「歴史の流れ」民族の力と型

5節 対立争い状況対応 (1)

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

5節 対立争い状況対応
(民族同士・個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得する。
第2 対立争いに勝利して成果取得は隠さない(公然)・直接←本来状況対応
  1. 対立争い隠さない(公然)←本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いを隠さない(公然、公然論争)。
  2. 直接対立争い←対立争い隠さない(公然)
    対立争いを隠さない(公然)から、対立争いも直接である。
第3 対立争いに慣れている←本来状況対応
  1. 慣れている
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得するから対立争いに慣れている。
  2. 動揺×
    1. 動揺×
      対立争いに動揺しない。
    2. 対立争いに伴う精神緊張に耐える…たくましい・図太い
      対立争いに伴う精神緊張に耐える(たくましい、図太い)。
    3. 争いに冷静に対応
      争いに冷静に対応する。
  3. 異常対応×
    異常対応することは少ない。
  4. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
    1. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
      対立争いに度胸がすわる。
    2. 敗北を恐れない
      敗北を恐れない。
    3. 敗北の可能性があっても争う…敢然と立ち向かう
      敗北の可能性があっても争う(敢然と立ち向かう)。
    4. 敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さ
      敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さがある。
第4 勝敗←対立争い
  1. 勝敗←対立争い
    対立争いは勝敗がある。
  2. 暴力行使・裁判・決闘で勝敗
    暴力行使は打ちのめした者が勝ち、裁判で勝敗、決闘で勝敗がある。
第5 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
  1. 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
    対立争いが禁止されないから対立争いに対応する。費用・時間がかかる。
  2. 暴力行使…安全対応
    暴力行使に安全対応する。
  3. 事実に反する状況対応(だまし)…対応
    事実に反する状況対応(だまし)に対応する。
  4. 裁判…裁判対応
    裁判に対応する。
第6 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
  1. 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
    関係設定で対立争い状況対応させない(6章関係設定)。

5節2 対立争い状況対応
(民族同士・宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得…本来状況対応
本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得する。
第2 対立争いに勝利して成果取得は隠さない(公然)・直接←本来状況対応
  1. 対立争い隠さない(公然)←本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いを隠さない(公然、公然論争)。
  2. 直接対立争い←対立争い隠さない(公然)
    対立争いを隠さない(公然)から、対立争いも直接である。
第3 対立争いに慣れている←本来状況対応
  1. 慣れている
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得するから対立争いに慣れている。
  2. 動揺×
    1. 動揺×
      対立争いに動揺しない。
    2. 対立争いに伴う精神緊張に耐える…たくましい・図太い
      対立争いに伴う精神緊張に耐える(たくましい、図太い)。
    3. 争いに冷静に対応
      争いに冷静に対応する。
  3. 異常対応×
    異常対応することは少ない。
  4. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
    1. 度胸座る・挫折しない・再挑戦
      対立争いに度胸がすわる。
    2. 敗北を恐れない
      敗北を恐れない。
    3. 敗北の可能性があっても争う…敢然と立ち向かう
      敗北の可能性があっても争う(敢然と立ち向かう)。
    4. 敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さ
      敗北しても挫折せず再度挑戦する強靭さがある。
第4 勝敗←対立争い
  1. 勝敗←対立争い
    対立争いは勝敗がある。
  2. 暴力行使・裁判・決闘で勝敗
    暴力行使は打ちのめした者が勝ち、裁判で勝敗、決闘で勝敗がある。
第5 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
  1. 対立争いに対応する必要…時間・費用かかる
    対立争いが禁止されないから対立争いに対応する。費用・時間がかかる。
  2. 暴力行使…安全対応
    暴力行使に安全対応する。
  3. 事実に反する状況対応(だまし)…対応
    事実に反する状況対応(だまし)に対応する。
  4. 裁判…裁判対応
    裁判に対応する。
第6 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
  1. 関係設定で対立争い状況対応させない(禁止)
    関係設定で対立争い状況対応させない(6章関係設定)。

