「歴史の流れ」民族の力と型

5節 対立争い状況対応 (2)

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

5節20 対立争いに勝利して成果取得の存続はかる
(民族同士・個人対立争い型)

第1 対立争い状況対応の存続をはかる
  1. 対立争い状況対応の存続はかる
    対立争い状況対応の存続をはかる。
  2. 存続対立争い状況対応…同種の対立争いとは限らない
    存続対立争い状況対応は同種の対立争いとは限らない。
第2 対立争い状況対応を永続
対立争い状況対応を永続する。
第3 何度でも対立争う(再開・繰り返し・再燃)
  1. 何度でも対立争う
    何度でも対立争う(つぎはどう対立争うか考える)。
第4 勝利したら次の対立争いでも勝利をめざす(返り討ち)←何度でも対立争う
勝利したら次の対立争いでも勝利めざす(返り討ち)。
第5 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)←何度でも対立争う
  1. 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復・報仇)←何度でも対立争う
    1. 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復・報仇)←何度でも対立争う
      敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐、報復)。
    2. 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)…過去のことを対立争う
      過去のことについても敗退したら次の対立争いで勝利めざす(6章過去のことを対立争う)。
第6 勝敗入れ替わる←何度でも対立争う
勝敗が入れ替わる。
第7 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
  1. 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
    裁判で負けても対立争う。
  2. 裁判を武力行使で覆す…裁判で負けたら武力行使で覆す
    裁判を武力行使で覆す(裁判で負けたら武力行使で覆す)。
第8 対立争い相手民族が終了(滅亡)しても継続
対立争い相手民族が終了(滅亡)しても継続する。
第9 対立争いやめない
  1. 対立争いやめない
    対立争いをやめない。
  2. 対立争いをやめることは他の意味にとられる…同盟民族からは裏切りととられる
    対立争いをやめることは他の意味にとられる(同盟民族からは裏切りととられる)。
第10 対立争い状況対応の存続はかる…過去のことも対立争う(歴史問題)
  1. 対立争い状況対応の存続はかる…過去のことも対立争う(歴史問題)
    過去のことも対立争う(6章過去のことを対立争う)。
  2. 敗退したら過去のことを対立争う
    敗退したら過去のことを対立争う(8章過去のことを対立争う)。
  3. 過去の対立争いを忘れない
    1. 過去の対立争いを忘れない
      過去の対立争いを忘れない
    2. 対立争いにまつわる人間も忘れない…英雄・裏切者・敵将
      対立争いにまつわる人間も忘れない(英雄、裏切者、敵将)。
第11 対立相手…何度でも対立争われないようにする
  1. 対立相手…何度でも対立争われないようにする
  2. 悪い対立争いだったとしない…悪情報流し(謝罪)しない
    悪い対立争いだったと悪情報流し(謝罪)しない。

5節21 対立争いに勝利して成果取得の存続はかる
(民族同士・宗教状況対応型)

第1 対立争い状況対応の存続をはかる
  1. 対立争い状況対応の存続はかる
    対立争い状況対応の存続をはかる。
  2. 存続対立争い状況対応…同種の対立争いとは限らない
    存続対立争い状況対応は同種の対立争いとは限らない。
第2 対立争い状況対応を永続
対立争い状況対応を永続する。
第3 何度でも対立争う(再開・繰り返し・再燃)
  1. 何度でも対立争う
    何度でも対立争う(つぎはどう対立争うか考える)。
第4 勝利したら次の対立争いでも勝利をめざす(返り討ち)←何度でも対立争う
勝利したら次の対立争いでも勝利めざす(返り討ち)。
第5 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)←何度でも対立争う
  1. 敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐・報復)←何度でも対立争う
    敗退したら次の対立争いで勝利めざす(復讐、報復)。
第6 勝敗入れ替わる←何度でも対立争う
勝敗が入れ替わる。
第7 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
  1. 裁判で負けても対立争う←何度でも対立争う
    裁判で負けても対立争う。
  2. 裁判を武力行使で覆す…裁判で負けたら武力行使で覆す
    裁判を武力行使で覆す(裁判で負けたら武力行使で覆す)。
第8 相手民族が終了(滅亡)しても継続
相手民族が終了(滅亡)しても継続する。
第9 対立争いやめない
  1. 対立争いやめない
    対立争いをやめない。
  2. 対立争いをやめることは他の意味にとられる…同盟民族からは裏切りととられる
    対立争いをやめることは他の意味にとられる(同盟民族からは裏切りととられる)。
第10 対立争い状況対応の存続はかる…過去のことも対立争う(歴史問題)
  1. 対立争い状況対応の存続はかる…過去のことも対立争う(歴史問題)
    過去のことも対立争う(8章過去のことを対立争う)。
  2. 敗退したら過去のことを対立争う
    敗退したら過去のことを対立争う(6章過去のことを対立争う)。
  3. 過去の対立争いを忘れない
    1. 過去の対立争いを忘れない
      過去の対立争いを忘れない
    2. 対立争いにまつわる人間も忘れない…英雄・裏切者・敵将
      対立争いにまつわる人間も忘れない(英雄、裏切者、敵将)。
第11 対立相手…何度でも対立争われないようにする
  1. 対立相手…何度でも対立争われないようにする
    対立相手は何度でも対立争われないようにする(歴史問題、本節9)。
  2. 悪い対立争いだったとしない…悪情報流し(謝罪)しない
    悪い対立争いだったと悪情報流し(謝罪)しない。

5節21 対立争い対応方法・対立争い手法
(民族同士・個人対立争い型)

対立争い対応方法

第1 対立争い対応方法
  1. 対応方法が短期即応
    対応方法が短期即応である。集中する。短期集約する。早さが要求される(早さ>正確・精緻)。

対立争い手法

第1 対立争い手法…対立争いが激しい
対立争い手法を習得考案しているから、対立争いが激しい。
第2 攻撃・反撃
  1. 攻撃…対立争い開始
    対立争いを開始する。
  2. 反撃…相手民族も対立争い開始
    1. 反撃…相手民族も対立争い開始→売られた喧嘩は買う
      対立争いが開始されれば相手民族もすぐ対立争いを開始する(売られた喧嘩は買う)。
    2. 戦争→戦争(応戦)
      戦争には戦争(応戦)する。
    3. 論争→反論
      論争で反論する。
    4. 悪情報流し→ヘイトスピーチ・民族差別と反論
      悪情報流しにヘイトスピーチ、民族差別と反論する。
    5. 反撃は同種の対立争いとは限らない
      反撃は同種の対立争いとは限らない。
  3. 反撃×→攻撃止まらない
    1. 反撃×→攻撃止まらない
      反撃しなければ攻撃はとまらない(格好の標的にされる、相手民族が強くでれば引き、弱腰であれば攻める)。
  4. 反撃×→他の意味に取られる
    反撃しないと他の意味に取られる(弱気、相手民族を無視、争いをしない・話合解決とはとられない)。
  5. 攻撃に譲歩(相手優先させる)→攻撃増す
    攻撃に対して譲歩(相手優先させる)すると攻撃は増す。
  6. 反撃→再攻撃
    1. 反撃→再攻撃
      反撃に再攻撃する。
    2. 悪情報流し反撃に再攻撃…表現の自由違反
      悪情報流し反撃に表現の自由違反と再攻撃する。

