「歴史の流れ」民族の力と型

33節 本来状況対応優先(1)

このページ内の目次

33節 本来状況対応優先…集団状況対応型

第1 集団状況対応型…集団状況対応が優先
  1. 集団状況対応が優先
    集団状況対応が優先する(会社のため働く)。
第2 集団状況対応が個人状況対応より優先
  1. 集団状況対応が個人状況対応より優先
    1. 集団状況対応が個人状況対応より優先
      集団状況対応が個人状況対応より優先する
    2. 会社のために働く・会社に肉体人格の大半を捧げる
      会社のために働く、会社に肉体人格の大半を捧げる。
    3. 従業員が献身的生産役務…日本自動車メーカー工場従業員の献身生産役務で高品質維持
      従業員が献身的に生産役務する(日本の自動車メーカーで工場従業員の献身生産役務で高品質が維持)。
  2. 残業
    帰宅せず残業する。
  3. 発明・研修成果提供・提案
    自己の発明情報(特許・ノウハウ)を提供する。生産役務集団に提案活動する。
  4. 転勤・単身赴任
    転勤や単身赴任もいとはない。
第3 集団状況対応に反する個人状況対応×
  1. 集団状況対応に反する個人状況対応×
    集団状況対応に反する個人状況対応はしない。
  2. ストライキ×
    従業員はストライキをしない。
第4 集団状況対応のため個人状況対応
  1. 集団状況対応のため個人状況対応
    集団状況対応のため個人状況対応する
  2. 東京電力原発事故でじじい決死隊設定
    東京電力原発事故でじじい決死隊設定。
第5 集団状況対応存続のため個人状況対応
  1. 集団状況対応存続のため個人状況対応
    集団状況対応存続のため個人状況対応する。
  2. 会社危機でOBは年金減額に応じる
    会社危機でOBは年金減額に応じる。

33節2 本来状況対応優先…個人対立争い型

個人状況対応優先

第1 個人対立争い型…個人状況対応が優先
  1. 個人状況対応が優先
    個人状況対応が優先する。
  2. 働くのは自己のためである
    働くのは自己のためである。
  3. 個人状況対応優先度…中国>朝鮮韓国←個人対立争い型の程度
    1. 個人状況対応優先度…中国>朝鮮韓国←個人対立争い型の程度
      個人対立争い型の程度は中国が朝鮮韓国より強い。個人状況対応の優先度も中国が朝鮮韓国より強い。
    2. 食事の優先度は中国が朝鮮韓国より強い
      食事の優先度は中国が朝鮮韓国より強い。

