「歴史の流れ」民族の力と型

13節 自国成果取得優先のため対立争う

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

13節 自国成果取得優先のため対立争う…国家国土取り合う

(国家同士)

第1 国家国土取り合う
  1. 国家国土取り合う
    国家国土を取り合う(構成国取り合う)。
  2. 他国が取り込んだ国家国土を取り込む
    他国が取り込んだ国家国土を取り込む。
  3. 欧米露が世界規模で取り合う…イギリス3C・ドイツ3B
    欧米露が世界規模で展開した(イギリス3C→カイロ・ケープタウン・カルカッタ、ドイツ3B→ベルリン・ビザンティウム・バクダッド)。
第2 アメリカ・カナダ取り合う…イギリスとフランス
  1. アメリカ・カナダ取り合う…イギリスとフランス
    イギリスとフランスはアメリカ、カナダを取り合った (鱈漁場・毛皮でカナダ取り合った)。
  2. イギリスがアメリカ取り込み・フランスがカナダ取り込み
    イギリスはアメリカを、フランスはカナダを取り込みした。
第3 インド・ビルマ・インドシナ取り合う…英仏
  1. インド・ビルマ・インドシナ取り合う…英仏
    インド、ビルマ、インドシナをイギリスとフランスが取り合った。
  2. イギリスがインド・ビルマ取り込み
    イギリスがインド、ビルマを取り込んだ(インドでブラッシー戦争)。
  3. フランスがインドシナ取り込み
    フランスがインドシナ(インドシナは清から取り込んだ)。
第4 インドネシア・マレーシアを取り合う…イギリスとオランダ
  1. インドネシア・マレーシアを取り合う…イギリスとオランダ
    インドネシア、マレーシアをイギリスとオランダが取り合った。
  2. オランダがインドネシア取り込み・イギリスがマレーシアを取り込み
    オランダがインドネシア、イギリスがマレーシアを取り込んだ(マレーシアはインド総督がオランダから取り込んだ)。
第5 ニューギニア取り合う…オーストラリア・オランダ・ドイツ
  1. ニューギニア取り合う…オーストラリア・オランダ・ドイツ
    オーストラリア、オランダ、ドイツがニューギニアを取り合った。
  2. 3分
    3分した。
第6 ウィグル・チベット取り合う…イギリスとロシア
  1. ウィグル・チベット取り合う…イギリスとロシア
    イギリスとロシアがウィグル、チベットを取り合った。
  2. ロシアがウィグル取り込み・イギリスがチベット取り込み
    ロシアが清からウィグルを取り込んだ。イギリスが清からチベットを取り込んだ。
第7 中国を取り合う
  1. 中国を取り合う
    1. 中国を取り合う
      中国を取り合った。
    2. 明…スペイン・日本・清が取り合う
      明をスペイン、日本(豊臣秀吉)、清(ヌルハチ)が取り合った。
    3. 清…欧米露が取り合う
      清を欧米露が取り合った。
  2. 9カ国条約…アメリカが取り合うに参加
    アメリカも遅れて取り合うに参加した(伝導、医療、教育中心)。9カ国条約で中国に自国も取り合うに参加できるようにした(門戸解放、機会均等)。
  3. 中国は構成国を取り込まれないようにした
    中国は構成国を取り込まれないようにした(欧米露に警戒の清は台湾省設置した・朝鮮省を設置しようとした)。
第8 朝鮮を取り合う×(例外)…欧米露は日本に取り込ませる
  1. 朝鮮を取り合う×(例外)
    朝鮮を取り合わなかった。
  2. 取り込みの魅力なし
    取り込みの魅力がなかった(国土狭い・人口少ない、国家状況対応力養成されていない)。
  3. 欧米露は日本に取り込ませる
    1. 欧米露は日本に取り込ませる
      欧米露は日本に取り込ませた。
    2. アメリカ…朝鮮は自立能力ない・日本は始末する権利と李氏朝鮮の公使館閉鎖
      アメリカは朝鮮は自立能力ない・日本は始末する権利と李氏朝鮮の公使館閉鎖した(日露戦争後→日本と中国の取り合うで勝利〈日清戦争〉の日本が取り込むのが当然?・ロシアの進出阻止?・朝鮮やるから中国取り込むな?)。
