み(侵入)の混乱、イスラム帝国に包囲され国家同士流通業(貿易)ができなくなった。
第6 強者支配と宗教集団状況対応(教会)の優先関係
  1. 強者支配と宗教集団状況対応(教会)の優先関係
    強者支配と宗教集団状況対応の優先関係がある(7章本来状況対応優先)。
  2. 西欧…宗教集団状況対応(教会)が強者支配より優先←国家長の対立争い状況対応力が優位でない
    1. 西ローマ帝国滅亡…宗教集団状況対応(教会)が強者支配より優先→カノッサの屈辱
      西ローマ帝国滅亡で国家長の対立争い状況対応力が優位でなくなり宗教集団状況対応(教会)が強者支配より優先した(カノッサの屈辱)。
    2. 十字軍失敗…教会の国家支配は終了→教皇捕囚・宗教分離
      十字軍失敗で宗教集団状況対応(教会)が強者支配より優先は終了した(教皇捕囚、宗教分離)。
  3. 東欧・イギリス…強者支配が宗教集団状況対応(教会)より優先←国家長の対立争い状況対応力優位
    1. 東欧・イギリス…強者支配が宗教集団状況対応(教会)より優先
      東ローマ帝国が存続した東欧とイギリスは国家長の対立争い状況対応力が優位で強者支配が宗教集団状況対応(教会)より優先した。
    2. 国家が教会支配…イギリス国教会
      国家が教会を支配した(イギリス国教会)。

近世以降

第1 歴史進歩←状況対応力向上←キリスト教が神決定状況対応型に変容
  1. キリスト教が神決定状況対応型に変容→状況対応力向上→繁栄
    近世以降はキリスト教が神決定状況対応型に変容し状況対応力が向上し歴史が進歩した(イスラムとの逆転)。
第2 国家生産役務状況対応力養成国家生産役務状況対応力養成
  1. 国家生産役務状況対応力養成←農耕生産状況対応力養成
    民族移動が一段落し農耕生産状況対応力が養成され国家生産役務状況対応力が養成された。
  2. 国家生産役務状況対応力養成←国家同士流通業(貿易)
    1. 十字軍でイスラム帝国包囲解除…国家同士流通業(貿易)復活→中世繁栄イスラムとの貿易
      十字軍でイスラム帝国包囲を解除し国家同士流通業(貿易)が復活した(中世繁栄イスラムとの貿易)。
    2. モンゴル帝国による国家同士交流…国家同士流通業(貿易)→東方貿易(インド・東南アジア)
      モンゴル帝国による国家同士交流で国家同士流通業(貿易)が盛んになった(東方貿易〈インド・東南アジア〉・商業ルネッサンス、香辛料〈ペストに効くとの風説〉を求め東方貿易)。
    3. イスラム帝国…ヨーロッパ流通業者(商人・キリスト教)排除
      イスラム帝国はヨーロッパ流通業者(商人・キリスト教)を排除した。
    4. モンゴル帝国衰退後…海路開拓で貿易を維持した→大航海
      モンゴル帝国衰退後は海路開拓で貿易を維持した(大航海、イスラムを介さず直接貿易)。
第3 国家対立争い状況対応力養成←国家生産役務状況対応力養成
  1. 国家対立争い状況対応力養成←国家生産役務状況対応力養成
    国家生産役務状況対応力養成で対立争い費用負担が可能となり国家対立争い状況対応力を養成した。
  2. 戦争状況対応力養成←国家対立争い状況対応力養成
    国家対立争い状況対応力養成から戦争状況対応力を養成した。
  3. 3 戦争多発←戦争状況対応力養成
    1. 戦争多発←戦争状況対応力養成
      戦争状況対応力養成から戦争が多発した。
    2. ヨーロッパ対内戦争がおきる…フランス対ハプスブルク・宗教戦争
      ヨーロッパ対内戦争がおきた(フランス対ハプスブルク、宗教戦争)。
第4 神決定状況対応型(強民族宗教)←戦争状況対応力養成(戦争勝利可能)
戦争状況対応力が養成(戦争勝利可能)されキリスト教が神決定状況対応型(強民族宗教)に変容した。
第5 キリスト教の宗教改革←国民が状況対応力養成
  1. キリスト教の宗教改革←国民が状況対応力養成
    国民も状況対応力を養成(生産役務状況対応力養成・対立争い状況対応力養成)し宗教改革がおきた(ルター、3章宗教状況対応・宗教状況対応型、7章情報強者支配・国家長共産党以外の情報強者)。

9節2 ギリシァ
総論

第1 総論
ギリシァは温暖な気候のもと人間は状況対応力養成した。民族状況対応養成、国家状況対応力養成した(国家発生、リシャ文明)。ただその後の先進国化(状況対応しない)で状況対応力養成もしなくなった。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しない(民族・国家停滞)。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖→乾燥化
ギリシァは温暖な気候である。ただ乾燥化もある(森林伐採枯渇)。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
ギリシァはヨーロッパの一部で開放地形である。そのため人間は個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神操作状況受入型)取り入れ
キリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 古代ギリシァ…状況対応力養成→国家同士流通業(貿易)→生産役務自然作動状況(産業原理)
  1. 古代ギリシァ…状況対応力養成→国家同士流通業(貿易)→生産役務自然作動状況(産業原理)
    1. 温暖気候→状況対応力養成
      古代ギリシャは温暖な気候のもと状況対応力養成した。
    2. 国家同士流通業(貿易)
      国家同士流通業(貿易)で栄えた。
    3. 国家同士流通業(貿易)…生産役務自然作動状況がある(産業原理)
      貿易は生産役務自然作動状況がある(産業原理、需要と供給で価格設定、景気変動も相乗効果で加速性)。
  2. 生産役務自然作動状況(産業原理)解明
    生産役務自然作動状況解明するようになった(理論思考、合理思考)。
  3. 状況解明
    1. 状況解明
      状況解明するようになった。
    2. ギリシャ哲学…プラトン・アリストテレス
      ギリシャ哲学がおきた(プラトン、アリストテレス)。
    3. 自然状況解明…ピタゴラス・自然の探求・自然万物に強い関心
      自然状況を解明した(ピタゴラス、自然の探求、自然万物に強い関心)。
    4. 人間状況解明…人間重視
      人間状況を解明した(人間重視)。
第2 状況対応力養成しない←状況対応しない←先進国化
  1. 状況対応力養成しない←状況対応しない←先進国化
    ギリシァは先進国化(状況対応しない)し国民が十分な成果取得し状況対応しなくなり状況対応力養成もしなくなった。
  2. 民族状況対応力養成しない・国家状況対応力養成しない…古代の繁栄を継続することができない
    民族状況対応力養成しない、国家状況対応力養成しなくなった(民族、国家停滞)。古代の繁栄を継続することができなかった。
第3 状況対応力養成しない←キリスト教(神操作状況受入型)
キリスト教(神操作状況受入型、状況対応しない)から状況対応力養成しなくなった。民族、国家の停滞に拍車をかけた。
第4 娯楽状況対応←状況対応しない
  1. 娯楽状況対応←状況対応しない
    ギリシァ人は状況対応しなくなったため娯楽状況対応にふけった。
  2. ギリシャ文化
    ギリシャ文化が栄えた。
  3. 奴隷制度・衆愚政治
    奴隷制度や衆愚政治(国家状況対応)を招いた。
第5 民族縮小弱化
民族が縮小弱化した(民族入れ替わり)。