個人状況対応が集団状況対応より優先

第1 個人状況対応が集団状況対応より優先
  1. 個人状況対応が集団状況対応より優先…会社にに命をかけない
    個人状況対応が集団状況対応より優先する(会社にに命をかけない)。
第2 長
 個人状況対応が集団状況対応より優先する。
第3 従業員
  1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
    1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
      個人状況対応が生産役務集団状況対応より優先する。
    2. 会社のため働くのではない
      会社のため働くのではない。
    3. 子供病気で会社休む…子供が病気なのに会社に出るなんて
      子供病気で会社休む(子供が病気なのに会社に出るなんて)。
    4. スポーツ観戦のため休む→仮病使う・偽診断書
      スポーツ観戦のため休む(仮病使う・偽診断書)。
    5. 客を追い出し昼休み時間を長く取る
      客を追い出し昼休み時間を長く取る。
  2. 残業×
    1. 残業×
      残業しない。
    2. 5時になるとすぐ帰る
      5時になるとすぐ帰る。
    3. 他従業員が残業していても帰る
      他従業員が残業していても帰る。
    4. サービス残業は信じられない
      サービス残業は信じられない。
  3. 自己の用事優先
    1. 自己の用事優先
      会社より自己の用事を優先する。
    2. 就業前に退社…混雑する門
      終業前に退社する。門が混雑する。
  4. 食事優先
    1. 食事優先
      食事を優先する。
    2. 平気で食事→繁忙時・緊急時でも
      平気で食事する(繁忙時・緊急時でも)。
    3. ラインで食事
      ラインで食事する。
    4. 食べながら仕事…引き出しにおやつ
      食べながら仕事する(引き出しにおやつ)。
    5. 客を待たせでも食べる
      客を待たせでも食べる。
    6. 食べながら接客
      食べながら接客する。
    7. 店頭で食事
      店頭で食事する。
    8. 清掃員がトイレで食事
      清掃員がトイレで食事する。
  5. 遊び優先
    1. 遊び優先
      遊びを優先する。
    2. おしゃべり・新聞読む・本を読む
      会社でおしゃべり、新聞読む、本を読む。
    3. 仕事場で賭博
      仕事場で賭博する。
    4. 好きな音楽を聞きながら運転…大音量
      好きな音楽を聞きながら運転する(大音量)。
  6. 睡眠優先
    1. 睡眠優先
      睡眠を優先する。
    2. 飛行機乗務員が仕事中熟睡
      飛行機乗務員が仕事中熟睡する。
    3. 家政婦・スチュワーデスが熟睡
      家政婦・スチュワーデスが熟睡する。
  7. 買い物優先…仕事中買い物
    買い物を優先する(仕事中買い物)。
  8. その他私用優先…仕事中もプライバシーが許される
    1. その他私用優先…仕事中もプライバシーが許される
      そのほか私用を優先する。仕事中もプライバシーが許される。
    2. 仕事中電話
      仕事中電話する。
    3. 友人と会う
      友人と会う。
    4. 同僚と雑談
      同僚と雑談する。
  9. 休暇優先
    1. 休暇優先
      休暇を優先する。
    2. 無断欠勤・外出・休暇延長
      無断欠勤、外出、休暇延長する。
    3. 平気で休む…繁忙時・緊急時でも
      平気で休む(繁忙時・緊急時でも)。
    4. 取引より家族の結婚式・葬式
      取引より家族の結婚式・葬式とする。
  10. 副業
    1. 副業
      副業・アルバイト(兼職)する。
    2. 競争相会社の副業…他社製品販売
      競争相会社の副業をする(他社製品販売)。
  11. 自己の収入優先(リベート)優先
    生産役務集団の売上げより自己の収入(リベート)を優先する。
  12. 顧客を会社提供
    自己が得た顧客を会社に提供しない。
  13. 発明・研修成果提供×
    1. 発明
      自己の発明情報(特許・ノウハウ)を簡単に提供しない。
    2. 研修成果提供×
      他国研修でえた技術・ノウハウを提供しない。
  14. 転勤×・職種変更×
    転勤や職種変更には応じない。
第4 個人状況対応のため集団状況対応
個人状況対応のため集団状況対応する。
第5 個人状況対応のため反集団状況対応…長
  1. 生産役務集団に損害…背任・横領
    個人状況対応のため集団状況対応する(私運用、背任)。
第6 個人状況対応のため反集団状況対応…従業員
  1. 妨害
    1. 妨害
      生産役務集団の状況対応を妨害する。
    2. 会社に恨みの従業員が製造食品に毒入れる…毒餃子事件・共産中国
      会社に恨みの従業員が製造食品に毒入れる(毒餃子事件・共産中国)。
  2. 生産役務集団に損害(背任・横領)
    1. 生産役務集団に損害(背任・横領)
      個人生産役務状況対応のため集団状況対応する(私運用、背任)。
    2. 地位を利用して営業
      1. 地位を利用して営業
        地位を利用して営業する。
      2. 共産中国…会社員も大半が別の仕事もつ→取引先に同じ商品生産させ報酬取得
        共産中国では会社員も大半が別の仕事もつ。取引先に同じ商品生産させ報酬取得する。
    3. 生産役務集団取引を個人取引にする
      1. 生産役務集団取引を個人取引にする
        生産役務集団取引を個人取引にする。
      2. 値引で勧誘…タクシーのエントツ
        値引で勧誘する(タクシーのエントツ)。
      3. 生産役務集団特権を私利用…非課税品購入→転売利益
        生産役務集団特権を私利用する(非課税品購入→転売利益)。
      4. 取引先・客と個人的に接触
        取引先・客と個人的に接触する。
  3. 生産役務集団に損害
    1. 生産役務集団に損害
      生産役務集団に損害を与える。
    2. 遡及契約で保険金支払
      遡及契約で保険金支払する。
  4. 出資生産役務集団に商品販売×
    1. 出資生産役務集団に商品販売×
      出資生産役務集団に商品を供給しない。
    2. 高価格購入するものがいればそちらに販売
      高価格購入するものがいればそちらに販売する。
  5. 対立生産役務集団に移籍
    1. 対立生産役務集団に移籍
      対立生産役務集団に移籍する(同僚も勧誘)。
    2. 別生産役務集団設定…従業員を引き抜き生産役務集団を倒産させる
      別生産役務集団を設定して従業員を引き抜き生産役務集団を倒産させる(実質乗っ取り)。
    3. 生産役務集団の機密をもとに独立し顧客を奪う
      生産役務集団の機密をもとに独立し顧客を奪う。
  6. 生産役務集団情報守らない…外部に漏らす
    生産役務集団情報も平気で外部に漏らす。

対立争い状況対応優先

第1 対立争い状況対応が優先
  1. 対立争い状況対応が優先
    対立争い状況対応が優先する。

対立争い状況対応が集団状況対応より優先

第1 対立争い状況対応が集団状況対応より優先
 対立争い状況対応が集団状況対応より優先する。
第2 集団状況対応関係設定すると集団対内対立争い状況対応
集団状況対応関係設定すると(集団設定)、集団対内対立争い状況対応がおきる。
第3 集団対内対立争い状況対応が集団対外対立争い状況対応より優先
  1. 集団対立争い状況対応が集団対外対立争い状況対応より優先
    集団対内対立争い状況対応が集団対外対立争い状況対応より優先する。
  2. 集団対外対立争い状況対応中に集団対内対立争い状況対応
    集団対外対立争い状況対応中に集団対内対立争い状況対応がおきる。
  3. 集団対外対立争い状況対応終了→集団対内対立争い状況対応
    集団対外対立争い状況対応が終了すれば、集団対内対立争い状況対応がおきる。

対立争い状況対応が宗教状況対応より優先

第1 対立争い状況対応が宗教状況対応より優先
 対立争い状況対応が宗教状況対応より優先する。

対立争い状況対応が提携状況対応より優先

第1 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
  1. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
    対立争い状況対応が提携状況対応より優先する。提携者と対立争う。
  2. 提携相手と対立争う…裏切り・寝返る
    提携相手とも対立争う。裏切る(食言)。
  3. 提携状況対応と対立争いは別のこととする
    提携状況対応と対立争い状況対応は別のこととする。

