「歴史の流れ」民族の力と型

10節 集団状況対応…集団状況対応型

  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

10節 集団状況対応…集団状況対応型

第1 集団で生産役務状況対応し集団が成果取得
  1. 集団で生産役務状況対応し集団が成果取得
    集団で生産役務状況対応し集団が成果取得する。
  2. 生産役務集団状況対応→多人数で状況対応→富取得多
    集団で生産役務状況対応する。多人数で状況対応するから多くの富が取得できる。

10節2 生産役務集団状況対応…対象範囲

第1 集団で生産役務状況対応し集団が成果取得…対象範囲
  1. 成果取得目的…利益目的←生産役務で状況対応
    生産役務で成果取得だから利益目的である。利益を蓄積する(集団財産の維持拡大)。
  2. 利益目的以外もする←何でも集団状況対応(集団状況対応は何でもする)
    1. ① 利益目的以外もする←何でも集団状況対応(集団状況対応は何でもする)
      集団状況対応型の集団状況対応だから何でも集団状況対応する。集団状況対応は何でもする。利益目的以外のこともする。
    2. ② 社会奉仕活動・災害寄付
      社会奉仕活動をする。災害寄付をする。

10節3 生産役務集団を信用・頼る・感謝(精神面)

第1 生産役務集団(構成員)を信用・頼る・感謝(精神面)
  1. 生産役務集団を信用・頼る・感謝
    生産役務集団で状況対応し成果取得するから、集団を信用する、頼る、感謝する。
  2. 従業員を信用・頼る・感謝
    1. ① 長は従業員を信頼
      長は従業員を信頼する。
    2. ② 従業員は長を信頼
      長(役員)と従業員、従業員同士は支援しあうから、お互いに信用する、頼る、感謝する。
    3. ③ 従業員同士は信頼
      従業員は他従業員のため行動するから、従業員同士は信頼(信用+頼る)する。

10節3 生産役務集団が状況対応

第  生産役務集団が状況対応
生産役務集団が状況対応する。

10節4 生産役務集団が成果取得

第1 生産役務集団が成果取得
生産役務集団が状況対応するから生産役務集団が成果取得する。

10節5 生産役務集団が長・従業員に成果分配

第1 生産役務集団が長・従業員に成果分配
  1. 生産役務集団が長・従業員に成果分配
    生産役務集団は長・従業員に取得成果を分配する。
  2. 生産役務集団が成果分配決定
    生産役務集団が成果分配を決定する(情報交換+合意)。

