「歴史の流れ」民族の力と型

35節 国家同士状況対応基準制定

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

35節 国家同士状況対応基準制定…関係存続はかる

(世界)

第1 国家同士状況対応基準制定(国家同士法)…関係存続はかる
  1. 国家同士状況対応基準が自然制定できない
    個国状況対応(国家同士無関係)の国家が大半だから国家同士状況対応基準は自然に制定されない。
  2. 国家同士状況対応基準制定
    1. 国家同士状況対応基準制定
      徐々に国家同士状況対応基準が制定されつつある。
    2. 国家同士慣習法・状況対応合意(条約)
      国家同士慣習法、状況対応合意(条約)がある。
    3. 状況対応基準は一般抽象
      状況対応基準は一般抽象である(⇔警察は国内状況対応基準〈国内法〉適用で広範個別具体)。
    4. 戦争状況対応基準
      近代になり戦争大規模化で犠牲・負担が大きくなり戦争状況対応基準が定められた。

状況対応基準の種類

第1 生産役務状況対応基準…商法
古くは状況対応基準がなかった。ただ生産役務は世界共通であるから状況対応基準が制定されつつある(商法)。
第2 宗教対立争いさせない状況対応基準
  1. 宗教対立争いさせない状況対応基準
    宗教対立争いさせない状況対応基準が制定された。
  2. ウェストファリア条約(複合条約)←キリスト教ドイツ30年戦争(旧教対新教)
    1. ウェストファリア条約(複合条約)←キリスト教ドイツ30年戦争(旧教対新教)
      キリスト教ドイツ30年戦争(旧教対新教)後の1648ウェストファリア条約で制定された。
    2. キリスト教新教も旧教も認める
      キリスト教新教も旧教も認める。
    3. 戦後日本で占領軍の神道廃止…違反
      戦後日本で占領軍の神道廃止は違反である。
    4. 共産中国の首相靖国神社参拝反対…違反
      共産中国の首相靖国神社参拝反対は違反である。
第3 他国の国内状況対応ついて対立争いさせない状況対応基準…内政不干渉
  1. 他国の国内状況対応ついて対立争いさせない状況対応基準…内政不干渉
    他国の国内状況対応について対立争いさせない状況対応基準が制定された(内政不干渉)。
  2. ウェストファリア条約(複合条約)←キリスト教ドイツ30年戦争(旧教対新教)
    キリスト教ドイツ30年戦争(旧教対新教)後の1648ウェストファリア条約で制定された。
第4 正当な理由のない戦争させない状況対応基準
  1. 正当な理由のない戦争×
    正当の理由のない戦争させない状況対応基準が制定された(正当理由→合法戦争)。
  2. 正当理由のある戦争
    1. 国土国家取り込みさせない…自衛戦争・独立戦争・領土回復戦争
      国土国家取り込みさせない戦争(自衛戦争、独立戦争、領土回復戦争)がある。
    2. 反強者支配戦争…自由民主主義防衛・共産主義阻止・国民殺害独裁者排除
      強者支配させない戦争(自由民主主義防衛、共産主義阻止、国民殺害独裁者排除)がある。
    3. 制裁戦争…対侵略戦争・対テロ戦争・戦争状況対応(軍事〉主義排除戦争
      制裁戦争(対侵略、対テロ、戦争状況対応〈軍事〉主義排除)がある。
    4. 在他国民保護戦争(生命財産保護)
      在他国民保護戦争(生命財産保護)がある。
  3. 正当理由のない戦争…違法・テロ
    正当理由のない戦争は違法、テロとされる(アメリカ同時多発テロ)。
第5 戦闘状況対応基準
  1. 戦闘状況対応基準
    近代になって戦闘状況対応基準を制定した。
  2. 1899ハーグ陸戦条約
    1. 宣戦布告義務・兵士戦闘服着用・捕虜虐待禁止・民間人殺害禁止
      宣戦布告義務、兵士は戦闘服着用、捕虜虐待禁止、民間人大量殺害(虐殺)禁止(民間人を巻き込む市街戦×、生物化学兵器×)などがある(違反はテロ、決闘のルールに似る)。
  3. 1922ハーグ空戦規則案…合意されず
    空戦も始まったので同様の規則案が検討された(状況対応合意されず、無差別爆撃×)。
  4. イスラム教…状況対応基準あり
    1. 非戦闘員殺害・住居破壊・大量殺害・取り込み禁止
      イスラム教は許された対立争いの状況対応基準があった(非戦闘員殺害、住居破壊、大量殺害〈虐殺〉、取り込み〈略奪〉を禁止)。
第6 捕虜待遇状況対応基準
第1 個人対立争い型…状況対応制御で状況対応力養成しない
  1. 捕虜待遇状況対応基準
    捕虜待遇状況対応基準を制定した。
  2. 1864ジュネーブ条約
    ジュネーブ条約がある。
第7 国家国土取り込みさせない状況対応基準←第1次大戦(多大な犠牲と負担)
国家国家取り込みさせない状況対応基準が制定された。第1次大戦の疲弊(多大な犠牲と負担)からである。
第8 強国支配させない状況対応基準
  1. 強国支配させない状況対応基準
    強国支配(二国間・多数国間)をさせない状況対応基準が制定された(内政干渉禁止)。
  2. 基本状況対応基準(基本法)制定改正禁止…1904ハーグ陸戦法規
    1. 基本状況対応基準(基本法)制定改正禁止…1904ハーグ陸戦法規
      占領下の基本法の制定改正を禁止する(ハーグ条約〈陸戦法規・1904年制定〉)。
    2. ナチスドイツ下のフランス制定法…無効
      ナチスドイツ下のフランス制定法は無効とされた(フランス憲法には占領下憲法無効規定)。
    3. 状況対応基準不遵守…第2次大戦後日本・ドイツで占領軍が憲法改正
      第2次大戦後日本、ドイツで占領軍が憲法改正したのは状況対応基準不遵守である(国家体制変更・教育制度)。
    4. 日本に改正困難憲法・教育基本法押しつけ…抵抗者は公職追放
      日本に改正困難憲法・教育基本法押しつけた(抵抗者は公職追放)。
    5. ドイツは失効規定(独立後憲法制定で失効)をおき抵抗…失効
      ドイツは失効規定(独立後憲法制定で失効)をおき抵抗(失効)。
第9 1954難民条約…国籍国以外に在住する者を迫害のおそれのある国への追放・送還を禁止
人種、宗教、国籍、特定集団所属、政治意見を理由に迫害を受けるおそれがあるため国籍国以外に在住する者を、迫害のおそれのある国への追放、送還を禁止する。
第10 核管理の状況対応基準←核戦争は死亡・費用負担が多すぎる
  1. 核管理の状況対応基準←核戦争は死亡・費用負担が多すぎる
    核戦争は死亡・費用負担が多すぎる(人類滅亡になりかねない)。核管理の状況対応基準が制定されつつある。
  2. 核管理
    核管理する(新規核拡散×、国家同士管理)。
  3. 核拡散禁止条約(NPT)…新規核保有禁止
    1970国際連合が核保有国を制限する決議を採択した(核拡散禁止条約〈NPT〉、新規核保有禁止→核拡散の可能性〈北朝鮮がイランに〉)。
  4. 核兵器禁止条約…核兵器の開発・実験・生産・保有・使用を禁止
    1. 核兵器禁止条約…核兵器の開発・実験・生産・保有・使用を禁止
      2017国際連合が核兵器の開発、実験、生産、保有、使用を禁止する決議を採択した。
    2. 核兵器保有国は参加しない…米・英・仏・露・インド・パキスタン・共産中国・北朝鮮
      核兵器保有国は参加しない(米・英・仏・露・インド・パキスタン・共産中国・北朝鮮)。
    3. 核の傘に依存するは参加しない…日本・韓国・NATO諸国
      核の傘に依存する国は参加しない(日本、韓国、NATO諸国)。
第11 気候変動枠組条約(環境条約)…地球温暖防止→二酸化炭素など温室効果ガス排出量削減
  1. 気候変動枠組条約(環境条約)…地球温暖防止→二酸化炭素など温室効果ガス排出量削減
    1992国際連合が地球温暖防止のため先進国に対し二酸化炭素など温室効果ガス排出量削減の数値目標を定める決議を採択した。
  2. 2京都議定書…具体数値が定める
    1. 京都議定書…具体数値が定める
      1997京都議定書で具体数値が定められた。
    2. アメリカ・共産中国・インドは不支持
      1. アメリカ・共産中国・インドは不支持
        アメリカ、共産中国、インドは支持しなかった。
      2. 共産中国…地球温暖化防止は中国の生産役務発展阻止
        共産中国は地球温暖化防止は中国の生産役務発展阻止であるとした。
  3. 二酸化炭素地球温暖化反対説…多数
    二酸化炭素地球温暖化反対説がある(多数、2章気候)。