5節22 対立争い対応方法・対立争い手法
(民族同士・宗教状況対応型)

対立争い対応方法

第1 対立争い対応方法
  1. 対応方法が短期即応
    対応方法が短期即応である。集中する。短期集約する。早さが要求される。

対立争い手法

第1 対立争い手法…対立争いが激しい
 対立争い手法を習得考案しているから、対立争いが激しい。
第2 攻撃・反撃
  1. 攻撃…対立争い開始
    対立争いを開始する。
  2. 反撃…相手民族も対立争い開始
    1. 反撃…相手民族も対立争い開始
      対立争いが開始されれば相手民族もすぐ対立争いを開始する(売られた喧嘩は買う)。
    2. 戦争→戦争(応戦)
      戦争には戦争(応戦)する。
    3. 論争→反論
      論争で反論する。
    4. 悪情報流し→ヘイトスピーチ・民族差別と反論
      悪情報流しにヘイトスピーチ、民族差別と反論する。
    5. 反撃は同種の対立争いとは限らない
      反撃は同種の対立争いとは限らない。
  3. 反撃×→攻撃止まらない
    反撃しなければ攻撃はとまらない(格好の標的にされる、相手民族が強くでれば引き、弱腰であれば攻める)。
  4. 反撃×→他の意味に取られる
    反撃しないと他の意味に取られる(弱気、相手民族を無視、争いをしない・話合解決とはとられない)。
  5. 攻撃に譲歩(相手優先させる)→攻撃増す
    攻撃に対して譲歩(相手優先させる)すると攻撃は増す。
  6. 反撃→再攻撃
    1. 反撃→再攻撃
      反撃に再攻撃する。
    2. 悪情報流し反撃に再攻撃…表現の自由違反
      悪情報流し反撃に表現の自由違反と再攻撃する。

5節23 対立争い対応方法・対立争い手法
(民族構成員同士・個人対立争い型)

第1 対立争い手法…攻撃・反撃
  1. 対立争い手法…攻撃・反撃
    攻撃、反撃する。

5節24 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案
(民族同士・個人対立争い型)

第1 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案(対立争いが巧み・質が高い)←本来状況対応
本来状況対応だから対立争い対応方法、対立争い手法を習得考案する(対立争いが巧み、質が高い、対立争いに全知全能を注ぎ込む、したたかで強い)。

対立争い対応方法習得考案

第1 対立争い対応方法習得考案
  1. 対立争い対応方法習得考案
    対立争い対応方法を習得考案する(したたかで強い)。
第2 状況
  1. 勝利できる状況で対立争う
    1. 勝利できる状況で対立争う
      勝利できる状況で対立争う(勝機を逃さない)。
    2. 相手民族対立争い力低下で争う
      相手民族の対立争い力が低下すれば(弱民族化)、勝利しやすいので争う。
      相手民族は敗退する(民族は滅ぼされる)。
  2. 勝利できない状況では対立争わない
    勝利できない状況では対立争わない。
  3. 勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす
    勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす。
  4. 状況利用
    1. 対立争い相手民族の状況対応を利用
      対立争い相手民族の状況対応を利用する。
    2. 他民族同士の対立争いを利用し自民族の対立争い有利にする
      他民族同士対立争いを利用し自民族の対立争いを有利にする。
    3. 相手民族の強民族支配関係・強民族優先関係を利用
      相手民族の強民族支配関係、強民族優先関係を利用する(相手民族の強民族支配民族に強民族支配を発動させるぞと対立争いを有利にする、相手の強民族優先関係を利用する、相手民族の弱みをつく)。
    4. 対立争い相手民族民族内対立争いを利用し自民族の対立争いを有利にする
      対立争い相手民族民族内対立争いを利用し自民族の対立争いを有利にする。
  5. 状況操作
    1. 対立争い相手民族同士の対立争いおこし自民族との対立争いを有利にする
      対立争い相手民族同士の対立争いをおこし自民族との対立争いを有利にする(夷をもって夷を制す)。
    2. 自民族が民族同士対立争いおこして対立争い拡大させ自民族の対立争いを有利にする
      自民族が民族同士対立争いをおこして対立争い拡大させ自民族の対立争いを有利にする。
    3. 対立争い相手民族に民族内対立争いおこし自民族の対立争いを有利にする
      対立争い相手民族に民族内対立をおこし自民族の対立争いを有利にする(情報操作で相手民族に対立おこす、北朝鮮の情報工作)。相手民族内対立争いの一方と提携し相手との対立を有利にする。
    4. 別の大規模な争いおこし他の対立争いさせない←大規模な対立争いをめざす
      別の大規模な対立争いおこし他の対立争いさせない(大規模な対立争いをめざすことを利用)。
  6. 状況利用+状況操作する
    状況利用と状況操作を組み合わせる。状況利用して状況操作する。

