「歴史の流れ」民族の力と型

13節 個人対立争い型・宗教状況対応型…集団状況対応型の集団状況対応しない

このページ内の目次

13節 個人対立争い型・宗教状況対応型
(集団状況対応型の集団状況対応しない)

第1 集団状況対応型の集団状況対応しない
  1. 集団状況対応型の集団状況対応しない
    集団で状況対応し集団が成果取得しない。

集団で状況対応し集団が成果取得×

第1 集団で状況対応し集団が成果取得×
  1. 集団で状況対応し集団が成果取得×
    集団で状況対応し集団が成果取得しない。
  2. 例外…家族状況対応・親族状況対応
    家族状況対応、親族状況対応は集団で状況対応し集団が成果取得する。

7節2 集団状況対応…人範囲

第1 誰とでも集団状況対応(人範囲)×
  1. 誰とでも集団状況対応(人範囲)×
    誰とでも集団状況対応しない。
第2 限った相手だけと集団状況対応…個人対立争い型
  1. 限った相手だけと集団状況対応
    限った相手だけと集団状況対応する。
  2. 親族・友人・提携者・個人成果提供者と状況対応
    親族・友人・提携者・個人成果提供者と集団状況対応する。
  3. 親族・友人・提携者を採用…コネ・カネ
    1. ① 親族・友人・提携者を採用…コネ・カネ
      親族・友人・提携者を採用する。金(個人成果提供)で採用する。
    2. ② 人事権者と提携した仲介者に金渡して就職
      人事権者と提携した仲介者に金渡して就職する。

7節3 集団状況対応…対象範囲

第1 何でも集団状況対応(対象範囲)×
  1. 何でも集団状況対応(対象範囲)×
    何でも集団状況対応しない。
  2. 限ったことだけ集団状況対応
    何でも集団状況対応しない。限ったことだけ集団状況対応する。
  3. 目的があって集団設定・目的が達成されれば終了(解散)する…目的集団(対象範囲)×
    目的があって集団設定する。目的が達成されれば終了(解散)する。
  4. 目的…生産役務で成果取得→利益追求
    目的は生産役務で成果取得である。利益追求である。
第2 限ったことだけ集団状況対応(目的集団)…個人対立争い型
  1. 目的…利益追求
    1. ① 目的…利益追求
      目的は利益追求である。
    2. ② 利益は株主配当
      利益は株主に配当される。
  2. 生産役務状況対応以外の集団状況対応はしない
    1. ① 生産役務状況対応以外の集団状況対応はいない
      生産役務以外の集団状況対応はしない。
    2. ② 新入会員歓迎会・送別会・忘年会・飲食は業務外→支払は会社持・上司持でないと応じない
      1. a 新入会員歓迎会・送別会・忘年会・飲食は業務外→支払は会社持・上司持でないと応じない
        新入会員歓迎会・送別会・忘年会・飲食は業務外だから支払は会社持・上司持でないと応じない。
      2. b 食事…家でするもの・食事は友人状況対応・提携状況対応つくるため
        食事は家でするもの、食事は友人状況対応・提携状況対応つくるためとする。
第3 限ったことだけ集団状況対応(目的集団)…宗教状況対応型
  1. 目的…利益追求
    1. ① 目的…利益追求
      生産役務状況対応だけする。利益追求する。
    2. ② 利益は株主配当
      利益は株主に配当される。
第4 目的があって集団設定・目的が達成されれば終了(解散)する…目的集団
  1. 目的があって集団設定・目的が達成されれば終了(解散)する…目的集団
    目的があって集団設定する。目的が達成されれば終了(解散)する。利益追求が達成されれば解散する。
  2. 欧米の生産役務集団…利益追求目的で設定・達成解散
    欧米の生産役務集団は利益追求を目的で設定する(利益重視)。達成すると解散する。
  3. ベンチャー企業設定多
    ベンチャー企業設定が多い。

7節4 集団(従業員)を信用×・頼る×・感謝×(精神面)

