「歴史の流れ」民族の力と型

2節 集団状況対応

このページ内の目次

2節 生産役務集団状況対応
(国家同士)

第1 生産役務集団状況対応(国家同士)
  1. 生産役務集団状況対応(国家同士)
    生産役務集団状況対応(国家同士)がある。
第2 集団状況対応型
  1. 集団(国家同士)で状況対応し集団(国家同士)が成果取得…本来状況対応
    本来状況対応だから集団(国家同士)で状況対応し集団(国家同士)が成果取得する。
  2. 集団(国家同士)で状況対応し集団(国家同士)が成果取得を当然とする
    集団(国家同士)で状況対応し集団(国家同士)が成果取得を当然とする。集団(国家同士)で状況対応を当然とする。集団(国家同士)が成果取得を当然とする。
第3 個人対立争い型・宗教状況対応型
  1. 集団状況対応(国家同士)…非本来状況対応
    集団状況対応(国家同士)は非本来状況対応である。関係設定で集団状況対応(国家同士)する。
  2. 集団状況対応(国家同士)…長国が決定した状況対応を構成国がする
    1. 集団状況対応(国家同士)…長国が決定した状況対応を構成国がする
      集団状況対応は、長国が決定した状況対応を構成国がする。
    2. 集団状況対応(国家同士)の存続はからない…終了・固定帰属×
      集団状況対応(国家同士)の存続はからないから、集団状況対を終了する(解散)。脱退する。

事例

第1 フェニキア集団状況対応・ギリシャ集団状況対応(都市国家同士)
フェニキア集団状況対応、ギリシャ集団状況対応(都市国家同士)があった(国家同士流通業)。
第2 ヨーロッパ…欧州石炭鉄鋼共同体→欧州経済共同体(EEC)→欧州共同体(EU)
ヨーロッパの1951欧州石炭鉄鋼共同体(戦争原因となった石炭鉄鋼共同管理)から、1957欧州経済共同体(EEC)、欧州共同体(EU)となった。
第3 中東諸国…石油輸出機構(OPEC)←国家同士石油資本に対抗
中東諸国の1960石油輸出機構(OPEC)がある(石油輸出国が国家同士石油資本〈探鉱・開発・生産から精製・輸送・販売まで一貫操業を世界規模で行う〉に対抗して設定→価格引き下げ防止)。
第4 環太平洋貿易機構(TPP)
  1. 環太平洋貿易機構(TPP)
    太平洋周辺国の環太平洋貿易機構(TPP)がある。
  2. 共産中国…参加できない←国家同士流通業しない(保護貿易)
    共産中国は参加できない(国家同士流通業しない・保護貿易)。
第5 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)
  1. 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)
    2020東アジア地域包括的経済連携がある(RCEP、ASEAN10ヶ国+日本・中国・韓国・オーストラリア・ニュージーランド)がある。
  2. 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)頓挫×←各国が反中国
    各国が反中国(国家国土取り込み・新型コロナ・人権問題・新型コロナ)となり頓挫した。
第6 アジアインフラ投資銀行(AIIB)
アジア諸国のアジアインフラ投資銀行(AIIB)がある。

対立争い集団状況対応(国家同士)になりやすい

第1 生産役務集団状況対応(国家同士)…対立争い集団状況対応(国家同士)になりやすい
  1. 生産役務集団状況対応(国家同士)…対立争い集団状況対応(国家同士)になりやすい
    生産役務集団状況対応(国家同士)は対立争い集団状況対応(国家同士)になりやすい。
  2. 戦争集団状況対応(国家同士)になりやすい
    戦争集団状況対応(国家同士)になりやすい。
  3. 戦争状況対応に反撃集団状況対応(国家同士)になりやすい…安全保障
    1. 戦争状況対応に反撃集団状況対応(国家同士)になりやすい…安全保障
      戦争状況対応に反撃集団状況対応になりやすい(安全保障)。
    2. TPPは安全保障になる
      TPPは安全保障になるとした。
    3. インド・ベトナム…共産中国の軍門に降らないように強者支配終了経済圏に入る
      インド・ベトナムは共産中国の軍門に降らないように強者支配終了経済圏に入った。

トップに戻る

関連記事

前へ

1節 国家同士生産役務状況対応

次へ

4節 個国状況対応

Page Top