「歴史の流れ」民族の力と型

18節 対立争い状況対応

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

18節 対立争い状況対応
(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得←本来状況対応
  1. 対立争いに勝利して成果取得←本来状況対
    本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得する。
  2. 対立争いに敗退すると成果取得できない
    対立争いに敗退すると成果取得できない。
  3. 関係設定で対立争い状況対応させない
    関係設定で対立争い状況対応させない(禁止、3章関係設定)。

18節2 対立争い状況対応
(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得←本来状況対応
  1. 対立争いに勝利して成果取得←本来状況対
    本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得する。
  2. 対立争いに敗退すると成果取得できない
    対立争いに敗退すると成果取得できない。
  3. 関係設定で対立争い状況対応させない
    関係設定で対立争い状況対応させない(禁止、3章関係設定)。

18節3 対立争いに勝利して成果取得めざす
(個人対立争い型)

第1 誰もが勝利して成果取得めざす…勝負志向
  1. 誰もが勝利して成果取得めざす…勝負志向
    誰もが勝利して成果取得めざす。
  2. 対立争いをめざす
    誰もが対立争いをめざす(ベンチャー企業が多い、チャンスを逃さぬ)。

18節4 対立争いに勝利して成果取得めざす
(宗教状況対応型)

第1 誰もが勝利して成果取得めざす…勝負志向
  1. 誰もが勝利して成果取得めざす…勝負志向
    誰もが勝利して成果取得めざす。
  2. 対立争いをめざす
    誰もが対立争いをめざす(ベンチャー企業が多い、チャンスを逃さぬ)。

18節5 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
  1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
    対立争いに勝利して成果取得を当然とする(力の論理)。
  2. 対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする…力の論理
    対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする。
第2 対立争いを当然とする
  1. 対立争いができ当然とする(一人前)
    対立争いができ当然とする(一人前)。
  2. 取り込みができて当然とする(一人前)
    取り込みができて当然とする(一人前、中国人に盗むなと言うことは死ねということに等しい)。
  3. 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
    1. ① 事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)
      事実に反する状況対応(だまし)ができて当然とする(一人前)。
    2. ② 商売は詐欺が当たり前
      商売は詐欺が当たり前とする。
    3. ③ 経理は偽帳簿が作成できないとだめ→就職できない
      経理は偽帳簿が作成できないとだめ→就職できないとする。
    4. ④ 事実に反する状況対応(だまし)で取引するために事実に反する状況対応(だまし)を磨く
      事実に反する状況対応(だまし)で取引するために事実に反する状況対応(だまし)を磨く。
    5. ⑤ 事実反する状況対応(だまし)されるほうが悪いとする
      事実反する状況対応(だまし)されるほうが悪いとする。

18節6 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得を当然とする
  1. 対立争いに勝利して成果取得を当然とする…力の論理
    対立争いに勝利して成果取得を当然とする(力の論理)。
  2. 対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする…力の論理
    対立争いに敗退して成果取得できないを当然とする。
第2 対立争いを当然とする
  1. 対立争いができ当然とする(一人前)
    対立争いができ当然とする(一人前)。

18節7 対立争いに勝利して成果取得…人範囲
(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得…人範囲
  1. 1 誰とでも対立争う…人範囲
    1. ① 誰とでも対立争う…人範囲
      誰とでも対立争う。
    2. ② 提携相手と対立争う…裏切り・寝返る
      提携相手とも対立争う。裏切る(食言)。
    3. ③ 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
      状況対応分担者と対立争う(恩人も裏切る(恩を仇で返す、支援者を裏切る、4章本来状況対応優先・対立争い状況対応が状況対応分担より優先)。
  2. 使用人
    使用人とも対立争う(使用人がやめるときは主人の物を盗む)。
  3. 取引相手(状況対応合意相手)と対立争う
    取引相手(状況対応合意相手)と対立争う。
  4. 同生産役務者同士で対立争う
    同生産役務者同士で対立争う。
  5. 生産役務集団状況対応で対立争う
    生産役務集団状況対応で対立争う。

18節8 対立争いに勝利して成果取得…人範囲
(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得…人範囲
  1. 1 誰とでも対立争う…人範囲
    1. ① 誰とでも対立争う…人範囲
      誰とでも対立争う。
    2. ② 提携相手と対立争う…裏切り・寝返る
      提携相手とも対立争う。裏切る(食言)。
    3. ③ 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
      状況対応分担者と対立争う(恩人も裏切る(恩を仇で返す、支援者を裏切る、4章本来状況対応優先・対立争い状況対応が状況対応分担より優先)。
  2. 取引相手(状況対応合意相手)と対立争う
    取引相手(状況対応合意相手)と対立争う。
  3. 同生産役務者同士で対立争う
    同生産役務者同士で対立争う。
  4. 生産役務集団状況対応で対立争う
    生産役務集団状況対応で対立争う。

