「歴史の流れ」民族の力と型

30節 状況対応型同士

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

30節 状況対応型同士
(国民同士)

第1 集団状況対応型と個人対立争い型
  1. 個人対立争い型…集団状況対応型を対立争いの標的
    1. 個人対立争い型…集団状況対応型を対立争いの標的
      個人対立争い型は、対立争い状況対応しない集団状況対応型を対立争い標的にする。
    2. 日本生産役務者を取り込む…乗っ取り
      日本生産役務者を取り込む。
    3. 中国人従業員
      給料遅延ですぐ裁判する(中国は給料遅延は当たり前→裁判などしない)。
    4. 日本人従業員
      中国進出日本生産役務集団従業員の大半(9割)は1週間もたない。
    5. 中国進出日本生産役務集団の撤退
      中国進出日本生産役務集団は大半(9割)が撤退する。
    6. 例外…国家同士生産役務者
      国家同士生産役務者は対立争いに慣れている(日本自動車会社・電機会社)。
  2. 個人対立争い型…集団状況対応型を強者支配の標的
    個人対立争い型は、対立争い状況対応しない集団状況対応型を強者支配の標的にする。
  3. 集団状況対応型…対立争い状況対応する必要
    集団状況対応型は個人対立争い型に、対立争い状況対応する必要がある(第2次大戦前の日本人はできた→事実に反する状況対応〈だまし〉で状況対応合意→李氏朝鮮で日本人書生が医師・薬商と薬品売り旅費調達)。
  4. 集団状況対応型…関係設定しない方がよい
    関係設定しない方がよい(尖閣諸島で日中関係悪化→日本技術者は中国に行かない→戦争状況対応〈軍事〉技術取り込まれないですむ)。
第2 集団状況対応型と宗教状況対応型
  1. 宗教状況対応型…集団状況対応型を対立争いの標的
    1. 宗教状況対応型…集団状況対応型を対立争いの標的
      個人対立争い型は、対立争い状況対応しない集団状況対応型を対立争い標的にする。
    2. 日本生産役務者を取り込む…敵対的買収
      日本生産役務者を取り込む(敵対的買収)。
    3. 例外…国家同士生産役務者
      国家同士生産役務者は対立争いに慣れている(日本自動車会社・電機会社)。
  2. 宗教状況対応型…集団状況対応型を強者支配の標的
    宗教状況対応型は、対立争い状況対応しない集団状況対応型を強者支配の標的にする。
  3. かみ合わない…対立争う・対立争わない
    1. 対立争う・対立争わない
      対立争う、対立争わないとかみ合わない。
第2 個人対立争い型と宗教状況対応型
  1. 対立争う
    対立争う。
  2. 宗教状況対応型…個人対立争い型の個人状況対応無制御に耐えきれない
    宗教状況対応型は、個人対立争い型の個人状況対応無制御、対立争い状況対応無制御、状況対応基準不遵守に耐えきれない(アメリカ生産役務者3割は中国から撤退検討)。
  3. 関係設定しないほうがよい…撤退
    関係設定しない。生産役務者が撤退する(米ゼネラルモータース・穀物会社ADM撤退)。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

29節 自国制御状況対応

次へ

1節 総論 

Page Top