対立争い手法習得考案

第1 対立争い手法を習得考案
  1. 対立争い手法を習得考案
    対立争い手法を習得考案する。
第2 範囲
  1. 勝利できる相手民族と対立争う…相手範囲
    1. 勝利できる相手民族と対立争う…相手範囲
      勝利できる相手民族と対立争う。
    2. 相手民族が敗退・追放
      相手民族が敗退したとき対立争う(落ちた犬をたたけ)。相手民族が追放されたとき対立争う。
    3. 相手民族対立争い力低下で争う
      相手民族の対立争い力が低下すれば(弱化)、勝利しやすいので争う。
  2. 勝利できない相手民族とは対立争わない
    勝利できない相手民族とは対立争わない。
  3. 対立争わない相手民族と対立争う…相手民族範囲
    対立争わない相手民族と対立争う。標的にする。
  4. 対立争う相手民族とは対立争わない
    対立争う相手民族とは対立争わない。
  5. 複数相手民族と同時に対立争わない…相手民族範囲
    1. 複数相手民族と同時に対立争わない…相手民族範囲
      敗退をしないため複数相手民族と同時に対立争わない。
    2. 対立相手民族を少なくする・1民族にする
      対立相手民族を少なくする。1民族にする。
    3. 他民族と争わない状況対応合意→不可侵条約
      他民族と争わない状況対応合意をする(不可侵条約)。
  6. 勝利できる争いを選択する…対象範囲
    勝利できる争いを選択する。
  7. 勝利できない対立争いしない…対象範囲
    1. 勝利できない対立争いしない
      勝利できない対立争いしない。
    2. 勝利できる対立争いに切り替える
      勝利できる争いに切り替える。
  8. 対立争いを拡大する…対象範囲
    1. 対立争いを拡大する…対象範囲
      対立争いを拡大する(他の対立に飛び火、他の対立争いに連動させる)。
    2. 無関係な対立争いと関連させる
      無関係な対立争いと関連させる。
    3.  有利な対立争いと関連させる。
    4. ある対立争いを無関係な対立争いの原因とする
      ある対立を無関係な他の対立争いの原因とする。
    5. 対内対立争いと対外対立争いを関連させる
      対内状況対応対立争いと対外対立争いを関連させる。
  9. 全面対立争いする…対象範囲
    対立争いにより全面対立争いする。
  10. 全面対立争いしない…対象範囲
    1. 全面対立争いしない…対象範囲
      対立争いにより全面対立争いをさけ個別対立争いでのりきる。
    2. 生産役務対立争いと政治対立争いを分離…政経分離
      生産役務対立争いと政治対立争いを分離する(政経分離)。
第3 対立争う・対立争わない
  1. 相手民族の対応を把握して対立争う
    1. 相手民族の対応を把握して対立争う
      相手民族の対応を把握して対立争う。相手民族は対応を明らかにしない(対立争えない←どう対立争えばよいのかわからない)。
    2. 対立争うか対立争わないか決める
      対立争うか対立争わないか決める(相手民族が強気であれは対立争わない)。
    3. 争いを選択する
      1. 争いを選択する
        争いを選択する(相手民族が弱気であれば戦争・武力行使、相手民族が強気であれば戦争・武力行使でなく脅し〈口先だけ〉・嫌がらせ・悪情報流し・事実に反する状況対応〈だまし〉・論争に切り替える)。
  2. 不要な対立争いしない→民族同士状況対応しない(鎖民族≒鎖国)
    不要な対立争いしないため民族同士状況対応しない(鎖民族≒鎖国)。
  3. 不要な対立争いをしない…情報交換
    1. 不要な対立争いをしない…情報交換
      要な対立争いをしない(突発的対立争い)。
    2. 情報交換
      不要な対立争いをしないため情報交換する。
第4 対立争いを使い分ける
  1. 体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける
    体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける。
第5 複数の対立争いをまとめて対立争う
  1. 複数の対立争いをまとめて対立争う
    複数の対立争いをまとめて対立争う(抱き合わせ対立争い、何でもあり、争いを駆使、暴力行使(殺人傷害)、妨害、脅迫を同時にする)。
  2. 暴力行使と脅迫
    暴力行使〈殺人傷害〉、妨害、脅迫を同時にする。
  3. 暴力行使と論争
    暴力行使と論争をする(暴力行使して論争で口実つける・正当化する)。
第6 反撃されないように攻撃する
  1. 反撃されないように攻撃する
    反撃されないように攻撃する。
  2. 誰が対立争っているか不明にする
    誰が対立争っているか不明にする(暗殺、サイバー攻撃)。

相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案

第1 相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
  1. 1 相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
    1. ① 相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
       相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法を習得考案する。
    2. ② 報復させない…殺害→子孫が報復
      報復(敗退したら次の対立争いで勝利めざす)させない(殺害する→子孫が報復する)。
  2. 正しい対立争いだったとする
    1. 正しい対立争いだったとする
      過去の対立争いを正しい対立争いだったとする。
    2. 理由を撤回しない
      正しい対立である理由は撤回しない。
  3. 悪い対立争いだったとしない…自己悪情報流し(謝罪)しない
    自己悪情報流し(謝罪)しない。

5節25 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案
(民族同士・宗教状況対応型)

第1 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案(対立争いが巧み・質が高い)←本来状況対応
本来状況対応だから対立争い対応方法、対立争い手法を習得考案する(対立争いが巧み、質が高い、対立争いに全知全能を注ぎ込む、したたかで強い)。

対立争い対応方法習得考案

第1 対立争い対応方法習得考案
  1. 対立争い対応方法習得考案
    対立争い対応方法を習得考案する(したたかで強い)。
第2 状況
  1. 勝利できる状況で対立争う
    勝利できる状況で対立争う(勝機を逃さない)。
  2. 勝利できない状況では対立争わない…状況
    勝利できない状況では対立争わない(先送りする)。
  3. 状況利用
    1. 対立争い相手民族の状況対応を利用
      対立争い相手民族の状況対応を利用する。
    2. 他民族同士の対立争いを利用し自民族の対立争い有利にする
      他民族同士対立争いを利用し自民族の対立争いを有利にする。
    3. 相手民族の強民族支配関係・強民族優先関係を利用
      相手民族の強民族支配関係、強民族優先関係を利用する(相手民族の強民族支配民族に強民族支配を発動させるぞと対立争いを有利にする、相手の強民族優先関係を利用する、相手民族の弱みをつく)。
    4. 対立争い相手民族内対立争いを利用し自民族の対立争いを有利にする
      対立争い相手民族内対立争いを利用し自民族の対立争いを有利にする。
  4. 状況操作
    1. 対立争い相手民族同士の対立争いおこし自民族との対立争いを有利にする
      対立争い相手民族同士の対立争いをおこし自民族との対立争いを有利にする。
    2. 自民族が民族同士対立争いおこして対立争い拡大させ自民族の対立争いを有利にする
      自民族が民族同士対立争いをおこして対立争い拡大させ自民族の対立争いを有利にする。
    3. 対立争い相手民族に対内対立おこし自民族の対立争いを有利にする
      対立争い相手民族対内に対立をおこし自民族の対立争いを有利にする。
    4. 別の大規模な争いおこし他の対立争いさせない←大規模な対立争いをめざす
      別の大規模な対立争いおこし他の対立争いさせない(大規模な対立争いをめざすことを利用)。
  5. 状況利用+状況操作する
    状況利用と状況操作を組み合わせる。状況利用して状況操作する。