18節9 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲
(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲
  1. 何でも対立争う…対象範囲
    何でも対立争う。

18節10 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲
(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利して成果取得…対象範囲
  1. 何でも対立争う…対象範囲
    何でも対立争う。

18節11 対立争い対応方法・対立争い応手法
(個人対立争い型)

第1 対立争い対応方法…短期即応
  1. 対立争い対応方法…短期即応
    対立争いは短期である。対立争い対応方法が短期即応となる。
  2. 対立争い以外→のんびり
    1. ① 対立争い以外→のんびり
      対立争い以外のときはのんびりしている。
    2. ② 娯楽状況対応する…取引設定できたらゴルフ
      娯楽状況対応する(取引設定できたらゴルフ)。
  3. 高齢×・成果取得で引退←負担・犠牲
    対立争いは犠牲・負担が大きい。高齢までできない。成果取得すると引退する(富取得すると引退)。
第2 対立争い手法…対立争いが激しい
  1. 対立争い手法…対立争いが激しい
    対立争い手法を習得考案しているから対立争いが激しい。
  2. 攻撃・反撃
    1. ① 攻撃…対立争い開始
      対立争いを開始する。
    2. ② 反撃…相手も対立争い開始
      対立争いが開始されれば相手もすぐ対立争いを開始する。
    3. ③ 暴力行使→暴力行使
      暴力行使に暴力行使する(殴られたら殴り返す)。
    4. ④ 論争→反論
      1. a 論争→反論
        論争で反論する。
      2. b 悪情報流し→ハラスメント・ヘイトスピーチ・民族差別と反論
        悪情報流しにハラスメント、ヘイトスピーチ、民族差別と反論する。
    5. ⑤ 反撃は同種の対立争いとは限らない
      反撃は同種の対立争いとは限らない。
    6. ⑥ 悪情報流し→名誉毀損告訴・信用毀損告訴
      悪情報流しに名誉毀損告訴、信用毀損告訴する。
    7. ⑦ ストライキ→ロックアウト
      労働運動でもストライキにロックアウトで応酬する。
    8. ⑧ 反撃→再攻撃
      1. a 反撃→再攻撃
        反撃に再攻撃する。
      2. b 悪情報流し反撃に再攻撃…表現の自由違反
        悪情報流し反撃に表現の自由違反と再攻撃する。
  3. 大声・顔をつきあわせる…論争
    論争では大声を出す、顔をつきあわせる。

18節12 対立争い対応方法・対立争い応手法
(宗教状況対応型)

第1 対立争い対応方法…短期即応
  1. 対立争い対応方法…短期即応
    対立争いは短期である。対立争い対応方法が短期即応となる。
  2. 対立争い以外→のんびり
    1. ① 対立争い以外→のんびり
      対立争い以外のときはのんびりしている。
    2. ② 娯楽状況対応する
      娯楽状況対応する。
  3. 高齢×・成果取得で引退←負担・犠牲
    対立争いは犠牲・負担が大きい。高齢までできない。成果取得すると引退する(富取得すると引退)。
第2 対立争い手法…対立争いが激しい
  1. 対立争い手法…対立争いが激しい
    対立争い手法を習得考案しているから対立争いが激しい。
  2. 攻撃・反撃
    1. ① 攻撃…対立争い開始
      対立争いを開始する。
    2. ② 反撃…相手も対立争い開始
      対立争いが開始されれば相手もすぐ対立争いを開始する。
    3. ② 暴力行使→暴力行使
      暴力行使に暴力行使する(殴られたら殴り返す)。
    4. ④ 論争→反論
      1. a 論争→反論
        論争で反論する。
      2. b 悪情報流し→ハラスメント・ヘイトスピーチ・民族差別と反論
        悪情報流しにハラスメント、ヘイトスピーチ、民族差別と反論する。
    5. ⑤ 反撃は同種の対立争いとは限らない
      反撃は同種の対立争いとは限らない。
    6. ⑥ 悪情報流し→名誉毀損告訴・信用毀損告訴
      悪情報流しに名誉毀損告訴、信用毀損告訴する。
    7. ⑦ ストライキ→ロックアウト
      労働運動でもストライキにロックアウトで応酬する。
    8. ⑥ 反撃→再攻撃
      1. a 反撃→再攻撃
        反撃に再攻撃する。
      2. b 悪情報流し反撃に再攻撃…表現の自由違反
        悪情報流し反撃に表現の自由違反と再攻撃する。