事後国家同士状況対応基準制定…事後法

第1 事後国家同士状況対応基準制定…事後法
  1. 事後国家同士状況対応基準制定…事後法
    事後に国家同士状況対応基準制定する(事後法)。
第2 事後法で裁判…第2次大戦まで戦争国家同士状況対応基準なし
  1. 事後法で裁判…第2次大戦まで戦争国家同士状況対応基準なし
    第2次大戦までは国家同士状況対応基準がなかったため強国が国家同士状況対応基準を新たに作成し裁判される。
  2. 戦争勝利国が戦争敗退国を裁判…戦争敗退国悪状況対応
    1. 戦争勝利国が戦争敗退国を裁判…戦争敗退国悪状況対応
      戦争勝利国が戦争敗退国を裁判する。強国が決定した状況対応が状況対応基準より優先するから、戦争勝利国が正状況対応、戦争敗退国が悪状況対応となる。
    2. 連合国…平和に対する罪と人道に対する罪を事後に制定
      連合国が平和に対する罪と人道に対する罪を事後に制定した。
    3. 連合国…日本に対する東京裁判
      連合国の日本東京裁判がある(国際軍事法廷、当事者が裁判官×→対立争ったオーストラリア人ウェッブが裁判長→公正×)。
    4. 連合国…ドイツに対するニュルンベルク裁判
      連合国のドイツニュルンベルク裁判がある「人道に対する罪」で制裁されたが事後法である。
第3 個国が状況対応基準制定←状況対応基準不十分
状況対応基準が十分に制定されていないから個国が状況対応基準(法律)を制定する(後記)。

35節2 状況対応基準遵守管理…関係存続はかる

(世界)