5節3 対立争いに勝利して成果取得めざす
(民族同士・個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得めざす
  1. 対立争いに勝利して成果取得めざす
    対立争いに勝利して成果取得めざす。
  2. 対立争いをめざす
    1. 対立争いをめざす
      対立争いをめざす(戦略的・世界的)。
    2. 闘争本能・挑戦する・何事にもトライ
      闘争本能、挑戦する、何事にもトライする。
    3. 対立争い多発←対立争いめざす
      対立争いをめざすから、対立争いが多発する。
    4. 対立争い相手民族を求める
      対立争い相手民族を求める(仮想敵民族)。
  3. 勝利めざす…勝負志向
    1. 勝利めざす…勝負志向
      1. 勝利めざす…誰もが勝負してやる・勝利固執・勝つ・勝て・頑張る×・頑張れ×
        勝利して成果取得めざす(勝負してやる、勝利固執、勝つ・勝て、頑張る×・頑張れ×)。
      2. 形勢不利でも簡単にはあきらめない…一発逆転
        形勢不利でも簡単にはあきらめない(一発逆転)。
    2. 敗退しない
      1. 敗退しない
        敗退はなんとしてもしない。
      2. 敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)
        敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)。
    3. 勝利のためなら何でもする
      1. 勝利のためなら何でもする
        勝利のためなら何でもする。
      2. 対立争い力のない民族…対立争い力のある民族も対立争い力のないうちは卑怯なことをしている
        とくに対立争い力のない民族である。対立争い力のある民族も対立争い力のないうちは卑怯なことをしている。
第2 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
  1. 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
    対立争いをめざすから大規模な対立争いをめざす。
第3 対立争い拡大←対立争いめざす
  1. 対立争い拡大←対立争いめざす
    対立争いをめざすから、一つの対立争いが拡大する(ある対立争いから別の対立争いに)。
  2. 対立争い民族の拡大…対立争い連鎖
    一民族が争い出せば他民族も対立争い出す(民族から民族へ→他民族の対立争いに触発されて自民族も同じ対立争いをする、革命連鎖)。
  3. 対立争い相手民族の拡大…対立争い転化
    1. 対立争い相手民族の拡大…対立争い転化
      対立争いはじめるといろんな民族と対立争いだす。
    2. 対立相手民族の関係民族に拡大…黒幕・巻き込む
      対立争い相手民族の関係民族とも対立争う(黒幕、暴動は他民族が黒幕、対立争いに巻き込む)。
    3. 対立争い相手民族と同状況対応民族
      対立争い相手民族と同状況対応民族とも対立争う。
  4. 対立争い対象範囲の拡大…次々と対立争う
    対立争い対象範囲が拡大する(次々と対立争う)。
  5. 争いの程度が拡大…論争から武力行使・戦争に
    争いの程度が拡大する。論争から武力行使・戦争に拡大する。
  6. 民族構成員同士の対立争い→民族構成員と他民族の対立争いに拡大
    民族構成員同士民の対立争いが民族構成員と他民族の対立争いに拡大する。
  7. 民族構成員同士の対立争い→民族同士の対立争いに拡大
    民族構成員同士の対立争いが民族同士の対立争いに拡大する。
  8. 民族構成員と他民族の対立争い→民族同士の対立争いに拡大
    民族構成員と他民族の対立争いが民族同士の対立争いに拡大する。
  9. 民族同士の対立争い→民族構成員同士の対立争いに拡大
    民族同士の対立争いが民族構成員同士の対立争いに拡大する(反他民族派と親他民族派)。
  10. 民族構成員と他民族の対立争い→民族構成員と自国民族長の対立争いに拡大
    民族構成員と他民族の対立争いが民族構成員と自国民族長の対立争いに拡大する。
  11. 民族同士の対立争い→民族構成員と自国民族長との対立争いに拡大
    民族同士の対立争いが民族構成員と自国民族長との対立争いに拡大する。