18節13 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案
(個人対立争い型)

第1 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案(対立争いが巧み・質が高い)←本来状況対応
本来状況対応だから対立争い対応方法、対立争い手法を習得考案する(対立争いが巧み、質が高い)。

対立争い対応方法習得考案

第1 対立争い対応方法を習得考案
  1. 対立争い対応方法を習得考案
    本来状況対応だから対立争いの対応方法を習得考案する。
第2 状況
  1. 勝利できる状況で対立争う…状況
    1. ① 勝利できる状況で対立争う
      勝利できる状況で対立争う(勝機を逃さない)。
    2. ② 自然災害(警察不機能)のとき対立争う
      自然災害(警察府機能)のとき対立争う(災害地で高価売りつけ〈価格対立争い〉→ぼったくり)。
  2. 勝利できない状況では対立争わない…状況
    勝利できない状況では対立争わない(先送りする)。
  3. 勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす
    勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす。
  4. 状況利用
    1. ① 対立争い相手の状況対応を利用
      対立争い相手国の状況対応を利用する。
    2. ② 他者同士の対立争いを利用し自己の対立争い有利にする
      1. a 他者同士の対立争いを利用し自己の対立争い有利にする
        他者同士対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。
      2. b 他者同士の取引で事実に反する状況対応(だまし)があるからない商店街を作り個人成果取得
        他者同士の取引(状況対応合意するしないで対立争う)で事実に反する状況対応(だまし)があるから事実に反する状況対応(だまし)がない商店街を作り個人成果取得する(共産中国→各地に放心一条街)。
    3. ③ 対立相手の強者支配関係・強者優先関係を利用
      対立相手の強者支配関係、強者優先関係を利用する(大株主・監督官庁をつつき会社との取引を有利にする)。
    4. ④ 対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする
      対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。

対立争い手法習得考案

第1 対立争い手法を習得考案
  1. 対立争い手法を習得考案
    本来状況対応だから対立争い手法を習得考案する。
第2 対立争いを使い分ける
  1. 体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける
    体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける。
第3 複数の対立争いをまとめて対立争う
  1. 複数の対立争いをまとめて対立争う
    複数の対立争いをまとめて対立争う(抱き合わせ対立争い、何でもあり、争いを駆使、暴力行使(殺人傷害)、妨害、脅迫を同時にする)。
  2. 暴力行使と脅迫
    暴力行使〈殺人傷害〉、妨害、脅迫を同時にする。
  3. 暴力行使と論争
    暴力行使と論争をする(暴力行使して論争で口実つける・正当化する)。

相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案

第1 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
  1. 1 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
    1. ① 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
      相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法を習得考案する。
    2. ② 報復させない…殺害→遺族が報復
      報復(敗退したら次の対立争いで勝利めざす)させない(殺害する→遺族が報復する)。
  2. 2 正しい対立争いだったとする
    1. ① 正しい対立争いだったとする
      過去の対立争いを正しい対立争いだったとする。
    2. ② 理由を撤回しない
      正しい対立である理由は撤回しない。
  3. 悪い対立争いだったとしない…自己悪情報流し(謝罪)しない
    自己悪情報流し(謝罪)しない。

18節14 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案
(宗教状況対応型)

第1 対立争い対応方法・対立争い手法習得考案(対立争いが巧み・質が高い)←本来状況対応
本来状況対応だから対立争い対応方法、対立争い手法を習得考案する(対立争いが巧み、質が高い)。

対立争い対応方法習得考案

第1 対立争い対応方法を習得考案
  1. 対立争い対応方法を習得考案
    本来状況対応だから対立争いの対応方法を習得考案する。
第2 状況
  1. 勝利できる状況で対立争う…状況
    勝利できる状況で対立争う(勝機を逃さない)。
  2. 勝利できない状況では対立争わない…状況
    勝利できない状況では対立争わない(先送りする)。
  3. 勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす
    勝利できる状況になるまで対立争いを引き延ばす。
  4. 状況利用
      4 状況利用
    1. ① 対立争い相手の状況対応を利用
      対立争い相手国の状況対応を利用する。
    2. ② 他者同士の対立争いを利用し自己の対立争い有利にする
      他者同士対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。
    3. ③ 対立相手の強者支配関係・強者優先関係を利用
      対立相手の強者支配関係、強者優先関係を利用する(大株主・監督官庁をつつき会社との取引を有利にする)。
    4. ④ 対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする
      対立争い相手集団内対立争いを利用し自己の対立争いを有利にする。