第1 状況対応基準遵守管理…状況対応基準公示・遵守促す・監視・制裁
  1. 状況対応基準遵守管理
    状況対応基準遵守を管理する。
  2. 状況対応基準を公示
    状況対応基準を守らせるため、状況対応基準を公表する。
  3. 遵守促す
    状況対応基準を遵守することを促す。
  4. 監視
    1. 監視
      状況対応基準不遵守しないよう監視する。
    2. 監視×→状況対応基準遵守×
      監視しないと状況対応基準を守らない。
  5. 制裁
    1. 制裁
      状況対応基準不遵守を制裁する(戦争、強国支配、国家国土取り込み)。
    2. 相手国を制裁・相手国民を制裁
      相手国を制裁する。相手国民を制裁する。
  6. 制裁…戦争(懲罰戦争)
    戦争する。
  7. 制裁…国家同士生産役務状況対応させない(産業制裁・経済制裁)
    1. 制裁…国家同士生産役務状況対応させない(産業制裁・経済制裁)
      戦争は死亡・費用負担が大きいから産業制裁する(経済制裁)。国家同士生産役務状況対応させない(8章戦争)。
    2. 制裁…国家同士流通業させない(貿易封鎖)
      国家同士流通業させない(貿易封鎖)。
    3. 制裁…国家同士資金流通させない(金融封鎖・預金凍結)
      1. 制裁…国家同士資金流通させない(金融封鎖・預金凍結)
        国家同士資金流通させない(金融封鎖、預金凍結)。
      2. アメリカ…共産中国にドル決済禁止←共産中国はドルと固定相場にしているから制裁効果
        アメリカは共産中国にドル決済を禁止する。共産中国はドルと固定相場にしている(ドルの信用に乗る)から制裁効果がある。
  8. 制裁×→状況対応基準不遵守
    制裁しないと状況対応基準を守らない。
第2 制裁手続×…状況対応基準遵守管理
  1. 制裁手続制定×
    制裁手続が制定されていない。

35節3 状況対応基準遵守・不遵守で対立争う

(国家同士・個人対立争い型)

第1 状況対応基準不遵守・遵守で対立争う…攻撃・反撃
  1. 状況対応基準不遵守・遵守で対立争う…攻撃・反撃
    状況対応基準を守らないか守ったかで対立争う。
  2. 状況対応基準不遵守…責任追及
    相手は状況対応を守っていないとする(責任追及)。
  3. 状況対応基準遵守…責任拒絶
    自己は状況対応基準を守っているとする(責任拒絶)。
  4. 責任対立争い…論争
    責任対立争いとなる。論争となる。
第2 事実に反する状況対応(だまし)
  1. 事実に反する状況対応(だまし)
    事実に反する状況対応(だまし)をする。
  2. 事実に反する責任追求・責任拒絶
    1. 事実に反する責任追求・責任拒絶
      事実に反する状況対応(だまし)から事実に反する責任追求、責任拒絶する。
    2. 事実隠す・事実曲げる・原因曲げる・事実作る・言いくるめる
      事実を隠す(隠蔽)。事実を曲げる(偽装)。原因を曲げる(歪曲)。事実を作る(捏造)。言いくるめる(詭弁)。

状況対応基準不遵守…責任追及

第1 状況対応基準不遵守…責任追及
  1. 状況対応基準不遵守…責任追及
    1. 状況対応基準不遵守…責任追及
      相手国は状況対応を守っていないとする(責任追及)。
    2. 責任拒絶(反撃)しないと何度でも責任追及(攻撃)する…悪は永遠に悪
      責任拒絶(反撃)しないと何度でも責任追及(攻撃)する(悪は永遠に悪)。
    3. 責任受入すればなおさら責任追及は永遠に続く
      責任受入すればなおさら責任追及は永遠に続く。
  2. 証拠確保←否認
    責任拒絶するから証拠を確保する必要がある。
  3. 相手国は証拠を残さない
    1. 相手国は証拠を残さない
      相手国は証拠を残さない。
    2. 証拠を隠滅
      証拠を隠滅する。
  4. 相手国は証拠確保妨害
    相手国は証拠確保させない。
  5. 相手国は証拠否認
    証拠も捏造と争う。
  6. 事実に反する責任追及
    1. 事実に反する責任追及
      事実に反する責任追及する。
    2. 事実作る(捏造)
      事実を作る(自国被害捏造し相手国が武力行使したとする)。

状況対応基準遵守…責任拒絶

第1 状況対応基準遵守…責任拒絶
自国は状況対応基準を守っているとする(責任拒絶)。
第2 事実に反する責任拒絶
  1. 事実に反する責任拒絶
    事実に反する責任拒絶する。
  2. 事実隠す(隠蔽)
    1. 事実を否認
      事実を否認する。
    2. 事実を黙秘
      事実を黙秘する。
  3. 事実曲げる(偽装)
    事実を曲げる。
  4. 原因曲げる(歪曲)
    1. 原因曲げる
      原因を曲げる(弁解、いいわけ、相手国が挑発した、自発でなく強制)。
    2. 共産中国…中国餃子事件で日本のせい
      共産中国は事実を曲げる(中国餃子事件で日本のせい)。
  5. 事実作る(捏造)
    他人有責の事実作る。
  6. 言いくるめる(詭弁)
    1. 言いくるめる(詭弁)
      正当とは言い難い言いくるめをする。
    2. 共産中国…偽物(他国特許違反)は発展途上国・法律未整備だから
      偽物(他国特許違反)氾濫に発展途上国・法律未整備と言いくるめる。