対立争い手法習得考案

第1 対立争い手法を習得考案
  1. 対立争い手法を習得考案
    対立争い手法を習得考案する。
第2 範囲
  1. 勝利できる相手と対立争う…相手範囲
    1. 勝利できる相手と対立争う
      勝利できる相手と対立争う。
    2. 敗退民族と対立争う
      敗退民族と対立争う。
    3. 相手民族対立争い力低下で争う
      相手民族の対立争い力が低下すれば(弱民族化)、勝利しやすいので争う。
  2. 勝利できない相手とは対立争わない
    勝利できない相手とは対立争わない。
  3. 対立争わない相手と対立争う…相手範囲
    対立争わない相手と対立争う。標的にする。
  4. 対立争う相手とは対立争わない
    1. 対立争う相手とは対立争わない
      対立争う相手とは対立争わない。
  5. 複数相手と同時に対立争わない…相手範囲
    1. 複数相手と同時に対立争わない…相手範囲
      敗退をしないため複数相手と同時に争わない。
    2. 対立相手を少なくする・1民族にする
      対立相手を少なくする。1民族にする。
    3. 他民族と争わない状況対応合意→不可侵条約
      他民族と争わない状況対応合意をする(不可侵条約)。
  6. 勝利できる争いを選択する…対象範囲
    1. 戦争×→脅し
      勝利できる争いを選択する。
  7. 勝利できない対立争いしない…対象範囲
    1. 勝利できない戦争しない
      1. 勝利できない戦争しない
        勝利できない戦争しない。
    2. 勝利できる対立争いに切り替える
      1. a 勝利できる対立争いに切り替える
         勝利できる争いに切り替える。
  8. 対立争いを拡大する…対象範囲
    1. 対立争いを拡大する…対象範囲
      対立争いを拡大する(他の対立に飛び火、他の対立争いに連動させる)。
    2. 無関係な対立争いと関連させる
      無関係な対立争いと関連させる。
    3. 有利な対立争いと関連させる
      有利な対立争いと関連させる。
    4. ある対立争いを無関係な対立争いの原因とする
      ある対立を無関係な他の対立争いの原因とする。
    5. 対内対立争いと対外対立争いを関連させる
      対内状況対応対立争いと対外対立争いを関連させる。
  9. 全面対立争いする…対象範囲
     立争いにより全面対立争いする。
  10. 全面対立争いしない…対象範囲
    1. 全面対立争いしない…対象範囲
      対立争いにより全面対立争いをさけ個別対立争いでのりきる。
    2. 生産役務対立争いと政治対立争いを分離…政経分離
      生産役務対立争いと政治対立争いを分離する(政経分離)。
第3 対立争う・対立争わない
  1. 相手民族の対応を把握して対立争う
    1. 相手民族の対応を把握して対立争う
      相手民族の対応を把握して対立争う。相手民族は対応を明らかにしない (対立争えない←どう対立争えばよいのかわからない)。
    2. 対立争うか対立争わないか決める
      対立争うか対立争わないか決める(相手民族が強気であれは対立争わない。
    3. 争いを選択する
      争いを選択する(相手民族が弱気であれば戦争・武力行使、相手民族が強気であれば戦争・武力行使でなく脅し〈口先だけ〉・嫌がらせ・悪情報流し・事実に反する状況対応〈だまし〉・論争に切り替える)。
  2. 不要な対立争いをしない
    1. 不要な対立争いをしない
      不要な対立争いをしない(突発的対立争い)。
    2. 情報交換する…不要な対立争いしない
      不要な対立争いをしないため情報交換する。
    3. 不要な対立争いしない→民族同士状況対応しない(鎖民族)
      不要な対立争いしないため民族同士状況対応しない(鎖民族)。
第4 対立争いを使い分ける
  1. 体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける
    体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける。
第5 複数の対立争いをまとめて対立争う
  1. 複数の対立争いをまとめて対立争う
    複数の対立争いをまとめて対立争う(抱き合わせ対立争い、何でもあり、争いを駆使、暴力行使(殺人傷害)、妨害、脅迫を同時にする)。
  2. 暴力行使と脅迫
    暴力行使〈殺人傷害〉、妨害、脅迫を同時にする。
  3. 暴力行使と論争
    暴力行使と論争をする(暴力行使して論争で口実つける・正当化する)。
第6 反撃されないように攻撃する
  1. 反撃されないように攻撃する
    反撃されないように攻撃する。
  2. 誰が対立争っているか不明にする
    誰が対立争っているか不明にする(暗殺)。

相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案

第1 相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
  1. 相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
    1. 相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
      相手民族に何度でも対立争い状況対応させない対応方法を習得考案する。
    2. 報復させない…殺害→子孫が報復
      報復((敗退したら次の対立争いで勝利めざす)させない(殺害する→子孫が報復する)。
  2. 正しい対立争いだったとする
    1. 正しい対立争いだったとする
      過去の対立争いを正しい対立争いだったとする。
    2. 理由を撤回しない
      正しい対立である理由は撤回しない。
  3. 悪い対立争いだったとしない…自己悪情報流し(謝罪)しない
    自己悪情報流し(謝罪)しない。

5節26 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案
(民族構成員同士・個人対立争い型)

第1 対立争い手法習得考案
  1. 勝利できる相手と対立争う
    勝利できる相手と対立争う。
  2. 勝利できる状況で対立争う
    勝利できる状況で対立争う。
  3. 関係のない対立争いを持ち込む
    関係のない対立を持ち込む。
第2 対立争い集約化
  1. 対立争い集団状況対応
    対立争い集団状況対応する。

5節27 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案
(民族構成員同士・宗教状況対応型)

第1 対立争い手法習得考案
  1. 勝利できる相手と対立争う
    勝利できる相手と対立争う。

5節28 対立争いに勝利して成果取得を正しいとする
(民族同士・個人対立争い型)