対立争い手法習得考案

第1 対立争い対応方法を習得考案
  1. 対立争い対応方法を習得考案
    本来状況対応だから対立争いの対応方法を習得考案する。
第2 対立争いを使い分ける
  1. 体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける
    体力対立争いと頭脳対立争いを使い分ける。
第3 複数の対立争いをまとめて対立争う
  1. 複数の対立争いをまとめて対立争う
    複数の対立争いをまとめて対立争う(抱き合わせ対立争い、何でもあり、争いを駆使、暴力行使(殺人傷害)、妨害、脅迫を同時にする)。
  2. 暴力行使と脅迫
    暴力行使〈殺人傷害〉、妨害、脅迫を同時にする。
  3. 暴力行使と論争
    暴力行使と論争をする(暴力行使して論争で口実つける・正当化する)。

相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案

第1 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
  1. 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
    1. ① 相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法習得考案
       相手に何度でも対立争い状況対応させない対応方法を習得考案する。
    2. ② 報復させない…殺害→遺族が報復
      報復(敗退したら次の対立争いで勝利めざす)させない(殺害する→遺族が報復する)。
  2. 正しい対立争いだったとする
    1. ① 正しい対立争いだったとする
      過去の対立争いを正しい対立争いだったとする。
    2. ② 理由を撤回しない
      正しい対立である理由は撤回しない。
  3. 悪い対立争いだったとしない…自己悪情報流し(謝罪)しない
    自己悪情報流し(謝罪)しない。

18節15 対立争いを正しいとする
(個人対立争い型)

第1 対立争いを正しい
  1. 対立争いを正しい
    対立争いを正しいとする。

18節16 対立争いを正しいとする
(宗教状況対応型)

第1 対立争いを正しい
  1. 対立争いを正しい
    対立争いを正しいとする。
第2 神決定状況対応型
  1. 正しい対立争い…神が命令する対立争い
    神が命令する対立争いは正しい。
  2. 悪い対立争い…神がしないと決定した対立争い
    神がしない(禁止)と決定した対立争いは悪い。
  3. 神がしないと決定した対立争いはしない
    神がしない(禁止)と決定した対立争いはしない。
  4. 対立争い…個人対立争い型ほどでない
    対立争いは個人対立争い型ほどではない。

18節17 対立争い重視
(個人対立争い型)

第1 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
  1. 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得を重視する。
  2. 生産役務集団設定者重視
    生産役務集団設定者を重視する(創業者重視)。

重視状況対応・重視情報流し・重視動作

第1 対立争い者重視状況対応・勝利者重視状況対応・成果取得者重視状況対応
  1. 対立争い者重視状況対応
    対立争い者重視状況対応する。
  2. 勝利者重視状況対応
    勝者重視状況対応する。
  3. 成果取得者重視状況対応
    成果取得者重視状況対応する。
  4. 追従・迎合・感謝
    対立争い者、勝利者、成果取得者に追従する、迎合する、感謝する。
第2 対立争い者重視情報流し・勝利者重視情報流し・成果取得者重視情報流し
  1. 対立争い者重視情報流し・勝利者重視情報流し・成果取得者重視情報流し
    1. ① 対立争い者重視情報流し・勝利者重視情報流し・成果取得者重視情報流し
       対立争い者重視情報流し、勝利者重視情報流し、成果取得者重視情報流しする(敬語)。
    2. ② 勝者重視情報流し…価格対立争い勝利→安かったでしょう
      勝者重視情報流しする(価格対立争い勝利→安かったでしょう)。
第3 対立争い者重視動作・勝利者重視動作・成果取得者重視動作
対立争い者重視動作、勝利者重視動作、成果取得者重視動作する(跪く)。

軽視状況対応・軽視情報流し・軽視動作

第1 不対立争い者軽視状況対応・敗退者軽視状況対応・不成果取得者軽視状況対応
  1. 不対立争い者軽視状況対応
    不対立争い者軽視状況対応する。
  2. 敗退者軽視状況対応
    1. ① 敗退者軽視状況対応
      敗退者軽視状況対応する。
    2. ② 倒産者軽視状況対応
      倒産者軽視状況対応する。
  3. 不成果取得者軽視状況対応
    不成果取得者軽視状況対応する。
第2 不対立争い者軽視情報流し・敗者軽視情報流し・不成果取得者軽視情報流し
不対立争い者軽視情報流し、敗者軽視情報流し、不成果取得者軽視情報流しする。
第3 不対立争い者軽視動作・敗者軽視動作・不成果取得者軽視動作
不対立争い者軽視視動作、敗者軽視動作、不成果取得者軽視動作する。(跪く)。