    3. 強国支配しにくい…朝鮮は提携国・状況対応分担国と対立争う・陰謀の国・反合意状況対応
      強国支配しにくい?(朝鮮は提携国・状況対応分担国と対立争う〈裏切り〉・陰謀の国・反合意状況対応・朝鮮は東亜の平和を乱す元凶、独り立ちできない〈独立気概なし〉、朝鮮は紛争の火種だから日本保護下にはいって当然、白人の重荷、ロシアからの借金膨大)。
    4. ロシア…革命おきそうで取り込みどころではなかった
      ロシアは不凍港確保で取り込みめざすが革命おきそうで取り込みどころではなかった。
第9 第1次大戦…英仏露がオスマントルコ帝国から構成国取り合う
  1. 第1次大戦…英仏露がオスマントルコ帝国から構成国取り合う
    第1次大戦(トルコがドイツと同盟し参戦の状況利用)で英仏露がオスマントルコから構成国を取り合った(バルカン半島・地中海東岸・イラク・エジプト)。
  2. イギリス…イラク・エジプト・ヨルダンを取り込み
    イギリスはイラク、エジプト、ヨルダンを取り込んだ。
  3. フランス…アルジェリア・モロッコ・シリア・レバノンを取り込み
    フランスがアルジェリア・モロッコ・シリア・レバノンを取り込んだ。
第10 第2次大戦後…アジア取り合う→アメリカとソ連
  1. 第2次大戦後…アジア取り合う→アメリカとソ連
    1. 第2次大戦後…アジア取り合う→アメリカとソ連
      アメリカとソ連がアジアを取り合った。
    2. アメリカ…社会党政権設定したら日本と戦争すると日本左翼追放し日本と提携
      アメリカは社会党政権設定したら日本と戦争すると日本左翼追放し日本と提携した。
  2. ソ連終了で取り合う終了
    ソ連が自然終了(滅亡)し取り合う終了した。戦争にもいたらなかった。
第11 モンゴルを取り合う…共産中国とソ連
  1. モンゴルを取り合う…共産中国とソ連
    共産中国とソ連がモンゴルを取り合った。
  2. 共産中国が内モンゴルを取り込み・モンゴルをソ連が取り込み
    共産中国が内モンゴルを、モンゴルをソ連が取り込んだ。
第12 太平洋取り合うめざす…共産中国がアメリカと
  1. 太平洋取り合うめざす…共産中国がアメリカと
    共産中国はアメリカとの太平洋取り合うをめざす。取り合う合意めざす。
  2. 共産中国が東南アジア・フィッリピン・台湾・朝鮮韓国・日本取り込み
    ハワイまでアメリカ、東南アジア・フィッリピン・台湾・朝鮮韓国・日本は共産中国取り込みとする。
第13 共同強国支配・分割支配←取り合わない
  1. 共同強国支配←取り合わない
    取り合わないで共同強国支配することもある。
  2. 分割支配←取り合わない
    1. 分割支配←取り合わない
      取り合わないで分割支配することもある。
    2. オランダがインドネシア・イギリスがマレーシア←分割支配
      インドネシア、マレーシアは同一民族(イスラム教)であるが分割支配でオランダ取り込みがインドネシア、イギリス取り込みがマレーシアとなった。
    3. 分割支配の国境線決定…欧米によるアフリカ分割
      分割支配の国境線を決定する(国境線は自然の地形や民族関係を無視し人為的なもので紛争の原因となる、欧米によるアフリカ分割)。
第14 優先状況対応合意を取り合う…優先状況対応合意(権益設定)
  1. 優先状況対応合意を取り合う…優先状況対応合意(権益設定)
    優先状況対応合意(権益設定)を取り合う。
  2. 中国でいい路線をもっていたのはイギリス・アメリカは出遅れる
    中国でいい路線をもっていたのはイギリスでアメリカは出遅れた。
  3. 満州…日露戦争でロシア権益から日本権益に
    満州は日露戦争でロシア権益から日本権益になった。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

12節 自国国家国土取り込み優先のため対立争う…現在

次へ

14節 国家国土取り込み終了(独立)

Page Top