個人対立争い型の宗教

第1 古代…自然神・宇宙神・人間神信仰
  1. 古代…自然神・宇宙神・人間神信仰
    古代は、宗教状況対応型の宗教が発生していないため、自然神・宇宙神・人間神信仰であった。
  2. 自然や民族の英雄を神と崇拝…多神教・オリンポスの神・ギリシァ神話
    自然や民族の英雄を神と崇拝した(多神教、オリンポスの神・ギリシァ神話)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 国家同士流通業(貿易)→繁栄→先進国化
古代ギリシャは国家同士流通業(貿易)で繁栄し先進国化した。
第2 農耕牧畜の段階で停止←先進国化による状況対応力養成しない
生産役務は農耕牧畜の段階で停滞したままである。先進国化による状況対応力養成しないことが原因である。
第3 工業・流通業・役務業が発展しつつある
状況対応力養成しなくなり農耕牧畜で段階で停止したままであったが、工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家…ギリシャ民族・クレタ民族
ギリシャ民族がバルカン半島南部に民族移動し定着した。
クレタ島には不明民族の先行クレタ文明があった。
第2 キリスト教(神操作状況受入型)で同一民族となる
ローマ帝国でキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ多民族が単一民族となった。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 古代…国家状況対応力養成・強者支配終了(都市国家)
  1. 多数都市国家(ポリス)設定
    多数都市国家(ポリス)を早くから設定した。
  2. 古代…国家状況対応力養成・強者支配終了(都市国家)
    1. 古代…国家状況対応力養成・強者支配終了(都市国家)
      古代は国家状況対応力養成(富国・強国)、強者支配終了国家(先進国)であった。
    2. 農耕民が兵役提供し参政権獲得
      一般国民たる農耕民が兵役提供し参政権を獲得した。
    3. 広場に国民が集まり直接選挙
      都市国家では広場に国民が集まり直接選挙した。
    4. 強者支配しそうな国民追放…陶片追放
      強者支配しそうな国民を追放した(陶片追放)。
第2 ギリシァ帝国…地中海沿岸に民族移動し都市国家設定
  1. ギリシァ帝国…地中海沿岸に民族移動し都市国家設定
    1. ギリシァ帝国…地中海沿岸に民族移動し都市国家設定
      地中海沿岸、黒海沿岸を国家国土取り込み民族移動し都市国家を設定した(植民都市)。
    2. ペリシテ人(ギリシャ人)のパレスティナ・シチリア島のシラクーザ
      ペリシテ人(ギリシャ人)のパレスティナ、シチリア島のシラクーザなどがある。
  2. 地中海国家同士流通業(地中海貿易)で国家状況対応力養成
    地中海国家同士流通業(地中海貿易)で国家状況対応力養成(強国化・富国化)した。
第3 マケドニア帝国…マケドニアが国家国土取り込み(アレキサンダー大王)
  1. マケドニア帝国…マケドニアが国家国土取り込み(アレキサンダー大王)
    1. マケドニアが戦争状況対応力を養成し国家国土取り込み
      マケドニア(ギリシャ北部)アレキサンダー大王が戦争状況対応力を養成(槍衾つくり兵士密集で前進)し国家国土取り込みした。
    2. ペルシャに国家国土取り込みさせないとペルシャに勝利
      ペルシャに国家国土取り込みさせないとペルシャに勝利した。
    3. 国土範囲…ギリシャ+エジプト+ペルシャ+インド
      国土範囲はギリシャ、エジプト、ペルシャ、インドに拡大した。
第4 先進国化→状況対応力養成しない→国家状況対応力養成×
先進国化(国家状況対応力養成・強者支配終了)により状況対応力養成しなくなり国家状況対応力を養成できなくなった。
第5 ローマ帝国・トルコ帝国がギリシャ国家国土取り込み
ローマ帝国・トルコ帝国がギリシャを国家国土取り込みした。