10節6 生産役務集団状況対応の存続はかる

第1 生産役務集団状況対応の存続はかる
  1. 生産役務集団状況対応の存続はかる
    生産役務集団状況対応の存続はかる。
  2. 生産役務集団事業の存続はかる
    1. ① 生産役務集団事業の存続はかる
      生産役務集団事業の存続はかる(企業の存続発展はかる)。
    2. ② 家業を守る・暖簾を守る・老舗
      家業を守る、暖簾を守るとする。老舗の呼称がある。
    3. ③ 江戸時代からの三井・住友・鴻池
      江戸時代からの三井・住友・鴻池がある。
  3. 生産役務集団知識の存続をはかる←生産役務集団事業の存続はかる
    1. ① 生産役務集団知識の存続をはかる←生産役務集団事業の存続はかる
      生産役務集団事業の存続をはかるため生産役務集団知識の存続はかる。
    2. ② 取引業(商業)の商業知識・工業の技術伝承
      取引業(商業)の商業知識、工業の技術伝承がある。
  4. 生産役務集団知識秘密にする←生産役務集団知識の存続をはかる
    1. ① 生産役務集団知識秘密にする←生産役務集団知識の存続をはかる
      生産役務集団知識の存続はかるから生産役務集団知識を秘密にする。
    2. ② 情報管理容易…頭脳生産役務情報集約型生産役務集団に有利
      情報管理も容易になる。頭脳生産役務情報集約型生産役務集団に有利となる。
    3. ③ 秘事口伝
      秘事口伝と呼称する。
第2 生産役務集団が長・従業員の存続をはかる←生産役務集団状況対応の存続はかる
生産役務集団長・従業員の存続をはかる(会社はシェルター、生産役務安全をはかる)。
第3 生産役務集団が従業員の存続はかる(保護)…生活保障分配
  1. 生活保障分配←従業員の存続はかる(保護)
    1. ① 生活保障分配←従業員の存続はかる(保護)
      生産役務集団が長・従業員の存続をはかるから生活保障分配となる。
    2. ② 生産役務集団は生活給(一家扶養賃金)を支払う→同一賃金・報酬・給料も年功給
      生産役務集団は生活給(一家扶養賃金)を支払う(同一賃金、報酬・給料も年功給)。
    3. ③ 退職後…生産役務集団年金給付
      退職後も生産役務集団年金を給付する。
    4. ④ 各種保険料…生産役務集団が共同負担
      各種保険料も生産役務集団が共同負担する。
  2. 状況対応決定対価・状況対応対価×
    1. ① 状況対応決定対価・状況対応対価×…定額報酬・給与⇔出来高報酬・能力給
      状況対応決定対価・状況対応対価はない(定額報酬・給与⇔出来高報酬・能力給)。
    2. ② 状況対応決定対価・状況対応対価×→状況対応しなくなることがある
      1. a 状況対応決定対価・状況対応対価×→状況対応しなくなることがある
        状況対応決定対価・状況対応対価でないから、長・従業員の状況対応しなくなることがある。
      2. b 大生産役務集団…利益低下しても役員報酬・従業員給与が下がらないので無責任体質
        大生産役務集団は利益低下しても役員報酬・従業員給与が下がらないので無責任体質になる。
      3. c 小生産役務集団…利益低下で生活保障分配額が下がる
        小生産役務集団は利益低下で生活保障分配額が下がる。
    3. ③ 状況対応決定対価・状況対応対価にする→一体状況対応できにくい
      1. a 状況対応決定対価・状況対応対価にする→一体状況対応できにくい
        状況対応決定対価・状況対応対価にすると集団の一体状況対応ができにくくなる。
      2. b 成果主義で生産役務集団業績低下…集団状況対応力養成できない
        成果主義で生産役務集団業績低下する。集団状況対応力養成できない。
  3. 3 貧富差×
    生活保障分配から貧富差が少なくなる(給料差少)。
第4 長・従業員が生産役務集団の存続をはかる←生産役務集団状況対応の存続はかる
長・従業員が生産役務集団の存続をはかる。生産役務集団知識を存続する。
第5 長・従業員が生産役務集団設定者の存続はかる←長・従業員が生産役務集団の存続をはかる
  1. 長・従業員が生産役務集団設定者の存続はかる←長・従業員が生産役務集団の存続をはかる
    長・従業員が生産役務集団の存続をはかるため生産役務集団設定者の存続をはかる。
  2. 生産役務集団設定者の子孫の存続はかる
    1. ① 生産役務集団設定者の子孫の存続はかる
      長・従業員が生産役務集団の存続をはかるため生産役務集団設定者の子孫の存続をはかる。
    2. ② 創業社長・何代目社長
      創業社長、何代目社長がいる。
第6 長・従業員が生産役務集団設定者の存続はからない←生産役務集団の存続をはかる
  1. 生産役務状況対応力養成者を養子←生産役務集団状況対応の存続はかる
    1. ① 生産役務状況対応力養成者を養子←生産役務集団状況対応の存続はかる
      生産役務集団状況対応存続をはかるため状況対応力養成者を養子にすることもある。
    2. ② 取引業者(商人)…状況対応力がある者を養子・番頭を婿
      取引業者(商人)は状況対応力がある者を養子にする、番頭を婿にする。
  2. 生産役務集団存続>設定者・設定者子孫存続
    1. ① 生産役務集団存続>設定者・設定者子孫存続
      生産役務集団設定者、生産役務集団設定者子孫の存続より集団存続をはかる。
    2. ② 血統存続より集団存続・系図より暖簾が重い
      血統存続より集団存続、系図より暖簾が重いとする。
  3. 3 状況対応力のない長に状況対応させない←生産役務集団状況対応の存続はかる
    生産役務集団状況対応の存続はかるために状況対応力のない長に状況対応させない。
第7 長・従業員が生産役務集団取得成果(財産)の存続はかる
長・従業員が生産役務集団財産の存続をはかる(会社財産を守る)。
第8 長が従業員の存続をはかる
  1. 長が従業員の存続はかる
    長が従業員の存続をはかる。
  2. 長が従業員の状況対応の存続はかる
    長が従業員の状況対応の存続はかる。
  3. 長が従業員の取得成果(財産)の存続はかる
    長が従業員の取得成果(財産)の存続はかる。
第9 従業員が他従業員の存続をはかる
  1. 従業員が他従業員の存続はかる
    従業員が他従業員の存続をはかる。
  2. 従業員が他従業員の状況対応の存続はかる
    従業員が他従業員の状況対応の存続はかる。
  3. 従業員が他従業員の取得成果(財産)の存続はかる
    従業員が他従業員の取得成果(財産)の存続はかる。
第10 生産役務集団が従業員の個人状況対応分担…社宅・自宅購入資金貸付
生産役務集団が従業員の個人状況対応分担することもある(社宅、自宅購入に企業が貸付)。
第11 従業員が他従業員の個人状況対応分担…引越手伝
従業員が他従業員の個人状況対応分担することもある(従業員の引越を他従業員がする)。