責任対立争い…論争

第1 責任対立争い…論争
責任対立争いとなる。論争となる。
第2 論争方法習得考案…巧み
  1. 論争方法習得考案…巧み
    論争方法を習得考案する。
  2. 責任相殺…自国の過去功績
    1. 責任相殺…自国の過去功績
      過去の功績で責任相殺する。
    2. 共産中国…過去の功績で責任相殺
      共産中国は過去の功績で責任相殺する。
    3. 共産中国…中国文明がなければ現在の世界の発展はなかった・その対価を他国は払ってない
      1. 共産中国…中国文明がなければ現在の世界の発展はなかった・その対価を他国は払ってない
        中国文明がなければ現在の世界の発展はなかった。その対価を他国は払ってない。
      2. 日本人は漢字の使用料・中国古典の著作権料を払っていない…中国も特許料を払う必要はない
        日本人は漢字の使用料、中国古典の著作権料を払っていない。中国も特許料を払う必要はない。
  3. 責任相殺…他国の責任問題
    1. 責任相殺…他国の責任問題
      相手国の他の責任問題で相殺する。
    2. 共産中国…相手国の他責任問題で相殺・相手国も責任共有すると相殺
      1. 共産中国…相手国の他責任問題で相殺・相手国も責任共有すると相殺
        中国は相手国の他の責任問題で相殺する。相手も責任共有すると相殺する。
      2. 日本が国家国土取り込み・南京虐殺と責任相殺
        日本が国家国土取り込み、南京虐殺したから責任相殺するとする。
    3. 韓国…金大中事件は日本も真相究明を怠った
      韓国は相手国の他の責任問題で相殺する(金大中事件は日本も真相究明を怠った責任があるとする)。
  4. 責任減殺
    1. 責任減殺
      責任減殺する。
    2. 共産中国…中国有毒食品は他国もしている・後進国だから
      共産中国は責任減殺で回避する(中国有毒食品→他国もしている・後進国だから仕方ない)。
第3 論争手法習得考案
  1. 論争手法習得考案
    論争手法を習得考案する。
  2. 反撃
    1. 反撃
      反撃する。
    2. 中国
      反撃する(中国有毒食品→輸出しないぞ)。

35節4 状況対応基準遵守・不遵守で対立争う

(国家同士・宗教状況対応型)

第1 状況対応基準不遵守・遵守で対立争う…攻撃・反撃
  1. 状況対応基準不遵守・遵守で対立争う…攻撃・反撃
    状況対応基準を守らないか守ったかで対立争う。
  2. 状況対応基準不遵守…責任追及
    相手は状況対応を守っていないとする(責任追及)。
  3. 状況対応基準遵守…責任拒絶
    自己は状況対応基準を守っているとする(責任拒絶)。
  4. 責任対立争い…論争
    責任対立争いとなる。論争となる。
第2 事実に反する状況対応(だまし)
  1. 事実に反する状況対応(だまし)
    事実に反する状況対応(だまし)をする。
  2. 事実に反する責任追求・責任拒絶
    1. 事実に反する責任追求・責任拒絶
      事実に反する状況対応(だまし)から事実に反する責任追求、責任拒絶する。
    2. 事実隠す・事実曲げる・原因曲げる・事実作る・言いくるめる
      事実を隠す(隠蔽)。事実を曲げる(偽装)。原因を曲げる(歪曲)。事実を作る(捏造)。言いくるめる(詭弁)。

状況対応基準不遵守…責任追及

第1 状況対応基準不遵守…責任追及
  1. 状況対応基準不遵守…責任追及
    相手国は状況対応基準を守っていないとする(責任追及)。戦勝国が戦敗国を裁判で裁く(東京裁判)。
  2. 証拠確保
    責任拒絶から、責任追及に証拠が必要である。
  3. 相手国は証拠を残さない
    1. 相手国は証拠を残さない
      相手国は証拠を残さない。
    2. 証拠を隠滅
      証拠を隠滅する。
  4. 相手国は証拠確保妨害
    相手国は証拠確保させない。
  5. 相手国は証拠否認
    証拠も捏造と争う。
  6. 事実に反する責任追及
    1. 事実に反する責任追及
      事実に反する責任追及する。
    2. 事実作る(捏造)
      事実を作る(自国被害捏造し相手国が武力行使したとする)。

状況対応基準遵守…責任拒絶

第1 状況対応基準遵守…責任拒絶
自国は状況対応基準を守っているとする(責任拒絶)。
第2 事実に反する責任拒絶
  1. 事実に反する責任拒絶
    事実に反する責任拒絶する。
  2. 事実隠す(隠蔽)
    1. 事実を否認
      事実を否認する。
    2. 事実を黙秘
      事実を黙秘する。
  3. 事実曲げる(偽装)
    事実を曲げる。
  4. 原因曲げる(歪曲)
    1. 原因曲げる
      原因を曲げる(弁解、いいわけ、相手国が挑発した、自発でなく強制)。
  5. 事実作る(捏造)
    事実作る。
  6. 言いくるめる(詭弁)
    1. 言いくるめる(詭弁)
      正当とは言い難い言いくるめるをする。明白な有責事実について白を黒と言いくるめる。
    2. その国と現在の国は別国家とする
      その国と現在の国は別国家とする。
    3. ナチスドイツのユダヤ人大量殺害の責任拒絶…ナチスドイツと戦後ドイツは別国家
      1. ナチスドイツのユダヤ人大量殺害の責任拒絶…ナチスドイツと戦後ドイツは別国家
        ドイツはニュールンベルク裁判でナチスドイツと戦後ドイツは別国家であるとナチスドイツのユダヤ人大量殺害(虐殺)の責任拒絶した。
      2. 異常な一時期があってナチスという暴力集団に歴史が占領された
        異常な一時期があってナチスという暴力集団に歴史が占領されていたとする。ナチスという悪魔に乗っ取られていたとする。
    4. ロシアの国家国土取り込みの責任拒絶…ソ連とロシアは別国家
      ソ連とロシアは別国家であるとソ連の国家国土取り込みの責任を拒絶した。