9節3 イタリア

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖→人間は状況対応力養成
イタリアは気候が温暖である。人間は状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(国家発展、ローマ文明)。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
イタリアはヨーロッパの一部で開放地形である。そのため人間は個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神操作状況対応受入型)
ローマ帝国拡大時にキリスト教(神操作状況対応受入型)を取り入れ宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成しない←状況対応しない←先進国化
  1. 状況対応力養成しない←状況対応しない←先進国化
    イタリアは先進国化(状況対応しない)し国民が十分な成果取得し状況対応しなくなり状況対応力養成もしなくなった。
  2. 民族状況対応力養成しない・国家状況対応力養成しない…古代の繁栄を継続することができない
    ギリシャ同様、民族状況対応力養成しない、国家状況対応力養成しなくなった(民族、国家停滞)。古代の繁栄を継続することができなかった。
第2 状況対応力養成しない←キリスト教(神操作状況対応受入型)
  1. 状況対応力養成しない←キリスト教(神操作状況対応受入型)
    キリスト教(神操作状況対応受入型、状況対応しない)から状況対応力養成しなくななった。
  2. 民族状況対応力養成しない・国家状況対応力養成しない
    民族状況対応力養成しない、国家状況対応力養成しなくなった(民族、国家停滞)。
第3 状況対応しない←先進国化・キリスト教(神操作状況対応受入型)
  1. 状況対応しない←先進国化・キリスト教(神操作状況対応受入型)
    イタリア人は先進国化、キリスト教(神操作状況対応受入型、状況対応しない)で状況対しなくなった。
  2. 生産役務状況対応しない←状況対応しない・奴隷制度
    状況対応しないから生産役務しなくなった。奴隷制度を維持できたことからも生産役務しなくなった。
  3. 国家状況対応しない←状況対応しない
    状況対応しないから国家状況対応しなくなった。
  4. 他ヨーロッパ諸国に劣後
    ヨーロッパの発展のさいも他のヨーロッパ諸国(ポルトガル・スペイン・イギリス・フランス・ドイツ)に先を越されてしまった。
第4 人口減少・民族入れ替わり←生命養成×
民族が人口減少し民族が入れ替わった。
第5 東方貿易(国家同士流通業)で民族状況対応力養成・国家状況対応力養成
  1. 東方貿易(国家同士流通業)で民族状況対応力養成
    1. 東方貿易(国家同士流通業)で民族状況対応力養成
      東方貿易(国家同士流通業)で民族状況対応力を養成した(民族生産役務状況対応力養成→対立争い費用→民族対立争い状況対応力養成)。
    2. キリスト教(神決定状況対応型)に変容
      キリスト教も神操作状況対応受入型(状況対応しない)から神決定状況対応型(状況対応する)になった。
  2. 東方貿易(国家同士流通業)で国家状況対応力養成(富国化・強国化)
    東方貿易(国家同士流通業)で国家状況対応力を養成した(国家生産役務状況対応力養成→対立争い費用→国家対立争い状況対応力養成)。
  3. 娯楽状況対応←状況対応するようになる
    1. 娯楽状況対応←状況対応するようになる
      状況対応をするようになり娯楽状況対応(文化)もするようになった。ルネッサンスの発祥の地となった。
    2. ギリシァ文化が再評価…ルネッサンス
      ギリシァ文化(状況対応する)が再評価された。ルネッサンスは、ギリシャ文化の復興である(人間重視、自然重視)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 国家同士流通業(貿易)…古代
古代ローマは国家同士流通業(貿易)で栄えた。
第2 農耕牧畜段階で停止←先進国化による状況対応力養成しない
生産役務は農耕牧畜の段階で停止したままである。先進国化(国家状況対応力養成・強者支配終了)による状況対応力養成しなくなったことが原因である。
第3 工業・流通業・役務業が発展しつつある
状況対応力養成しなくなり農耕牧畜で段階で停止したままであったが、工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家←多民族混在←国家国土取り込み
  1. 多民族国家←多民族混在←国家国土取り込み
    国家国土取り込みから多民族混在となり多民族国家となった。
  2. 多民族の多文化
    多民族の多文化となった(ローマ文化)。
第2 キリスト教(神操作状況受入型)で同一民族となる
ローマ帝国でキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ同一民族となった。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 古代…国家状況対応力養成・強者支配終了(都市国家)
  1. 古代…国家状況対応力養成・強者支配終了(都市国家)
    1. 古代…国家状況対応力養成・強者支配終了(都市国家)
      古代は国家状況対応力養成(富国・強国)、強者支配終了国家(先進国)であった。
    2. 農耕民が兵役提供し参政
      農耕民が兵役提供し参政した。古代にはめずらしい強者支配終了国家となった(強国化と相乗効果)。
    3. 帝国設定…植民地から安価農産物の流入・奴隷流入で奴隷制大規模農耕業
      ただ帝国設定、植民地から安価な農産物の流入、奴隷流入で奴隷制大規模農耕業がおきた。
    4. 国民無力化…強者支配国家にもどる
      国民は無力化し強者支配国家にもどった(国民は工業化〈生産役務高度化〉で対応できる段階になかった)。
第3 古代…国家国土取り込み→ローマ帝国
  1. 古代…国家国土取り込み→ローマ帝国
    古代は国家状況対応力を養成(強国化・富国化)、国家国土取り込みした(ローマ帝国、都市国家連合体)。
  2. 国土範囲…ヨーロッパ+地中海東岸+アフリカ北部
    国土範囲はヨーロッパ、地中海東岸、アフリカ北部に拡大した。
  3. 帝国終了(滅亡)
    そののち帝国は終了(滅亡)した。
第4 先進国化→状況対応力養成しない→国家状況対応力養成×
先進国化(国家状況対応力養成・強者支配終了)による状況対応力養成しないことから国家状況対応力を養成できなくなった。
第5 国家集約遅れる
  1. 国家集約遅れる
    他ヨーロッパ諸国と比較して国家集約が遅れた。
  2. 末端国家・小国家から国家に国家集約できず
    末端国家・小国家から国家に国家集約できなかった。
  3. 原因…国家生産役務状況対応力養成(集約高度化)が遅れた
    国家生産役務状況対応力養成(集約高度化)が遅れたことが原因であった。
  4. 原因…流通業商業都市国家(東方貿易時発展)が強い
    流通業商業都市国家(東方貿易時に発展)が強かったことも原因となった(集団状況対応〈流通業都市国家同士〉)。

9節4 イギリス

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖
イギリスは、温暖な気候のもと、ヨーロッパの影響を受けて、人間は状況対応力養成した。民族状況対応養成、国家状況対応力養成した(民族開化・国家発生)。
第2 地形…閉鎖地形(島国)→集団状況対応型
  1. 地形…閉鎖地形(島国)→集団状況対応型
    地形は閉鎖地形(島国)である。集団状況対応型であった。
  2. 海上交通発達→開放地形→個人対立争い型
    海上交通の発達でヨーロッパ大陸と国家同士状況対応ができるようになった。開放地形となりそのため人間は個人対立争い型になった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神操作状況受入型)
ローマ帝国拡大時にキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ宗教状況対応型になった。
第2 集団状況対応型の要素を残す
集団状況対応型の要素を残している。

状況対応力

第1 状況対応力養成←キリスト教(神決定状況対応型に変容)
キリスト教が神操作状況受入型から神決定状況対応型に変容し状況対応するようになり状況対応力養成もするようになった。民族、国家を発展させた。
第2 状況対応力養成しない←状況対応しない←先進国化
ただ先進国化(国家状況対応力養成・強者支配終了)し国民が十分な成果取得し状況対応しなくなり状況対応力養成もしなくなった。
第3 民族状況対応力用養成しない・国家状況対応力養成しない…民族・国家停滞→イギリス病
民族状況対応力養成、国家状況対応力養成もしなくなった(民族国家停滞、イギリス病)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜
気候温暖で草木が多く農耕牧畜を開始した。
第2 世界最初に工業段階(産業革命)
  1. 世界最初に工業段階(産業革命)
    農耕牧畜から工業の段階まで世界最初に到達した(産業革命)。
  2. 原因…キリスト教(神決定状況対応型)で状況対応力養成
    キリスト教(神決定状況対応型)で状況対応力養成したからである。
  3. 原因…石炭資源存在・海洋取り込み(制海権)
    また石炭資源の存在したこと(自然要因)、海洋取り込み(制海権)したからである。
第3 生産役務状況対応力養成×←先進国化で状況対応力からである養成しない
ただその後生産役務状況対応力養成できないである。先進国化(国家状況対応力養成・強者支配終了)で状況対応しなくなり状況対応力養成もしなくなったからである。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家…ケルト民族・ゲルマン民族
先住民族ケルト民族、ゲルマン民族(アングロサクソン)の民族移動、国家国土取り込みで多民族国家となった。
第2 キリスト教(神操作状況受入型)で同一民族となる
ローマ帝国でキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ同一民族となった。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家状況対応力養成→国家国土取り込み(大英帝国)
産業革命に成功して国家状況対応力養成(富国化・強国化)した。
第2 強者支配終了国家…自由民主化
また世界で最初に強者支配終了国家となった。
第3 国家国土取り込み…大英帝国→北アメリカ・アフリカ・アジア
スペイン・ポルトガルが没落したあと世界規模の国家国土取り込みをした(大英帝国、北アメリカ、アフリカ、アジア)。
第4 集団状況対応型の要素…王制存続(国家設定者重視)
集団状況対応型の要素を残すから、王制を存続する(国家設定者重視)。

