「歴史の流れ」民族の力と型

31節 情報強者支配終了

このページ内の目次

31節 国家長・共産党の情報強者支配終了

国家長・共産党の情報強者支配終了の課程

第1 国家長・共産党の情報強者支配終了←インターネット・SNSで国民が情報流し
  1. 国家長・共産党の情報強者支配終了←インターネット・SNSで国民が情報流し
    インターネット、SNSで国民が自己の状況対応を情報流し(表明)ができるようなるとに国家長・共産党の情報強者支配が終了する。
  2. 国民…自己状況対応情報流しできる…情報流しの自由→言論の自由
    国民が自己状況対応情報流し(表明)できる(情報流しの自由、言論の自由)。
  3. 国民…反国家長状況対応情報流し
    国民が反国家長状況対応情報流しできる。

状況対応型と国家長・共産党の情報強者支配終了

第1 個人対立争い型…情報強者支配終了できにくい
  1. インターネット・SNSを状況対応管理…検閲
    インターネット、SNSを状況対応管理するから国家長・共産党の情報強者支配が終了できにくい(7章国家長・共産党の情報強者支配)。
  2. 共産中国国民…国民がインターネット・SNS情報流し自由要求→ネット・SNS言論自由
    共産中国国民は国民がインターネット、SNS情報流し自由を要求する(ネット・SNS言論自由)。
  3. 共産中国国民…国民が反国家長状況対応情報流し自由要求→告発者保護法
    共産中国国民は国民が反国家長状況対応情報流し自由を要求する(告発者保護法)。
第2 宗教状況対応型…情報強者支配終了
  1. インターネット・SNSを状況対応管理×…検閲×
    インターネット、SNSを状況対応管理しないから国家長・共産党の情報強者支配が終了する。
第3 集団状況対応型…本来情報強者支配終了
国家長・共産党の情報強者支配がないから本来強者支配終了である。

31節2 国家長・共産党以外の情報強者の情報強者支配

第1 国家長・共産党以外の情報強者の情報強者支配←国家長・共産党の情報強者支配終了
  1. 国家長・共産党以外の情報強者の情報強者支配←国家長・共産党の情報強者支配終了
    国家長・共産党の情報強者支配が終了すると、国家長・共産党以外の情報強者の情報強者支配がでてくる。
第2 情報強者支配←情報強者支配制御×
  1. 情報強者支配←情報強者支配制御×
    情報強者支配制御がないから情報強者支配となる。
  2. 第4の権力・本来報道自由国家・報道の自由・情報役務集団の自治
    第4の権力、本来報道自由国家、報道の自由、情報役務集団の自治(強者支配拒否の必要性なし)とする。
第3 非本来国家長・非本来教育者・非本来裁判所
  1. 非本来国家長・非本来教育者・非本来裁判所
    マスコミ(情報役務集団)が非本来国家長、非本来裁判所、非本来教育者となる。
  2. 学校教育に新聞を
    学校教育に新聞をとする。

31節3 国家長・共産党以外の情報強者の情報強者支配終了

第1 国家長・共産党以外の情報強者の情報強者支終了←情報強者支配制御
  1. 国家長・共産党以外情報強者の情報強者支配終了←情報強者支配制御
    情報強者支配制御で国家長・共産党以外の情報強者の情報強者支配が終了する。
第2 国民が制御
  1. 国民が制御
    国民が制御する。
  2. 国家長・共産党以外の情報強者支配終了←インターネット・SNSで国民が情報流し
    インターネット、SNSで国民が自己の状況対応を情報流し(表明)ができるようなるとに国家長・共産党以外の情報強者支配が終了する。
  3. 広告拒否
    広告拒否する。
第3 国家長が制御
  1. 国家長が制御
    国家長が制御する。
  2. 制御機関設定
    1. 制御機関設定
      制御機関を設定する。
    2. 情報審査会
      情報審査会機関が適当である(⇔情報公開、オムブズマン制度)。
第4 情報養成だけの者(高教育者)を制御
情報養成だけの者(高教育養成者)を制御する。
第5 情報役務集団を制御
情報役務集団を制御する。
第6 状況対応養成集団(学校)を制御
状況対応力養成集団(学校)を制御する。
第7 多数情報参加…情報自由市場
  1. 多数情報参加…情報自由市場
    多数情報を参加させ情報強者支配を制御する(情報自由市場)。
  2. テレビ…多数参加→テレビ局自由設定→集約高度化
    1. 多数参加させる必要
      多数参加させる。
    2. テレビ局を自由に設定させる…多数参加→集約高度化→自ずから優れたテレビ局がでる
      テレビ局を自由に設定させる(多数参加→集約高度化→自ずから優れたテレビ局がでる)。
      自ずから優秀な状況対応がでる→誤状況対応知識排除)。状況対応力が上達する。
    3. 週刊誌・月刊誌など雑誌は寡占でないため偏向が少ない
      現に週刊誌・月刊誌など雑誌は寡占でないため偏向が少ない。
    4. マスコミ…新聞社・テレビの寡占状態
      マスコミは、新聞社、テレビの寡占状態となっている。

トップに戻る

関連記事

前へ

30節 情報強者支配…国家長・共産党以外の情報強者

次へ

32節 提携状況対応

Page Top