第1 集団を信用しない・頼らない・感謝しない
  1. 集団を信用しない・頼らない・感謝しない
    集団で状況対応し集団が成果取得しないから、集団を信用しない、頼らない、感謝しない(家族・親族〈例外〉以外は信用しない)。
第2 長・従業員…相互に信用・頼る・感謝しない
  1. 長・従業員…相互に信用・頼る・感謝しない
    長、従業員が相互に信用する、頼る、感謝することをしない。
  2. 信用しない
    信用しない。
  3. 頼らない
    頼らない。
  4. 感謝しない
    1. ① 感謝しない
      1. a 感謝しない
         感謝しない。
      2. b 疑い→感謝の気持ちもない
        疑いから感謝の気持ちもない。
      3. c 勝手にしてくれた・頼んでやってもらったわけではない・押し付け
        勝手にしてくれた、頼んでやってもらったわけではない、押し付けとする。
    2. ③ 感謝は他の意味に取られる…再度の利他要求
      感謝は他の意味に取られる(再度の利他要求)。
  5. 信頼もない←信用しない・頼らない
    信頼(信用+頼る)もない。
  6. 信頼…例外
    自己のため状況対応してくれてはじめて信頼できるとする(良い人)。
  7. 信頼関係もない
    信頼関係もない。
  8. 疑い
    1. ① 長は従業員を疑う
      長は従業員を疑う。
    2. ② 重要な取引は自分でする・経営をまかせない
      重要な取引は自分でする。経営をまかせない(創業者が社長)。

7節5 集団が従業員に成果分配×

第1 集団が従業員に成果分配×
  1. 集団が従業員に成果分配×
    集団は従業員に成果を分配しない。(家族・親族〈例外〉以外は信用しない)。

7節6 集団状況対応の存続はかる×

集団状況対応の存続はかる×

第1 集団状況対応の存続をはかる×
  1. 集団状況対応の存続をはかる×
    集団状況対応の存続をはからない。
  2. 一時集団
    一時集団となる。

集団が従業員の存続はかる×

第1 集団が従業員の存続をはかる(保護)×…個人対立争い型
  1. 集団が従業員の存続をはかる(保護)×
    従業員の存続(保護)をはからない。
  2. 生産役務安全×…事故多発
    生産役務安全などしない。事故が多発する。
  3. 共産中国…炭鉱事故で多数死亡→全世界死亡者の8割
    共産中国では炭鉱事故で多数死亡する(全世界死亡者の8割しめる)。
第2 集団が従業員の存続をはかる(保護)×…宗教状況対応型
  1. 集団が従業員の存続をはかる(保護)×
    従業員を保護しない。
  2. 生産役務安全×
    生産役務安全に熱心でない。事故が多発する。
第3 生活保障(対内)×
 集団は従業員の生活保障をしない。

長・従業員が集団の存続はかる×

第1 長・従業員が集団の存続をはかる×
長・従業員が集団の存続をはからない。
第2 従業員…労働争議で倒産させる
労働争議で集団を倒産させる。
第3 集団を防衛(対外)×
集団を防衛しない。
第4 集団に責任負担させる
  1. 集団に責任負担させる
    集団に責任を負担させる。
  2. 集団悪状況対応公開
    1. ① 集団悪状況対応公開
      集団の悪状況対応を公開する。
    2. ② 内部告発
      内部告発する。
    3. ③ 汚職や公害題があれば平気で告発
      汚職や公害題があれば平気で告発する。
  3. 長・担当従業員が辞任しない
    1. ① 長・担当従業員が辞任しない
      長や担当従業員が責任をとり辞任しない。
    2. ② 問題の改善をはかる
      問題の改善をはかる。
    3. ③ 集団の不祥事も隠さず解決はかる
      集団の不祥事も隠さず解決はかる。

長・従業員が集団設定者の存続はかる×

第1 長・従業員が集団設定者の存続はかる×
長・従業員が集団存続のため、従業員は集団設定者の存続をはからない。
第2 集団設定者の子孫の存続はかる×
長・従業員が集団設定者の子孫の存続をはからない。

長・従業員が集団取得成果(財産)の存続はかる×

第1 従業員が集団取得成果(財産)の存続はかる×
集団財産の存続をはからない。集団財産を処分・分配する。

長が従業員の存続はかる×

第1 長が従業員の存続をはかる(保護)×
  1. 長が従業員の存続はかる(保護)×
    長が従業員の存続をはからない(保護)。
  2. 長が従業員の状況対応の存続はかる×
    長が従業員の状況対応の存続はからない。
  3. 長が従業員の取得成果(財産)の存続はかる×
    長が従業員の取得成果(財産)の存続はからない。

従業員が他従業員の存続はかる×

第1 従業員が他従業員の存続をはかる×
  1. 従業員が他従業員の存続をはかる×
    従業員が他従業員の存続をはからない(保護×)。
  2. 他従業員の状況対応の存続×
    他従業員の状況対応の存続はからない。
  3. 他従業員の取得成果(財産)の存続×
    他従業員の取得成果(財産)の存続はからない。