10節7 解散しない←集団状況対応の存続はかる

第1 解散しない←生産役務集団状況対応の存続はかる
  1. 解散しない←生産役務集団状況対応の存続はかる
    長・従業員が生産役務集団状況対応の存続はかるから生産役務集団が解散しない。
  2. 解散困難・組織変更困難
    生産役務集団は解散が困難となる。生産役務集団は組織縮小・組織変更も困難となる。組織が硬直化する。

10節8 長・従業員が脱退しない←集団状況対応存続はかる

第1 長・従業員が脱退しない←集団状況対応の存続はかる
  1. 長・従業員が脱退しない←集団状況対応の存続はかる
    1. ① 長・従業員が脱退しない←集団状況対応の存続はかる
      本来状況対応だから長・従業員は脱退しない。
    2. ② 固定帰属・終身雇用
      固定帰属、終身雇用となる。
  2. 集団を渡り歩く×←脱退しない
    1. ① 集団を渡り歩く×←脱退しない
      脱退しないから生産役務集団を渡り歩かない。
    2. ② ライバル企業への移籍しない
      ライバル企業への移籍しない。
  3. 除名(解雇)×←脱退しない
    1. ① 除名(解雇)×←脱退しない
      脱退しないから長を除名してはならない(追放)。
    2. ② 従業員を除名してはならない…解雇×
      従業員を除名してはならない(解雇×)。
    3. ③ 解雇は制限される…関連子会社への再就職を斡旋
      解雇は制限される(関連子会社への再就職を斡旋)。
    4. ④ 競争激化…解雇・窓際族
      ただ最近は競争激化から解雇する(窓際族)。
  4. 加入集団選定は慎重←脱退しない
    1. ① 加入集団選定は慎重←脱退しない
      脱退しないから加入生産役務集団を選定するときは慎重に考慮する(就職先の選択)。
    2. ② 集団地位上下(評価)重視…会社説明聞く
      集団地位上下(評価)を重視する(会社説明聞く)。
    3. ③ 集団加入は重要事…入社式
      集団加入は重要事である(入社式)。
  5. 集団脱退後も集団状況対応
    1. ① 集団脱退後も集団状況対応
      集団脱退後も集団状況対応する。
    2. ② 定年退職すると虚脱状態
      定年退職すると虚脱状態になる。
    3. ③ OB会
      1. a OB会
        OB会が盛んとなる。
      2. b 同じ釜の飯を食った仲・苦楽を共にした仲
        同じ釜の飯を食った仲、苦楽を共にした仲とする。

10節9 関係

第1 関係強い
  1. 関係強い
    集団で状況対応するから、長と構成員の関係、構成員同士の関係、長・構成員と集団の関係は強い。
  2. 一体状況対応→関係強い
    一体状況対応(4章)するから関係が強い。

10節10 集団で状況対応し集団が成果取得重視

第1 生産役務集団状況対応重視
  1. 生産役務集団重視
    生産役務集団重視である(生産役務集団への忠誠心)。
  2. 存続生産役務集団重視←生産役務集団重視
    1. ① 存続生産役務集団重視…老舗
      生産役務集団重視から存続生産役務集団を重視する(老舗)。
    2. ② 存続生産役務集団設定者重視
      1. a 存続生産役務集団設定者重視…創業者(会社)
        存続生産役務集団の設定者を重視する(会社→創業者)。
      2. b 存続生産役務集団設定者の子孫重視(正統重視)…御曹司・直系・~代目・世襲
        存続生産役務集団設定者の子孫を重視する(正統重視、御曹司、直系、~代目、世襲)。
  3. 他従業員重視
    従業員重視である。
トップに戻る
  • B!ブックマーク
  • ツイート
  • LINEで送る

関連記事

前へ

8節 生産役務の種類…資金業

次へ

11節 集団状況対応…個人対立争い型・宗教状況対応型

Page Top