9節5 ドイツ

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖
ドイツは気候が古代は寒冷で、そののち温暖となった。それにより人間は状況対応力養成した。民族状況対応力養成国家状況対応力養成した(民族・国家発展)。
第2 地形…開放地形
  1. 地形…開放地形→個人対立争い型
    ドイツはヨーロッパ大陸の北側で開放地形である。そのため人間は個人対立争い型になった。
  2. 古代…交通未発達で閉鎖地形→集団状況対応型の要素
    1. 交通未発達・アルプス山脈が交通障害→閉鎖地形に近い
      ただ古代は交通が発達しておらずアルプス山脈が交通の障害となった。閉鎖地形に近かった。
    2. 集団状況対応型の要素残す
      そのため集団状況対応型の要素を残している。
    3. 古代ローマ…寒冷未開地と国家国土取り込みせず平和
      古代ローマも寒冷の未開地と国家国土取り込みせず平和であった。
    4. 西ローマ帝国に南下民族と残留民族
      西ローマ帝国末期に西ローマ帝国に南下した民族と残留民族がいた。
  3. 交通発達で開放地形→個人対立争い型
    交通が発達してからは開放地形となり個人対立争い型になった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神操作状況受入型)
キリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成←キリスト教(神決定状況対応型)に変容
  1. 状況対応力養成←キリスト教(神決定状況対応型)に変容
    キリスト教が神操作状況受入型から神決定状況対応型に変容し状況対応するようになり状況対応力養成もするようになった。
  2. 民族状況対応力養成、国家状況対応力養成…民族・国家発展→ドイツの勃興
    民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族・国家発展、ドイツの勃興)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜・工業・役務業←状況対応力養成
状況対応力養成で生産役務は、農耕牧畜、工業、流通業、役務業の段階にまで達している。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 ゲルマン民族…単一民族
 ドイツはゲルマン民族の単一民族国家である(ゲルマン民族の原住地)。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家状況対応力養成
国家状況対応力養成している富国化・強国化)。
第2 強者支配終了国家…自由民主化
強者支配終了国家となっている。
第3 ナチスドイツ・ヒットラー…一気に国家状況対応力養成
  1. ナチスドイツ・ヒットラー…一気に国家状況対応力養成
    ヒットラーは、第1次大戦敗戦で衰退したドイツの国家状況対応力を一気に養成した。
  2. 国家生産役務状況対応力養成…生産役務状況対応拡大した(景気対策)
    1. 国家生産役務状況対応力養成…生産役務状況対応拡大した(景気対策)
      生産役務状況対応を拡大した(景気対策、国家生産役務状況対応力再建)。
    2. 自動車生産役務工業養成…フォルクスワーゲン
      自動車生産役務工業を養成した(フォルクスワーゲン)。
  3. 国家対立争い状況対応力養成…再戦争準備状況対応(再軍備)
    再戦争準備状況対応した(再軍備)。
  4. 集約高度化財産設置…アウトバーン
    集約高度化財産を設置した(アウトバーン)。
  5. 国家状況対応重視・民族状況対応重視養成…ゲルマン選民論
    国家状況対応重視、民族状況対応重視を養成した(ゲルマン選民論)。天才である。
第4 国家国土取り込み…ドイツ帝国
  1. 国家国土取り込み…ドイツ帝国→アフリカ・アジア
    ドイツも国家国土取り込みした(ドイツ帝国、アフリカ、アジア)。
第5 国家集約×←国家生産役務状況対応力養成×
他ヨーロッパ諸国と比較して国家生産役務状況対応力養成(工業化)が遅れ国家集約も遅れた
第6 国家集約遅れる
  1. 国家集約遅れる
    他ヨーロッパ諸国と比較して国家集約が遅れた。
  2. 末端国家・小国家から国家に国家集約できず
    末端国家・小国家から国家に国家集約できなかった。
  3. 原因…小国家長(領主)が新教と旧教に別れて対立
    小国家長(領主)が新教と旧教に別れて対立したことが原因である。
  4. 原因…国家生産役務状況対応力養成(集約高度化)が遅れた
    国家生産役務状況対応力養成(集約高度化)が遅れたことが原因であった。
  5. 原因…流通業商業都市国家が強い
    1. 原因…流通業商業都市国家が強い
      流通業商業都市国家が強かったことも原因となった。
    2. 集団状況対応(流通業都市国家同士)…ハンザ同盟
      集団状況対応(流通業都市国家同士)であった(ハンザ同盟)。
第6 国家対立・民族対立
  1. 反日←第1次大戦で日本がドイツの中国山東省青島権益を取り込み
    1. 反日←第1次大戦で日本がドイツの中国山東省青島権益を取り込み
      ドイツは第1次大戦で日本がドイツの中国山東省青島権益を取り込みしたことから反日である。
    2. 中国国民党と日本の対立争い…中国国民党の状況対応分担→軍事教練・最新兵器供与
      中国国民党と日本の対立争いで中国国民党の状況対応分担した(軍事教練・最新兵器供与)。
    3. 日本軍南京大大量殺害(虐殺)の事実作る(捏造)情報流し
      日本軍南京大大量殺害(虐殺)の事実作る(捏造)情報流しした。
    4. ヒットラー…日本人は文化の模倣者・日本のシンガポール陥落に黄色い連中を追っ払いたい
      ヒットラーは日本人は文化の模倣者とした(我が闘争)。日本のシンガポール陥落に独軍20個師団をおいて黄色い連中を追っ払いたいとした。
    5. 日本は軍国主義復活
      日本は軍国主義復活とする。
    6. 日本は奴隷生産役務・貧富差
      日本は奴隷生産役務、貧富差があるとする。
    7. 日本は過去の過ちを反省していない
      日本は過去の過ちを反省していないとする。
    8. 慰安婦・南京大量殺害(虐殺)・パールハーバー攻撃・靖国神社で日本批判
      慰安婦、南京大量殺害(虐殺)、パールハーバー攻撃、靖国神社で日本を批判する。
    9. 欧州初の慰安婦像設置
      欧州初の慰安婦像設置した。
    10. 安倍首相は極右・歴史改竄
      安倍首相は極右・歴史改竄とする。
  2. 反米←第2次大戦敗戦でアメリカ占領軍が西ドイツ駐留(強国支配)・ドイツ憲法制定
    第2次大戦敗戦でアメリカ占領軍が西ドイツ駐留(強国支配)、ドイツ憲法制定から反米である。
  3. 親中国
    1. 親中国
      親中国である。
    2. 清に電気事業(北京頤和園に電気)・鉄道事業進出
      清に電気事業(北京頤和園に電気)、鉄道事業進出した。
    3. 共産中国に生産役務者進出
      共産中国に生産役務者が進出している。
    4. 共産中国のギリシャ・イタリア港国家国土取り込み準備状況対応を状況対応分担(支援)
      1. 共産中国のギリシャ・イタリア港国家国土取り込み準備状況対応を状況対応分担(支援)
        共産中国のギリシャ・イタリア港国家国土取り込み準備状況対応を状況対応分担(支援)している。
      2. ギリシャ港・イタリア港開発を共産中国国家生産役務集団にさせる←国家収支改善要求
        ギリシャピレウス港、イタリアトリエステ港・イタリアジェノバ港の開発を共産中国国家生産役務集団にさせた(国家収支改善要求のためさせた・EU)。
    5. アメリカが共産中国にアメリカ先端技術・ハイテク製品の輸出禁止に反対
      アメリカが共産中国にアメリカ先端技術・ハイテク製品の輸出を禁止(サプライチェーンから排除)に反対する。
  4. 反ユダヤ民族…ユダヤ人が占めるワイマール共和国設定
    1. 反ユダヤ民族…ユダヤ人が占めるワイマール共和国設定
      ユダヤ人(人口の1%)が占めるワイマール共和国を設定したため反ユダヤ民族であった
    2. 国家・ドイツ民族状況対応力・国家状況対応力させない
      1. 国家・ドイツ民族状況対応力・国家状況対応力させない
        国家・ドイツ民族状況対応力、国家状況対応力養成させないとした。
      2. ワイマール憲法制定…人権強調
        ワイマール憲法制定で人権を強調した。
    3. ナチス設定・ユダヤ民族大量殺害(虐殺)
      ナチス設定、ユダヤ民族大量殺害(虐殺)となった。