第1 対立争いを正しいとする(自民族正・自民族正当化)
  1. 対立争いを正しいとする(自民族正・自民族正当化)
    対立争いを正しいとする。正しい対立争いとかかげる(対立争い前)、正しい対立争いであったとする(対立争い後)。
  2. 相手の対立争いは悪い
    相手の対立争いは悪いとする(日本の戦争は悪)。悪い対立争いとかかげる(対立争い前)・相手の対立争いは悪かったとする(対立争い後)。
  3. 口実
    1. 口実
      口実をつける(正しいとは言いがたい対立争い、その民族も正しいとは思っていない)。
    2. 口実…理由が状況対応・相手・時によって異なる
      口実は理由が状況対応・相手・時によって異なる。
    3. 関係のない口実
      関係のない口実をかかげる。
    4. もっともらしい口実
      もっともらしい口実をかかげて対立争う。
    5. 相手民族に自民族悪情報流しさせる(謝罪)←口実を与えない
      反撃の口実を与えないよう相手民族に自民族悪情報流しさせる。
  4. 事実に反する正しい対立争いとする
    事実に反する(事実隠し・事実曲げる・原因曲げる・事実作る・言いくるめる)正しい対立争いとする(事実に反する状況解明〈歴史解明〉をし正しかったとする)。
第2 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争いを正しいとする
  1. 1 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争いを正しいとする
    対立争いを正しいとするから対立争い状況対応基準(ルール)はない。
第3 対立争いさせない(禁止)×←対立争いを正しいとする
  1. 対立争いさせない(禁止)×←対立争いを正しいとする
    対立争いを正しいとするから対立争いさせない(禁止)ことをしない。
  2. 対立争いをしても良い
    対立争いをしても良い。

5節29 対立争いに勝利して成果取得を正しいとする
(民族同士・宗教状況対応型)

第1 対立争いを正しいとする(自民族正・自民族正当化)
  1. 対立争いを正しいとする(自民族正・自民族正当化)
    対立争いを正しいとする(自民族正・自民族正当化)。
  2. 正しい対立争いとかかげる…対立争い前
    正しい対立争いとかかげる。
  3. 相手の対立争いは悪いとかかげる…対立争い前
    相手の対立争いは悪いとかかげる。
  4. 正しい対立争いであったとする…対立争い後
    正しい対立争いであったとする。
  5. 相手の対立争いは悪かったとする…対立争い後
    1. 相手の対立争いは悪かったとする…対立争い後
      相手の対立争いは悪かったとする(対立争い後)。
    2. 戦争裁判で悪かったとする
      戦争裁判で悪かったとする。
  6. 神決定状況対応型
    1. 正しい対立争い…神が命令する対立争い
      神が命令する対立争いは正しい。
    2. 悪い対立争い…神がしないと決定した対立争い
      神がさしないと決定した対立争いは悪い。
    3. 神がしない(禁止)と決定した対立争いはしない
      神がしないと決定した対立争いはしない。
第2 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争いを正しいとする
  1. 対立争い状況対応基準(ルール)×←対立争いを正しいとする
    対立争いを正しいとするから対立争い状況対応基準(ルール)はない。
  2. 神決定状況対応型…対立争い状況対応基準(ルール)
    神が悪い対立争い状況対応させないから対立争い状況対応基準(ルール)がある。
第3 対立争いしない(禁止)×←対立争いを正しいとする
  1. 対立争いしない(禁止)×←対立争いを正しいとする
    対立争いを正しいとするから対立争いしない(禁止)ことをしない。
  2. 対立争いをしても良い
    対立争いをしても良い。

5節30 対立争いに勝利して成果取得重視
(民族同士・個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
  1. 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得を重視する。

対立争い重視・不対立争い軽視

第1 対立争い重視
対立争いを重視する。
第2 対立争い状況対応力重視←対立争い重視
  1. 対立争い状況対応力重視←対立争い重視
    対立争い力を重視する。
  2. 武力行使力重視…強民族重視
    武力行使力を重視する。強民族を重視する。
  3. 論争力重視…口達者・口巧み
    論争力を重視する(口達者、口巧み)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)力重視
    事実に反する状況対応(だまし)力を重視する。
  5. 対立争い状況対応力軽視×…不公正
    対立争い状況対応力軽視を許さない。不公正とする。
  6. 対立争い状況対応力>人気
    人気より対立争い力が重視される。
  7. 対立争い状況対応力至上主義
    病理的になると、対立争い力至上主義となる(力は正義なり)。
第3 対立争い状況対応民族重視
  1. 対立争い状況対応民族重視
    対立争い状況対応を重視する。果敢に対立争う民族を重視する。挑戦民族が重視される。
  2. 対立争い者重視…民族長・民族状況対応者(政治家)
    対立争い者(民族長・民族状況対応者〈政治家〉・民族構成員)を重視する。
第4 不対立争い軽視
不対立争いを軽視する。
第5 不対立争い民族軽視
不対立争い民族を軽視する。

勝利重視・敗退軽視

第1 勝利重視
勝利を重視する。
第2 勝利民族重視
  1. 勝利民族重視
    勝利民族を重視する。
第3 敗退軽視
敗退を軽視する。
第4 敗退民族軽視
敗退民族を軽視する。
第5 勝ったか負けたか
勝ったか負けたかである。

成果取得重視・不成果取得軽視

第1 成果取得重視
成果取得を重視する。
第2 成果取得民族重視
成果取得民族を重視する(成功民族)。
第3 不成果取得軽視
不成果取得を軽視する。
第4 不成果取得民族軽視
不成果取得民族を軽視する。

結果重視・努力軽視・経過軽視・動機軽視

第1 結果重視
  1. 結果重視
    1. 勝利敗退結果を重視
      勝利敗退の結果を重視する。
    2. 成果取得・成果不取得結果を重視
      成果取得・成果不取得の結果を重視する。
第2 努力軽視
  1. 努力軽視
    努力を軽視する。
  2. 努力は他の意味にとられる…努力は弱民族・無状況対応力民族がすること
    努力は他の意味にとられる。努力は弱民族・無状況対応力民族(無能民族)がすることとする。
第3 経過軽視
経過を軽視する。
第4 動機軽視
動機を軽視する。

重視状況対応・重視情報流し・重視動作

第1 対立争い民族重視状況対応・勝利民族重視状況対応・成果取得民族重視状況対応
  1. 対立争い民族重視状況対応
    対立争い民族重視状況対応する。
  2. 勝利民族重視状況対応
    勝利民族重視状況対応する。
  3. 成果取得民族重視状況対応
    成果取得民族重視状況対応する。
  4. 追従・迎合・感謝
    対立争い民族、勝利民族、成果取得民族に追従する、迎合する、感謝する。
第2 対立争い民族重視情報流し・勝利民族重視情報流し・成果取得民族重視情報流し
対立争い民族重視情報流し、勝利民族重視情報流し、成果取得民族重視情報流しする。
第3 対立争い民族重視動作・勝利民族重視動作・成果取得民族重視動作
対立争い民族重視動作、勝利民族重視動作、成果取得民族重視動作する。