関係設定

第1 対立争いに勝利し成果取得者と関係設定
  1. 対立争いに勝利し成果取得者と関係設定
    対立争いに勝利し成果取得者と関係設定する。
  2. 対立争い者と関係設定
    対立争い者と関係設定する(殴り合わなきゃ付き合いが設定されない)。
  3. 勝利者と関係設定
    勝者と関係設定する。
  4. 成果取得者と関係設定
    成果取得者と関係設定する。
  5. 最先端役務者と関係設定
    最先端役務者と関係設定する(最先端生産役務に理解協力が強い)。
  6. ベンチャー生産役務者と関係設定
    1. ① ベンチャー生産役務者と関係設定
      ベンチャー生産役務者と関係設定する。
    2. ② ベンチャー生産役務集団には危険にもかかわらず盛んな投資がある
      ベンチャー生産役務集団には危険にもかかわらず盛んな投資がある。

18節18 対立争い重視
(宗教状況対応型)

第1 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
  1. 対立争いに勝利し成果取得を重視←本来状況対応
    本来状況対応だから対立争いに勝利し成果取得を重視する。
  2. 生産役務集団設定者重視
    生産役務集団設定者を重視する(創業者重視)。

対立争い重視・不対立争い軽視

第1 対立争い重視
  1. 対立争い重視
    対立争いを重視する。
  2. 対立争いが進歩を生む・対立争いが健全保持
    1. ① 対立争いが進歩を生む・対立争いが健全保持
      対立争いが進歩を生むとも考える(弁証法、政党対立)。対立争いが健全さを保つとも考える。
    2. ② 会社の株主総会・監査制度
      会社の株主総会・取締役会・監査制度がある。

係設定

第1 対立争いに勝利し成果取得者と関係設定
  1. 対立争いに勝利し成果取得者と関係設定
    対立争いに勝利し成果取得者と関係設定する。
  2. 対立争い者と関係設定
    対立争い者と関係設定する(殴り合わなきゃ付き合いが設定されない)。
  3. 勝利者と関係設定
    勝者と関係設定する。
  4. 成果取得者と関係設定
    成果取得者と関係設定する。
  5. 最先端役務者と関係設定
    最先端役務者と関係設定する(最先端生産役務に理解協力が強い)。
  6. ベンチャー生産役務者と関係設定
    1. ① ベンチャー生産役務者と関係設定
      ベンチャー生産役務者と関係設定する。
    2. ② ベンチャー生産役務集団には危険にもかかわらず盛んな投資がある
      ベンチャー生産役務集団には危険にもかかわらず盛んな投資がある。

18節19 対立争い状況対応…集団状況対応型

第1 対立争いに勝利して成果取得×←非本来状況対応
  1. 対立争いに勝利して成果取得×←非本来状況対
    非本来状況対応だから対立争いに勝利して成果取得しない。
  2. 対立争わない
    対立争わない。
第2 対立争いに勝利して成果取得めざす×
対立争いに勝利して成果取得めざない(ベンチャー企業が少ない、チャンスを逃さぬ×)。
第3 対立争いに勝利して対立争う×…人範囲
  1. 誰とでも対立争う×…人範囲
    誰とでも対立争わない。
  2. 取引相手と対立争う×
    取引相手と対立争わない。
  3. 同生産役務者同士で対立争う×
    同生産役務者同士で対立争わない。
第4 対立争いに勝利して対立争う…対象範囲
  1. 何でも対立争う×…対象範囲
    何でも対立争わない。

対立争い重視×

第1 対立争いに勝利して成果取得重視×
  1. 対立争いに勝利して成果取得重視×
    対立争いに勝利して成果取得を重視しない。
  2. 対立争い状況対応のある取引業が軽視されることがある
    対立争い状況対応の要素がある取引業(商業・流通業)が軽視されることがある。