9節6 フランス

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖
 フランスは温暖である。それにより人間は状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族・国家発展)。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
フランスの地形はヨーロッパの一部で開放地形である。そのため人間は個人対立争い型となった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神操作状況受入型)
ローマ帝国拡大時にキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成←キリスト教が神決定状況対応型に変容
  1. 状況対応力養成←キリスト教が神決定状況対応型に変容
    キリスト教が神操作状況受入型から神決定状況対応型に変容し状況対応するようになり状況対応力養成するようになった。
  2. 民族・国家発展
    民族、国家を発展させた。
第2 状況対応力養成しない←状況対応しない←先進国化
  1. 状況対応力養成しない←状況対応しない←先進国化
    ただ先進国化(状況対応しない)し状況対応力養成もしなくなった。
  2. 民族状況対応力養成・国家状況対応力養成しない…民族・国家停滞
    民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しなくなった(民族・国家停滞)。
第3 文化をめざす(文化志向)←先進国化で状況対応しない
  1. 文化をめざす(文化志向)←先進国化で状況対応しない
    1. 文化をめざす(文化志向)←先進国化で状況対応しない
      先進国化で状況対応しなくなりフランスは文化をめざした。
    2. ローマ文化・キリスト文化承継者
      ローマ文化、キリスト文化承継者とする。
  2. ルイ14世が芸術文化を発展
    1. ルイ14世が芸術文化を発展
      ルイ14世が芸術文化を発展させた。
    2. 洗練された文化→フランスを現在世界のファッション基地
      その洗練された文化はフランスを現在世界のファッション基地としている。
    3. 国民が文化優越感
      国民が文化優越感をもつ。
    4. 優越感から他国を軽視
      この優越感から他国を軽視する。
    5. 他国文化を受け入れない…模倣拒否
      他国文化を受け入れない(模倣拒否)。
第4 国家状況対応めざす(政治志向)←フランス革命で世界で初めて市民革命成功
  1. フランス革命で世界で初めて市民革命成功
    フランス革命で世界で初めて市民革命を成功させた。
  2. 国家状況対応をめざす…政治志向
    このことからフランスは国家状況対応をめざす(政治志向)。
  3. 総合比較…文化・国家状況対応>生産役務状況対応
    総合比較すると文化・国家状況対応が生産役務状況対応より優先する。
第5 生産役務状況対応めざす×←文化をめざす(文化志向)・国家状況対応めざす(政治志向)
文化をめざす、国家状況対応をめざすたことから、生産役務状況対応を軽視し生産役務めざさなくなった。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜・工業・流通業・役務業←状況対応力養成
状況対応力養成から生産役務は農耕牧畜、工業、流通業、役務業の段階まで到達している。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家…ケルト民族・バスク民族・ゲルマン民族
先住民族ケルト民族、バスク民族、国家国土取り込み民族ゲルマン民族の多民族国家となった。
第2 キリスト教で同一民族となる
ローマ帝国でキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ同一民族となった。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家状況対応力養成
国家状況対応力養成した(富国化・強国化)。
第2 強者支配終了(自由民主化)
  1. 強者支配国家で初めて強者支配終了国家となる…自由民主化・市民革命・フランス革命
    強者支配国家で初めて強者支配終了国家となった(自由民主化、市民革命、フランス革命)。
  2. 強者支配終了国家を他国にすすめる…啓蒙主義
    強者支配終了国家を他国にすすめる(啓蒙主義)。
第3 フランス革命
  1. 国家長一族を存続させない
    フランス革命は、国家長一族を存続させなかった(殺害)。
  2. 革命者…革命内部対立者を存続させない→ジャコバン派が政敵を大量殺害(虐殺)
    革命者が存続させないことを大量に行った(ジャコバン派が政敵を大量殺害)。
  3. 逆革命となりナポレオンが出現←大量殺害の反動
    1. 逆革命となりナポレオンが出現←大量殺害の反動
      大量殺害の反動で、逆革命となりナポレオンが出現した。
    2. 国民軍で国家対立争い状況対応力養成(強国化)…一時的にヨーロッパ帝国設定
      国民軍で国家対立争い状況対応力養成(強国化)し一時的にヨーロッパ帝国を設定した。
第4 国家国土取り込み…フランス帝国→アフリカ・アジア
国家国土取り込みしした(フランス帝国、アフリカ、アジア)。