集団が従業員の状況対応分担×

第1 集団が従業員の状況対応分担×
集団が従業員の状況対応分担しない。

従業員が他従業員の状況対応分担×

第1 従業員が他従業員の個人状況対応分担×
従業員が他従業員の状況対応分担しない。

7節7 集団終了(解散)する←非本来状況対応

第1 集団終了(解散)←非本来状況対応
  1. 集団終了(解散)する←非本来状況対応
    集団終了(解散)する。
  2. 組織縮小・組織変更容易
    1. ① 組織縮小・組織変更容易
      組織縮小、組織変更も容易となる。企業のリストラが容易となる。
    2. ② 機能的に組織変更・配置転換できる
      機能的に組織変更・配置転換できる。

7節8 長・従業員が脱退する←非本来状況対応

個人対立争い型

第1 長・従業員が脱退する←非本来状況対応
  1. 長・従業員が脱退する←非本来状況対応
    非本来状況対応だから長・従業員は脱退する。
  2. 他生産役務集団加入←脱退する
    1. ① 他生産役務集団加入←脱退する
      脱退し他生産役務集団に加入する。
    2. ② 対立生産役務集団に加入
      対立生産役務集団に加入する。
  3. 脱退加入を繰り返す…生産役務集団を渡り歩く
    脱退加入を繰り返す(生産役務集団を渡り歩く、転職する→転職が当然、対立企業でも)。
  4. 定着率×←脱退する
    定着率は低い(引越多)。
第2 長・従業員の脱退
  1. 自己の状況対応に合わないと脱退…個人状況対応が集団状況対応に優先
    1. ① 自己の状況対応に合わないと脱退…個人状況対応が集団状況対応に優先
      自己の状況対応に合わないと脱退する。
    2. ② 自己の考え・やり方を入れてくれない脱退
      自己の考え・やり方を入れてくれないと脱退する。
    3. ③ 自己の状況対応力を評価してくれない脱退
      自己の状況対応力を評価してくれない脱退する。、
    4. ④ 自己の状況対応力を発揮できない集団であると脱退
      自己の状況対応力を発揮できない集団であると脱退する。
    5. ⑤ 長が無能であると脱退
      長が無能(状況対応力×)であると脱退する。
    6. ⑥ 集団の目的が変更されるとさっさと脱退…会社の方針変更
      集団の目的が変更されるとさっさと脱退する(会社の方針変更)。
  2. 個人成果取得できないと脱退
    1. ① 成果分配取得できないと脱退
      状況対応に見合った成果分配が取得できないと脱退する(成果分配は決定対価・状況対応対価〈出来高報酬・能力給〉)。
    2. ② 地位取得できないと脱退
      地位取得(役職)できないと脱退する。
  3. 独立のため脱退…個人状況対応が集団状況対応に優先
    独立し脱退する。
  4. 脱退しない(例外)←長・上司と個人的関係
    例外的に脱退しないのは長・上司と個人的な関係(友人・提携)があるときである。
第3 長・従業員の加入
  1. 自己の状況対応力(専門)が発揮できる集団
    自分の状況対応力(専門)が発揮できる集団かで選定する。
  2. 状況対応力を評価…個人状況対応が集団状況対応に優先
    自己の能力を評価してくれるかで選定する。
  3. 状況対応力を評価・発揮…個人状況対応が集団状況対応に優先
    1. ① 状況対応力を評価・発揮…個人状況対応が集団状況対応に優先
      集団の長が有能かで選定する。
    2. ② 名伯楽
      名伯楽かどうかで選定する(社長に心酔)。
    3. ③ 強者支配過度な長は嫌われる
      強者支配過度(独裁過度)な長は嫌われる。
  4. 状況対応力養成のため加入
    自己の状況対応力を養成するため集団に加入する。
  5. 独立までの状況対応力養成
    集団は独立までの腰掛けである(個人状況対応→独立)。
第4 長・従業員の採用←脱退する
  1. 状況対応力で採用…実力主義
    脱退するから集団は状況対応力(能力)で採用する(実力主義)。
  2. 状況対応力・専門能力・長従業員区別採用
    1. ① 集団も長・従業員を選定して採用
      集団も長・従業員を選定して採用する(スカウト、ヘッドハンティング、社外取締役)。
    2. ② 状況対応力(能力)のある者を選定…実力主義
      状況対応力(能力)のある者を選定する(新状況対応力者○・過度な教育養成者×)。
    3. ③ 専門状況対応力(能力)で選定
      専門状況対応力(能力)で選定(面接で具体状況対応担当状況対応力を質問)。
    4. ④ 長・従業員は区別して採用…幹部候補・現業
      長・従業員は区別して採用する(長と従業員の地位上下、幹部候補・現業)。
    5. ⑤ 対立企業からも採用
      対立企業からも採用する。
第5 解雇←脱退する
  1. 解雇←脱退する
    脱退するから解雇も制限されない。長を追放する。従業員を解雇する。
  2. 韓国IMF管理
    1. ① 大量解雇
      韓国IMF管理で大量解雇がおきた。
    2. ② 若年定年制
      大生産役務集団(サムスン・現代自動車)も若年定年制をした(高給・役職につけないと)。
    3. ③ 非正規従業員…大生産役務集団も非正規社員が大半
      非正規従業員とする(大生産役務集団も非正規社員が大半)。
第6 一体状況対応しない←長・従業員が脱退加入する
  1. 一体状況対応しない←長・従業員が脱退加入する
    長、従業員が脱退加入するから一体状況対応しない。