責任対立争い…論争

第1 責任対立争い…論争
  1. 責任対立争い…論争
    責任対立争いとなる。論争となる。
  2. 論争方法習得考案…巧み
    1. 責任相殺…相手にも責任がある
      責任相殺を主張する(相手にも責任がある)。
    2. 責任減殺
      責任減殺を主張する。
    3. 責任減殺…他にも同じ有責状況対応国いる
      1. 責任減殺…他にも同じ有責状況対応国いる
        他にも同じ有責状況対応国いるとする。
      2. ドイツのユダヤ人大量殺害…日本も従軍慰安婦・強制連行(徴用工)→ドイツ反省・日本反省×
        ドイツはユダヤ人大量殺害(虐殺)について日本も従軍慰安婦、強制連行(徴用工)をしている(事実に反する状況解明)とする。
        ドイツは反省したが日本は反省していないとする。
    4. 制裁されない理由がある
      状況対応基準不遵守だが制裁されない理由があるとする。

35節5 状況対応基準遵守・不遵守で対立争う
(国家同士・集団状況対応型)

状況対応基準不遵守…責任追及×→許す

第1 状況対応不基準遵守…責任追及×→許す
  1. 状況対応不基準遵守…責任追及×→許す
    相手は状況対応基準を守っていないとあまりしない(責任追及×)。

状況対応基準不遵守…責任受入

第2 状況対応基準不遵守…責任受入
  1. 状況対応基準不遵守…責任受入
    自己が状況対応基準を守らなかったことを素直に認める(責任受入)。証拠がなくても認める。

責任対立争い×…論争×

第3 責任対立争い×…論争×
  1. 責任対立争い×…論争×
    責任対立争いしない。論争しない。
  2. 日本…アメリカの従軍慰安婦非難決議になにもしない
    日本は責任拒絶しない(アメリカの従軍慰安婦非難決議になにもしない)。

35節6 状況対応基準遵守・不遵守で対立争う
(国家と他国民・国民同士)

個人対立争い型

第1 中国人
  1. 責任拒絶
    中国人は責任拒絶する。
  2. 責任相殺…他国・他国人の責任問題
    1. 責任相殺…他国・他国人の責任問題
      相手国の他の責任問題で相殺する。
    2. 共産中国…他の責任問題で相殺・相手も責任共有すると相殺
      1. 共産中国…他の責任問題で相殺・相手も責任共有すると相殺
        中国・中国人は相手国の他の責任問題で相殺する。相手も責任共有すると相殺する。
      2. 日本は中国を侵略したのだから中国人が日本で犯罪をして何が悪い
        日本は中国を侵略したのだから中国人が日本で犯罪をして何が悪いとする。
      3. 南京事件と比べたら俺の犯罪はたいしたことない
        南京事件と比べたら俺の犯罪はたいしたことないとする。
      4. 祖父殺害(日本軍)の復讐
        祖父殺害(日本軍)の復讐とする。
  3. 利用規則不遵守…責任減殺
    1. 利用規則不遵守…責任減殺
      共産中国人は多数集合施設利用規則不遵守で責任減殺する。
    2. ルーブル美術館噴水に中国人が足漬け→中国人だけ非難かるのはおかしい
      ルーブル美術館噴水に中国人が足漬けたことに中国人だけ非難かるのはおかしいとした(責任減殺)。
第2 第韓国人
  1. 責任拒絶
    韓国人は責任拒絶する。
  2. 原因曲げる…他国・他国人のせいとする
    1. 原因曲げる…他国・他国人のせいとする
      原因を曲げる。他国、他国人のせいとする(絶対に謝らず責任転嫁する)。
    2. 韓国人米大学犯大量殺人事件
      韓国人は韓国人米大学犯大量殺人事件をアメリカ、アメリカ人、日本、日本人のせいとした(アメリカ銃社会が悪い、犯人はアメリカ社会の犠牲者、韓国人の安全を、韓国人への敵対をやめろ、犯人は日本人ではないか)。

宗教状況対応型

第1 責任拒絶
国民は責任を拒絶する(非をわびない)。

集団状況対応型

第1 責任受入
国民は責任受入する(非をわびる)。

35節7 個国が管理←状況対応基準重視管理不十分
(国家同士)

第三者制裁△

第1 第三者制裁△
  1. 国際連合制裁△
    国際連合制裁が進まない。
  2. 国際司法裁判所△
    国際司法裁判所(国連の組織、オランダハーグ)が進まない。

当事国制裁←第三者制裁×

第1 当事国制裁←第三者制裁
  1. 当事国制裁←第三者制裁
    第三者制裁が進まないから当事国制裁する。
第2 強国が制裁←当事国制裁
  1. 強国が制裁←当事国制裁
    当事国制裁から強国が制裁する。
  2. アメリカが制裁
    1. アメリカが制裁
      アメリカが制裁する。
    2. トランプ大統領…ならず者国家を制裁する→1位IS国・2位共産中国・3位ロシア
      トランプ大統領はならず者国家を制裁するとする(1位IS国・2位共産中国・3位ロシア)。

35節8 個国が状況対応基準制定・状況対応基準遵守管理

(状況対応基準制定不十分)

