「歴史の流れ」民族の力と型

2節 生産役務状況対応…集団状況対応型

このページ内の目次

 

2節 生産役務状況対応…集団状況対応型

第1 生産役務で成果取得←本来状況対応
  1. 生産役務で成果取得←本来状況対応
    本来状況対応だから生産役務で成果取得する。
  2. 日本…天照大神も機織り→古事記
    日本では天照大神も機織りしたとする(古事記)。
第2 生産役務で成果取得をめざす←本来状況対応
  1. 生産役務で成果取得をめざす
    1. 生産役務で成果取得をめざす
      本来状況対応だから生産役務で成果取得をめざす。
    2. 従業員は勤勉に働く
      従業員は勤勉に働く。
    3. 与えられた職種にも不満をいわず働く
      与えられた職種にも不満をいわず働く。
    4. 監視しなくても働く
      監視しなくても働く。
    5. 支障(戦争・不況)があっても働く
      支障(戦争・不況)があっても働く。
    6. 職場に居住
      職場に居住する。
    7. 戦後日本は勤勉に働き経済発展
      戦後日本は勤勉に働き経済発展した(企業戦士)。
  2. 生産役務量○…長時間生産役務
    生産役務量が多い。長時間働く。
  3. 生産量多
    1. 生産量多
      生産量が多い。
    2. 必要量以上製造する…数量を制限する必要→日本のカンバン方式
      必要量以上製造する。数量を制限する必要がある(日本のカンバン方式)。
    3. 流れ作業・分業…一番能力の弱い人間に合わせるため生産量が下がる→一人作業・多作業
      流れ作業・分業は一番能力の弱い人間に合わせるため生産量が下がる。一人作業・多作業にする。
  4. 十分な成果取得しても生産役務…地位・富の獲得しても働き続ける
    十分な成果を取得しても生産役務する(賃金・報酬の増大、地位・富の獲得しても働き続ける)。
  5. 定年×…定年後も働く・楽隠居×
    定年後も生産役務したがる(定年後も働く、年を取っても働く、楽隠居×)。
第3 生産役務で成果取得を当然とする←本来状況対応
本来状況対応だから生産役務で成果取得を当然とする。生産役務を当然とする。
第4 生産役務状況対応の存続はかる
  1. 生産役務状況対応の存続はかる
    1. 生産役務状況対応の存続はかる
      生産役務状況対応の存続はかる。
    2. 生産役務知識の存続はかる…秘事口伝・秘伝・秘法
      生産役務知識の存続はかる(秘事口伝、秘伝、秘法)。
    3. 取引業→商訓・商人道・商人の心得
      取引業では商訓、商人道、商人の心得がある。
  2. 災害で生産役務状況対応×→生産役務状況対応存続はかる
    1. 災害で生産役務状況対応×→生産役務状況対応存続はかる
      災害で生産役務状況対応ができなくなっても生産役務状況対応の存続はかる。
    2. 大火の翌日から掘っ立て小屋で商売再開(日本江戸時代)
      大火の翌日から掘っ立て小屋で商売再開した(日本江戸時代)

2節2 生産役務対応方法・生産役務手法

生産役務対応方法

第1 生産役務対応方法…長期計画←本来状況対応
  1. 生産役務対応方法…長期計画←本来状況対応
    1. 生産役務対応方法…長期計画←本来状況対応
      本来状況対応だから生産役務対応方法が長期計画となる。
    2. 几帳面・堅苦しい・日本人は完全主義・ルーズな人間は嫌われる
      几帳面、堅苦しい、日本人は完全主義である。ルーズな人間は嫌われる。
  2. 調査
    1. 調査
      調査する。
    2. 市場調査…新生産役務開発販売のさい市場調査・他国進出のさい市場調査
      市場調査する(新生産役務開発販売のさい市場調査、他国進出のさい市場調査)。
  3. 企画
    1. 企画
      調査のうえで生産役務を企画する。
    2. 資金企画
      調査のうえで資金を企画する。
  4. 生産役務
    調査、企画のうえで生産する。役務提供する。