宗教状況対応型

第1 長・従業員が脱退する
  1. 長・従業員が脱退する←非本来状況対応
    非本来状況対応だから長・従業員は脱退する。
  2. 他生産役務集団加入←脱退する
    1. 他生産役務集団加入←脱退する
      脱退し他生産役務集団に加入する
    2. ② 対立生産役務集団に加入
      対立生産役務集団に加入する。
  3. 脱退加入を繰り返す…生産役務集団を渡り歩く
    脱退加入を繰り返す(生産役務集団を渡り歩く、転職する→転職が当然、対立企業でも)。
  4. 定着率×←脱退する
    加入脱退するから定着率は低い(引越多)。
  5. 状況対応合意脱退←脱退する
    脱退するから状況対応合意する。
第2 長・従業員の脱退
  1. 自己の状況対応に合わないと脱退…個人状況対応が集団状況対応に優先
    1. ① 自己の状況対応に合わないと脱退…個人状況対応が集団状況対応に優先
      自己の状況対応に合わないと脱退する。
    2. ② 自己の考え・やり方を入れてくれない脱退
      自己の考え・やり方を入れてくれないと脱退する。
    3. ③ 自己の状況対応力を評価してくれない脱退
      自己の状況対応力を評価してくれない脱退する。、
    4. ④ 自己の状況対応力を発揮できない集団であると脱退
      自己の状況対応力を発揮できない集団であると脱退する。
    5. ⑤ 長が無能であると脱退
      長が無能(状況対応力×)であると脱退する。
    6. ⑥ 集団の目的が変更されるとさっさと脱退…会社の方針変更
      集団の目的が変更されるとさっさと脱退する(会社の方針変更)。
  2. 個人成果取得できないと脱退
    1. ① 成果分配取得できないと脱退
      状況対応に見合った成果分配が取得できないと脱退する(成果分配は決定対価・状況対応対価〈出来高報酬・能力給〉)。
    2. ② 地位取得できないと脱退
      地位取得(役職)できないと脱退する。
  3. 独立のため脱退…個人状況対応が集団状況対応に優先
    独立し脱退する。
  4. 脱退しない(例外)←長・上司と個人的関係
    例外的に脱退しないのは長・上司と個人的な関係(友人・提携)があるときである。
第3 長・従業員の加入
  1. 自己の状況対応力(専門)が発揮できる集団
    自分の状況対応力(専門)が発揮できる集団かで選定する。
  2. 状況対応力を評価…個人状況対応が集団状況対応に優先
    自己の能力を評価してくれるかで選定する。
  3. 状況対応力を評価・発揮…個人状況対応が集団状況対応に優先
    1. ① 状況対応力を評価・発揮…個人状況対応が集団状況対応に優先
      集団の長が有能かで選定する。
    2. ② 名伯楽
      名伯楽かどうかで選定する(社長に心酔)。
    3. ③ 強者支配過度な長は嫌われる
      強者支配過度(独裁過度)な長は嫌われる。
  4. 状況対応力養成のため加入
    自己の状況対応力を養成するため集団に加入する。
  5. 独立までの状況対応力養成
    集団は独立までの腰掛けである(個人状況対応→独立)。
第4 長・従業員の採用←脱退する
  1. 状況対応力で採用…実力主義
    脱退するから集団は状況対応力(能力)で採用する(実力主義)。
  2. 状況対応力・専門能力・長従業員区別採用
    1. ① 集団も長・従業員を選定して採用
      集団も長・従業員を選定して採用する(スカウト、ヘッドハンティング、社外取締役)。
    2. ② 状況対応力(能力)のある者を選定…実力主義
      状況対応力(能力)のある者を選定する(新状況対応力者○・過度な教育養成者×)。
    3. ③ 専門状況対応力(能力)で選定
      専門状況対応力(能力)で選定(面接で具体状況対応担当状況対応力を質問)。
    4. ④ 長・従業員は区別して採用…幹部候補・現業
      長・従業員は区別して採用する(長と従業員の地位上下、幹部候補・現業)。
    5. ⑤ 対立企業からも採用
      対立企業からも採用する。
第5 解雇←脱退する
  1. 解雇←脱退する
    脱退するから解雇も制限されない。長を追放する。従業員を解雇する(企業は従業員を簡単に解雇、解雇自由)。
  2. 平等から制限
    1. ① 平等から制限
      平等が要請されることがある。
    2. ② アメリカ…男女差別・人種差別禁止
      アメリカの男女差別、人種差別禁止がある。
第6 一体状況対応しない←長・従業員が脱退加入する
  1. 一体状況対応しない←長・従業員が脱退加入する
    長、従業員が脱退加入するから一体状況対応しない。