対立争い状況対応が状況対応分担より優先

第1 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
  1. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
    対立争い状況対応が状況対応分担より優先する。状況対応分担者と対立争い状況対応する。
  2. 状況対応分担者と対立争う…裏切り・寝返り
    状況対応分担者と対立争う(恩人も裏切る→恩を仇で返す、支援者を裏切る)。
  3. 状況対応分担と対立争いは別のこととする
    状況対応分担と対立争いは別のこととする。

対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先

第1 対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先
  1. 対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先
    1. 対立争い状況対応が強者支配させない・強者支配終了より優先
      対立争い状況対応が強者支配させない(抵抗)、強者支配終了(自由民主化)より優先する。
    2. 対立争い集合状況対応・対立争い提携状況対応・対立争い集団状況対応
      強者支配させないため(7章)、強者支配終了させるため(3章)、対立争い集合状況対応、対立争い提携状況対応集団状況対応する。
  2. 対立争い集合者・対立争い提携者・対立争い集団長構成員と対立争う…仲間割れ
    対立争い集合者、対立争い提携者と対立争い状況対応する(仲間割れ)。
  3. 対立争い集合状況対応・提携状況対応・対立争い集団状況対応と対立争いは別のこととする
    対立争い集合状況対応、対立争い提携状況対応、対立争い集団状況対応と対立争いは別のこととする。

娯楽状況対応が集団状況対応より優先

第1 娯楽状況対応が集団状況対応より優先
 娯楽状況対応が集団状況対応より優先する。

33節3 本来状況対応優先…宗教状況対応型

宗教状況対応が優先

第1 宗教状況対応が優先
  1. 宗教状況対応が優先
    宗教状況対応が優先する。

宗教状況対応が集団状況対応より優先

第1 宗教状況対応が集団状況対応より優先
  1. 宗教状況対応が集団状況対応より優先
    宗教状況対応が集団状況対応より優先する。

宗教状況対応が個人状況対応より優先

第1 宗教状況対応が個人状況対応より優先
  1. 宗教状況対応が個人状況対応より優先
    1. 宗教状況対応が個人状況対応より優先
      宗教状況対応が個人状況対応より優先する。
    2. 布教のため世界中どこでも行く
      布教のため世界中どこでも行く。
  2. 個人状況対応か宗教状況対応かで悩まない(精神面)
    個人状況対応か宗教状況対応かで悩まない。

宗教状況対応が対立争い状況対応より優先
(上決定状況対応型・神操作状況受入型〈キリスト教〉)

第1 宗教状況対応が対立争い状況対応より優先
  1. 神がしないと決定した対立争い状況対応はしない
    神がしないと決定した対立争い状況対応はしない。

個人状況対応が優先

第1 個人対立争い型…個人状況対応が優先
  1. 個人状況対応が優先
    個人状況対応が優先する。
  2. 働くのは自己のためである
    働くのは自己のためである(会社のため働くのではない)。

個人状況対応が集団状況対応より優先

第1 個人状況対応が集団状況対応より優先
  1. 個人状況対応が集団状況対応より優先
    個人状況対応が集団状況対応より優先することがある。
第2 長
 個人状況対応が集団状況対応より優先することがある。
第3 従業員
  1. 個人状況対応が生産役務集団状況対応より優先
    人個人状況対応が生産役務集団状況対応より優先することがある。
  2. 残業×
    従業員は生産役務集団より自己の用事を優先する。残業しない。
  3. 技術・ノウハウ提供×
    自己の発明情報(特許・ノウハウ)を簡単に提供しない。他国研修でえた技術・ノウハウを提供しない。
  4. 転勤×・職種変更×
    転勤や職種変更には応じない。
第4 個人状況対応のため集団状況対応
個人状況対応のため集団状況対応する。
第5 個人状況対応のため反集団状況対応…長
  1. 生産役務集団に損害…背任・横領
    個人状況対応のため集団状況対応することがある(私運用、背任)。
  2. 対立生産役務集団に移籍
    個人状況対応のため反集団対応する(ライバル生産役務集団に移籍、ライバル会社設定)。
第6 個人状況対応のため反集団状況対応…従業員
  1. 生産役務集団に損害…背任・横領
    個人状況対応のため反集団状況対応することがある(私運用、背任)。
  2. ストライキ…赤字でも賃上げ要求
    ストライキをする(赤字でも賃上げ要求)。
  3. 情報漏洩
    1. 情報漏洩
      生産役務集団情報も平気で外部に漏らす。
    2. 長…重要な生産役務集団情報は社内でも秘密
      経営者は重要な生産役務集団情報は社内でも秘密にせざるをえない。

対立争い状況対応が優先

第1 対立争い状況対応が優先
  1. 対立争い状況対応が優先
    対立争い状況対応が優先する。

対立争い状況対応が集団状況対応より優先

第1 対立争い状況対応が集団状況対応より優先
 対立争い状況対応が集団状況対応より優先する。

対立争い状況対応が提携状況対応より優先

第1 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
  1. 対立争い状況対応が提携状況対応より優先…提携者と対立争う
    対立争い状況対応が提携状況対応より優先する。提携者と対立争う。
  2. 提携状況対応と対立争いは別のこととする
    提携状況対応と対立争い状況対応は別のこととする。