対立争いを正しいとする×

第1 対立争いを正しいとする×
  1. 対立争いを正しいとする×
    対立争いを正しいとしない。

対立争い対応方法・対立争い応手法

第1 対立争い対応方法…短期即応×
  1. 短期即応
    短期即応の対立争い対応方法ではない。
  2. 高齢・成果取得で引退×←負担×・犠牲×
    対立争い状況対応の犠牲・負担はない。高齢でも状況対応する(生産役務する)。成果取得しても状況対応する(財産獲得して預貯金があっても働く)。

対立争い状況対応(例外)

第1 対立争い状況対応…例外
  1. 対立争い状況対応…例外
    例外的に対立争い状況対応することもある。
  2. 対立争いの範囲
    1. ① 対立争いを限る
      対立争いを限る。
    2. ② 限った間だけ対立争う…時間範囲
      対立争いを永続しない。限った間だけ対立争う。
    3. ③ 限った者だけが対立争う…人範囲
      誰もが対立争わない。限った者だけが争う。
    4. ④ 限った相手だけと対立争う…人範囲
      誰とでも対立争わない。限った相手だけと争う。
    5. ⑤ 限ったことだけ対立争う…対象範囲→集団同士の対立争い
      1. a 限ったことだけ対立争う…対象範囲→集団同士の対立争い
        何でも対立争わない。限ったことだけ対立争う。
      2. b 集団同士の対立争い
        集団同士の対立争いをするときである。集団取り込みさせないときである。
第2 対立争いに勝利して成果取得は隠す(非公然)・間接対立争い←非本来状況対応
  1. 対立争い隠す(非公然)←非本来状況対応
    1. ① 対立争い隠す(非公然)←非本来状況対応
      非本来状況対応だから対立争いを隠す(非公然、潜在化、いやがらせ)。
    2. ② 対立争い←対立争い隠せない
      対立争いが隠せないと対立争う(ひっこみがつかない)。
  2. 2 間接対立争い←直接対立争い×←対立争い隠す(非公然)
    1. ① 対立争い隠す(非公然)←非本来状況対応
      対立争いを隠す(非公然)からる直接対立争いできない(直接的な論争をしない、一対一の論争をしない、相手のいないところで相手を批判する、個人攻撃をしない、注意も相手を特定せず全員にする)。
    2. ② 間接対立争い←直接対立争い×
      間接対立争いとなる(他人を利用・扇動して対立争わせる)。

対立争いやめる

第1 対立争いやめる
  1. 対立争いやめる←対立争い終わる
    対立争いが終われば対立争いをやめる(何度も対立争わない)。
  2. 対立争いやめる←対立争い発生
    例外的に発生した対立争いはやめる(仲直りする、水に流す、しこりを残さない、融合)。
  3. 対立争いを調整←対立争いやめる
    対立争いを調整する(大岡裁きの三方一両損)。当事者は応じる。
  4. 死んだら対立争わない
    少なくとも相手が死んだらやめる。
  5. 対立争いを忘れる
    対立争いを忘れる(根に持たない、何事もなかったよう、恨みを持ち続けない)。
  6. 集団状況対応関係に回復
    集団状況対応関係に回復する。
  7. 対立争いから離脱
    対立争いから離脱する。
第2 対立争いやめる方法習得考案
  1. 対立争いやめる方法習得考案
    対立争いをやめる方法を習得考案する。
  2. 2 対立争いやめる状況対応合意…話合解決
    1. ① 対立争いやめる状況対応合意…話合解決
       対立争いをやめる状況対応合意(情報交換+合意)する(話合解決、示談、和解、円満解決、腹を割って話せばわかる、話合解決を拒否すると誠意がないといわれる)。
    2. ② 双方譲歩(相手の状況対応優先)
      双方が譲歩(相手の状況対応優先)して合意する(おとしどころ、五分五分などの割合解決、痛み分け、折り合い、双方の顔をたてる、曖昧解決、譲歩が要求される、互譲の精神)。
    3. ③ 第三者介在で状況対応合意…調停
      第三者を介在させて状況対応合意する(調停、感情的になりにくい、興奮していると冷却期間を置く)。
  3. 対立争いやめる隠す(非公然)・間接対立争いやめる状況対応合意←対立争い隠す(非公然)
    対立争いを隠す(非公然)から、対立争いやめることも隠す(非公然)。直接的な対立争い状況対応やめる合意も公然化しやすいからしない。間接の対立争い状況対応やめる合意となる。国家の裁判より集団内でやめる。間接解決となる。
  4. 集団状況対応関係回復の状況対応合意
    集団状況対応関係回復合意をする。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

1節 民族状況対応の発生

次へ

13節 対立争い状況対応…個人状況対応型・宗教状況対応型(2)

Page Top