5節4 対立争いに勝利して成果取得めざす
(民族同士・宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得めざす
  1. 対立争いに勝利して成果取得めざす
    対立争いに勝利して成果取得めざす。
  2. 対立争いをめざす
    1. 対立争いをめざす
      対立争いをめざす(戦略的・世界的)。
    2. 闘争本能・挑戦する・何事にもトライ
      闘争本能、挑戦する、何事にもトライする。
    3. 対立争い多発←対立争いめざす
      対立争いをめざすから、対立争いが多発する。
    4. 対立争い相手民族を求める
      対立争い相手民族を求める(仮想敵民族)。
  3. 勝利めざす…勝負志向
    1. 勝利めざす…勝負志向
      1. 勝利めざす…誰もが勝負してやる・勝利固執・勝つ・勝て・頑張る×・頑張れ×
        勝利して成果取得めざす(勝負してやる、勝利固執、勝つ・勝て、頑張る×・頑張れ×)。
      2. 形勢不利でも簡単にはあきらめない…一発逆転
        形勢不利でも簡単にはあきらめない(一発逆転)。
    2. 敗退しない
      1. 敗退しない
        敗退はなんとしてもしない。
      2. 敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)
        敗退より譲歩(相手の状況対応優先)して状況対応合意する(話合解決)。
    3. 勝利のためなら何でもする
      1. 勝利のためなら何でもする
        勝利のためなら何でもする。
      2. 対立争い力のない民族…対立争い力のある民族も対立争い力のないうちは卑怯なことをしている
        とくに対立争い力のない民族である。対立争い力のある民族も対立争い力のないうちは卑怯なことをしている。
第2 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
  1. 大規模な対立争いをめざす←対立争いをめざす
    対立争いをめざすから大規模な対立争いをめざす。
第3 対立争い拡大←対立争いめざす
  1. 対立争い拡大←対立争いめざす
    1. 対立争い拡大←対立争いめざす
      対立争いをめざすから対立争いが拡大する。
    2. 対立争い民族の拡大・対立争い相手民族の拡大
      対立争い民族の拡大、対立争い相手民族の拡大がある。
  2. 対立争い民族の拡大…対立争い連鎖
    一民族が争い出せば他民族も対立争い出す(民族から民族へ→他民族の対立争いに触発されて自民族も同じ対立争いをする、革命連鎖)。
  3. 対立争い相手民族の拡大…対立争い転化
    1. 対立争い相手民族の拡大…対立争い転化
      対立争いはじめるといろんな民族と対立争いだす。
    2. 対立争い相手民族の関係民族に拡大…黒幕・巻き込む
      対立争い相手民族の関係民族とも対立争う(黒幕、暴動は他民族が黒幕、対立争いに巻き込む)。
    3. 対立争い相手民族と同状況対応民族
      対立相手民族と同状況対応民族とも対立争う。
  4. 対立争い対象範囲の拡大…次々と対立争う
    対立争い対象が拡大する(次々と対立争う)。
  5. 争いの程度が拡大…論争から武力行使・戦争に
    争いの程度が拡大する。論争から武力行使・戦争に拡大する。
  6. 民族構成員同士の対立争い→民族構成員と他民族の対立争いに拡大
    民族構成員同士民の対立争いが民族構成員と他民族の対立争いに拡大する。
  7. 自民族構成員と他民族構成員の対立争い→民族同士の対立争いに拡大
    1. 自民族構成員と他民族構成員の対立争い→民族同士の対立争いに拡大
      自民族構成員と他民族構成員の対立争いが民族同士の対立争いに拡大する。
    2. サッカー民族同士試合で対立争い→民族同士の戦争
      サッカー民族同士試合で対立争いが民族同士の戦争に拡大する。
  8. 民族構成員と他民族の対立争い→民族同士の対立争いに拡大
    民族構成員と他民族の対立争いが民族同士の対立争いに拡大する。
  9. 民族同士の対立争い→民族構成員同士の対立争いに拡大
    民族同士の対立争いが民族構成員同士の対立争いに拡大する(反他民族派と親他民族派)。
  10. 民族構成員と他民族の対立争い→民族構成員と自国民族長の対立争いに拡大
     民族構成員と他民族の対立争いが民族構成員と自国民族長の対立争いに拡大する。
  11. 民族同士の対立争い→民族構成員と自国民族長との対立争いに拡大
    民族同士の対立争いが民族構成員と自国民族長との対立争いに拡大する。

5節5 対立争いに勝利して成果取得めざす
(民族構成員同士・個人対立争い型)

第1 誰もが対立争いめざす
  1. 対立争い拡大
    対立争いが拡大する。
  2. 対立争い相手の拡大
    対立争いはじめるといろんな相手と対立争いだす。