軽視状況対応・軽視情報流し・軽視動作

第1 不対立争い民族軽視状況対応・敗退民族軽視状況対応・不成果取得民族軽視状況対応
  1. 不対立争い民族軽視状況対応
    不対立争い民族軽視状況対応する。
  2. 敗退民族軽視状況対応
    敗退民族軽視状況対応をする。
  3. 不成果取得民族軽視状況対応
    不成果取得民族軽視状況対応する。
第2 不対立争い民族軽視情報流し・敗退民族軽視情報流し・不成果取得民族軽視情報流し
不対立争い民族軽視情報流し、敗退民族軽視情報流し、不成果取得民族軽視情報流しする。
第3 不対立争い民族軽視動作・敗退民族軽視動作・不成果取得民族軽視動作
不対立争い民族軽視視動作、敗退民族軽視動作、不成果取得民族軽視動作する。

高評価・低評価

第1 対立争いに勝利し成果取得を高評価
  1. 対立争いに勝利し成果取得を高評価
    対立争いに勝利し成果取得を高評価する。
第2 対立争いに勝利し成果取得しないを低評価
  1. 対立争いに勝利し成果取得しないを低評価
    対立争いに勝利し成果取得しないを低評価する。

関係設定

第1 対立争いに勝利し成果取得民族と関係設定
  1. 対立争いに勝利し成果取得民族と関係設定
    対立争いに勝利し成果取得民族と関係設定する。
  2. 対立争い民族と関係設定
    対立争い民族と関係設定する。
  3. 勝利民族と関係設定
    勝利民族と関係設定する。
  4. 成果取得民族と関係設定
    成果取得民族と関係設定する。

5節31 対立争いに勝利して成果取得重視
(民族同士・宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
  1. 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得を重視する。

対立争い重視・不対立争い軽視

第1 対立争い重視
対立争いを重視する。
第2 対立争い状況対応力重視←対立争い重視
  1. 対立争い状況対応力重視←対立争い重視
    対立争い力を重視する。
  2. 武力行使力重視…強民族重視
    武力行使力を重視する。強民族を重視する。
  3. 論争力重視…口達者・口巧み
    論争力を重視する(口達者、口巧み)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)力重視
    事実に反する状況対応(だまし)力を重視する。
  5. 対立争い状況対応力軽視×…不公正
    対立争い状況対応力軽視を許さない。不公正とする。
  6. 対立争い状況対応力>人気
    人気より対立争い力が重視される。
  7. 対立争い状況対応力至上主義
    病理的になると、対立争い力至上主義となる(力は正義なり)。
第3 対立争い状況対応民族重視
  1. 対立争い状況対応民族重視
    対立争い状況対応を重視する。果敢に対立争う民族を重視する。挑戦民族が重視される。
  2. 対立争い者重視…民族長・民族状況対応者(政治家)・兵士
    対立争い者(民族長・民族状況対応者〈政治家〉・兵士)を重視する。
第4 不対立争い軽視
不対立争いを軽視する。
第5 不対立争い民族軽視
不対立争い民族を軽視する。

勝利重視・敗退軽視

第1 勝利重視
勝利を重視する。
第2 勝利民族重視
  1. 勝利民族重視
    勝利民族を重視する。
第3 敗退軽視
敗退を軽視する。
第4 敗退民族軽視
敗退民族を軽視する。
第5 勝ったか負けたか
勝ったか負けたかである。

成果取得重視・不成果取得軽視

第1 成果取得重視
成果取得を重視する。
第2 成果取得民族重視
成果取得民族を重視する(成功民族)。
第3 不成果取得軽視
不成果取得を軽視する。
第4 不成果取得民族軽視
不成果取得民族を軽視する。

結果重視・努力軽視・経過軽視・動機軽視

第1 結果重視
  1. 結果重視
    1. 勝利敗退結果を重視
      勝利敗退の結果を重視する。
    2. 共産中民族…民族同士問題は勝ったか負けたかだけ
      結果重視する(民族同士問題は勝ったか負けたかだけ、状況対応合意も勝ったか負けたかで評価)。
    3. 成果取得・成果不取得結果を重視
      成果取得・成果不取得の結果を重視する。
第2 努力軽視
  1. 努力軽視
    努力を軽視する。
  2. 努力は他の意味にとられる…努力は弱民族・無状況対応力民族がすること
    努力は他の意味にとられる。努力は弱民族・無状況対応力民族(無能民族)がすることとする。
第3 経過軽視
経過を軽視する。
第4 動機軽視
動機を軽視する。

重視状況対応・重視情報流し・重視動作

第1 対立争い民族重視状況対応・勝利民族重視状況対応・成果取得民族重視状況対応
  1. 対立争い民族重視状況対応
    対立争い民族重視状況対応する。
  2. 勝利民族重視状況対応
    勝利民族重視状況対応する。
  3. 成果取得民族重視状況対応
    成果取得民族重視状況対応する。
  4. 追従・迎合・感謝
    対立争い民族、勝利民族、成果取得民族に追従する、迎合する、感謝する。
第2 対立争い民族重視情報流し・勝利民族重視情報流し・成果取得民族重視情報流し
対立争い民族重視情報流し、勝利民族重視情報流し、成果取得民族重視情報流しする。
第3 対立争い民族重視動作・勝利民族重視動作・成果取得民族重視動作
対立争い民族重視動作、勝利民族重視動作、成果取得民族重視動作する。

軽視状況対応・軽視情報流し・軽視動作

第1 不対立争い民族軽視状況対応・敗退民族軽視状況対応・不成果取得民族軽視状況対応
  1. 不対立争い民族軽視状況対応
    不対立争い民族軽視状況対応する。
  2. 敗退民族軽視状況対応
    敗退民族軽視状況対応する。
    1. 敗退民族軽視状況対応
      敗退民族軽視状況対応をする。
  3. 不成果取得民族軽視状況対応
    不成果取得民族軽視状況対応する。
第2 不対立争い民族軽視情報流し・敗退民族軽視情報流し・不成果取得民族軽視情報流し
不対立争い民族軽視情報流し、敗退民族軽視情報流し、不成果取得民族軽視情報流しする。
第3 不対立争い民族軽視動作・敗退民族軽視動作・不成果取得民族軽視動作
不対立争い民族軽視視動作、敗退民族軽視動作、不成果取得民族軽視動作する。