ルソー

第1 人間に対する状況対応制御すべてなくす→人間は状況対応力養成
  1. 人間に対する状況対応制御すべてなくす→人間は状況対応力養成
    1. 人間に対する状況対応制御(家族・共同体・宗教・国家)をすべてなくす…自然状態に戻る
      ルソーは人間に対する状況対応制御(家族・共同体・宗教・国家)をすべてなくす(自然状態に戻れば)、
    2. 人間は状況対応力を養成→最善の状況対応して最大限の能力を発揮
      そうすると人間は状況対応力を養成し(最善の状況対応して最大限の能力を発揮するとした。
    3. 理想社会(理想共同体)を形成する
      1. 理想社会(理想共同体)を形成する
        理想社会(理想共同体)を形成するとした。
      2. 自然・野蛮に帰れ…自然思想
        自然・野蛮に帰れとした(自然思想)。
      3. 社会契約で理想国家設立
        社会契約で理想国家設立するとした。
      4. 理想優秀者独裁←正支配知識(一般意志〉保有)
        理想優秀者独裁とした(正支配知識〈一般意志〉保有)。
  2. 強者支配否定←個人状況対応・対立争い制御
    1. 強者支配否定←個人状況対応・対立争い制御
      ルソーは強者支配(王制国家)は個人状況対応、対立争い状況対応を制御すると否定した。
    2. 個人状況対応・対立争い状況対応が最高
      個人状況対応、対立争い状況対応を最高とした。
    3. 自然回帰・万人の万人に対する闘争・個人主義
      自然回帰、万人の万人に対する闘争(対立争い状況対応)、個人主義をかかげた。
  3. 宗教状況対応・集団状況対応・家族状況対応・国家状況対応を存続させない←個人状況対応制御
    個人状況対応を制御する、宗教状況対応、集団状況対応、家族状況対応、国家状況対応などすべてを存続させないとした。
  4. フランス革命おこす…キリスト教・家族状況対応・親族状況対応を存続させない
    フランス革命をおこした(キリスト教の否定、家族状況対応・親族状況対応を存続させない)。

9節7 スペイン・ポルトガル…イベリア半島

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖
気候は温暖である。それにより人間は状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族・国家発展)。
第2 地形…開放地形→個人対立争い型
地形はヨーロッパの一部で開放地形である。そのため人間は個人対立争い型になった。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神操作状況受入型)
ローマ帝国拡大時にキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力養成←キリスト教が神決定状況対応型に変容
  1. 状況対応力養成←キリスト教が神決定状況対応型に変容
    キリスト教が神操作状況受入型から神決定状況対応型に変容し状況対応するようになり状況対応力養成もするようになった。
  2. 民族状況対応力養成・国家状況対応力養成…民族・国家発展
    民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族・国家発展)。
第2 状況対応力養成しない←状況対応しない←一気に先進国化
  1. 状況対応力養成しない←状況対応しない←一気に先進国化
    ただ一気に先進国化(状況対応しない)し状況対応力養成しなくなった。
  2. 民族状況対応力養成・国家状況対応力養成しない…民族・国家停滞
    民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しなくなった(民族・国家停滞)。
第3 娯楽状況対応(享楽)←状況対応しない
  1. 娯楽状況対応(享楽)←状況対応しない
    特徴的なことは娯楽状況対応である。一気の先進国化(国家状況対応力養成・強者支配終了)から、状況対応しなくなった。娯楽状況対応(享楽)するようになった。
  2. 娯楽状況対応(享楽)→陽気で楽観的な民族性
    1. 娯楽状況対応(享楽)→陽気で楽観的な民族性
      娯楽状況対応(享楽)するようになり陽気で楽観的な民族性ができた。
    2. ラテンアメリカ国家・フィリピンにも承継
      それらは移植したラテンアメリカ国家にも承継されている。スペインが強国支配したフィリピンにも承継されている。
    3. 総合比較…宗教状況対応・享楽状況対応>国家状況対応>生産役務状況対応
      総合比較すると宗教状況対応・享楽状況対応が国家状況対応より優先する。国家状況対応が生産役務状況対応より優先する。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜段階で停止←状況対応力低下
急激な先進国化(状況対応しないにより状況対応力養成しなくなったことから、生産役務は農耕牧畜の段階で停止したままである。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある
状況対応力養成しないから農耕牧畜で段階で停止したままであったが、工業、流通業、役務業が発達しつつある。
第3 国家同士流通業←国家国土取り込み
国家国土取り込み(スペイン・ポルトガル帝国)で国家同士流通業(貿易)が栄えた。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 多民族国家
  1. 先住民族…ケルト民族・イベリア民族・バスク民族
    先住民族のケルト民族(大西洋側)、イベリア民族(地中海側)、バスク民族(ピレネー山脈西部)がいる。
  2. フェニキア民族・ギリシャ民族が民族移動
    そこに紀元前5000年から紀元前3000年にフェニキア民族、ギリシャ民族が地中化沿岸に都市国家を設定した。
第2 キリスト教(神操作状況受入型)で同一民族となる
ローマ帝国でキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ同一民族となった。
第3 イスラム民族…アフリカにもどし民族移動させた
イスラム民族が民族移動してきたがスリスト教民族が民族状況対応力を養成しイスラム民族をアフリカにもどし民族移動させた。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家対立争い状況対応力養成←イスラム強民族支配を存続させない(レコンキスタ)
中世はイスラム教徒に強民族支配されたが、国家対立争い状況対応力を養成し、強民族支配を終了させた(レコンキスタ)。
第2 国家国土取り込み(スペイン・ポルトガル帝国)←国家対立争い状況対応力養成
  1. 国家国土取り込み(スペイン・ポルトガル帝国)←国家対立争い状況対応力養成
    1. 国家国土取り込み(スペイン・ポルトガル帝国)←国家対立争い状況対応力養成
      国家対立争い状況対応力養成で、国家国土取り込み・強国支配を世界規模で行った(スペイン・ポルトガル帝国)。
    2. 国土範囲…南米+アフリカ+アジア
      国土範囲を南米、アフリカ、アジアに拡大した。
  2. 大西洋に面し他国移動をめざす…新大陸やインド航路の発見
    大西洋に面し他国移動をめざし新大陸やインド航路の発見をした。
第3 国家生産役務状況対応力養成
  1. 香辛料・銀取得←国家国土取り込み
    1. 香辛料・銀取得←国家国土取り込み
      国家国土取り込みで被国土国家取り込み国から莫大な香辛料や銀を取得した。
    2. 生産役務者養成(企業養成)より掠奪
      生産役務者養成(企業養成)より掠奪とした。
  2. 国家生産役務状況対応力養成←香辛料・銀取得
    一気に国家生産役務状況対応力養成(富国化)。

9節8 オランダ

スペインのキリスト教新教徒が国家分割で国家設定

第1 スペインのキリスト教新教徒(プロテスタント)が国家分割で国家設定
オランダはスペインに強者支配(弾圧)されたキリスト教新教徒(プロテスタント、カルバン派)が国家分割で国家設定した。
第2 強者支配終了国家←スペイン強者支配に対抗
スペイン強者支配に対抗した強者支配終了国家である(自由平等)。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖
オランダは温暖である。
第2 地形…開放地形
オランダの地形はヨーロッパの一部で開放地形である。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神決定状況対応型)
キリスト教(神決定状況対応型)である。