5節6 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
(民族同士・個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
  1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
    1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
      対立争いに勝利して成果取得を当然とする(力の論理、民族同士紛争だらけ)。
    2. 世界は最後はすべてが力で決められる
      世界は最後はすべてが力で決められるとする。
    3. 世界はジャングル
      世界はジャングルとする。
    4. 強者がすべてを奪い取り弱者は負ける
      強者がすべてを奪い取り弱者は負けるとする。
  2. 対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする…力の論理
    対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする。
第2 対立争いを当然とする
  1. 対立争いができ当然とする(一人前)
    対立争いができ当然とする(一人前)。
  2. 人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)
    人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)。
  3. 取り込みができて当然とする(一人前)
    取り込みができて当然とする(一人前)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
    1. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
      事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前、事実に反する状況対応〈だまし〉を自慢〈自己対立争い力養成情報流し〉)。
    2. 嘘(事実作る〈捏造〉情報流し)をつくことができて当然とする
      嘘(事実作る〈嘘〉情報流し)をつくことができて当然とする(一人前)。
    3. だまさせるほうが悪い・だまされるやつはだめ
      だまさせれるほうが悪い、だまされたやつはだめとする。
  5. 事実に反する情報流しができて当然とする(一人前)
    事実に反する情報流しができて当然とする(一人前)。
  6. 提携相手民族とも対立争えて当然とする…裏切り・寝返りができて当然
    提携相手民族とも対立争うことができて当然とする(裏切り、寝返りができて当然、裏切り・寝返りは頭がいい)。
第3 対立争わないことは他の意味に取られる
  1. 対立争わないことは他の意味に取られる
    対立争い相手民族と対立争わないことは他の意味に取られる。
  2. 弱民族が対立争いさけた
    弱民族が対立争いさけたとされる。
  3. 提携…裏切り
    提携は裏切りとされる。
  4. 提携状況対応隠す…秘密提携・内通
    相手民族との提携状況対応隠してる(秘密提携・内通)とされる(平和主義は相手の内通者)。
  5. 戦争講和…提携状況対応隠す→秘密提携・内通
    戦争で講和(状況対応合意)は相手民族との提携状況対応隠してる(秘密提携・内通)とされる。

5節7 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
(民族同士・宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
  1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
    1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
      対立争いに勝利して成果取得を当然とする(力の論理、民族同士紛争だらけ)。
    2. 世界は最後はすべてが力で決められる
      世界は最後はすべてが力で決められるとする。
    3. 世界はジャングル
      世界はジャングルとする。
    4. 強者がすべてを奪い取り弱者は負ける
      強者がすべてを奪い取り弱者は負けるとする。
  2. 対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする
    対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする。
第2 対立争いを当然とする
  1. 対立争いができ当然とする(一人前)
    対立争いができ当然とする(一人前)。
  2. 人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)
    人を存続させない(殺人)ことかできて当然とする(一人前)。
  3. 取り込みができて当然とする(一人前)
    取り込みができて当然とする(一人前)。
  4. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
    1. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
      事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前、事実に反する状況対応〈だまし〉を自慢〈自己対立争い力養成情報流し〉)。
    2. 嘘(事実作る〈捏造〉情報流し)をつくことができて当然とする
      嘘(事実作る〈捏造〉情報流し)をつくことができて当然とする(一人前)。
    3. だまさせるほうが悪い・だまされるやつはだめ
      だまさせれるほうが悪い、だまされたやつはだめとする。
  5. 事実に反する情報流しができて当然とする(一人前)
    事実に反する情報流しができて当然とする(一人前)。
  6. 提携相手民族とも対立争えて当然とする…裏切り・寝返りができて当然
    提携相手民族とも対立争うことができて当然とする(裏切り、寝返りができて当然、裏切り・寝返りは頭がいい)。
第3 対立争わないことは他の意味に取られる
  1. 対立争わないことは他の意味に取られる
    対立争い相手民族と対立争わないことは他の意味に取られる。
  2. 弱民族が対立争いさけた
    弱民族が対立争いさけたとされる。
  3. 提携…裏切り
    提携は裏切りとされる。
  4. 提携状況対応隠す…秘密提携・内通
    相手民族との提携状況対応隠してる(秘密提携・内通)とされる(平和主義は相手の内通者)。
  5. 戦争講和…提携状況対応隠す→秘密提携・内通
    1. 戦争講和…秘密提携・内通
      戦争で講和(状況対応合意)は相手民族との提携状況対応隠してる(秘密提携・内通)とされる。

5節8 対立争いに勝利して成果取得…民族範囲
(民族同士・個人対立争い型)