高評価・低評価

第1 対立争いに勝利し成果取得を高評価
  1. 対立争いに勝利し成果取得を高評価
    対立争いに勝利し成果取得を高評価する。
第2 対立争いに勝利し成果取得しないを低評価
  1. 対立争いに勝利し成果取得しないを低評価
    対立争いに勝利し成果取得しないを低評価する。

関係設定

第1 対立争いに勝利し成果取得民族と関係設定
  1. 対立争いに勝利し成果取得民族と関係設定
    対立争いに勝利し成果取得民族と関係設定する。
  2. 対立争い民族と関係設定
    対立争い民族と関係設定する。
  3. 勝利民族と関係設定
    勝利民族と関係設定する。
  4. 成果取得民族と関係設定
    成果取得民族と関係設定する。

5節32 対立争い状況対応×…集団状況対応型
(民族同士)

第1 対立争いに勝利して成果取得×
  1. 対立争いに勝利して成果取得する×…非本来状況対応
    非本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得しない。
第2 対立争わない
  1. 対立争わない…日本→戦争しない・平和外交・島民族平和ボケ外交・平和幻想
    1. 対立争わない…日本→戦争しない・平和外交・島民族平和ボケ外交・平和幻想
      対立争わない(日本、戦争しない、平和外交)。個人対立争い型民族、宗教状況対応型民族は対立争うので異なる(島民族平和ボケ外交、平和幻想)。
    2. 対立争いすべきときに対立争わない…病理
      病理的になると、対立争いすべきときに対立争わない。
  2. 対立争いしない
    1. 対立争いしない
      対立争いしない。
    2. 対立争いの契機となることもしない
      対立争いの契機となることもしない。
  3. 対立争うことができない
    対立争うことができない。
第3 対立争いに慣れない
  1. 対立争いに慣れない
    1. 対立争いに慣れない
      対立争いに慣れない。
    2. 日本…他民族との対立争いに慣れない→中国人の脅し・ゆすりたかりに慣れない
      日本は他民族との対立争いに慣れない。中国人の脅し、ゆすりたかりに慣れない。
  2. 動揺
    動揺する。
  3. 異常状況対応
    異常状況対応する。過剰状況対応する。

対立争いに勝利して成果取得めざす×

第1 対立争いをめざさない
  1. 対立争いをめざさない
    対立争いをめざさない(挑戦しない、一度敗退すると二度と再挑戦しない)。
  2. 勝利をめざさない
    勝利をめざさない。
  3. 敗退も気にしない
    1. 敗退も気にしない
      敗退も気にしない。
    2. 敗退もあっさり受け入れる・敗退しないために逃亡しない・良い面があれば敗北も気にしない
      退もあっさり受け入れる、敗退しないために逃亡しない、良い面があれば敗北も気にしない(ワールドカップ日韓共催)。

対立争いに勝利して成果取得を当然とする×

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする×
対立争いに勝利して成果取得を当然としない。

対立争いに勝利して成果取得×…民族範囲

第1 どの民族とでも対立争う×
 どの民族とでも対立争わない。
第2 民族同士は対立争い関係×←どの民族とでも対立争う×
  1. 民族同士は対立争い関係×←どの民族とでも対立争う×
    民族同士は対立争い関係ではない。
  2. 精神緊張×・精神疲労×(精神面)
    民族同士対立争い関係でないから精神緊張がない。
  3. 憎悪×(精神面)
    1. 憎悪×(精神面)
      民族同士対立争い関係でないから他民族を憎悪しない。
    2. 憎悪がでても対立争いが終われば憎悪をしない…恩讐を越える
      憎悪がでても対立争いが終われば憎悪をしない(恩讐を越える)。憎悪がでても(鬼畜米英)、対立が終われば憎悪しない(恩讐を越える)。
  4. 疑う×(精神面)
    他民族対立争いをしかけてくるものと疑わない(人なつこい、客好き)。
  5. 警戒×(精神面)
    他民族は対立争いをしかけてくるものと他民族警戒しない。
  6. 防衛×(状況対応面)
    他民族は対立争いをしかけてくるものと防衛しない。
  7. 拒絶×(状況対応面)
    他民族は対立争いをしかけてくるものと他民族を拒絶しない。
  8. 調査×(状況対応面)
    他民族は対立争いをしかけてくるものと他民族を調査しない。

対立争いに勝利して成果取得×…対象範囲

第1 何でも対立争う×
何でも対立争わない。
第2 すぐ対立争う×←何でも対立争う×
何でも対立争わないから、すぐ対立争わない。

対立争いに勝利して成果取得の存続はかる×

第1 何度でも対立争う×
何度でも対立争わない。

対立争い対応方法・対立争い手法
(民族同士)

第1 対応方法が短期即応×
対応方法が短期即応でない。
第2 対立争い手法
  1. 対立争いが激しい×
    1. ① 攻撃×・反撃×・再攻撃×
       攻撃しない。反撃しない(反撃〈報仇〉×、応戦×)。再攻撃しない。争いが拡大するからである。
    2. ② 反撃×→攻撃止まらない
       反撃しなければ攻撃は止まらない。

対立争い対応方法・対立争い手法習得考案×
(民族同士)

第1 対立争い対応方法×・対立争い手法習得考案×←非本来状況対応
非本来状況対応だから対立争い対応方法、対立争い手法を習得考案しない。

対立争い対応方法習得考案×
(民族同士)

第1 対立争い対応方法習得考案(対立争いが巧み)×
  1. 対立争い対応方法習得考案(対立争いが巧み)×
    非本来状況対応だから対立争い対応方法を習得考案しない。対立争いが巧みでない(拙劣)。
第2 状況
  1. 勝利できる状況で対立争う×
    勝利できる状況で対立争うことはない。
  2. 勝利できない状況では対立争わない×
    1. 勝利できない状況では対立争わない×
      勝利できない状況では対立争わないことはない。
    2. 勝利できない状況で対立争う
      勝利できない状況で対立争う。
  3. 勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす×
    勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばすことはない。
  4. 状況利用×
    状況を利用しない。
  5. 状況操作×
    状況を操作しない。