第1 個国が状況対応基準制定・状況対応基準遵守管理←状況対応基準不十分
状況対応基準が十分に制定されていないから個国が状況対応基準(法律)を制定する。状況対応基準遵守管理する。
第2 アメリカ…アメリカ法で制裁…事後法・管轄権なし
アメリカ議会が制定する法律で制裁する(事後法・管轄権なし、勝手に国際司法、次記・重大な脅威を制裁)。
第3 共産中国…国家同士状況対応基準→自国制定正・他国制定悪
自国が制定した国家同士状況対応基準は正、他国が制定した国家同士状況対応基準は悪とする(自分たちが作ったルールが正しい)。

重大な脅威を制裁

第1 アメリカ…国際緊急経済権限法→重大な脅威を制裁
  1. アメリカ…国際緊急経済権限法→重大な脅威を制裁
    1. アメリカ…国際緊急経済権限法→重大な脅威を制裁
      1977アメリカは国際緊急経済権限法制定で重大な脅威に対して他国、組織、個人を制裁する。
    2. 国家同士生産役務状況対応させない…産業制裁・経済制裁
      1. 国家同士生産役務状況対応させない…産業制裁・経済制裁
        国家同士生産役務状況対応させない。
      2. 国家同士流通業させない…貿易封鎖
        国家同士流通業させない(貿易封鎖)
      3. 国家同士資金流通させない…金融封鎖・資産凍結
        国家同士資金流通させない(金融封鎖)。アメリカにおける資産凍結、ドル建て取引(外国為替取引)禁止する。
  2. イラン…アメリカ大使館員人質を制裁
    イランのアメリカ大使館員人質を制裁した。
  3. シリア…アサド大統領の国民に対する犯罪を制裁
    シリアアサド大統領の国民に対する犯罪を制裁した。
  4. 北朝鮮…核開発を制裁→国家同士資金流通させない(金融封鎖・預金凍結)
    北朝鮮の核開発を制裁した。国家同士資金流通させない(金融封鎖・預金凍結)。
  5. ロシアを制裁…ウクライナクリミア半島取り込みを制裁
    1. ロシアを制裁…ウクライナクリミア半島取り込みを制裁
      ロシアのウクライナクリミア半島取り込みを制裁した。
    2. ロシア高官アメリカ国内預金凍結
      ロシア高官のアメリカ国内預金凍結した。
    3. ロシアとドル決済禁止
      1. ロシアとドル決済禁止
        ロシアとドル決済を禁止した。
      2. ロシア人資産保有者のキプロス・マルタの金融機関隠し口座凍結…キプロス銀行倒産
        ロシア人資産保有者のキプロス、マルタの金融機関隠し口座が凍結された。キプロス銀行倒産、ロシア人資産保有者は離島した。
    4. EU向け石油・ガスをユーロ決済に変更
      EU向け石油・ガスをユーロ決済に変更した。
第2 日本…重大な脅威を制裁すべき
  1. 日本は共産中国を制裁すべき
    日本も状況対応基準不遵守の共産中国を制裁すべきである。
  2. 食料不売で制裁になる←共産中国の食料自給率85%
    食料を売らないことで制裁になる(共産中国の食料自給率85%だから食料不売で制裁になる⇔伊藤忠商事・三井物産は供給)。

国家国土取り込み準備状況対応させない

第1 国家国土取り込み準備状況対応させない状況対応基準制定
国家国土取り込み準備状況対応させない状況対応基準制定を制定する。

スパイ防止法

第1 スパイ防止法…他国に状況対応知識・情報取り込み・傷つける・存続させないことをさせない
  1. スパイ防止法…他国に状況対応知識・情報取り込み・傷つける・存続させないことをさせない
    他国に状況対応知識・情報を取り込み・傷つける・存続させないことをさせないためスパイ防止法を制定する。
  2. 他国に状況対応知識取り込み・傷つける・存続させないことをさせない
    他国に状況対応知識を取り込み・傷つける・存続させない(8章対立争い状況対応・体力対立争い)ことをさせない。
  3. 他国に情報取り込み・傷つける・存続させないことをさせない
    他国に情報を取り込み・傷つける・存続させない(8章対立争い状況対応・体力対立争いことをさせない。
  4. スパイ・サイバー攻撃させない
    スパイ・サイバー攻撃(8章対立争い状況対応・体力対立争い)させない。
第2 共産中国のスパイ防止法
  1. 共産中国のスパイ防止法
    2014共産中国のスパイ防止法がある。
  2. 自国内の他国民スパイを状況対応管理
    自国内の他国民スパイを状況対応管理(監視・制裁)する。
  3. 誰でもスパイ逮捕できる
    誰でも逮捕できるようにしている。
  4. 人質取る・生産役務知識取り込みのため逮捕
    人質取る、生産役務知識取り込みのため逮捕する。
  5. 自国内の他国人・他国生産役務者・他国旅行者を逮捕…密告報奨金
    自国内の他国人・他国生産役務者・他国旅行者を逮捕する。密告報奨金を出す。
  6. 習近平…政治・国土・軍事・経済・文化・社会・生態・資源の安全はかる→何でもスパイで逮捕
    1. 習近平…政治・国土・軍事・経済・文化・社会・生態・資源の安全はかる→何でもスパイで逮捕
      習近平は政治・国土・軍事・経済・文化・社会・生態・資源の安全はかるとして何でもスパイで逮捕する。
    2. 温泉開発調査のための地下調査で日本人逮捕
      温泉開発調査のための地下調査で日本人逮捕した。
第3 アメリカのスパイ防止法
  1. アメリカのスパイ防止法
    アメリカのスパイ防止法がある。
  2. FBIが孔子学園捜査
    FBIが孔子学園を捜査した。
第3 日本…スパイ防止法制定すべき
  1. 日本はスパイ防止法制定すべき
    日本はスパイ防止法を制定すべきである。