第1 どの民族とでも対立争う
  1. どの民族とでも対立争う
    どの民族とでも対立争う。
  2. 関係設定民族以外は対立争う
    関係設定民族以外とは対立争う(味方でないものは敵)。
  3. 関係設定民族とも対立争う
    関係設定民族とも対立争う(6章本来状況対応優先、裏切・食言)。
  4. 提携民族と対立争う…裏切り・寝返り
    提携民族と対立争う。
  5. 状況対応分担民族とも対立争う…裏切り・寝返り
    状況対応分担民族とも対立争う(裏切・食言、6章本来状況対応優先・対立争い状況対応が状況対応分担より優先)。
  6. 対立争い相手民族を求める…常に対立争い相手民族がいないともたない・対立争いに誘い込む
    対立争い相手民族を求める。常に対立争い相手民族がいないともたない。対立争いに誘い込む(挑発)。
第2 民族同士は対立争い関係←どの民族とでも対立争う
  1. 民族同士は対立争い関係←どの民族とでも対立争う
    1. 民族同士は対立争い関係←どの民族とでも対立争う
      どの民族とでも対立争うから、民族同士は対立争い関係である。
    2. 自民族以外はすべて敵
      自民族以外はすべて敵とする。
  2. 精神緊張・精神疲労(精神面)…常に気を張る
    民族同士対立争い関係から精神緊張する(精神疲労)。常に気を張る。
  3. 憎悪(精神面)
    民族同士対立争い関係だから対立他民族を憎悪する。
  4. 疑う
    他民族を疑う。
  5. 他民族からの状況対応分担を疑う
    他民族からの支援を疑う。
  6. 他民族使節団を疑う
    他民族使節団を疑う。
  7. 警戒
    他民族を警戒する。
  8. 防衛
    防衛する。
  9. 調査
    他民族を調査する。
  10. 拒絶
    他民族を拒絶する。

5節9 対立争いに勝利して成果取得…民族範囲
(民族同士・宗教状況対応型)

第1 どの民族とでも対立争う
  1. どの民族とでも対立争う
    どの民族とでも対立争う。
  2. 関係設定民族以外は対立争う
    関係設定民族以外とは対立争う(味方でないものは敵)。
  3. 関係設定民族とも対立争う
    関係設定民族とも対立争う(6章本来状況対応優先、裏切・食言)。
  4. 提携民族と対立争う…裏切り・寝返り
    提携民族と対立争う。
  5. 状況対応分担民族とも対立争う…裏切り・寝返り
    状況対応分担民族とも対立争う(裏切・食言、6章本来状況対応優先・対立争い状況対応が状況対応分担より優先)。
  6. 対立争い相手民族を求める…常に対立争い相手民族がいないともたない・対立争いに誘い込む
    対立争い相手民族を求める。常に対立争い相手民族がいないともたない。対立争いに誘い込む(挑発)。
第2 民族同士は対立争い関係←どの民族とでも対立争う
  1. 民族同士は対立争い関係←どの民族とでも対立争う
    1. 民族同士は対立争い関係←どの民族とでも対立争う
      どの民族とでも対立争うから、民族同士は対立争い関係である。
    2. 自民族以外はすべて敵
      自民族以外はすべて敵とする。
  2. 精神緊張・精神疲労(精神面)…常に気を張る
    民族同士対立争い関係から精神緊張する(精神疲労)。常に気を張る。
  3. 憎悪(精神面)
    民族同士対立争い関係だから対立他民族を憎悪する。
  4. 疑う
    他民族を疑う。
  5. 警戒
    他民族を警戒する。
  6. 防衛
    防衛する。
  7. 調査
    他民族を調査する。
  8. 拒絶
    他民族を拒絶する。

5節10 対立争い状況対応…民族範囲
(民族と自民族滞在他民族構成員)

第1 民族が自民族滞在他民族構成員と対立争う…個人対立争い型
  1. 1 民族が自民族滞在他民族構成員と対立争う
     民族が自民族滞在他民族構成員と対立争う。
  2. 2 民族と自民族滞在他民族構成員は対立争い関係…疑う・警戒
     民族は自民族滞在他民族構成員を疑う、警戒する。

5節12 対立争い状況対応…民族範囲
(他民族滞在自民族構成員と他民族)