7節9 集団で状況対応し集団が成果取得重視×

第1 集団で状況対応し成果取得を重視×
  1. 集団で状況対応し成果取得を重視×
    集団で状況対応し集団が成果取得を重視しない。
第2 集団の状況対応重視×
  1. 集団の状況対応重視×
    集団の状況対応を重視しない。
  2. 集団事業重視×
    集団の事業を重視しない。
第3 集団の成果取得重視×…集団財産重視×
  1. 集団財産の成果取得重視×
    集団の成果取得を重視しない。
  2. 集団財産重視×
    集団の財産を重視しない。
第4 集団重視×
集団を重視しない(集団への忠誠心×、集団への帰属意識×、設定者崇拝×、存続集団重視×)。
第5 従業員重視×←集団重視×
  1. 従業員重視×←集団重視×
    集団は従業員(長・幹部従業員・一般従業員)の集合体である。集団重視しないから従業員重視しない。
  2. 従業員の状況対応重視×
    従業員の状況対応を重視しない。
  3. 従業員の成果取得重視×
    1. ① 従業員の成果取得重視×
      従業員の成果取得を重視しない。
    2. ② 従業員財産重視×
      従業員の財産を重視しない。
第6 集団で状況対応し成果取得する者を重視×
  1. 集団で状況対応し成果取得する者を重視×
    集団で状況対応し成果取得する者(集団状況対応者)を重視しない。

高評価×←重視×

第1 集団高評価×←集団重視×
集団を高評価しない。
第2 従業員高評価×←従業員重視×
他従業員を高評価しない。他従業員の地位役割を評価しない。

重視状況対応×・重視情報流し×・重視動作←重視×

第1 集団重視状況対応×・集団重視情報流し×・集団重視動作×←集団重視×
集団重視状況対応しない。集団重視情報流ししない。集団重視動作しない。
第2 従業員重視状況対応×・従業員重視情報流し×・従業員重視動作×←従業員重視×
  1. 従業員重視状況対応×
    従業員重視の状況対応しない。
  2. 従業員重視情報流し×
    従業員重視の情報流ししない。
  3. 従業員重視動作×
    従業員重視の動作しない。

軽視状況対応・軽視情報流し・軽視動作←重視×

第1 集団軽視状況対応・集団軽視情報流し・集団軽視動作←集団重視×
 集団軽視状況対応する。集団軽視情報流しする。集団軽視動作する。
第2 従業員軽視状況対応・従業員軽視情報流し・従業員軽視動作←従業員重視×
  1. 従業員軽視状況対応
     業員軽視の状況対応する。
  2. 従業員軽視情報流し
  3. 従業員軽視動作
    従業員軽視の動作する。

トップに戻る

関連記事

前へ

12節 集団状況対応型…個人対立争い型・宗教状況対応型の集団状況対応しない

次へ

14節 家族状況対応・親族状況対応・友人状況対応

Page Top