「歴史の流れ」民族の力と型

38節 状況対応制御と生産役務状況対応力養成 

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

38節 状況対応制御と生産役務状況対応力養成

第1 集団状況対応型
  1. 状況対応制御×→生産役務状況対応力養成できる
    状況対応が制御が制御されないから生産役務状況対応力を養成できる。
第2 個人対立争い型
  1. 対立争い状況対応→生産役務状況対応制御
    1. 対立争い状況対応→生産役務状況対応制御
      自己の生産役務状況対応優先のため対立争うから敗者が生産役務状況対応できない。生産役務状況対応が制御される。
    2. 新生産役務知識取り込みすぐ多数同生産役務者と競合
      新生産役務知識取り込みすぐ多数同生産役務者と競合する。
  2. 強者支配→生産役務状況対応制御
    強者支配から国民が生産役務状況対応できない(国家長が国民の生産役務状況対応を強者支配)。強者支配から国民は成果取得できない(国家長・官僚が成果取得)。生産役務状況対応が制御される。
  3. 情報強者支配→生産役務状況対応制御
    情報強者支配で生産役務状況対応が制御される。
  4. 自己重視→状況対応制御
    自己重視(他人軽視)は他人の状況対応を取り入れない。状況対応が制御される。
  5. 戦争→生産役務状況対応制御
    1. 戦争→生産役務状況対応制御
      戦争は生産役務状況対応ができにくい。状況対応が制御される。
    2. 工場・店舗破壊・戦時統制経済で財産没収
      工場・店舗破壊、戦時統制経済で財産没収で生産役務状況対応が制御される。
  6. 状況対応制御強→生産役務状況対応力養成できにくい
    状況対応制御が強い。生産役務状況対応力を養成できにくい。
  7. 対立争い状況対応×・強者支配×・情報強者支配×→生産役務状況対応力養成できる
    対立争い状況対応させない、強者支配させない、情報強者支配させないと生産役務状況対応力を養成できる。
第3 宗教状況対応型
  1. 対立争い状況対応→生産役務状況対応制御
    自己の生産役務状況対応優先のため対立争うから生産役務状況対応できにくい。生産役務状況対応が制御される。
  2. 強者支配→生産役務状況対応制御
    強者支配から国民が生産役務状況対応できない(国家長が国民の生産役務状況対応を強者支配)。強者支配から国民は成果取得できない(国家長・官僚が成果取得)。生産役務状況対応が制御される。
  3. 情報強者支配→生産役務状況対応制御
    情報強者支配で生産役務状況対応が制御される。
  4. 自己重視→状況対応制御
    自己重視(他人軽視)は他人の状況対応を取り入れない。状況対応が制御される。
  5. 戦争→生産役務状況対応制御
    1. 戦争→生産役務状況対応制御
      戦争は生産役務状況対応ができにくい。状況対応が制御される。
    2. 工場・店舗破壊・戦時統制経済で財産没収
      工場・店舗破壊、戦時統制経済で財産没収で生産役務状況対応が制御される。
  6. 宗教状況対応→生産役務状況対応制御
    宗教状況対応(神決定状況対応型、自然作動状況受入型、神操作状況受入型、混合型)が生産役務状況対応を制御する。
  7. 状況対応制御強→生産役務状況対応力養成できにくい
    状況対応制御が強い。生産役務状況対応力を養成できにくい。
  8. 対立争い状況対応×・強者支配×・情報強者支配×→生産役務状況対応力養成できる
    対立争い状況対応させない、強者支配させない、情報強者支配させないと生産役務状況対応力を養成できる。
  9. 戦争→生産役務状況対応制御
    戦争で生産役務状況対応が制御される。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

37節 自己制御状況対応 

次へ

39節 生産役務集団同士 

Page Top