出入国管理法

第1 出入国管理法…自国に他国民移動させない
  1. 出入国管理法…出入国管理・難民管理
    自国に他国民移動させないため出入国管理法を制定する(他国人の自国出入国管理、難民管理)。
第2 共産中国の出入国管理法
  1. 共産中国の出入国管理法
    共産中国の出入国管理法がある。
  2. 債務残す他国生産役務者を出国させない…他国生産役務集団乗っ取り
    債務残す他国生産役務者を出国させない(他国企業乗っ取りできる)。

テロを制裁

第1 アメリカ…テロを制裁
  1. アメリカ…テロを制裁
    アメリカはテロを制裁する。
  2. テロ支援者制裁法…9.11アメリカ同時多発テロ関与国損害賠償請求
    2016テロ支援者制裁法(9.11アメリカ同時多発テロ事件〈アルカイダ・ビンラディン〉のテロ攻撃に関与したという理由で被害者家族がサウジアラビアなどの他国政府を提訴できる←サウジアラビアが石油価格引下でアメリカシェール石油つぶしに対抗〈反撃〉?)。
  3. テロ国家訴追法…指定テロ国家が関与テロでアメリカ人が被害を受けた場合はその国に損害賠償
    1997テロ国家訴追法(アリッサ・フラート法、指定テロ国家が関与したテロでアメリカ人が被害を受けた場合はその国に損害賠償できる→パレスチナの自爆テロでアメリカ人死亡→イランテロ支援と賠償判決)。

虐待を制裁

第1 アメリカ…被虐待者保護法(損害賠償)
アメリカは被虐待者保護法(損害賠償)で虐待を制裁する。

アメリカ香港人権・民主主義法

第1 当事国制裁…アメリカ香港人権法・民主主義法←共産中国が香港自治侵害(容疑者引渡条例)
  1. アメリカ香港自治法…共産中国が香港自治侵害
    2019アメリカは共産中国が香港自治権侵害(中国本土へ容疑者引き渡し条例制定)に対して香港人権法・民主主義法を制定した。

アメリカ香港自治法

第1 当事国制裁…アメリカ香港自治法←共産中国が香港自治侵害(香港安全維持法制定)
  1. アメリカ香港自治法…共産中国が香港自治侵害
    2020アメリカは共産中国が香港自治権侵害(香港安全維持法制定)しているとアメリカ香港自治法を制定した。
  2. 香港自治権侵害に関与した担当者・団体のアメリカ内資産凍結・ビザ発給停止(渡航制限)
    香港自治権侵害に関与した担当者・団体のアメリカ内資産凍結、ビザ発給停止(渡航制限)した。
  3. 香港自治権侵害に関与した担当者・団体と取引した金融機関も資産凍結・ドル決済禁止
    1. 香港自治権侵害に関与した担当者・団体と取引した金融機関も資産凍結・ドル決済禁止
      1. 香港自治権侵害に関与した担当者・団体と取引した金融機関も資産凍結・ドル決済禁止
        香港自治権侵害に関与した担当者・団体と取引した金融機関も資産凍結・ドル決済禁止した。
      2. ドル決済禁止(人民元とドルの交換禁止)…香港政策法の改正→国際通貨交換システムから排除
        ドル決済禁止(人民元とドルの交換禁止)は香港政策法(1992、香港中国返還時制定)改正を香港自治法制定と同時に行った。国際通貨交換システムから排除された。
      3. ドル決済禁止…国有天津物産集団のドル建社債債務不履行
        ドル決済禁止で国有天津物産集団のドル建社債債務不履行になった。
    2. 共産党幹部も対象となる
      共産党幹部も対象となる。
    3. 共産中国金融機関も制裁対象
      1. 共産中国金融機関も制裁対象
        共産中国金融機関も制裁対象となる。
      2. 共産中国4大銀行…ドル決済禁止→中国生産役務者の他国からの借入金返済不能となる危険
        共産中国4大銀行(中国銀行・中国建設銀行・中国商工銀行・中国農工銀行)がドル決済禁止となった。中国生産役務者の他国からの借入金返済不能となる危険がおきた。
    4. 他国取引金融機関も制裁対象
      他国取引金融機関も制裁対象となる。
    5. 中国の香港安全法支持国も対象となるおそれ
      中国の香港安全法支持国も対象となるおそれがある。
  4. アメリカ香港自治法とは別に…香港貿易・訪米ビザ優遇廃止
    アメリカは香港自治法とは別に香港貿易、訪米ビザ優遇を廃止した。
第2 共産中国…反撃
  1. 共産中国…反撃
    共産中国は反撃した。
  2. アメリカ人記者追放・アメリカ系外食チェーン立入検査・ルビオ議員・クルーズ議員入国禁止
    アメリカ人記者追放、アメリカ系外食チェーン立ち入り検査、ルビオ議員・クルーズ議員(ウィグル族人権侵害で共産中国批判)を入国禁止をした。

アメリカ人権侵害関与者制裁法

第1 当事国制裁…アメリカ親権侵害制裁法
  1. アメリカ人権侵害制裁法…人権侵害に関与した各国担当者に対し米国内資産凍結・ビザ発給停止
    2016アメリカは人権侵害に関与した各国担当者に対して米国内の資産凍結・ビザ発給停止(渡航停止)する法律を制定した。

