「歴史の流れ」民族の力と型

12節 強国優先

このページ内の目次

12節 強国優先
(国家同士)

第1 強国優先…強国と弱国
  1. 強国が自国の生産役務状況対応優先
    強国が自国の生産役務状況対応を優先する。
  2. 強国優先をめざす
    1. 強国優先をめざす
      強国優先をめざす。
    2. 対立争い状況対応力養成(強国化)し強国優先めざす
      対立争い状況対応力養成(強国化)し強国優先めざす。
  3. 強国優先が当然とする…力の論理
    強国優先が当然とする(力の論理)。

強国が自国の生産役務状況対応優先

第1 強国が自国の生産役務状況対応優先
  1. 強国が自国の生産役務状況対応を優先する
    強国が自国の生産役務状況対応を優先する。
第2 強国が自国の生産役務状況対応する
強国が自国の生産役務状況対応する。
第3 強国が弱国の生産役務状況対応させない
  1. 強国が弱国の生産役務状況対応させない
    強国が弱国の生産役務状況対応をさせない。
  2. 強国の障害となる弱国の生産役務状況対応させない
    1. 強国の障害となる弱国の生産役務状況対応させない
      強国の障害となる弱国の生産役務状況対応させない(自国生産役務状況対応と競合)。
    2. イギリス…弱国の工業させない→工業化した国を潰す
      世界の工場になったイギリスが弱国の工業させない(工業化した国を潰す)。
第4 強国が自国の生産役務状況対応を弱国にさせる
  1. 強国が自国の生産役務状況対応を弱国にさせる
    1. 強国が自国の生産役務状況対応を弱国にさせる
      強国が自国の生産役務状況対応を弱国にさせる。
    2. アメリカ…弱国に国家同士生産役務状況対応させる
      アメリカが各国に国家同士生産役務状況対応させる。
  2. 強国が自国の生産役務制度を弱国にさせる…金融制度
    自国の生産役務制度させる(金融制度、グローバルスタンダード、ボーダーレス)。
  3. イギリスの中国進出…アヘン国家同士流通業(貿易)・アヘン中国栽培
    1. イギリスの中国進出
      イギリスの中国進出がある。
    2. アヘン国家同士流通業(貿易)させる・アヘン中国栽培する←アヘン戦争
      アヘン戦争で清にアヘン貿易(正常でない取引)させる、中国でアヘン栽培する。
第5 強国が弱国の生産役務状況対応しない
強国が弱国の生産役務状況対応しない。
第6 弱国は自国の生産役務状況対応しない
弱国は自国の生産役務状況対応しない。

強国が自国の対立争い状況対応優先

第1 強国が自国の対立争い状況対応優先…取込・傷つける・存続させない
  1. 強国が弱国から取り込む
    強国が弱国から取り込む。

強国が自国の成果取得優先

第1 強国が自国の成果取得優先…同一成果を取り合う
  1. 強国が自国の成果取得優先…同一成果を取り合う
    同一成果を取り合うで強国が自国の成果取得を優先する。
  2. 強国が成果取得
    強国が成果取得する。
  3. 弱国は成果取得できない
    弱国は成果取得しない(弱国は何も獲得できない)。

状況対応管理

第1 状況対応管理
強国が弱者の状況対応管理(監視・制裁)する。

強国優先させる・強国優先させない

第1 強国優先させる・強国優先させない・強国優先させないことをさせない
  1. 強国優先させる・強国優先させない・強国優先させないことをさせない
    強国優先させる、強国優先させない、強国優先させないことをさせない。
第2 強国優先させないことをさせない対応方法習得考案
  1. 強国優先させないことをさせない対応方法習得考案
    強国優先させないことをさせない対応方法習得考案する。
  2. 間接強国優先
    間接強国優先する。
  3. 強国優先担当者で間接強国優先
    強国優先担当者で間接強国優先する。

12節2 強国優先
(国民同士)

第1 強国生産役務者と弱国民従業員…強国生産役務集団内
  1. 強国生産役務者優先
    1. 強国生産役務者が自己の生産役務状況対応を弱国従業員にさせる
      強国生産役務者が自己の生産役務状況対応を弱国従業員にさせる。
    2. 韓国生産役務者
      韓国生産役務者が自己の生産役務状況対応を弱国従業員にさせる(韓国漁船→他国船員が反乱)。
第2 強国生産役務者と弱国生産役務者
  1. 強国生産役務者が自己の生産役務状況対応を弱国生産役務者にさせる
    強国強生産役務者が自己の生産役務状況対応を弱国生産役務者にさせる。
  2. 強国自動車生産役務集団
    強国生産役務者が自己の生産役務状況対応を弱国生産役務者にさせる。

12節3 資金強国優先
(国民同士)

第1 資金強国業者優先…個人対立争い型・宗教状況対応型
  1. 資金強国強国が優先…本来状況対応
    本来状況対応だから資金強国業者が優先する。
第3 資金強国業者優先…国家同士金融資本支配
  1. 資金強国業者が自己の生産役務状況対応を他国生産役務者にさせる
    資金強国業者が自己の生産役務状況対応を他国生産役務者にさせる(国家同士金融資本支配、金融機関)。

トップに戻る

関連記事

前へ

9節 対立争い状況対応…種類(状況対応合意で対立争う・資金業者・スパイ)

次へ

13節 強国支配(多国間・2国間)

Page Top