状況対応力

第1 状況対応力養成←キリスト教(神決定状況対応型)
神決定状況対応型に変容したキリスト教だから状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族・国家発展)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜・漁業・工業・流通業・役務業・資金業←状況対応力養成
状況対応力養成から、生産役務は、農耕牧畜、漁業、工業、資金業、役務業の段階にまで達している。
第2 国家同士流通業←国家国土取り込み
国家国土取り込み(オランダ帝国)で国家同士流通業(貿易)が栄えた。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 同一民族…キリスト教新教徒(プロテスタント)
  1. 同一民族…キリスト教新教徒(プロテスタント)
    キリスト教新教徒(プロテスタント)の同一民族である。
  2. 禁欲(成果取得しないこと)
    禁欲(成果取得しないこと)である。
第2 他民族の民族移動受入→多民族国家
他民族の民族移動を受け入れ多民族国家を設定した。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家状況対応力養成→国家国土取り込み(オランダ帝国)
  1. 国家対立争い状況対応力養成←海洋民族で造船技術
    海洋民族であり造船技術に優れ、国家対立争い状況対応力を養成した。
  2. 国家生産役務状況対応力養成←国家同士流通業(貿易)で莫大な利益
    国家同士流通業(貿易)で莫大な利益をえて国家生産役務状況対応力を養成した。
  3. 国家国土取り込み…オランダ帝国→アフリカ・アジア
    スペイン帝国・ポルトガル帝国についで、国家国土取り込みした(オランダ帝国、アフリカ、アジア)。
  4. 取り込み地に民族移動しない→取り込み地に多民族国家設定されず
    取り込み地に民族移動しなかったため、取り込み地に多民族国家は設定されなかった。
  5. 国家国土取り込み終了(崩壊)
    国家国土取り込みは終了(崩壊)した。
第2 国家対立・民族対立
  1. 反日…インドネシア取り込みを日本が終了させる
    1. 反日…インドネシア取り込みを日本が終了させる
      オランダは反日である(インドネシア取り込みを日本が終了〈独立〉で反日)。
    2. 日本に歴史忘れるな・賠償要求
      日本に歴史忘れるなとする。賠償要求した。
    3. オランダ皇室…昭和天皇大喪に出席せず
      オランダ皇室は昭和天皇大喪に出席しなかった。
    4. 税関が日本人入国者から金取り込み
      1. 税関が日本人入国者から金取り込み
        税関が日本人入国者から金取り込みする。
      2. バイオリニストのバイオリンを転売目的と1億2000万円
        バイオリニストのバイオリンを転売目的と1億2000万円取り込みした。
      3. カメラに転売目的と高額関税
        カメラに転売目的と高額関税かける。

9節9 ベルギー

オランダのカトリック教徒が国家分割で国家設定

第1 オランダのカトリック教徒が国家分割で国家設定
ベルギーはオランダのカトリック教徒が国家分割で国家を設定した。

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…温暖
ベルギーは温暖である。
第2 地形…開放地形
ベルギーの地形はヨーロッパの一部で開放地形である。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神決定状況対応型)
キリスト教(神決定状況対応型)である。

状況対応力

第1 状況対応力養成←キリスト教(神決定状況対応型)
キリスト教(神決定状況対応型)から状況対応力養成する。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族・国家発展)。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜・漁業・工業・流通業・資金業・役務業←状況対応力養成
状況対応力養成から生産役務は、農耕牧畜、漁業、工業(石炭埋蔵)、資金業、役務業の段階にまで達している。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 同一民族…カトリック教徒
カトリック教徒の同一民族である。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家状況対応力養成→国家国土取り込み(コンゴ)
オランダと同様、国家国土取り込みした(アフリカのコンゴ)。

9節10 東欧諸国

自然要因…気候・地形・地質

第1 気候…寒冷
気候は寒冷である。ヨーロッパの影響を受けて、人間は状況対応力養成した。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成した(民族開化・国家発生)。
第2 地形…開放地形
ヨーロッパの一部で開放地形である。
第3 地質…中央アジアに続く草原・西方から延びるヨーロッパ平原・中央アジアに続く草原
ギリシャなど地中海沿岸、中央アジアに続く草原地帯、西方から延びるヨーロッパ平原、北方の森林地帯からなる。

人間要因…状況対応型・状況対応力
状況対応型

第1 宗教状況対応型…キリスト教(神操作状況受入型)
宗教はローマ帝国拡大時にキリスト教(神操作状況受入型)を取り入れ宗教状況対応型になった。

状況対応力

第1 状況対応力低下←ソ連の国家国土取り込み・共産党強者支配
ソ連に国家国土取り込みされ(衛星国)、共産党強者支配国家となった。そのため状況対応力養成しなくなった。民族状況対応力養成、国家状況対応力養成しなくなった(民族・国家停滞)。
第2 状況対応力養成しつつある←ソ連の国家国土取り込み・共産党強者支配終了
ソ連終了により東欧は共産党強者支配が終了し強者支配終了国家化(自由民主化)しつつある。それにより人間は状況対応力養成しつつある。

生産役務要因…生産役務状況対応

第1 農耕牧畜段階で停止←状況対応力養成しない
生産役務は農耕牧畜の段階で停止したままである。共産党強者支配のため状況対応力養成しないからである。
第2 工業・流通業・役務業が発展しつつある
状況対応力養成しないから農耕牧畜で段階で停止したままであったが、工業、流通業、役務業が発達しつつある。

大規模集団要因…民族状況対応

第1 印欧語族…同一民族
黒海北岸の印欧語族が東欧に民族移動した。
第2 印欧語族が多語族に分化…多民族
印欧語族が多語族に分化し多民族となった。ギリシャ語族(ギリシャ)、バルト語族・スラブ語族(バルト海・北方森林地帯)、イラン語族(草原地帯)がいる。
第3 多民族となる…キリスト教・イスラム教
キリスト教、イスラム教が入り多民族となった。

大規模集団要因…国家状況対応

第1 国家状況対応力養成×←ソ連国家国土取り込み・共産党強者支配
共産党強者支配国家となった。国家状況対応力が養成されない。
第2 国家状況対応力養成しつつある←ソ連国家国土取り込み・共産党強者支配終了
しかしソ連の終了によソ連国家国土取り込み、共産党強者支配も終了し強者支配終了化(自由民主化)が進みつつある。

時代

第1 ローマ帝国が国家国土取り込み・強国支配
バルカン半島西部(セルビア)、ウクライナ南端(クリミア半島)、ブルガリア、ルーマニアがローマ帝国に国家国土取り込みされた。ギリシャ状況対応、ローマ状況対応を取り入れた。
第2 東ローマ帝国←ローマ帝国分裂
  1. 東ローマ帝国←ローマ帝国分裂
    ローマ帝国が分裂し東ローマ帝国の強国支配となった。
  2. スラブ民族が民族移動してくる…セルビア・ブルガリアを設定
    6世紀スラブ民族が民族移動してきてセルビア、ブルガリアを設定した。