対立争い状況対応が状況対応分担より優先

第1 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
  1. 対立争い状況対応が状況対応分担より優先…状況対応分担者と対立争う
    対立争い状況対応が状況対応分担より優先する。状況対応分担者と対立争い状況対応する。
  2. 状況対応分担と対立争いは別のこととする
    状況対応分担と対立争いは別のこととする。

33節4 本来成果取得優先…集団状況対応型

集団成果取得優先

第1 集団成果取得が優先
 集団成果取得が優先する。)。

集団成果取得が個人成果取得より優先

第1 集団成果取得が個人成果取得より優先
  1. 集団成果取得が個人成果取得より優先
    集団成果取得が個人成果取得より優先する(会社繁栄)。

集団成果取得のため状況対応

第1 集団成果取得のため状況対応
  1. 集団成果取得のため状況対応
    集団成果取得のため状況対応する。
  2. 長が取り込み…私物化・公私混同・社長は生産役務集団を私物と思っている
    長が取り込みする(私物化、公私混同、社長は生産役務集団を私物と思っている)。
  3. 集団成果取得のため個人状況対応
    1. 集団成果取得のため個人状況対応
      集団成果取得のため個人状況対応する。
    2. 集団にのためになるなら・役立つなら
      集団にのためになるなら、役立つならとする。
第2 集団成果取得のため個人成果取得しない
  1. 集団成果取得のため個人成果取得しない
    個人成果取得なしで集団成果取得する。
  2. 生産役務集団倒産危機のときは給料なしで生産役務
    生産役務集団倒産危機のときは給料なしで生産役務する。

個人成果取得のため状況対応×

第1 個人成果取得のため状況対応×
  1. 個人成果取得のため集団状況対応×
    個人成果取得のため集団状況対応しない。
  2. 個人成果取得のため対立争い状況対応×
    個人成果取得のため対立争い状況対応しない。

個人成果取得のため集団状況対応×

第1 個人成果取得のため集団状況対応×
  1. 個人成果取得のため集団設定×
    個人成果取得のため集団を設定・存続・終了(崩壊)しない。
  2. 個人成果取得のため集団状況対応×…公私区別・、公私混同×・無私
    個人成果取得のため集団状況対応しない(公私区別、公私混同×、無私)。
  3. 個人成果取得のため決定(権限行使)しない(私運用×)。
  4. 従業員
    個人成果取得のため集団状況対応することはない。

個人成果取得のため反集団状況対応×

第1 個人成果取得のため反集団状況対応×
 個人成果取得のため反集団状況対応しない。

十分な個人成果取得しても集団状況対応

第1 十分な個人成果取得しても集団状況対応
  1. 十分な個人成果取得しても集団状況対応
    十分な個人成果取得しても集団状況対応する。
  2. 十分な個人成果取得しても働く
    十分な個人成果取得しても働く。

33節5 本来成果取得優先…個人対立争い型

個人成果取得優先

第1 個人成果取得が優先
  1. 個人成果取得が優先…利害優先・功利主義
    1. 個人成果取得が優先…利害優先・功利主義
      個人成果取得が何よりも優先する(利害優先、功利主義)。
    2. 儲かることをする
      儲かることをする。
    3. 高利益の物を売る
      高利益の物を売る。
    4. 儲かるから個人生産役務状況対応から生産役務集団状況対応
      儲かるから個人生産役務状況対応から生産役務集団状況対応にする。
    5. 利益のとれる生産役務をする…人気番組は何度でも再放送
      利益のとれる生産役務をする(人気番組は何度でも再放送)。

個人成果取得が集団成果取得より優先

第1 個人成果取得が集団成果取得より優先
 個人成果取得が集団成果取得より優先する。)。

個人成果取得のため集団状況対応

第1 個人成果取得のため集団状況対応
  1. 個人成果取得のため集団状況対応
    個人成果取得のため集団状況対応する。
  2. 集団状況対応は個人成果取得ための範囲
    1. 集団状況対応は個人成果取得ための範囲
       \集団状況対応はあくまでも個人成果取得ための範囲内である。
    2. 個人成果取得の範囲しか集団状況対応しない
      1. 個人成果取得の範囲しか集団状況対応しない
        個人成果取得の範囲しか集団状況対応しない(報酬に見合う努力しかしない)。
      2. 給与固定
        給与を固定すると集団状況対応しない(働かなくても給与もらえる→公務員)。
第2 個人成果取得…集団取得成果分配
  1. 長…構成員に状況対応させ個人成果取得
    長は構成員に状況対応させ個人成果取得する(長は従業員を道具と考える、奴隷化)。
  2. 構成員…状況対応し長から成果取得
    構成員は状況対応し長から個人成果取得する(給与)。
  3. 4 成果分配対立争い←集団取得成果分配
    1. 成果分配対立争い←集団取得成果分配
      個人成果取得のため集団内で集団取得成果の分配の対立争いをする。
    2. 従業員…経営者にもうけさせて何がおもしろいんだよ
      従業員は経営者にもうけさせて何がおもしろいんだよとする。
第3 地位取り合う←個人成果取得
  1. 地位取り合う←個人成果取得
    個人成果取得のため地位を取り合う(3章地位取り合う)。
  2. 長地位取り合う
    多大な個人成果取得できる長となるため地位取り合う。
  3. 上位構成員地位取り合う
    より多く個人成果取得するためより上位構成員地位取り合う(地位昇進)。