対立争い手法習得考案×

第1 対立争い手法習得考案×
  1. 対立争い手法習得考案×
    対立争い手法を習得考案しない。
第2 範囲
  1. 勝利できる相手民族と対立争う×…民族範囲
    1. 勝利できる相手民族と対立争う×
      勝利できる相手民族と対立争うことはない。
    2. 相手民族が敗退・追放×
      相手民族が敗退したとき対立争うことはない。相手民族が追放されたとき対立争うことはない。
    3. 相手民族対立争い力低下で争う×
      相手民族の対立争い力が低下すれば(弱化)、勝利しやすいので対立争うことはない。
  2. 勝利できない相手民族とは対立争わない×
    勝利できない相手民族とは対立争わないことはない。
  3. 対立争わない相手民族と対立争う×…民族範囲
    対立争わない相手民族と対立争うことはない。
  4. 対立争う相手民族とは対立争わない×…民族範囲
    対立争う相手民族とは対立争わないことはない。
  5. 複数相手民族と同時に対立争わない×…民族範囲
    敗退をしないため複数相手民族と同時に対立争わないことはない。
  6. 勝利できる対立争いを選択する…対象範囲
    1. 勝利できる争い選択
      1. 勝利できる争い選択
        勝利できる争いを選ばない。
      2. 武力行使
        確実に成果取得できるからと(反撃が少ない・報復が少ない)、武力行使を選択しない。
    2. 勝利できる対立争いに持ち込む
      勝利できる対立争いに持ち込むことはない。
  7. 勝利できない対立争いしない×…対象範囲
    勝利できない対立争いしないことはない。
  8. 対立争いを拡大する×…対象範囲
    1. 対立争いを拡大する×…対象範囲
      対立争いを拡大しない(他の対立に飛び火、他の対立争いに連動させる)。
    2. 無関係な対立争いと関連させる×
      無関係な対立争いと関連させることはない。
    3. 有利な対立争いと関連させる×
      有利な対立争いと関連させることはない。
    4. ある対立争いを無関係な対立争いの原因とする×
      ある対立を無関係な他の対立争いの原因とすることはない。
    5. ⑤ 民族内対立争いと民族同士対立争いを関連させる×
       民族内対立争いと民族同士対立争いを関連させることはない。
  9. 全面対立争いしない×…対象範囲
    全面対立争いをさけ個別対立争いでのりきることはない。
第3 対立争う・対立争わない
  1. 相手民族の対応を把握して対立争う×
    1. 相手民族の対応を把握して対立争う×
      相手民族の対応を把握して対立争うことはない。
    2. 対立争うか対立争わないか決める×
      対立争うか対立争わないか決めることはない(相手民族が強気であれは対立争わない×、相手民族が弱気であれば対立争う×)。
    3. 争いを選択する
      争いを選択することはない(相手民族が弱気であれば→武力行使×、相手民族が強気であれば武力行使でなく脅し〈口先だけ〉、嫌がらせ、悪情報流し、事実に反する状況対応〈だまし〉、論争に切り替える×)。
  2. 不要な対立争いをしない
    1. 不要な対立争いをしない
      不要な対立争いをしない(突発的対立争い)。
    2. 情報交換
      不要な対立争いをしないため情報交換する。
第4 対立争いを使い分ける×
  1. 体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける×
    体力対立争いと頭脳対立争いを使い分けることはない。
第5 複数の対立争いをまとめて対立争う×
  1. 複数の対立争いをまとめて対立争う×
    複数の対立争いをまとめて対立争うことはない(抱き合わせ対立争い、何でもあり、争いを駆使、武力行使、妨害、脅迫を同時にする)。
  2. 武力行使と脅迫×
    武力行使〈殺人傷害〉、妨害、脅迫を同時にすることはない。
  3. 武力行使と論争×
    武力行使と論争をすることはない(武力行使して論争で口実つける・正当化する)。
第6 反撃されないように攻撃する×
  1. 反撃されないように攻撃する×
    反撃されないように攻撃することはない。
  2. 誰が対立争っているか不明にする×
    誰が対立争っているか不明にすることはない(サイバー攻撃)。

対立争いに勝利して成果取得を悪いとする

第1 対立争いを悪いとする
  1. 対立争いを悪いとする
    対立争いを悪いとする。
  2. 対立争いを悪いとする
    1. 対立争いを悪いとする
      正しい対立争いはない。
    2. 正当な理由×
      対立争いに正当な理由は認められない。

対立争いに勝利して成果取得重視×

第1 対立争いに勝利して成果取得重視×
  1. 対立争いに勝利して成果取得重視×
    対立争いに勝利して成果取得を重視はない。

対立争い状況対応…例外

第1 対立争い状況対応…例外
  1. 対立争い状況対応…例外
    対立争い状況対応することもある。
  2. 対立争いの範囲
    1. 対立争いを限る
      対立争いを限る。
    2. 限った間だけ対立争う…時間範囲
      対立争いを永続しない。限った間だけ対立争う。
    3. 限った相手民族だけと対立争う…民族範囲
      誰とでも対立争わない。限った相手民族だけと争う。
    4. 限ったことだけ対立争う…対象範囲
      何でも対立争わない。限ったことだけ対立争う。
  3. 民族民族土取り込みさせない対立争い←限ったことだけ対立争う
    1. 民族民族土取り込みさせない対立争い
      民族民族土取り込みさせない対立争いである。
第2 対立争いに勝利して成果取得は隠す(非公然)・間接対立争い←非本来状況対応
  1. 対立争い隠す(非公然)←非本来状況対応
    1. 対立争い隠す(非公然)←非本来状況対応
      非本来状況対応だから対立争いを隠す(非公然、潜在化、いやがらせ)。
    2. 対立争い←対立争い隠せない
      対立争いが隠せないと対立争う(表沙汰)。
  2. 間接対立争い←直接対立争い×←対立争い隠す(非公然)
    1. 直接対立争い×←対立争い隠す(非公然)
      対立争いを隠す(非公然)から直接対立争いできない(直接的な論争をしない、一対一の論争をしない、相手のいないところで相手を批判する、個民族攻撃をしない)。
    2. 間接対立争い←直接対立争い×
      間接対立争いとなる(他民族を利用・扇動して対立争わせる)。

対立争いやめる

第1 対立争いやめる
  1. 対立争いやめる
    対立争いをやめる。
  2. 対立争いやめる←対立争い発生
    例外的に発生した対立争いはやめる。
  3. 対立争いを調整←対立争いやめる
    対立争いを調整する。当事者は応じる。
  4. 対立争いを忘れる…根に持たない・何事もなかったよう・恨みを持ち続けない
    対立争いを忘れる(根に持たない、何事もなかったよう、恨みを持ち続けない)。
  5. 対立争いから離脱
    対立争いから離脱する。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

5節 対立争い状況対応 (1)

次へ

6節 対立争い状況対応…体力対立争い・頭脳対立争い

Page Top