生産役務手法

第1 生産役務手法…質が高い(高品質)←本来状況対応
  1. 生産役務手法…質が高い(高品質)←本来状況対応
    本来状況対応だから生産役務の質が高い。
  2. 質が高い…高品質
    1. 質が高い…高品質
      生産役務の質が高い。
    2. 金銭管理が厳格…流通業
      金銭管理が厳格である(流通業)。
第2 準備・予定・後片付け・書類作成
  1. 準備
    1. 準備
      生産役務の準備をする。
    2. 企画・仕入れして契約
      企画して契約する。仕入れして契約する。
  2. 予定…開業予定日に開業・発売予定日に発売・締め切りを守る
    生産役務を予定する(開業予定日に開業、発売予定日に発売、締め切りを守る)。
  3. 資金予定…予算を立てる
    資金を予定する。予算を立てる。
  4. 後片付け
    状況対応終了後片づけする。
  5. 書類作成
    1. 書類作成…販売報告書
      生産役務の書類を作成する。販売報告書を作成する。
    2. 資金書類作成…帳簿・受取書・領収書・預かり書
      資金書類を作成する。帳簿、受取書、領収書、預かり書を作成する。
第3 生産役務手法…正確精緻←本来状況対応
本来状況対応だから生産役務が正確精緻である。
第4 生産役務手法…品質管理←本来状況対応
本来状況対応だから品質管理する。

2節3 生産役務対応方法習得考案・対応手法習得考案

生産役務対応方法習得考案

第1 生産役務対応方法習得考案←本来状況対応
本来状況対応だから生産役務対応方法を習得考案する。
第2 新生産役務開発
  1. 新生産役務開発
    新生産役務を開発する。
  2. 客が満足する新生産役務を開発
    客が満足する新生産役務を開発する。
第3 高価生産役務開発…価格上げる
高価生産役務を開発し価格あげる。
第4 低価格生産役務開発…価格下げる→低価格生産役務
  1. 低価格生産役務開発
    低価格生産役務を開発する。
  2. 生産役務費用を下げ価格下げる…コスト削減・コストカット
    生産役務費用をさげ価格を下げる(コスト削減、コストカット)。
  3. 大量生産役務で価格下げる
    大量生産役務で価格下げる。
第5 多品種生産役務←客の好みに合う
  1. 多品種生産役務開発
    多品種生産役務を開発する。
  2. 客の好みに合う多品種生産役務開発
    客の好みに合うよう多品種生産役務を開発する。
第6 生産役務対応方法(ノウハウ・営業秘密)考案(創造)
生産役務対応方法(ノウハウ・営業秘密)を考案する(創造)。

生産役務対応対応手法習得考案

第1 生産役務手法(技術)習得考案←本来状況対応
  1. 生産役務手法(技術)習得考案←本来状況対応
    1. 生産役務手法(技術)習得考案←本来状況対応
      本来状況対応だから生産役務手法(技術)を習得考案する(創造、発明)。
    2. 社内発明コンクール
      社内発明コンクールをする。
第2 発明・特許
発明する、特許を取る(ノーベル賞)。
第3 技術改善(技術革新)…「カイゼン」は世界語
技術を改善(技術革新)する(「カイゼン」は世界語)。

2節4 生産役務で成果取得重視

第1 生産役務で成果取得を重視
1 生産役務で成果取得を重視
生産役務で成果取得を重視する。
第2 生産役務重視
生産、役務を重視する。
第3 生産役務者重視
生産役務者を重視する。

高評価←重視

第1 生産役務で成果取得を高評価
1 生産役務で成果取得を高評価
生産役務で成果取得を高評価する。
第2 生産役務高評価
  1. 生産役務高評価
    生産役務を高評価する。
  2. 2 生産役務は尊い…汗水たらすことは尊い・汗水垂らして稼ぐ・妻の家事は尊い
    生産役務は尊いとする(汗水たらすことは尊い、汗水垂らして稼ぐ、妻の家事は尊い)。
第3 生産役務者高評価
生産役務者を高評価する。

重視状況対応・重視情報流し・重視動作←重視

第1 生産役務者重視状況対応←生産役務者重視
生産役務者を重視状況対応する。
第2 生産役務者重視情報流し←生産役務者重視
生産役務者を重視情報流しする。
第3 生産役務者重視動作←生産役務者重視
生産役務者を重視動作する。

トップに戻る

関連記事

前へ

3節 状況対応型の分類

次へ

3節 生産役務状況対応…個人対立争い型

Page Top