個人成果取得のため反集団状況対応

第1 個人成果取得のため反集団状況対応
  1. 個人成果取得のため反集団状況対応
    1. 個人成果取得のため反集団状況対応
      個人成果取得のため反集団状況対応する。
    2. 背任…個人成果取得のため会社に損害
      背任する(個人成果取得のため会社に損害与える)。
  2. 従業員
    1. 従業員
      個人成果取得のため反集団状況対応する。
    2. 持株売却…持株制度×
      持株(安定株主対策)を株価が上がると売却する(持株制度×)。

個人成果取得のため集団設定・存続・終了させる

第1 個人成果取得のため集団設定・存続・終了
  1. 個人成果取得のため集団設定・存続・終了
    1. 個人成果取得のため集団設定・存続・終了
      個人成果取得(個人取得成果存続)のため集団を設定・存続・終了させる。
    2. 集団は利益の源泉
      集団は利益の源泉とする。
    3. 集団は適当に設定・終了させればよい
      集団は適当に設定・終了させればよいとする。
第2 集団解散←個人成果取得できない
 個人成果取得できなければ集団を解散させる。
第3 集団解散・集団売却←十分な個人成果取得
 十分な個人成果取得すると集団を解散させる。売却する。
第4 個人取得成果存続のため終了
  1. 個人取得成果存続のため終了
    個人取得成果存続のため集団を終了させる。
  2. 利益でなくなれば生産役務集団を倒産させる
    利益でなくなれば生産役務集団を倒産させる。
第5 個人取得成果存続のため売却
  1. 個人取得成果存続のため売却
    個人取得成果存続のため集団を売却する。
  2. 脱税し利益あげたら生産役務集団売却・生産役務集団倒産させ逃げる
    脱税し利益あげたら生産役務集団を売却するか倒産させて逃げる。

個人成果取得のため集団加入・地位取得・脱退する

第1 個人成果取得のため集団加入
  1. 加入
    1. 加入
      個人成果取得のため集団加入する。
    2. 会社は金儲けの道具・手段…集団状況対応を利用
      会社は金儲けの道具・手段である(集団状況対応を利用)。
  2. 地位取得
    個人成果取得のため集団地位を取得する。
  3. 脱退←個人成果取得できない
    1. 脱退←個人成果取得できない
      個人成果取得できなければ生産役務集団から脱退する。
    2. 給料が低い・自己の状況対応力を評価してくれないと脱退
      給料が低い、自己の状況対応力を評価してくれないと脱退する。
  4. 脱退←地位取得できない
    1. 脱退←地位取得できない
      地位取得できなければ生産役務集団から脱退する。
    2. 役職につけないとやめる
      役職につけないとやめる。
  5. 脱退←十分な個人成果取得
    1. 脱退←十分な個人成果取得
      十分な個人成果取得したら脱退する。
    2. 独立志向から独立資金蓄積のため就職しているにすぎない
      独立志向から独立資金蓄積のため就職しているにすぎない。
  6. 脱退←個人取得成果存続
    1. 脱退←個人取得成果存続
      個人取得成果存続のため集団を脱退する。
    2. 制裁されないため脱退
      1. 制裁されないため脱退
        制裁されないため脱退する。
      2. 個人成果取得(リベート)で制裁されないため
        個人成果取得(リベート)で制裁されないため脱退する。
  7. 定着×←脱退
    1. 定着×←脱退
      従業員は生産役務集団に定着しない。
    2. 共産中国…3年間の定着率4分の1
      共産中国では3年間の定着率4分の1である。
  8. 転職←脱退
    1. 転職←脱退
      すぐ転職する。
    2. 少しでも給料の高い生産役務集団にすぐ転職
      少しでも給料の高い生産役務集団にすぐ転職する(少しでもよい職場で高い給料をもらいたい)。
    3. 短期雇用・給料出来高制希望←転職
      転職するから短期雇用、給料出来高制希望する。
  9. 脱退手続しない
    1. 脱退手続しない
      退職手続すらしない。
    2. 辞職願い×
      辞職願いださない。
    3. 退職宣言
      退職宣言だけになる。
    4. 出社しなくなり私物郵送依頼
      出社しなくなり私物郵送依頼する。
  10. 長期雇用×・正社員×←脱退多い
    脱退が多いから長期雇用はない(短期雇用、退職金×)。

十分な個人成果取得すると集団状況対応しない

第1 十分な個人成果取得すると状況対応しない
十分な個人成果取得すると集団状況対応しない。)。
/section>

個人成果取得と対立争い状況対応

第1 個人成果取得と対立争い状況対応…本来成果取得と本来状況対応
 個人成果取得と対立争い状況対応は本来成果取得と本来状況対応である。
第2 個人成果取得のため対立争い状況対応
  1. 個人成果取得のため対立争い状況対応
    個人成果取得のため対立争い状況対応する。
  2. 嘘をついた方が利得になるなら嘘をつく
    嘘をついた方が利得になるなら嘘をつく。
第3 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
  1. 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
    個人成果取得のため対立争い状況対応しない。
  2. 嘘をつかない方が利得になると嘘をつかない・嘘をついても利益にならないと嘘をつかない
    嘘をつかない方が利得になると嘘をつかない、嘘をついても利益にならないと嘘をつかない。
  3. 対立争い状況対応←個人成果取得できなくなる
    個人成果取得できなくなるとまた対立争い状況対応する。
第4 個人成果取得したら対立争い状況対応…利益を得ると対立再開・障害がなくなると争う
個人成果取得したら対立争い状況対応する(利益を得ると対立再開、障害がなくなると争う)。