第1 他民族滞在自民族構成員が他民族と対立争う…個人対立争い型
  1. 他民族滞在自民族構成員が他民族と対立争う
    他民族滞在自民族構成員が他民族と対立争う。
第2 他民族滞在自民族構成員が他民族と対立争う…宗教状況対応型
  1. 他民族滞在自民族構成員が他民族と対立争う
    他民族滞在自民族構成員が他民族と対立争う。

5節13 対立争い状況対応…民族範囲
(民族と提携他民族構成員)

第1 民族が提携他民族構成員とも対立争う…宗教状況対応型
  1. 民族が提携他民族構成員と対立争う←誰とでも対立争う
    民族が提携他民族構成員と対立争う(裏切り)。

5節14 対立争い状況対応…民族範囲
(民族と他民族滞在自民族構成員)

第1 民族が他民族滞在自民族構成員と対立争う…個人対立争い型
  1. 1 民族が他民族滞在自民族構成員と対立争う
     民族が他民族滞在自民族構成員と対立争う。
  2. 2 民族と他民族滞在自民族構成員は対立争い関係…疑う・警戒
     他民族滞在自民族構成員を疑う、警戒する。

5節15 対立争い状況対応…民族範囲
(民族と他民族と関係ある自民族構成員)

第1 民族が他民族と関係のある自民族構成員と対立争う…個人対立争い型
  1. 民族が他民族と関係のある自民族構成員と対立争う
    民族が他民族と関係ある自民族構成員と対立争う。
  2. 民族と自民族構成員は対立争い関係…疑う・警戒
    民族が他民族と関係のある自民族構成員を疑う、警戒する。

5節16 対立争い状況対応…民族範囲
(民族構成員同士)

個人対立争い型

第1 人間同士は対立争い関係
  1. 疑い・警戒
    他民族人を疑い・警戒する(他民族人は友人状況対応・強者と提携状況対応せざるをえない)。
  2. 自民族滞在他民族構成員を疑う
    1. ① 自民族滞在他民族構成員を疑う…他民族構成員は異質・理解不能→他民族は何をするかわからない(悪鬼)
      自民族滞在他民族構成員を疑う(他民族構成員は異質・理解不能→他民族は何をするかわからない、悪鬼)。
    2. 見かけない者・言葉の変わった者は疑われる
      清では見かけない者、言葉の変わった者は疑われる。
  3. 自民族滞在他民族構成員の関係者も疑う
    1. 自民族滞在他民族構成員の関係者も疑う
      自民族滞在他民族構成員の関係者も疑う。
    2. 自民族滞在他民族構成員の関係者も疑われる…知り合いの他民族構成員に知らん顔
      自民族滞在他民族構成員の関係者も疑われる(知り合いの他民族構成員に知らん顔)。
  4. 誤解←疑う
    疑うから誤解する。
  5. 拒絶
    1. 拒絶する
      拒絶する。
    2. 他民族人は一人暮らし
      他民族人は一人暮らしする。
第5 誰とでもでも対立争う
誰とでもでも対立争う。

5節17 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲
(民族同士・個人対立争い型)

第1 何でも対立争う
  1. 些細なことで対立争う
    朝鮮韓国人は日本民族状況対応力養成(強民族化・富民族化)不満で日本と対立争う。
  2. 些細なこと
    些細なことで対立争う。
  3. 不満なこと
    不満なことで対立争う。
  4. 自民族己軽視状況対応
    他民族の自民族軽視状況対応不満で対立争う。
第2 すぐ対立争う←何でも対立争う
何でも対立争うから、すぐ対立争う(接触すると対立争う)。

5節18 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲
(民族同士・宗教状況対応型)

第1 何でも対立争う
  1. 些細なことで対立争う
    些細なことでも対立争う。他民族民族状況対応力養成(強民族化・富民族化)不満で対立争う。
  2. 些細なこと
    些細なことで対立争う。
  3. 不満なこと
    不満なことで対立争う。
  4. 自民族己軽視状況対応
    他民族の自民族軽視状況対応不満で対立争う。
第2 すぐ対立争う←何でも対立争う
何でも対立争うから、すぐ対立争う。

5節19 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲
(民族構成員同士・個人対立争い型)

第1 何でも対立争う
  1. 1 何でも対立争う
     民族構成員も何でも対立争う。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

4節 個民族状況対応 

次へ

5節 対立争い状況対応 (2)

Page Top