アメリカウィグル人権法

第1 当事国制裁…アメリカウイグル人権法←共産中国がウィグル人強制収容・強制労働
  1. アメリカウィグル人権法…共産中国がウィグル人強制収容・労働
    2019アメリカは共産中国かウィグル人強制収容・強制労働に対してウィグル人権法を制定した。
第2 ウィグル人強制収容・強制労働に関与した担当者・団体のアメリカ内資産凍結・ビザ発給停止
香港自治権侵害に関与した担当者、団体のアメリカ内資産凍結、ビザ発給停止した。
第3 ウィグル人強制労働による製品の製造販売に関与した生産役務集団を制裁
  1. ウィグル人強制労働による製品の製造販売に関与した生産役務集団を制裁
    ウィグル人強制労働による製品の製造販売に関与した生産役務集団を制裁する。
  2. 共産中国華夷技術(ファーウェイ)を制裁対象…華夷技術社員へのビザ発給停止(入国禁止)
    1. 共産中国華夷技術(ファーウェイ)を制裁対象
      2020共産中国の華夷技術(ファーウェイ)を制裁対象とした。
    2. 華夷技術社員へのビザ発給停止(入国禁止)
      華夷技術社員へのビザ発給停止(入国禁止)した。
  3. アメリカ・欧州諸国・日本生産役務集団も対象となるおそれ
    1. アメリカ・欧州諸国・日本生産役務集団も対象となるおそれ
      アメリカ、欧州諸国、日本の生産役務集団も対象となるおそれがある。
    2. ナイキ・アディダス・アップル・マイクロソフト・サムスン・ユニクロ・パナソニック・東芝
      ナイキ、アディダス、アップル、マイクロソフト、サムスン、ユニクロ、パナソニック、東芝がある。
  4. アメリカ・欧州諸国・日本生産役務集団も対象となるおそれ
    1. 共産中国の華夷技術(ファーウェイ)の携帯電話基地を使用しない
      共産中国の華夷技術(ファーウェイ)の携帯電話基地を使用しないことにした。
    2. 英・カナダ・仏・シンガポール…使用しない
      イギリス、カナダ、フランス、シンガポールはノキア(フィンランド)、エリクソン(スェーデン)の携帯電話基地を使用することとした。

35節8 個国が状況対応基準制定・状況対応基準遵守管理
(国家と他国民)

国家と他国滞在他国民

第1 自国制定状況対応基準で他国滞在他国民を制裁
  1. 自国制定状況対応基準で他国滞在他国民を制裁
    自国が制定する状況対応基準で他国滞在他国民を制裁する。
  2. アメリカ…アメリカ法で制裁
    1. 自国犯罪した他国滞在他国民を制裁
      自国犯罪した他国民を制裁する。
    2. パナマノリエガ将軍を連行し麻薬密輸罪で懲役40年
      アメリカはパナマノリエガ将軍を武力行使で拘束パナマからアメリカに連行しアメリカに麻薬密輸の罪で懲役40年(後に30年に減刑)の判決する。
  3. 共産中国…共産中国法で制裁
    1. 自国犯罪した他国滞在他国民を制裁
      自国犯罪した他国民を制裁する。
    2. 香港国家安全維持法違反…他国滞在他国民を制裁できる
      香港国家安全維持法違反は他国滞在他国民を制裁できる。

国家と自国滞在他国民

第1 自国制定状況対応基準で自国滞在他国民を制裁…現状・属地主義
  1. 自国制定状況対応基準で自国滞在他国民を制裁…現状・属地主義
    自国が制定する状況対応基準で自国滞在他国民を制裁する(現状、属地主義)。
  2. 共産中国…共産中国法で制裁
    1. 自国法不遵守自国滞在他国民を制裁
      自国法不遵守他国民を制裁する。
    2. 裁判中は出国させない
      自国滞在他国生産役務者に裁判(従業員賃金・取引代金未払)がおこされているときは出国させない。
第2 自国制定状況対応基準で自国滞在他国民を制裁させない…治外法権・属人主義
  1. 自国制定状況対応基準で自国滞在他国民を制裁させない…治外法権・属人主義
    自国が制定する状況対応基準で自国滞在他国民を制裁させない(治外法権、属人主義)。
  2. 欧米露…国家国土取り込みで被取り込み国にさせない
    欧米露が国家国土取り込みで被取り込み国にさせない。

国家と他国滞在他国民

第1 アメリカ…法律制定し他国滞在他国民を制裁
  1. 法律制定し他国滞在他国民を制裁…事後法・管轄権なし
    アメリカ議会が制定する法律で制裁する(事後法・管轄権なし)。
  2. 他国独立運動者殺害で他国民を制裁
    1. 他国独立運動者殺害で他国民を制裁
      アメリカ法で制裁する。
    2. 東ティモール独立運動家死亡で遺族の訴えで鎮圧将軍に賠償判決
      東ティモール独立運動家死亡で遺族の訴えで鎮圧将軍に賠償判決した。

国家と他国滞在生産役務者

第1 アメリカ…法律制定し他国滞在他国民を制裁
  1. 法律制定し他国滞在他国民を制裁…事後法・管轄権なし
    アメリカ議会が制定する法律で制裁する(事後法・管轄権なし)。
  2. 他国に個人成果提供の他国生産役務者を制裁
    1. 他国に個人成果提供の他国生産役務者を制裁
      他国公務員に対する賄賂を罰する法律で制裁する。
    2. 仏アルストム社・日本丸紅がインドネシア高官に賄賂と罰金
      仏アルストム社がインドネシア高官に賄賂と900億円罰金、丸紅も共謀と100億円罰金とした。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

34節 関係設定

次へ

36節 関係設定…状況対応合意

Page Top