33節6 本来成果取得優先…宗教状況対応型

個人成果取得優先

第1 個人成果取得が優先
  1. 個人成果取得が優先…利害優先・功利主義
    1. 個人成果取得が優先…利害優先・功利主義
      個人成果取得が何よりも優先する(利害優先、功利主義)。
    2. 儲かることをする
      儲かることをする。
    3. 高利益の物を売る
      高利益の物を売る。
    4. 儲かるから個人生産役務状況対応から生産役務集団状況対応
      儲かるから個人生産役務状況対応から生産役務集団状況対応にする。

個人成果取得が集団成果取得より優先

第1 個人成果取得が集団成果取得より優先
 個人成果取得が集団成果取得より優先する。

個人成果取得のため集団状況対応

第1 個人成果取得のため集団状況対応
  1. 個人成果取得のため集団状況対応
    個人成果取得のため集団状況対応する。
  2. 集団状況対応は個人成果取得ための範囲
    1. 集団状況対応は個人成果取得ための範囲
      集団状況対応はあくまでも個人成果取得ための範囲内である。
    2. 個人成果取得の範囲しか集団状況対応しない
      1. 個人成果取得の範囲しか集団状況対応しない
        個人成果取得の範囲しか集団状況対応しない(報酬に見合う努力しかしない)。
      2. 給与固定
        給与を固定すると集団状況対応しない(働かなくても給与もらえる→公務員→最低賃金で対応〈アメリカ・官僚は働かない人種〉)。
第2 個人成果取得…集団取得成果分配
  1. 長…構成員に状況対応させ個人成果取得
    長は構成員に状況対応させ個人成果取得する(長は従業員を道具と考える)。
  2. 構成員…状況対応し長から成果取得
    構成員は状況対応し長から個人成果取得する(給与)。
  3. 成果分配対立争い←集団取得成果分配
    個人成果取得のため集団内で集団取得成果の分配の対立争いをする。
第3 地位取り合う←個人成果取得
  1. 地位取り合う←個人成果取得
    個人成果取得のため地位取り合う(3章地位取り合う)。
  2. 長地位取り合う
    多大な個人成果取得できる長となるため地位取り合う。
  3. 上位構成員地位取り合う
    より多く個人成果取得するためより上位構成員地位取り合う(地位昇進)。

個人成果取得のため反集団状況対応

第1 個人成果取得のため反集団状況対応
  1. 個人成果取得のため反集団状況対応
    1. 個人成果取得のため反集団状況対応
      個人成果取得のため反集団状況対応する。
    2. 背任…個人成果取得のため会社に損害
      背任する(個人成果取得のため会社に損害与える)。
  2. 従業員
    1. 従業員
      個人成果取得のため反集団状況対応する。
    2. 持株売却…持株制度×
      持株(安定株主対策)を株価が上がると売却する(持株制度×)。

個人成果取得のため集団設定・存続・終了させる

第1 個人成果取得のため集団設定・存続・終了
  1. 個人成果取得のため集団設定・存続・終了
    1. 個人成果取得のため集団設定・存続・終了
      個人成果取得(個人取得成果存続)のため集団を設定・存続・終了させる。
    2. 集団は利益の源泉
      集団は利益の源泉とする。
    3. 集団は適当に設定・終了させればよい
      集団は適当に設定・終了させればよいとする。
第2 集団解散←個人成果取得できない
 個人成果取得できなければ集団を解散させる。
第3 集団解散・集団売却←十分な個人成果取得
 十分な個人成果取得すると集団を解散させる。売却する。
第4 個人取得成果存続のため終了
  1. 個人取得成果存続のため終了
    個人取得成果存続のため集団を終了させる。
  2. 利益でなくなれば生産役務集団を倒産させる
    利益でなくなれば生産役務集団を倒産させる。
第5 個人取得成果存続のため売却
  1. 個人取得成果存続のため売却
    個人取得成果存続のため集団を売却する。
  2. 脱税し利益あげたら生産役務集団売却・生産役務集団倒産させ逃げる
    脱税し利益あげたら生産役務集団を売却するか倒産させて逃げる。