ハンガリー・チェコスロバキア・ポーランド・バルト三国

第1 ハンガリー
  1. 中央アジア遊牧民フン人(ハンガリー人)が民族移動してくる
    中央アジア遊牧民フン人(ハンガリー人)が4世紀に民族移動してきた。
  2. 中央アジア遊牧民マジャール人が民族移動してくる
    同じく中央アジア遊牧民マジャール人が9世紀に民族移動してきた。
  3. ハンガリー人イシュトバン1世…ハンガリー王国設定
    10世紀にハンガリー人イシュトバン1世がハンガリー王国を設定した。
第2 チェコスロバキア
  1. チェコ(ボヘミア)
    1. ケルト人が先住民族
      ケルト人が先住民族である。
    2. チェック人・ドイツ人が民族移動してくる
      5世紀にチェック人が、11世紀にドイツ人が民族移動してきた。
  2. スロバキア
    1. スキタイ人・トラキア人が先住民族
      スキタイ人、トラキア人が先住民族である。
    2. ケルト人、フン人、ゲルマン人、アバール人が民族移動してくる
      ケルト人、フン人、ゲルマン人、アバール人が民族移動してきた。
    3. 大モラヴィア王国設定
      9世紀に大モラヴィア王国が設定された。
  3. チェコスロバキア国設定…多民族国家設定
    1918第1次大戦終了でオーストリア・ハンガリー帝国の国家国土取り込み終了(独立)しチェコスロバキア国(多民族国家)が設定された。
  4. ナチスドイツに国家国土取り込みされる
    1. ナチスドイツに国家国土取り込みされる…ナチスドイツが占領しズデーデンを取り込み
      第2次大戦でナチスドイツに国家国土取り込みされた。ナチスドイツが占領しズデーデンを取り込みした。
    2. 国家国土取り込み終了(独立)…ソ連強国支配(多国間)の弱国(構成国)
      第2次大戦終了で国家国土取り込み終了した(独立)。ソ連強国支配(多国間)の弱国(構成国)となった。
  5. チェコとスロバキアに国家分割…多民族国家終了
    1993チェコとスロバキアに国家分割(多民族国家終了)した。
第3 ポーランド
  1. チェコスロバキア国設定…多民族国家
    1. レフ人、ポラン人がポーランド国設定
      966レフ人、ポラン人がポーランド国設定した
    2. 多民族国家…ポラン人・リトアニア人・チェコ人・ドイツ人・ユダヤ人
      多民族国家である(ポラン人、リトアニア人、チェコ人、ドイツ人、ユダヤ人)。
  2. プロイセン・ロシア・オーストリアに国家国土取り込みされる…ホーランド分割
    1. プロイセン・ロシア・オーストリアに国家国土取り込みされる…ホーランド分割
      18世紀プロイセン、ロシア、オーストリアに国家国土取り込みされた(ポーランド分割)。
    2. 国家国土取り込み終了(独立)
      第1次大戦終了で国家国土取り込み終了した(独立)。
  3. ナチスドイツ・ソ連に国家国土取り込みされる
    1. ナチスドイツ・ソ連に国家国土取り込みされる
      第2次大戦でナチスドイツ、ソ連に国家国土取り込みされた。
    2. 国家国土取り込み終了(独立)…ソ連強国支配(多国間)の弱国(構成国)
      第2次大戦終了で国家国土取り込み終了した(独立)。ソ連強国支配(多国間)の弱国(構成国)となった。
第4 バルト三国…エストニア・ラトビア・リトアニア
  1. バルト三国…エストニア・ラトビア・リトアニア
    1. バルト三国…エストニア・ラトビア・リトアニア
      エストニア(フィン人・ウゴル人)、ラトビア(フィン人・ウゴル人)、リトアニア(バルト人)がある。
    2. リトアニア人…リトアニア国を設定
      リトアニア人は1236リトアニア国を設定した。
  2. ロシア帝国に国家国土取り込みされる
    1. ロシア帝国に国家国土取り込みされる
      ロシア帝国に国家国土取り込みされた。
    2. 国家国土取り込み終了(独立)
      1918国家国土取り込み終了した(独立)。
  3. ソ連に国家国土取り込みされる
    1. ソ連に国家国土取り込みされる
      1940ソ連に国家国土取り込みされた。
    2. 国家国土取り込み終了(独立)
      1990国家国土取り込み終了(独立)した。
第5 オーストリアが国家国土取り込み
  1. オーストリアが国家国土取り込み
    オーストリアが国家国土取り込みした。
  2. ハンガリー・チェコスロバキア・ポーランド・バルト三国
    第一次大戦後オーストリアの国家国土取り込みを終了した(独立)。

南スラブ諸国

第1 国家…南スラブ
  1. オーストリアが国家国土取り込み
    1. オーストリアが国家国土取り込み
       オーストリアが国家国土取り込みした。
    2. 国家国土取り込み終了した(独立)
       第一次大戦後オーストリアの国家国土取り込み終了した(独立)。
  2. ソ連が国家国土取り込み
    1. ソ連が国家国土取り込み
      ソ連が国家国土取り込みした。
    2. 国家国土取り込み終了した(独立)
      ソ連終了(崩壊)で国家国土取り込み終了した(独立)。
  3. 国家集約…ユーゴスラビア
    国家集約しユーゴスラビア国家を設定した(国家集約)。
  4. 国家集約させない…各国独立
    ユーゴスラビア国家が終了(崩壊)し国家集約を終了した。
  5. スロベニア…キリスト教カトリック・キリスト教東方教会・イスラム教
    キリスト教カトリック、キリスト教東方教会、イスラム教である。
  6. クロアチア…キリスト教カトリック
    キリスト教カトリックである。
  7. ボスニアヘルツェゴビナ…イスラム教
    イスラム教である。ギリシャ正教からイスラム教に改宗したので他宗教状況対応と対立争わない(ユダヤ人も受入)。
  8. セルビア…キリスト教ギリシャ正教
    キリスト教ギリシャ正教である。
  9. モンテネグロ…キリスト教東方教会・イスラム教
    キリスト教東方教会、イスラム教である。
  10. マケドニア…キリスト教ギリシャ正教
    キリスト教ギリシャ正教である。
  11. アルバニア…イスラム教
    アルバニア人(印欧語族)の国家である。オスマン強国支配でイスラム教となった。
  12. 対立争い(国家同士)
    1. クロアチア…ユダヤ人・セルビア人を殺害←ナチスドイツと提携
      クロアチアはナチスドイツと提携しユダヤ人・セルビア人を殺害した。
    2. セルビア…クロアチアに報復した(ボスニア紛争)←ソ連国家国土取り込み終了
      セルビアはソ連国家国土取り込み終了でクロアチアに報復した(ボスニア紛争)。
  13. 対立争い(民族同士)
    1. クロアチアのコソボにアルバニア人…コソボ独立要求で対立争う(コソボ紛争)
      クロアチアのコソボにアルバニア人が多数おり(オスマントルコがアルバニア人を民族移動させた)、コソボ独立要求で対立争う(コソボ紛争)。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

13節 宗教状況対応

次へ

14節 ロシア

Page Top