個人成果取得のため集団加入・地位取得・脱退する

第1 個人成果取得のため集団加入
  1. 1 加入
    1. ① 加入
       個人成果取得のため集団加入する。
    2. ② 会社は金儲けの道具・手段…集団状況対応を利用
      会社は金儲けの道具・手段である(集団状況対応を利用)。
  2. 地位取得
    個人成果取得のため集団地位を取得する。
  3. 脱退←個人成果取得できない
    1. 脱退←個人成果取得できない
      個人成果取得できなければ生産役務集団から脱退する。
    2. 給料が低い・自己の状況対応力を評価してくれないと脱退
      給料が低い、自己の状況対応力を評価してくれないと脱退する。
  4. 脱退←地位取得できない
    1. 脱退←地位取得できない
      地位取得できなければ生産役務集団から脱退する。
    2. 役職につけないとやめる
      役職につけないとやめる。
  5. 脱退←十分な個人成果取得
    十分な個人成果取得したら脱退する。
  6. 脱退←個人取得成果存続
    1. 脱退←個人取得成果存続
      個人取得成果存続のため集団を脱退する。
    2. 制裁されないため脱退
      1. 制裁されないため脱退
         制裁されないため脱退する。
      2. 個人成果取得(リベート)で制裁されないため
        個人成果取得(リベート)で制裁されないため脱退する。
  7. 脱退←転勤・職種変更拒否
    転勤や職種変更を拒否し転職する
  8. 定着×←脱退
    従業員は生産役務集団に定着しない。
  9. 転職←脱退
    転職する。

十分な個人成果取得すると集団状況対応しない

第1 十分な個人成果取得すると状況対応しない
 十分な個人成果取得すると集団状況対応しない。

個人成果取得と対立争い状況対応

第1 個人成果取得と対立争い状況対応…本来成果取得と本来状況対応
個人成果取得と対立争い状況対応は本来成果取得と本来状況対応である。
第2 個人成果取得のため対立争い状況対応
  1. 個人成果取得のため対立争い状況対応
    個人成果取得のため対立争い状況対応する。
第3 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
  1. 個人成果取得のため対立争い状況対応しない
    個人成果取得のため対立争い状況対応しない。
  2. 嘘をつかない方が利得になると嘘をつかない・嘘をついても利益にならないと嘘をつかない
    嘘をつかない方が利得になると嘘をつかない、嘘をついても利益にならないと嘘をつかない。
  3. 対立争い状況対応←個人成果取得できなくなる
    個人成果取得できなくなるとまた対立争い状況対応する。
第4 個人成果取得したら対立争い状況対応…利益を得ると対立再開・障害がなくなると争う
個人成果取得したら対立争い状況対応する(利益を得ると対立再開、障害がなくなると争う)。

33節7 本来取得成果存続優先…個人対立争い型

個人取得成果存続優先

第1 個人取得成果存続優先…利害優先
個人取得成果存続が優先する(利害優先、功利主義)。

個人取得成果存続が集団財産存続より優先

第1 個人取得成果存続が集団財産存続より優先
個人取得成果存続が集団財産存続より優先する。

個人取得成果存続のため集団状況対応

第1 個人取得成果存続のため集団状況対応
個人取得成果存続のため集団状況対応する。

個人取得成果存続のため反集団状況対応

第1 個人取得成果存続のため反集団状況対応
 個人取得成果存続のため反集団状況対応する。

個人取得成果存続のため集団設定・存続・終了させる

第1 個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を設定・存続・終了(滅亡)
  1. 個人取得成果存続のため集団を設定・存続・終了(滅亡)
    個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を設定・存続・終了(滅亡)させる。
  2. 集団は適当に設定・終了(崩壊)させればよいとする・作り直せばよい
    集団は適当に設定・終了(崩壊)させればよいとする、作り直せばよいとする。
第2 個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団存続
  1. 個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団存続
    個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を存続させる(地位・権力維持)。
  2. 強者支配集団
    個人取得成果存続(長・地位・財産)のため集団を存続させる。
第3 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
  1. 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
    集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)をはかる。

個人取得成果存続のため集団加入・地位取得・集団脱退

第1 個人取得成果存続のため集団加入
 個人取得成果存続のため集団に加入する。
第2 個人取得成果存続のため地位取得
 個人取得成果存続のため地位を取得する。
第3 集団脱退…長
  1. 個人取得成果存続のため集団脱退
    個人取得成果存続(財産)のため集団から脱退する。
  2. 個人成果提供者優先(賄賂)で制裁のおそれ→個人取得成果存続のため集団脱退
    個人成果提供者優先制裁で制裁のおそれがあから個人取得成果存続(財産)のため集団脱退する。
  3. 強者支配拒否・集団終了(崩壊)→成果存続のため集団脱退
    強者支配拒否(暴動抵抗)・集団終了(崩壊)で個人取得成果存続(財産)のため集団脱退する。再建しようとしない。
  4. 集団脱退前に財産他集団移動
    財産は事前に他集団に移動させる。
  5. 集団脱退前に家族移動
    家族は事前に他集団に移動させる。
第4 集団脱退…構成員←個人取得成果存続
  1. 個人取得成果存続のため集団脱退
    個人取得成果存続のため構成員、生産役務者が集団から脱退する。
  2. 集団脱退前に家族移動
    家族は事前に他集団に移動させる。
  3. 集団脱退前に財産他集団移動
    1. 集団脱退前に財産他集団移動
      財産は事前に他集団に移動させる。
第5 移動先…個人取得成果存続できる強者支配終了集団
  1. 移動先…個人取得成果存続できる強者支配終了集団
    移動先は個人取得成果存続できる強者支配終了集団である。
第6 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
  1. 集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)はかる…長・構成員
    集団終了(滅亡)に対応し個人取得成果存続(財産)をはかる。

個人取得成果存続が集団費用負担より優先

第1 個人取得成果存続が集団費用負担より優先
  1. 個人取得成果存続が集団費用負担より優先
    個人取得成果存続が集団費用負担より優先する。
  2. 集団負担免れるため個人財産隠す
    集団負担免れるため個人財産を隠す。
  3. 集団負担免れるため集団外移動
    集団負担免れるため集団外に移動する。

個人取得成果存続が状況対応合意より優先

第1 個人取得成果存続が状況対応合意より優先
  1. 個人取得成果存続が状況対応合意より優先
    個人取得成果存続が状況対応合意より優先する。
  2. 状況対応合意条件…担保提供しない
    集団費用延納で担保提供したがらない(韓国中小生産役務集団)。
  3. 個人取得成果存続のため合意状況対応しない
    個人取得成果存続のため合意状況対応しない(上位構成員が退任後も上位構成員住宅を返還しない・居座る)。

33節8 家族状況対応優先…個人対立争い型

家族状況対応優先…家族状況対応が集団状況対応より優先

第1 家族状況対応優先…家族状況対応が集団状況対応より優先
 家族状況対応が集団状況対応より優先する。

家族状況対応優先…家族状況対応のため集団状況対応

第1 家族状況対応優先…家族状況対応のため集団状況対応
  1. 家族状況対応優先…家族状況対応のため集団状況対応
    家族状況対応が優先する。家族状況対応のため集団状況対応する。
  2. 家族があって集団はなし・家族は忠誠心の対象・集団はどうでもいい
    家族があって集団はなし、家族は忠誠心の対象・集団はどうでもいいとする。
第2 家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
  1. 家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する
    家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応する。
  2. 集団地位与える…採用
    家族に集団の地位を与える。
  3. 集団地位上げる…昇進
    家族に集団地位を上げる。
  4. 人事担当者は集団を家族で固める
    1. 人事担当者は集団を家族で固める
      人事担当者は集団を家族で固める(家族に良いポスト→人事は長がしないとだめ)。
    2. 対応方法習得考案…○○な構成員必要と採用承諾させ実は適任者がいる
      対応方法習得考案する(○○な構成員必要と採用承諾させ実は適任者がいる)。
  5. 韓国従業員組合…組合員息子に採用枠要求
    韓国従業員組合は組合員息子に採用枠要求する。
  6. どんな集団状況対応でもする
    どんな集団状況対応でもする。
第3 家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
  1. 家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない
    家族が個人状況対応・個人成果取得できるよう集団状況対応しない。
第4 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
  1. 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。
  2. 家族でない者のためにならない集団状況対応
    家族でない者のためにならない集団状況対応する。
第5 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
  1. 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない
    家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応しない。
  2. 集団地位与えない…採用×
    家族でない者に集団の地位を与えない。
  3. 集団地位上げない…昇進×
    家族でない者に集団の地位昇進をさせない。
第6 家族のため反集団状況対応
  1. 家族のため反集団状況対応
    家族のため反集団状況対応する。
  2. 集団財産個人利用…社用車に家族同乗・社員寮に家族入り込む
    集団財産個人利用をする(社用車に家族同乗、社員寮に家族入り込む)。
  3. 生産役務集団宴会に従業員家族参加
    生産役務集団宴会に従業員家族が参加する。
第7 家族のためにしか集団状況対応しない
 家族のためにしか集団状況対応しない(コネ)。)。
第8 集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある
 集団状況対応基準(規則)不遵守となることがある。
第9 監視必要
 監視が必要となる。

家族状況対応のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 家族状況対応優先
 家族状況対応を優先する。
第2 長・上位構成員
  1. 集団地位与える…採用
    家族に集団の地位を与える。
  2. 集団地位上げる…昇進
    家族に集団地位を上げる。
  3. 役員地位与える
    1. 役員地位与える
      家族を役員地位を与える。
    2. 韓国大韓航空…会長の妻が副会長・娘が副社長
      韓国大韓航空は会長の妻が副会長、娘が副社長である。
  4. 家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する
    家族でない者が個人状況対応・個人成果取得できないように集団状況対応する。

家族成果取得のため集団状況対応…長・上位構成員

第1 家族成果取得のため生産役務状況対応
  1. 家族成果取得のため生産役務状況対応
    家族成果取得のため生産役務状況対応する。
  2. 家族のため個人成果取得取得し家族に成果分配←取り込み・個人成果提供者優先
    家族のため個人成果取得し(取り込み、個人成果提供者優先)、家族に成果分配する。

家族

第1 家族
  1. 家族…状況対応・成果取得できる…コネ
    家族は、状況対応できる、成果取得できる。
  2. 家族でない者…状況対応・成果取得できにくい
    家族でない者は、状況対応できにくい、成果取得できにくい(コネがないと商売できない)。

家族状況対応優先…家族状況対応が提携状況対応より優先

第1 家族状況対応が提携状況対応より優先
  1. 家族状況対応が提携状況対応より優先
    家族状況対応が提携状況対応より優先する。
  2. 家族状況対応のため反提携状況対
    1. 家族状況対応のため反提携状況対
      家族状況対応のため反提携状況対応をする。
    2. 代理店が家族を提携生産役務集団の競争生産役務集団の代理店にする…商品独占取扱
      代理店が家族を提携生産役務集団の競争生産役務集団の代理店にする(商品独占取扱)。

トップに戻る

関連記事

前へ

30節 本来状況対応する・非本来状況対応しない

次へ

33節 本来状況対応優先(2)

Page Top